「予告・特報」カテゴリーアーカイブ

空前絶後!染谷将太 x ホアン・シュアン『空海-KU-KAI-』映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 東宝×KADOKAWAの初の共同配給作品にして、日中共同製作映画としては史上最大の本格ビッグプロジェクトとなる 映画『空海―KU-KAI―』が、来年2018年2月に待望の公開となります。

監督は、カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞をはじめ、数々の受賞を果たし、世界にその名を轟かせる巨匠チェン・カイコー。原作は、「陰陽師」「神々の山嶺」など多数の著作が映像化されているベストセラー作家夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴(うたげ)す」(角川文庫/徳間文庫)。
玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋から30年後。中国・唐の時代、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海が、詩人・白楽天(はくらくてん)と共に、首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る、一大スペクタクル超大作です。

映画情報どっとこむ ralph 本作のタイトルロールにもなる、主人公・空海を演じるのは、染谷将太。
海外映画作品初挑戦ながら、唐に渡った若き天才・空海を瑞々しく、そして堂々たる演技で見事務めます。

空海の相棒となる唐代の詩人・白楽天には、中国で好感度俳優第一位にも選ばれた、若手実力派人気俳優ホアン・シュアン。そして本作の最重要人物・楊貴妃には台湾出身のチャン・ロン・ロン。傾国の美女とも呼ばれた中国唐代の皇妃・楊貴妃を芯の通った美しさで演じます。さらに、空海と白楽天が追う奇怪な事件のカギを握る人物・安倍仲麻呂には阿部寛。

その他、松坂慶子や火野正平など、若手からベテランまで、豪華アジア俳優の競演があります!

映画情報どっとこむ ralph 今回初解禁された映像は、約6年の歳月をかけて東京ドーム約8個分(367,000ヘクタール)の土地に再現された「長安の都」の圧倒的スケール、さらには、絢爛豪華な衣装を身にまとう日中豪華スターたちの胸躍る映像、そして染谷将太演じる空海たちが挑む、歴史を揺るがす大冒険の始まりを予感させる、圧倒的映像美が迫ってきます。

今回の特報にも収められた貴重なメイキング映像には、まるで唐の時代にタイムスリップしたかのような大迫力のセットと、常時350名を超えるスタッフで行われたという壮大な撮影風景も垣間見ることができます。

1月のクランクアップから約1年のポスプロを経て、本編は年末完成予定。映画『空海』に是非ご期待ください!

※今回解禁の特報①は、8月26日(土)より、劇場で流れます。
※日本200スクリーン以上で公開された日中共同製作映画は、監督:チャン・イーモウ・降旗康男×主演:高倉健の 『単騎、千里を走る。』(2006年1月28日 日本公開/東宝配給)以来、約12年ぶり。

空海-KU-KAI-」 

2018年2月 全国ロードショー!
公式サイト:
http://ku-kai-movie.jp/

***********************************

監督:陳 凱歌(チェン・カイコー)  
原作:夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(角川文庫/徳間文庫)
出演:染谷将太 ホアン・シュアン チャン・ロン・ロン 火野正平 松坂慶子 阿部寛
配給:東宝・KADOKAWA     
©2017 New Classic Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures Shengkai Film


いよいよ今週公開!「幼な子われらに生まれ」本編映像第2弾到着!


映画情報どっとこむ ralph 数々のベストセラーを手がけている直木賞作家・重松清先生が1996年に発表した傑作小説「幼な子われらに生まれ」。

刊行当時『ヴァイブレータ』『共喰い』などの脚本家・荒井晴彦さんが重松先生と「幼な子われらに生まれ」の映画化の約束を交わし、21年を経た今、三島有紀子監督(『しあわせのパン』『繕い裁つ人』)の手によって映画化が実現。浅野忠信さん、田中麗奈さん、宮藤官九郎さん、寺島しのぶさんという個性溢れる豪華キャストで、ついに8月26日(土)よりテアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国にて公開です。

そしてその本編映像第2弾が到着!



