ポーランドのクシシュトフ・クラウゼ監督が12月24日死去


現代ポーランド映画を代表する監督、クシシュトフ・クラウゼが、昨12月24日、前立腺ガンのため、お亡くなりになりました。まだ61歳の若さでした。
クシシュトフ・クラウゼ監督監督 クラウゼ監督は、1953年、ワルシャワ生まれ。88年に長編映画デビューし、ポーランドで最も権威のあるグディニャ・ポーランド映画祭で新人監督賞を受賞以来、寡作ながら、すべての監督作品が国際的な映画祭で受賞、ポーランドを代表する監督の一人。

グディニャ・ポーランド映画祭では、1999年の『借金』、2006年の『救世主広場』で2度もグランプリに輝き、日本公開された『ニキフォル 知られざる天才画家の肖像』(2004)では、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭やシカゴ国際映画祭でグランプリを受賞しています。

クラウゼ監督の遺作は、妻ヨアンナとの共同監督になる『パプーシャの黒い瞳』(2013)。

歴史上初めてのジプシー女性詩人と言われるブロニスワヴァ・ヴァイス、愛称パプーシャ(ジプシーの言葉で人形の意味)の生涯を、戦前からナチスの時代、戦後ポーランドの誕生と半世紀を越えるポーランド現代史を重ねて描き、カルロヴィ・ヴァリ、テサロニキなどヨーロッパの映画祭で数々の賞に輝いきました。

圧倒されるほどに美しいモノクローム映像は、「すべてのシーンが光と影の絵画のような傑作」(ハリウッド・リポーター)と絶賛されました。

papuszaパプーシャの黒い瞳
クラウゼ監督遺作となる

パプーシャの黒い瞳

は、日本では2015年4月4日(土)より岩波ホールほか全国順次公開です。

http://www.moviola.jp/papusza/

********************************************************************


監督・脚本:ヨアンナ・コス=クラウゼ、クシシュトフ・クラウゼ(『ニキフォル 知られざる天才画家の肖像』)
撮影:クシシュトフ・プタク、ヴォイチェフ・スタロン 
音楽:ヤン・カンティ・パヴルシキェヴィチ 
キャスト:ヨヴィタ・ブドニク、ズビグニェフ・ヴァレリシ、アントニ・パヴリツキ

ポーランド映画|2013年|ロマニ語&ポーランド語|モノクロ|1:1.85|5.1ch|131分|DCP
字幕翻訳:松岡葉子 字幕協力:水谷驍、鳥井摩利 配給:ムヴィオラ 
© ARGOMEDIA Sp. z o.o. TVP S.A. CANAL+ Studio Filmowe KADR 2013

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