「サイコ」カテゴリーアーカイブ

彼の死から10年が経過・・・『ジグソウ:ソウ・レガシー』特報映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 逃げ場のない究極の状況設定、恐ろしくも哲学的な“連続ゲーム殺人”、そして仰天のクライマックス。

「世界で最も成功したホラー映画シリーズ」としてギネスブックにも認定された【ソリッド・シチュエーション・スリラー】の最高峰、『ソウ』。

その待望の新章である『ジグソウ:ソウ・レガシー』が、11月10日(金)に全国公開となります・・・・・・。

このたび、その第一弾ビジュアルと特報映像が解禁に・・・・・。

目覚めたら見知らぬ部屋
頭にはバケツ、首には壁に繋がっている長い鎖
その壁には無数のまるのこ丸鋸は刀
“さあゲームをしよう、お前たちは嘘をついてきた
罪を告白せよ、真実のみがお前らを自由にする
生きるか死ぬか、お前たち次第だ“
わたしはあのやいば刃に向かっていくのだろうか?

見逃された罪人たちにおぞましくも独創的なゲームを仕掛け、自ら答えを選ばせることによって裁きを与える、映画史上最も知的でクールな殺人鬼“ジグソウ”ことジョン・クレイマー。彼の死から10年が経過・・・。しかし、ここにまさかの完全リニューアルによる最新作『ジグソウ:ソウ・レガシー』が登場!

映画情報どっとこむ ralph

今回解禁となる映像では、お馴染みのテーマ曲に乗せて、『ソウ』(シリーズ1作目)の舞台を彷彿とさせる暗い部屋で、バケツを被らされ鎖で繋がれた5人の男女が、壁に設置されたまるのこ丸鋸に向かってゆっくりと引き寄せられていく。さらに、謎の器具で首を拘束される男の姿や、サイロで身動きの取れなくなった女の前に鋭利な農具が落ちてくる様子など、ジワリジワリと恐怖をにじませる描写が満載!そんなトラップの数々から犯人と推察されるのは、既にこの世にいないはずの殺人鬼“ジグソウ”・・・!新たな殺戮ゲームの犯人は一体・・・?!不気味にも映像の最後には、新章の幕を開けるように三輪車に乗ったビリー人形が姿を現し、本編に期待せずにはいられない内容。


本作で、新たに監督を務めるのは、『デイブレイカー』『プレデスティネーション』などで知られる気鋭の双子兄弟、マイケル・スピエリッグとピーター・スピエリッグ。本作の後には、ヘレン・ミレン主演のスリラー「Winchester」の公開も控えており、今最も勢いがあるクリエイターに挙げられる。脚本は、こちらも『ソウ』シリーズ初参加となる、『ピラニア3D』のジョシュ・ストールバーグとピーター・ゴールドフィンガーのコンビが手がける。

一新された制作陣が贈る誰も見たことのない【ソリッド・シチュエーション・スリラー】を是非。

街であがったいくつかの死体。特徴的なその死に様は、ひとりの人物像を捜査に浮上させた。
ジョン・クレイマー。だが、「ジグソウ」の名で知られた凄惨なゲームの支配者である彼は、十数年前にこの世を去った。
彼を崇拝する何者かが、しかも捜査に関わる人物が、彼の後継者となったのか?

それとも?

公式HP:
jigsaw.asmik-ace.co.jp
twitter:
@JigsawMovie_JP

***********************************

出演:マット・パスモア カラム・キース・レニー クレ・ベネット ハンナ・エミリー・アンダーソン ローラ・ヴァンダーヴォート マンデラ・ヴァン・ピープルズ ポール・ブラウンスタイン ブリタニー・アレン ジョシア・ブラック
監督:スピエリッグ兄弟(『デイブレイカー』『プレデスティネーション』)
脚本:ジョシュ・ストールバーグ ピーター・ゴールドフィンガー(『ピラニア 3D』『ピラニア リターンズ』)
プロデュース:オーレン・クールズ マーク・バーグ グレッグ・ホフマン(『ソウ』シリーズ) 
配給:アスミック・エース
© 2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved
Photo credit: Brooke Palmer
    
   


映画「ザ・マミー」リアル脱出ゲーム9月も開催続行決定!


