安藤サクラ×新井浩文 映画『百円の恋』初日舞台挨拶

投稿日2014/12/20

本日12月20日(土)よりテアトル新宿他にて公開となりました、話題沸騰中の映画

百円の恋』。

日本を代表する若手実力派・安藤サクラの魂をこめた熱演やクリープハイプの主題歌「百八円の恋」など各方面から話題となっています。

初日の12月20日(土)にテアトル新宿にて安藤サクラさん、新井浩文さん、武正晴監督、足立紳さん(脚本)を迎えて初日舞台挨拶が行われました。

1220『百円の恋』初日舞台挨拶フォトセッション
映画『百円の恋』初日舞台挨拶ご取材概要

日時:12月20日(土)
場所:テアトル新宿(新宿区新宿)
登壇者:安藤サクラ、新井浩文、武正晴(監督)、足立紳(脚本)


百円の恋MC:本日は『百円の恋』初日にお越しいただきまして誠にありがとうございます。早速ですが、舞台挨拶に登壇されますゲストの方をお呼びしましょう。安藤サクラさん、新井浩文さん、武正晴監督、脚本の足立紳さんです。

武正晴監督:本日は初日にお越しいただきましてありがとうございます。立ち見も出ているとのことで嬉しい限りです。よろしくお願いします。

安藤サクラさん:今日はありがとうございます。私が演じた一子が初めてボクシングのリングに上がった時みたいな気分で震えています。よろしくお願いします。

新井浩文さん:初日にお越しいただきましてありがとうございます。短い時間ですが楽しんで下さい。

足立紳さん:脚本の足立紳です。寒い中、そしてたくさんの作品がある中『百円の恋』を選んでいただけて幸せです。よろしくお願いします。

MC:満を持しての公開となりますが、今の気分はいかがですか?

武監督:4年前に足立さんに電話をして、そこから企画の話が進んできたので、電話に出てくれて良かったなと思っています。お客様に観ていただいて、映画は完成だと思っていますので、この日を迎えられて良かったです。

足立さん:あの時電話に出て良かったなと思います。武監督からの電話だと出なくていいやと思って出ない時があるので(笑)。ラッシュを観たときに凄い映画だと気分が高揚してしまい、一人で飲んで電車を乗り過ごしちゃった位です。

MC:ありがとうございます。安藤さん、新井さんは完成した作品をご覧になっていかがでしたか。

安藤さん:自分の出ている作品はそれだけで観るとソワソワしてしまうのですが、終盤はそのソワソワも忘れて興奮しました。自分じゃない感じがして、武監督カッコいいよ!と思いました。

新井さん:特に自分が出ているシーンは反省もあって客観的に観られないですが、作品とサクラはすごい!と思いました。自信を持って宣伝できる作品です!

MC:撮影に向けての肉体管理など大変だったとお伺いしましたがいかがでしたか?

安藤さん:肉体的には無茶していると思うんですけど、武組は苦痛じゃなかったです。みんな一子みたいに現場で戦っていて、新井さんも同じ方向を向いてくれるので幸せな時間でした。ここまで、色々なものを出してぐちゃぐちゃに戦える作品はあんまりないです。一子をヒト化の生物として、こんなに短期間で変われるんだ、神秘的で人間ってすごいなと思い、生き物としての自信にもつながりました。


MC:熱い現場でしたか?

新井さん:なんか無茶ぶりですね(笑)。サクラさんも言ったように人間て凄いなと思いました。低予算で、撮影日数も少ない中監督がブレないのが良かったと思います。怒鳴り声もある心地よい現場でした。

MC:安藤さん、新井さん撮影中のお互いの変化はどうでしたか?

新井さん:ウチは今現役の映画女優でサクラは一番だと思うので、それくらいのことはやるだろうと思っていましたよ。

安藤さん:恥ずかしいですよね、新井さんだから一緒に戦えたと思います。うまくしゃべれなくてごめんなさい(笑)。

足立さん:撮影現場にもお邪魔させていただくことがあったのですが、俳優、スタッフ肉体で戦っているのをみて一緒に戦いたいなと思いました。
MC:武監督、安藤さん、新井さんのお二人とご一緒されていかがでしたか?

武監督:本当に実力のあるお二人ですが、監督としてご一緒させていただくのは初めてでした。お二人ともチャレンジする気持ちがすごくて、貪欲なので驚きの連続でアメージング一子と言った感じで撮影していて幸せでした。

MC:撮影期間2週間で肉体の変化を見せるのに苦労はありましたか?

