「東京アニメアワードフェスティバル2015」の授賞結果!

投稿日2015/03/24

「東京アニメアワードフェスティバル2015」の授賞式が3月22日(日)TOHOシネマズ 日本橋にて行われ、

「コンペティション部門」のグランプリが発表されました!

他にも、TAAF2015「アニメ オブ ザ イヤー」のグランプリ作品、優秀作品 アニメファン賞が授与されました!
taaf2015ロゴ
「コンペティション部門」は、2013年1月1日以降に完成したアニメーション作品で、プロ・アマ問わず応募のあった、日本国内で未興行のアニメーション作品を対象としております。60分以上の作品は長編アニメーション部門、30分未満は短編アニメーション部門となります。本年は長編部門で21作品、短編部門は60か国以上の国と地域から1206の作品の応募がありました。

コンペグランプリ
審査結果は以下の通り。

<長編アニメーション部門>
グランプリ
『Song of the Sea』(原題) 監督 トム・ムーア

優秀賞
『MUNE』(原題) 監督 アレクサンドル・ヘボヤン、ブノワ・フィリッポン
※尚、グランプリの『Song of the Sea』(原題)には、東京都知事賞も授与

<短編アニメーション部門>
グランプリ
『Mi ne mozem zhit bez kosmosa』(原題)
英題 We can’t live without cosmos.
監督 コンスタンティン・ブロンジェット

優秀賞
『Bang bang!』(原題)監督 デジュリアン・ピサロ
『Beach Flags』(原題)監督 サラ・サイダン

審査員特別賞
『My Stuffed Granny』(原題)監督 エフィー・パッパ

※尚、グランプリの『Mi ne mozem zhit bez kosmosa」には、東京都知事賞も授与された。
※本審査を鑑賞した一般の観客が選んだ観客賞には日本人監督がアイヌの方々と一緒に制作した
『七五郎沢の狐』 監督 すぎはらちゅん(上映時間 13分45秒)が選ばれた。

TAAF2015「アニメ オブ ザ イヤー」のグランプリ作品、優秀作品、アニメ オブ ザ イヤー

TAAF2015の「アニメ オブ ザ イヤー部門」は、この1年間(2013年11月1日から2014年10月31日)に、日本国内で上映・放送された全商業作品を対象に、日本動画協会会員社、そしてアニメに携わり第一線で活躍するアニメプロデューサー陣、総勢約100名の専門的な視点によって投票を行い、厳正に選考されたものです。

劇場映画部門 グランプリ 『アナと雪の女王』
優秀賞 『STAND BY ME ドラえもん』

テレビ部門 グランプリ 『ピンポン THE ANIMATION』
優秀賞 『妖怪ウォッチ』

アニメオブザイヤー
アニメ オブ ザ イヤー部門
アニメファン賞は『劇場版 TIGER & BUNNY ‐The Rising‐』


********************************************************************

  
  
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。