『神宿スワン』クラウドファンディング本日8月31日〆切!


映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングサービス「MotionGallery」さんからのお知らせ!
『神宿スワン』クラウドファンディング本日8月31日〆切!


タワーレコードとの共同レーベル『神塔』も始動し、爆発的に人気を上昇させている原宿発アイドルユニット“神宿”(かみやど)。そんな彼女たちの初主演となる映画『神宿スワン』が、8月16日にクランクアップし、『神宿スワン』が9月11日より、新宿K’s cinemaにて上映となります!

実は、エンターテイメント界を担う新人たちが集結した音楽と映画の祭典“MOOSIC LAB 2016”のコンペティション作品の一つとして。
『神宿スワン』
監督は自身の青春時代に犯した“切ないタブー体験”をモデルにした『したさきのさき』で、ぴあフィルムフェスティバル2015にてホリプロ賞や日活賞ら、4冠を獲得した中山剛平さん。

脚本は『孤高の遠吠』でゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016にてグランプリを獲得した小林勇貴さんが務めています。

映画情報どっとこむ ralph 今回は神宿たちが闘うことになる怪人・ギガガギゴの姿が解禁!

ギガガギゴの造形と神宿メンバーの武器の制作は力を入れていて、特撮ファン納得な仕上がりです。
ギガガギゴ
この作品!
制作費はクラウドファンディングで募っていて、リターンとして“神宿メンバーと観る試写会”が用意され、“神宿メンバーの隣で観られる券”も数席発行。

地方支援者向けにはオリジナルグッズを発送する在宅コースなどを用意しています。

また、アソシエイト・プロデューサーとしてクレジットされ、興行期間に来客者に向けて、自社製品をサンプリングできる法人向けのリターンも開始。
8月31日の終了日は本日!



支援者にはメイキングDVD、ポストカード、映画公式ポスターなどの特典に加え、9月7日に渋谷ユーロライブにて、神宿メンバーと共に鑑賞できる試写会を実施。
また、法人向けの支援者も募集しており、アソシエイト・プロデューサー/協賛企業としてクレジットされる20万円コース。興行期間中に自社製品をサンプリングできる50万円コースを用意しているそうです!

詳しくはクラウドファンディングページを確認してみてください!

『神宿スワン』クラウドファンディングページはこちら

『神宿スワン』メッセージ動画【映画「神宿スワン」でお会いしましょう】


©2016「神宿スワン」製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 神宿(かみやど)プロフィール 
2014年に結成された原宿発!の五人組アイドルユニットグループ名の「神宿」は「神宮前」と「原宿」を合わせたもの。
神宿(KMYD)の頭文字K=KAWAII(可愛い!)M=MAX(全力!)、Y=YELL(応援!)D=DREAM(夢!)を届けるために原宿を拠点に活動中。
タワーレコードとのコラボレーベル『神塔』から初の全国流通CDとなる両A面シングル「原宿戦隊!神宿レンジャー/限界突破フィロソフィ」を発売し、今年の夏にTOKYO IDOL FESTIVAL 2016へ出演。9月28日に恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンを控えています。
神宿
MOOSIC LABとは?
『MOOSIC LAB』は2012年頃から始まった新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる映画制作企画を具現化する音楽×映画プロジェクトであり、それらをコンペ形式・対バン形式で上映する異色の映画祭です。(+招待作品や関連のライブイベントも多数)
映画監督して活躍中の『知らない、ふたり』の今泉力哉監督、『ライチ☆光クラブ』の内藤瑛亮監督、『モッシュピット』の岩淵弘樹監督らを生み出し、アーティストとしてはBiS、大森靖子、カネコアヤノらを輩出しました。
若手監督の中でも、今年の秋に『溺れるナイフ』の公開を控えている山戸結希監督(「おとぎ話みたい」)、昨年のMOOSICLABで史上初の6冠を達成し、新作『はらはらなのか』を製作中の酒井麻衣監督(『いいにおいのする映画』)など、数々のヒット作を生み出す実績を持っております。
また、東京での開催に留まらず、10カ所以上にのぼる地方上映や都内ムーブオーバー上映や関連のライブイベントなども敢行。映画祭開催後も参加監督やアーティストの次なるステージへの飛躍、進化を後押しし続ける新しいスタイルの映画祭です。

***********************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