安藤さん:『百円の恋』の新井さん、めちゃくちゃカッコよく好きなんです。一子の勤める100円ショップのレジにバナナを持ってくるときの顔とか何なんだろうって(笑)。

新井さん:それホメてる?(笑)。人間て凄いなと思ったのは三カ月かけてつくった肉体が三カ月かけて元に戻ったこと。人間ドッグで、最近痩せて太ったりしたと聞かれました。わかるもんなんですね。

安藤さん:新井さんも試合に向けて水抜きまでしてましたが、シーンが終わって餃子を食べてビールも解禁になったシーンでガツガツ食べたら、その後しゃっくりが止まらなくなったよね(笑)。

新井さん:結構きつかったね(笑)。

安藤さん:最後の試合のシーンはアドレナリンが出すぎて、撮影の後にも目がカッと見開いて、たまたま会った知り合いに「人を殺しそうな目で歩いているよ」と言われました(笑)。

新井さん:うちは試合も1ラウンドの設定でしたが、サクラは3ラウンドあって朝から晩まで、試合のシーンだったんですよ。最後はリアル“あしたのジョー”みたいでした。

安藤さん:20時間やってたんですよ。
百円の恋
MC:ありがとうございます。まだまだお話を伺っていきたいところですが、そろそろお時間となりますので、最後にひとことずつコメントをいただきたいと思います。

武監督:今皆さんとお話をしていて現場のことを思い出しました。俳優の力、人間の力を実感できた作品です。今日ご覧いただいて気に入っていただけたらお誘いあわせの上、年末・年始にかけて劇場にお越しいただければと思います。

足立さん:寒い中ありがとうございます。初日にこんなに集まっていただけたので今日で終わっても良いんじゃないかと一瞬思いましたが、そんなわけにはいかない!ヒットして欲しいと強く思っていますので一人でも多くの方に伝えていただければと思います。よろしくお願いします。

新井さん:先ほど監督もおっしゃいましたが、映画はお客さんに観てもらって完成だと思います。単館系の作品は特に口コミが大事なので、皆さん協力してください。
今日は映画館で映画を観ていただきありがとうございます。

安藤さん:劇中で一子が言われる「立って死ね」という言葉のように、どうせ死ぬなら立って死のういうつもりでつくりました。今日公開されて3ラウンド目のゴングが鳴った感じがします。
が、またはじまりのゴングだとも思います。
皆さんと『百円の恋』が新たに飛び立っていくことが楽しみです。是非よろしくお願いします。            
1220『百円の恋』初日舞台挨拶
日本映画好きのかた、今年の締めくくりにこの映画を是非。
安藤サクラさんの映画後半どんどん変わっていく姿(演技)凄いんです。
女優さんて怖って思いました。
お薦めです。

百円の恋

テアトル新宿他にて絶賛公開中です!

********************************************************************

あらすじ
32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。

ある日、離婚して子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と喧嘩になってしまい、ヤケクソで家を出て一人暮らしを始める。

夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。

そんな冴えない日々の中、一子は帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習するボクサー狩野(新井浩文)と出会い、遅咲きの恋が始まる。
しかし、ささやかな幸せの日々は長くは続かなかった。

どうしてもうまくいかない日々の中で、衝動的に自らボクシングを始める一子。
人生のリターンマッチのゴングが鳴り響こうとしていた――。


『百円の恋』
安藤サクラ 新井浩文
稲川実代子 早織 宇野祥平 坂田 聡 沖田裕樹
吉村界人 松浦慎一郎 ・ 伊藤洋三郎 重松 収/根岸季衣

監督:武正晴 
脚本:足立 紳(「第一回松田優作賞」グランプリ受賞作)
音楽:海田庄吾 
主題歌:クリープハイプ「百八円の恋」(UNIVERSAL MUSIC)
製作:間宮登良松 企画監修:黒澤満
エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫
プロデューサー:佐藤現 平体雄二 狩野善則
音楽プロデューサー:津島玄一
撮影:西村博光(J.S.C.)
照明:常谷良男 美術:将多 録音:古谷正志 編集:洲﨑千恵子
衣装:宮本まさ江 助監督:山田一洋 製作担当:大川伸介
特別協力:大橋広宣
製作プロダクション:スタジオブルー 製作:東映ビデオ
配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS
カラー/113分/DCP5.1ch/ビスタサイズ/(C)2014東映ビデオ/R15+
 
関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。