オバマ大統領が今年一番面白かった映画は『6才のボクが、大人になるまで。』

投稿日2014/12/18

リチャード・リンクレイター監督最新作『6才のボクが、大人になるまで。
は11月14日(金)より大ヒット公開中です。

そして、なんと!!!

バラク・オバマ大統領が米・ピープル誌のインタビューで、今年一番面白かった映画は『6才のボクが、大人になるまで。』であった事を明らかにしました!!!

オバマ大統領は、ミシェル夫人とともにピープル誌のインタビューに答え、今年1年をプレイバック。その中で今年のベスト映画を問われ、

大統領『6才のボクが、大人になるまで。』は、素晴らしい映画だった。今年一番面白かった作品だと思う。

と本作を絶賛しました。

6才のボクが、大人になるまで。ポスターオバマ大統領の他にもハリウッドでは、

ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ケイシー・アフレック
アシュトン・カッチャー
オリヴィア・ワイルド
エドガー・ライト
クリストファー・ノーランら

も自身のSNSなどで本作を賞賛。

日本では
是枝裕和監督、西川美和監督、栗原類さんらも絶賛のコメントを残しています。

これまでに発表されたニューヨーク映画批評家協会賞、ワシントンDC映画批評家協会賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞、ボストン映画批評家協会賞、サンフランシスコ映画批評家協会賞など、数々の映画賞を総なめにしている本作は、先日発表されたゴールデン・グローブ賞において、作品賞、監督賞、脚本賞をはじめ、助演女優賞、助演男優賞の計5部門にノミネート。

絶賛の声が大きくなるにつれ、賞レースの行方にも期待が高まってます。

6才のボクが、大人になるまで。』 

公式HP:http://6sainoboku.jp/

********************************************************************

すべての瞬間に、「大切」が宿ってる。

主人公は、テキサス州に住む6歳の少年メイソン。キャリアアップのために大学で学ぶと決めた母に従ってヒューストンに転居した彼は、そこで多感な思春期を過ごす。

アラスカから戻って来た父との再会、母の再婚、義父の暴力、そして初恋。

周囲の環境の変化に時には耐え、時には柔軟に対応しながら、メイソンは静かに子供時代を卒業していく。やがて母は大学の教師となり、オースティン近郊に移った家族には母の新しい恋人が加わる。一方、ミュージシャンの夢をあきらめた父は保険会社に就職し、再婚してもうひとり子供を持った。

12年の時が様々な変化を生み出す中、ビールの味もキスの味も失恋の苦い味も覚えたメイソンは、アート写真家という将来の夢をみつけ、母の手元から巣立っていく。

原題:Boyhood
監督・脚本:リチャード・リンクレイター
出演:パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレーター、イーサン・ホーク
配給:東宝東和
上映時間:2時間45分
年齢区分:PG12
(c)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c. all rights reserved.


関連記事:


 

************************************

 

以下のランキングに登録しています。良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画情報どっとこむ

映画情報どっとこむへの作品掲載

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ。
記事掲載は無料。広告は週単位で有料です。