新宿ピカデリーにシャア専用ザク現る!

投稿日2015/02/28

2月28日よりイベント上映開始の

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN I

新宿ピカデリーに1/1シャア専用ザクヘッドが展示されています!!
シャア専用ザク
待望の大人ガンダム「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」のシリーズ第1弾。
『機動戦士ガンダム-THE-ORIGIN』ポスター
宇宙世紀0079年に開戦した、ジオン公国による地球連邦からの独立戦争と、ジオン公国軍のエースパイロットのシャア・アズナブルには、切り離すことができない深き縁(えにし)に縛られた、語られていない過去があった……。

安彦良和先生が、漫画家として描いた累計1000万部を売り上げた大ヒットコミックス

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の待望のアニメ化です!

シャアとセイラの兄妹の過去。キャスバル・レム・ダイクンとアルテイシア・ソム・ダイクンのころから、ジオン独立戦争の開戦に至る物語を紡いでいきます。

機動戦士ガンダム-THE-ORIGIN-I-シャアとセイラ
監督には、0083 STARDUST MEMORYの今西隆志さん、メカニカルデザインにカトキハジメさん、総作画監督に西村博之さん!

新たに語られる、まだ誰も観たことがない宇宙世紀の“原点=オリジン”!

赤い復讐の始まり 明かされる過去―4部作の1作目

【第1話 青い瞳のキャスバル あらすじ】
シャアザク2宇宙世紀0068年、サイド3ムンゾ自治共和国。
宇宙に進出した人の革新を説き、地球連邦政府からの完全独立を宣言しようとしたジオン・ズム・ダイクンは議会檀上で演説中に突如倒れ、帰らぬ人となった。ダイクンの死後、ザビ家陰謀説を唱えるダイクンの側近ジンバ・ラル。

しかし、サイド3ムンゾの実権を掌握せんとするデギン・ソド・ザビ率いるザビ家の暗躍は加速していく。

これまで語られる事の無かった動乱の歴史が明らかになる中、ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアには、激動の時代を象徴した数奇な運命が待ち受けていた…

2015年2月28日全国13館にてイベント上映です!

【東京】新宿ピカデリー/シネマサンシャイン池袋/
TOHOシネマズ日本橋
【神奈川】横浜ブルク13  
【千葉】MOVIX柏の葉
【埼玉】MOVIXさいたま  
【栃木】MOVIX宇都宮
【大阪】なんばパークスシネマ/大阪ステーションシティシネマ
【京都】MOVIX京都  
【福岡】福岡中洲大洋
【愛知】ミッドランドスクエアシネマ
【北海道】札幌シネマフロンティア

機動戦士ガンダム-THE-ORIGIN-I-シャアザク
ジーク ジオン!
  
機動戦士ガンダム-THE-ORIGIN-I 公式サイト:http://www.gundam-the-origin.net
公式Twitter⇒@G_THE_ORIGIN

********************************************************************


キャスト

デギン・ソド・ザビ:浦山 迅
ギレン・ザビ:銀河万丈
サスロ・ザビ:藤 真秀/ドズル・ザビ:三宅健太/キシリア・ザビ:渡辺明乃

ジオン・ズム・ダイクン:津田英三/アストライア・トア・ダイクン:恒松あゆみ/ランバ・ラル:喜山茂雄/クラウレ・ハモン:沢城みゆき

ジンバ・ラル:茶風林
シャア・アズナブル:池田秀一/ナレーション:大塚明夫

原作:矢立 肇・富野由悠季
(「機動戦士ガンダム」より)
漫画原作:安彦良和 (KADOKAWA「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 」より)
キャラクターデザイン:安彦 良和・ことぶきつかさ/オリジナルメカニデザイン:大河原邦男
メカニルデザイン:カトキハジメ・山根公利・明貴美加・阿久津潤一
脚本 :隅沢 克之/演出:江上 潔・板野一郎
総作画監督 :西村博之/メカニル総作画監督:鈴木卓也
美術監督 :池田繁美・丸山由紀子/色彩設計:安部なぎさ
撮影監督 :葛山剛士/編集:吉武将人/音響監督:藤野貞義
音楽:服部隆之/監督 :今西隆志/総監督:安彦良和
企画 ・製作: サンライズ
©創通・サンライズ

関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。