映画『ハイネケン誘拐の代償』を試写してきた


アスミック・エース配給にて6月13日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショーとなります、
ハイネケン誘拐の代償ポスター
映画『ハイネケン誘拐の代償

誘拐された大富豪と、誘拐した若者たち。

追い詰め、追い詰められる男たちが支払う“誘拐の代償”とは・・・・

マスコミ試写に行ってきました!

何しろ引き込まれ最後まで持っていかれます。

本作は、1983年に実際に起きた大ビール企業「ハイネケン」の経営者誘拐事件を基に映画化したもの。

 

幼馴染の青年実業家。共同経営している建築業が思わしくなく。銀行にもそっぽを向かれ。一発逆転を考えます。

それが、ハイネケンの経営者を誘拐すること。
要求額は3500万ギルダー(換算で日本円で23億円)

で、誘拐までは大単に、スカッと。
しかし、だんだん・・・イライラしてきます。それは自分も誘拐犯の一人になったような気になっていたから。

何しろアンソニー・ホプキンス演じる大富豪フレディ・ハイネケンが何しろ全く動じなくて憎ったらしいんです。拘束されてるので顔と言葉だけで若者を翻弄。その存在感に観ているものさえ圧倒されます。

ハイネケン誘拐の代償
そして、誘拐犯グループのキャスティングが秀逸なのが、この作品に引き込まれる要因となっています。

『鑑定士と顔のない依頼人』のジム・スタージェスと、『アバター』のサム・ワーシントンほか、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーウェン、トーマス・コックレルが、それぞれの俳優がぴったりなんです。

つかまっているハイネケンは
「人生には2通りある。大金を持つか、大勢の友人を持つかだ。両方はありえない。」

と、言い放ちます。あなたはどちらを選びますか

映画『ハイネケン誘拐の代償』

6月13日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式サイト:http://kidnapping.asmik-ace.co.jp

原題は、KIDNAPPING MR. HEINEKENですが邦題は『ハイネケン誘拐の代償』。

最後まで観ると、後日談がわかります。

邦題の“代償”いらないなと思ってしまいました。
あなたはどう思うでしょう?

********************************************************************

出演:アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーウェン、トーマス・コックレル

監督:ダニエル・アルフレッドソン
2014年ベルギー・イギリス・オランダ
95分/スコープサイズ/5.1ch
日本語字幕:松浦美奈  
配給:アスミック・エース  
(c) 2014 Informant Europe SPRL, Heineken Finance, LLC
(c) Sofie Silberman 2014 (c) Ben Rothstein 2014
  

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