今回解禁するのは、浅野忠信演じる主人公の田中信(たなかまこと)が仕事終わりにスーツ姿でひとり、カラオケに訪れるシーン。再婚した妻・奈苗(田中麗奈)との間に新たな命を授かるも、「ツギハギだらけの家族に、もうひとり、新しい子供を加える必要があるんだろうか」と複雑な感情を抱きつつ、奈苗の連れ子・薫(南沙良)には嫌悪感を抱かれ、挙句の果てに「本当のお父さんに会わせてよ」と言われ親子関係はギクシャク。
さらには、会社でも出向となり倉庫番勤務で現場のリーダーから嫌味を言われる始末。プライベートも仕事も上手くいかない信が、ひとりカラオケでストレスを発散する姿が描かれてます。

皺のない清潔なYシャツにネクタイを緩めることなく、カラオケに没頭する信。音量を調整したり、画面の歌詞を目で追って直立で歌う姿は、田中信という生真面目な人物の性格をよく表している。

浅野さんは、本作について

浅野さん:一見この話は信が【苦難を乗り越えて、父親として変わっていく】話に思えるけど、そうではない。信が変わるのではなく、信に関わる人たちが変わっていく話だ、と僕は思ったんです。

と語り、自身が演じた信を「変われない男」ととらえています。


映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」

―娘に言われた時、妻には新しい命が宿っていた。

「普通の家族」を築けない、不器用な大人たちの、愛すべき物語。

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン。田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。

実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言、「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが…。


8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

osanago-movie.com

過去記事:
「幼な子われらに生まれ」完成披露舞台挨拶の模様
eigajoho.com/?p=78990


***********************************


出演:浅野忠信 田中麗奈/南沙良 鎌田らい樹 新井美羽水澤紳吾 池田成志/宮藤官九郎 寺島しのぶ

原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫)
監督:三島有紀子(「しあわせのパン」「繕い裁つ人」)
脚本:荒井晴彦
配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch)
ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会


美しき花嫁は生贄!!『ゴースト・ブライド』日本予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 11月25日(土)に公開の映画『ゴースト・ブライド』の日本オリジナル予告編と予告編に沿った恐怖の場面写真を解禁。
恋人のヴァンヤと婚約し、結婚式を挙げる為、ヴァンヤの実家に向かうナスチャ。
不思議な空気に包まれ謎めいたヴァンヤの家に着いてから次々と不可思議な幻想に襲われ、恐怖を感じ始めるナスチャ。結婚式の準備は着々と進み、いよいよ婚儀の日に。
曾祖母のウエディングドレスを着る際に見せられた一族のアルバムには同じ顔の女性ばかりが並び、疑問と不安が膨れ上がるナスチャ。その時に気づくべきであった、わが身に待ち受ける恐ろしい運命を。花嫁・ナスチャに待ち受けていたのは、ヴァンヤの曽祖母・オルガを現世に甦らせる儀式の生贄としてその身をささげられる運命だった。


19世紀半ばのロシア帝国では、故人の亡骸の瞼に瞳を描き写真を撮影すると、撮影用の銀板には被写体だけでなく死者の魂を留めておけると伝えられていた。

それに加え、魂を留めた銀板と遺留品を用意し、生きた花嫁を生贄として捧げる儀式を行えば故人は甦るという奇妙な儀式を融合され、作は残酷で美しいホラー映画として誕生することとなった。



映画情報どっとこむ ralph 「仮装して来て!ハロウィンホラーオールナイト!!」が決定!!

日時:10月28日(土) 開場:23:00/開映:23:30 入場料:2500円 
場所:シネマート新宿(新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル)

※オールナイト上映イベントの詳細は「ホラーバトル・ウィークス」の公式SNSにて随時発表いたします。

映画情報どっとこむ ralph ゴースト・ブライド
物語・・・
恋人のヴァンヤ(ヴィヤチェスラブ・チェブチェンコ)と婚約した女子大生のナスチャ(ヴィクトリア・アガラコヴァ)は幸せに満ち溢れていた。2人は結婚式を挙げる為にヴァンヤの実家へと向った。不思議な空気に包まれ謎めいたヴァンヤの家。
この家に着いてから次々と幻想に襲われるナスチャ。彼女は死者を甦らせる惨劇の儀式の幻想を見る。それは、幻想ではなく、ヴァンヤの曽祖母であるオルガを現世に甦らせる為の儀式の生贄として捧げられたナスチャ自身だった。彼女は花嫁<生贄>として、この家に迎えられたのだ。
公式HP

***********************************

監督・脚本:スヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキー『ミラーズ 呪怨鏡』
製作:ウラジスラフ・セヴェールツェフ、ドミトリー・リトヴィノフ、ザウル・ボロタエフ
出演:ヴィクトリア・アガラコヴァ、ヴィアチェスラブ・チェブチェンコ、アレクサンドラ・レベノク、イゴール・クリプノ
2016年/ロシア/ロシア語/95分/カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル/
原題(英題):THE BRIDE・(露題):HEBECTA
提供:インターフィルム
©2017, Force Media LLC