映画情報どっとこむ ralph トム・クルーズを主演にむかえアクション・アドベンチャー超大作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』は現在全国公開中です。

世界各国の週末ランキングで1位を獲得し、「ザ・マミー」旋風を巻き起こしております。

現在、本作と「リアル脱出ゲーム」がコラボレーションを果たした、『THE MUMMY ESCAPE GAME』が絶賛開催中です!
ハリウッド超大作映画の「ザ・マミー」の世界感に入り込み、“ミイラ(MUMMY)”復活を食い止める為に、制限時間60分以内に仕掛けられた謎や暗号を解くという、この参加型ゲーム・イベントは、巧妙に作り込まれたセット内で、映画さながらの緊張感を体験できるということ、そして「リアル脱出ゲーム」がハリウッド映画とのコラボするのは今回が初の試み!ということもあり、

7・8月分は早いタイミングで完売!
その好評ぶりを受け、9月も開催続行決定!
今夏再注目のイベントである『THE MUMMY ESCAPE GAME』の魅力をお届けします!

映画情報どっとこむ ralph モンスターという形でこの世に存在する悪を追い、研究し、必要であれば破壊することが目的の秘密組織<プロディジウム>のトップであるラッセル・クロウ演じるジキル博士は、地下空洞に隠された巨大な棺を発見したことで、5000年封印されていた“王女アマネット”を蘇らせ、自ら“王女の呪い”をかけられてしまったトム・クルーズ演じるニックを匿います。果たして、ジキル博士はニックにとっての敵なのか味方なのか?という部分もストーリーを追う上で見逃せないポイントのひとつ。

そんな本作において物語の鍵を握る存在である<プロディジウム>ですが、実際に自分がこのプロディジウム研究所の一員となり、様々な謎を解いていくのがこの『THE MUMMY ESCAPE GAME』です。

いざ研究所の中へ入ると、そこは映画さながらの光景が!什器 から小道具まで全てがまさしく<プロディジウム>の空間に仕上がっており、すぐにその世界観に入り込んでしまいます。
そしてこのマミーエリアで、中東で発見された砂漠の王女マミーが先日、このプロディジウム研究所に運びこまれたらしいなど施設の説明を受けているとき、突如警報が!!なにかと思えば、保管室に厳重に封印されているはずのマミーから異常反応が確認されたのだというのです!どうやら拘束装置に異常が発生し、封印が解けかかっているようで、このマミーが解放されることは、イコール、世界の終焉を意味するのだとか。そこで、任務を課せられたのは我々参加者たち!制限時間60分の中で、マミーを封印して全人類を救うべく、すべての謎を解き明かします!!!

映画情報どっとこむ ralph ★成功率は30%!日本はアメリカ・ロサンゼルスよりもめちゃ難!!
ネタバレ厳禁ということで詳細は明かせませんが、脱出成功率は30%だというこのゲーム。通常は、成功率は10%だといいますが、タイアップということで成功体験を増やす為、30%に引き上げてくれているそうですが、それでもかなりの難しさを感じるはず。アメリカ・ロサンゼルスでも開催されている今回のイベントですが、日本の方が断然難しいんだとか!

★これまで以上にこだわった装飾!!
とある部屋にズドーンと置かれた、本作の象徴でありタイトルロールでもある「ザ・マミー(ミイラ)」が封印されているサルコファガス(棺)は、わざわざハリウッドから取り寄せたそうで、全体として装飾はこれまで以上にこだわっているのだそう。

★趣向を凝らしたトリックの数々に感動!ゲーム中に生まれる連帯感が面白い!!
現地にも下見に行ったというスタッフが、ベースはそのままに日本ならではのトリックをふんだんに盛り込み仕上げたといいますが、ゲームの中に映画のストーリーをどのように組み込むかには苦労したのだとか。
今回の体験では、本当にあと一歩で脱出失敗…という無念すぎる結果に終わったものの、趣向を凝らした謎の数々に感動!そして、知らない者同士が集まっての参加にも関わらず生まれる連帯感に、リアル脱出ゲームならではの面白さを感じるはず。
また、様々なラインナップが常時されている「リアル脱出ゲーム」ですが、ゲーム後はその時集まったメンバーで反省会なども行われているんだそう!この反省会がきっかけで、恋が生まれるとか生まれないとか?!

