「た行」カテゴリーアーカイブ

健太郎 x 山田裕貴 愛すべきアホウたちの実話 映画『デメキン』予告編


映画情報どっとこむ ralph お笑い芸人・バッドボーイズ佐田正樹さんの半生を綴った実録自伝小説・コミックスの実写映画化!

映画『デメキン』2017 年 12 月 2 日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

その予告が完成しました!

本作は、幼少期から“デメキン”と呼ばれいじめられた佐田さんが、喧嘩無敗と数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰める物語。

原作は、2009年3月22日に小説が発売。

2010 年 3 月 19 日より始 まったヤングチャンピオン連載中のシリーズ累計発行部数 170 万部を突破した大人気コミックスの「デメキン」。

主人公の正樹役は、2017 年 9 月 23 日スタートの NHK 土曜時代ドラマ「アシガール」や同年 10 月 28 日公開の 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』などに出演する、ネクストブレイク筆頭の逸材・健太郎が演じ、映画『亜人』(9月30日公開)や『あゝ、荒野』(前編:10月7日公開 後編:10月21日公開)、『HiGH& LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』(11 月 11 日公開)など話題作への出演が続く実力派俳優の山田裕貴が脇を固めています。

監督には、 三池崇史の助監督として数多くの現場を支え、右腕とも言える山口義高。

脚本は『百円の恋』で第 39 回日本アカ デミー賞最優秀脚本賞ほか、同年のビックタイトルを立て続けに獲得した足立紳。


映画情報どっとこむ ralph

この度、解禁された予告は、「またチーム作らん?」という厚成(山田裕貴)の言葉を皮切りに、正樹(健太郎)の代名詞でもあるタイマンをはじめ、壮絶な喧嘩シーンや轟々しいバイクシーン、仲間同士が衝突する様子を映し出 している。

映画『デメキン

2017 年 12 月 2 日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:demekin-movie.com

物語・・・
幼少期からギョロとした二重まぶただったためデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある 日、“強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。そしてかつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷし が強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていた。赤髪リーゼントがトレードマークの正樹。小学校からの親友・ 厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラー メン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの 日々を過ごしていた。ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(栁俊太郎)のことを思い返して いた厚成は正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。二人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛 んな敵が待ち受けていて…。
***********************************

出演:健太郎 山田裕貴 栁俊太郎 今田美桜 髙橋里恩 田中偉登 福山翔大 三村和敬 藤木修 岩永ジョーイ 神永圭佑 成田瑛基 笠松将 黒石高大 くっきー(野性爆弾) ケン(水玉れっぷう隊) 坂田聡

原作:佐田正樹『デメキン』
監督:山口義高 脚本:足立紳 音楽:海田庄吾
主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)

製作:東映ビデオ、AMG エンタテインメント
製作プロダクション:ステアウェイ
配給:AMG エンタテインメント 2017/日本/115 分
(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ
(C)2017 映画『デメキン』製作委員会

  


丸山隆平が本当に盗みたいものは!?『泥棒役者』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph “人違い“と“勘違い”をくり返し、クセもの8人による“だまし・だまされ”の≪超喜劇エンターテインメント≫が11月18日(土)より全国公開!

今回その完成を祝して豊洲PITに豪邸のセットが出現!
丸山隆平、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエ、西田征史監督ら豪華クセ者キャストたちが集結して、おもしろ舞台挨拶が行われました!
日時:9月21日(木)
場所:豊洲PIT
登壇:丸山隆平、市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエ、西田征史監督

映画情報どっとこむ ralph 大歓声の中3つの扉から、市村正親さん、ユースケ・サンタマリアさん、石橋杏奈さん、宮川大輔さん、片桐仁さん、峯村リエさん、西田征史監督が登場!

しかし!一人足りない!観客の「まるちゃ~ん!」の掛け声で中央の金庫から丸山隆平さんが飛び出し!

丸山さん:初単独主演です!本当に今日と言う日を皆さんと一緒に迎えられてうれしいです!金庫の中、怖かったです!(可愛い!)THANK YOU SO MUCH!(ギャー)

と、本当に嬉しそう。

映画情報どっとこむ ralph 市村さん:コンバンハ!まるちゃんと一緒に仕事ができて幸せでした。濃いーメンバーが集まってます。負けないように頑張りました!この屋敷の主人で作家。キャラが濃くて僕とかけ離れていて苦労しました!
と、市村さん!舞台上の市村さん半端ないオーラです!

石橋さん:観終わるとポジティブ・ポジティブな気持ちで帰れる作品になってます!向上心のある愛らしい帰国子女役で、テンションが上がると英語が出ちゃうんです!

宮川さん:・・・・こんなに沢山。楽しんで!丸を引き込んで泥棒に行くんで怖さとかを出してみました!撮影時に昔の彼女が現れてドッキリかと思いました!撮影中なのに。

丸山さん:ぐいぐい来ましたもんね。

映画情報どっとこむ ralph 片桐さん:この泥棒役者を11年前に主役の泥棒をさせていただきました。僕なので髪はもじゃもじゃ。だったので、今回丸ちゃんがもじゃもじゃになってしまいました!今回僕はストレートにしてもらってるんですが、けん玉のシーンでNG33回!汗で髪がもじゃもじゃになって・・
西田監督:丸山さんは、もじゃもじゃでもイケメンだったね!

