「特撮」カテゴリーアーカイブ

illion(野田洋次郎)が「BANKA」をピアノの弾き語り披露『東京喰種』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 東京喰種 トーキョーグール』は7月29日(土)より全国公開。

話題が話題を呼び大ヒット上映中です。
8月7日(月)、丸の内ピカデリーにて、公開記念舞台挨拶が行われ、主演・カネキを演じた窪田正孝さん、CCG(喰種対策局)に所属する喰種捜査官・亜門を演じた鈴木伸之さん。そして、本作の監督を務めた萩原健太郎さんが登壇。
そしてサプライズで主題歌を書き下ろしたRADWIMPSボーカル・野田洋次郎さんのソロプロジェクト、illionがスペシャルