コンペ3部門の作品募集開始SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016

投稿日2016/01/06

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016開催決定!!

会期:2016年7月16日(土)~7月24日(日)

世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスし、次代を担う才能の発掘・育成と、新たな映像産業の発展への寄与を目的に2004年より毎年開催してきた本映画祭は、2016年7月16日(土)~7月24日(日)に第13回目となる開催が決定しました!

そして!本映画祭のメイン部門であるコンペティション3部門の作品を募集を開始したそうです。
2015_表彰式フォトセッション
過去本映画祭からは、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督(『うつろいの季節(とき)』)、白石和彌監督(『ロストパラダイス・イン・トーキョー』)、アンドレアス・エーマン監督(『シンプル・シモン』)、中野量太監督(『チチを撮りに』)、草野なつか監督(『螺旋銀河』)をはじめ多くの若手監督が羽ばたき、その後国内外で目覚ましい活躍を見せています。今回も<若手映像クリエイターの登竜門>として、映画界の未来を担う新たな才能の発掘の場となることを目指して開催されます。

コンペティション3部門作品募集開始!!

募集締切:2016年3月1日(火)必着
募集要項:応募規約、エントリーフォームなど詳細は映画祭公式サイト(www.skipcity-dcf.jp)で公開。

<作品応募に関するお問合せ>
映画祭事務局 作品担当 TEL:048-263-0818
E-Mail:entry@skipcity-dcf.jp

<コンペティション3部門(長編・短編・アニメーション部門)作品募集概要>

■長編部門 (国際コンペティション)
デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、長編映画制作本数が4本以下の監督による70分以上の作品を広く世界中から公募します。主催者賞のほか、国内作品を対象に今後の活躍が期待される監督に対し、SKIPシティでの次回企画制作を支援する「SKIPシティアワード」が贈られます。

■短編部門 (国内コンペティション)
日本の若手映像クリエイターを発掘し、世界に活躍の場を広げるための支援を目指して、国内作品に限定した部門です。
デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、15分以上30分以下の作品を公募します。
主催者賞のほか、最優秀作品賞には副賞として次回の企画制作を支援する「SKIPシティアワード」が贈られます。

■アニメーション部門 (国内コンペティション)
日本のアニメーション作家の発掘と支援を目的に、国内作品に限定した部門です。デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、30分以下のアニメーション作品を公募します。

主催者賞のほか、最優秀作品賞には副賞として次回の企画制作を支援する「SKIPシティアワード」が贈られます。

※ノミネート結果、賞構成、審査員は後日記者発表および公式サイトにて発表します。(参考:2015年賞金総額 330万円)


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016(第13回)開催概要
会期:2016年7月16日(土)~24日(日) <9日間>
会場:SKIPシティ 映像ホール/多目的ホール (埼玉県川口市) ほか
内容:長編部門(国際コンペティション)、短編部門(国内コンペティション)、アニメーション部門(国内コンペティション)

そのほか特別上映、関連企画、関連イベント等多数予定

主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会

公式サイト:www.skipcity-dcf.jp

********************************************************************

    
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。