と、主演のもじゃもじゃ頭の理由が明かされ、

片桐さん:監督が宮川さんの役だったんです。宮川さんリアルに怖かったです!素でしょ。ただのお祭り男じゃないです!

映画情報どっとこむ ralph 峯村さん:濃いキャラクターの中に混ざらせていただいて光栄です!突っ込みどころ満載の映画です!色がきれいな映画です!市村さんが綺麗でした!

ユースケさん:相当濃いですよ!
ユースケさん:ゲリラ豪雨の中ありがとうございます!(笑)(外は超晴れ)仲良くなり・・・・。関ジャニのみんなも来て

丸山さん:変な期待させないで!他のメンバ仕事してますから!

と無茶苦茶なユースケさん。空気の読めない役。

ユースケさん:普段からね。読まないんで大丈夫だったんです!(笑)でも、今回監督に蛇みたいに!って言われて予告見たらひどくって。まだ本編観てないです!今日皆と観ます!

西田監督:このように素敵なキャスト&スタッフで作り上げました。笑って笑って楽しんで!

映画情報どっとこむ ralph 泥棒役は・・・

丸山さん:泥棒を演じているよりは人を演じています。泥棒って結構ハラハラしているんだなと。凄い小声で話してます。
ユースケさん:あたりめーだろ!泥棒!

と、突っ込まれます!


撮影時のエピソードを聞かれると

丸山さん:市村さんがミュージカルっぽくて、ドンドンキレキレになって、監督に控えめにって怒られて、しょんぼりなってました!

と、暴露。さらに丸山さんのうちに監督と市村さんと宮川さんが本読みを行ったそう
市村さん:ユースケ来てなかった!

ユースケさん:呼ばれてないからです!

と、判明!部屋はベースだらけ、で・・・安心してください、女っけは無かったそうです!

映画情報どっとこむ ralph 本当に盗むとしたら?と問われて、

丸山さん:アイドルなんで・・・日本全国のハートを盗みたいです!

と、ルパン三世のようなお言葉。


最後に・・・

映画の裏はこのように楽しい現場でした。殺伐とした気持ちとか嫌なことを忘れてもらえる、そして身近な大事なものが見つかる映画になっています!楽しんで!


公式サイト:
http://dorobou-yakusha.jp/

物語・・・
かつて泥棒稼業に手を貸した過去がある大貫はじめ(丸山隆平)。今は溶接工員として真面目に働き、恋人の美沙(高畑充希)と幸せな同棲生活を送っていた。 ある日、昔の泥棒仲間・畠山(宮川大輔)から、美沙に泥棒だった過去をバラすと脅され、泣く泣く、とある豪邸に盗みに入ることに。 だが、忍び込んだ豪邸で、家主の絵本作家・前園俊太郎(市村正親)、訪問してきた編集者・奥(石橋杏奈)、セールスマン・轟(ユースケ・サンタマリア)から、「編 集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と次々と間違えられてしまう。「泥棒」として捕まりたくない一心で、はじめはその都度、勘違いされた「役」を必死に演じるハメに なるのだが…。前園家の隣に住むユーチューバー・高梨(片桐仁)、奥の上司の編集長(峯村リエ)も巻き込み、屋敷の中は一層カオスに。はたして、はじめは正 体を隠したまま、愛する恋人の元に帰ることができるのか???

***********************************

出演:丸山隆平 市村正親 石橋杏奈 宮川大輔 片桐仁 / 高畑充希 / 峯村リエ ユースケ・サンタマリア

監督・脚本:西田征史 (『小野寺の弟・小野寺の姉』「TIGER & BUNNY」「とと姉ちゃん」)
製作:「泥棒役者」製作委員会
制作プロダクション:ROBOT
配給:ショウゲート
(C)2017「泥棒役者」製作委員会


モーリス・ベジャール・バレエ団✕東京バレエ団『ダンシング・ベートーヴェン』公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本でも人気のある天才振付家モーリス・ベジャールの代表作のひとつ「第九交響曲」の舞台裏を捉えた感動のドキュメンタリー「DancingBeethoven」が、邦題を『ダンシング・ベートーヴェン』とし、12月23日(土)より全国公開することが決定!
その日本版ポスタービジュアルも解禁となりました!!

本作は、故モーリス・ベジャールによって振付られ、日本では年末おなじみのベートーヴェンの「第九」を“バレエ”で表現した踊るコンサートとして、21世紀のバレエ史上最高傑作と呼ばれたステージが出来上がるまでの度重なるリハーサルの様子や、ベジャール亡き後、後継者ジル・ロマン芸術監督のもと新たに踏み出したベジャール・バレエ団の様々な文化的背景を持つダンサーたちが織りなす人間ドラマに密着した感動のドキュメンタリー。

ベジャール・バレエ団には大貫真幹ら日本人ダンサーも所属しており、彼らの舞台裏にも迫ります! 

映画情報どっとこむ ralph
映画ファンだけでなく、バレエファン、クラシックファン必見の作品です。

ダンシング・ベートーヴェン

12月23日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA他にて公開です。

***********************************

振付:モーリス・ベジャール
監督:アランチャ・アギーレ 
音楽:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲『交響曲第9番 ニ短調 作品125』
出演:マリヤ・ロマン、モーリス・ベジャール・バレエ団、東京バ レエ団、ジル・ロマン、ズービン・メータ
配給:シンカ
協力:東京バレエ団
後援:スイス大使館
(c)Fondation Maurice Béjart, 2015 (c)Fondation Béjart Ballet Lausanne, 2015