書いていいの?日本で一番悪!白石和彌監督VS警察関係者トーク

投稿日2016/07/02

映画情報どっとこむ TJ 道警だけじゃない!兵庫県警も、大阪府警も悪い奴ら!?

綾野剛主演、白石和彌監督の最新作『日本で一番悪い奴ら』が全国公開中です。

6月22日より開催中のニューヨーク・アジア映画祭ではオープニング作品として上映され、綾野剛がライジング・スター賞を受賞した本作ですが、7月2日(土)~8日(金)まで白石和彌監督による7日間連続トークイベントを実施。

第一弾となったのは、7月2日(土)。
白石和彌監督VS警察関係者チーム
白石和彌監督VS警察関係者トーク
テレビでおなじみ元兵庫県警、警察本部捜査一課刑事の飛松五男さん、そしてリアルにやばい元大阪府警の銃器対策課刑事の高橋功一さん。そして、ナビゲーターにジャーナリスト/銃器評論家の津田哲也さんが登壇。

本作で描かれるような出来事は、普通に北海道警だけでなく、他の県警でもと話す皆さんのヤバ過ぎトークとなりました。

7日連続トークイベント:第一弾白石和彌監督VS警察関係者チーム
日付:7月2日
場所:バルト9
登壇者:飛松五男、高橋功一、津田哲也、白石和彌監督

映画情報どっとこむ TJ 白石和彌監督VS警察関係者トーク中
本作をすでに観た皆さん。

飛松さん:リアリティがあってすごいな!と。嫁と見ましたが、観終わっても黙ってるから気に入らんのかな?と思ったら、『お父さん警察の人だけでなく、警察官の家族の人みんな観なあかんで!』と。私機動捜査隊におったんですけど、映画の中で点数の話がでてきますよね。まさにその通りです。どの県もすべて点数で評価されています。

と。

高橋さん:綾野剛さんが主演、中村獅童さんが暴力団役ということで、エンターテイメントな作品かと思ってサラッと観ていたのですが、途中から鳥肌が立ちました。再現フィルムを見ているようで、私と同じことを北海道でもやっていたんだと驚きました。

と二人とも、映画のリアリティに舌を巻きます。

映画情報どっとこむ TJ ナビゲーターの津田さんは

津田さん:警察は部署によってやる仕事、手法、気風も違います。諸星が純粋で使命感に燃えていたときは飛松さんがいた機動捜査隊。薬物・拳銃の捜査をしてグレ始めたときは高橋さんがいた銃器対策課になるわけです。私も非常にリアリティに感心しました。監督はさぞ、リサーチされたのでは?

と監督に質問。

白石監督:稲葉さんが手記を書いていて、基本的にははみ出ないようにしました。あとは、ご本人とお話しを聞き、点数や機動捜査隊とは?など細かいところの話は元警官のOBの方に、当時の稲葉さん(綾野さんの役の方)のことは稲葉さんの元Sに会いに行って聞きました。実は道警の方には聞いてなくて、埼玉県警の方に雰囲気を聞いたりしました。機動捜査隊とマル暴、銃器対策課のことは特に細かく聞きましたね。

と回答。
白石和彌監督VS白石和彌監督
原作者の稲葉さんと同期で同時期に銃器対策課にいた高橋さん。

高橋さん:どこまで言っていいのかな・・・・平成6年に銃刀法を変えるということで拳銃を警察が買いとれるという法律ができて、その翌年に銃器対策課ができました。稲葉さんは道警であることを表に出して暴力団に接触して、私は秘匿捜査ということで名前を変えて、関西で有名なとある組の中に入りました。公務員の給料をもらいながら、企業舎弟としての暴力団員でした。

ととんでもない事実を。
白石和彌監督VS高橋功一
映画では諸星が首なし銃(被疑者なしの拳銃)をコインロッカーに入れて、警察に電話するシーンがありますが・・・

津田さん:コインロッカーに拳銃は基本中の基本ですよね。

高橋さん:拳銃の強化月間であった2月。10(銃)の日に向けて、もうパンフレット作っちゃってて。映画と同じように、「なんとかしろ」と本部から命令があって、ある組長を脅して拳銃を出させました。東京に出向き、銃を受け取って懐にいれて大阪に。戻ってきた時に上司に連絡したら『新大阪のコインロッカーにいれろ』と言われて。コインロッカーに拳銃を入れ、そのあと『ヤクザやめます。コインロッカーに銃をいれました』といって警察に通報しました。

と映画とまったく同じ。。日本中でありそう。

映画情報どっとこむ TJ 白石和彌監督VS飛松五男‗津田哲也
続けて、大阪府警が激怒したケースも。

津田さん:映画では道警が拳銃を大量輸入することが未遂に終わる展開がありますが、1994年当時の兵庫県警は61丁の拳銃を実際に輸入して。兵庫県で陸揚げするのではなく、大阪の泉北港におろしてしまって。縄張りを荒らして失敗したんですよね。

高橋さん:そのころ、大阪の銃器対策課だったんですよ。

とトンデモナイ事件を明かしました。

白石和彌監督VS飛松五男 白石監督:警察の話だけではなく、民間の組織が生まれた瞬間ってこういうことはどこにでもあって、銃をあげるにはお金が必要で、それが裏金になって、とすごく普遍的な話ではあると思います。

飛松さん:稲葉さんはエリート、いわばエースなんです。いまもエースの人はいて、組織のために頑張っている。組織がやめるべきことはやめて、考える時期にきています。

と苦言を呈します。

映画情報どっとこむ TJ 最後に、

白石監督:全国30万人の警察官がいますので、ぜひ警察官と家族の方にはぜひ観ていただきたいです。

と、イベントを終えました。因みに一部劇場にて警察手帳割引を実施中!

映画『日本で一番悪い奴ら』

公式HP:www.nichiwaru.com

物語・・・
日本で一番悪い奴ら 日本警察史上最大の不祥事。奴らはいったい何をしたのか!?

北海道警察の新米刑事・諸星要一(綾野剛)は、叩き上げの刑事たちの前で右往左往する毎日をおくっていた。そんな中、署内随一の敏腕刑事・村井(ピエール瀧)から教えられた刑事として認められる唯一の方法、それは【点数】を稼ぐこと。あらゆる罪状が点数別に分類され、熾烈な点数稼ぎに勝利した者だけが組織に生き残る。そのためには裏社会に飛び込み、捜査に協力するスパイ=S(エス)を仲間にし、有利な情報を手に入れろ――。こうして、その教えに従った諸星と、彼の元に集まった3人のSたちとの狂喜と波乱に満ちた生活がはじまった。

「正義の味方、悪を絶つ」の信念をもちながらも、でっちあげ・やらせ逮捕・おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、ありとあらゆる悪事に手を汚した北海道警察の刑事・諸星の行き着く先は!?「日本警察史上、最大の不祥事」と呼ばれる実際の事件をモチーフに、日本一ワルな警察官と裏社会のワルたちのタッグが巻き起こす“ヤバすぎる事件”の幕が切って落とされる

***********************************


監督:白石和彌
脚本:池上純哉
音楽:安川午朗
原作:稲葉圭昭「恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白」(講談社文庫)

出演:綾野剛、中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス) 、ピエール瀧

配給:東映・日活
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
企画協力:フラミンゴ
(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
    
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。