映画情報どっとこむ ralph 映画鑑賞後にゲームに参加すれば、映画の世界へダイブしたかのような体験に興奮すること間違いなし!また、トリック解読の参考にもなるかも?!映画鑑賞前での参加であれば、映画が観たくなること間違いなし!集まったメンバーと共に、そのまま映画館へ足を運ぶのもありかも?!

この夏を更に盛り上げること間違いなしの『THE MUMMY ESCAPE GAME』と現在絶賛公開の映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』に是非ご期待ください!

「THE MUMMY ESCAPE GAME」
場所:アジトオブスクラップ東新宿GUNKAN401
(東京都新宿区大久保1-1-10 GUNKAN東新宿 4F)

<販売スケジュール>
8月公演分絶賛発売中完売!
9月公演分 一般発売:2017年8月5日(土) 12:00〜中

詳しくは、公式サイトにてご確認ください!
公式サイト

映画情報どっとこむ ralph 【ストーリー】

灼熱の太陽が降り注ぐ現代の中東で、米軍関係者のニック(トム・クルーズ)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は謎の地下空洞に隠された巨大な棺を発見。調査のため棺を輸送するが、想定外の事態により飛行機は墜落。即死であったはずのニックが次に目を覚ますと、無傷で遺体安置所に横たえられていた。混乱するニックはジェニーを連れ、棺の行方を捜すためにその場を後にする。ニックが目を覚ましたその頃、飛行機が墜落したロンドン郊外では、かつてファラオから裏切られ、復讐のために邪悪なモンスターと化し棺に封印されていた古代エジプト王女アマネット(ソフィア・ブテラ)が現代に蘇り、5000年の時を経て人類への復讐をはじめようとしていた―。

※mummy【mˈʌmi】―㊔ミイラ、干からびたもの

公式サイト:
http://themummy.jp

公式Facebook:
@TheMummyJP

公式Twitter:
@TheMummy_JP

***********************************

監督:アレックス・カーツマン
プロデューサー:アレックス・カーツマン、クリス・モーガン、ショーン・ダニエル、サラ・ブラッドショウ

脚本:ジョン・スぺイツ、クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、コートニー・B・ヴァンス、ラッセル・クロウ
配給:東宝東和
(C)Universal Pictures
    


綾野剛VS村上虹郎『武曲 MUKOKU』英国レインダンス映画祭長編部門決定!


映画情報どっとこむ ralph 熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』が、ロングラン公開中です。

『私の男』で第36回モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀男優賞をダブル受賞し、本作も6月に行われた同映画祭に正式出品されるなど、国際的評価の高い熊切和嘉監督ですが、この度、イギリス・ロンドンで開催される第25回レインダンス映画祭(9月20日~10月1日)インターナショナル長編コンペティション部門に出品されることが決定しました。
レインダンス映画祭は、92年に始まった、欧州最大級のインディペンデント映画祭。一昨年は『野火』(塚本晋也監督)と『ソレダケ/that’s it』(石井岳龍監督)が、昨年は『二重生活』(岸善行監督)が、それぞれインターナショナル長編コンペティション部門に出品されており、貴重な日本映画発信の場として映画ファンから注目されている。

また、第22回には、綾野が主演した『そこのみにて光り輝く』が同部門にて最優秀作品賞を受賞している、綾野自身にとってもゆかりの深い映画祭である。
新鋭発掘の場として定評があり、過去にはクエンティン・タランティーノ監督『パルプ・フィクション』(94)、クリストファー・ノーラン監督『メメント』(00)、園子温監督『愛のむきだし』(08)の英国プレミアが行われたこの映画祭で、目の肥えた映画ファンたちが本作をどう受け止めるのか、是非注目してほしい。

映画情報どっとこむ ralph 『武曲 MUKOKU』

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

公式HP:
mukoku.com
公式Twitter:
@MUKOKU_movie

***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明 監督:熊切和嘉 脚本:高田亮 音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ

©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会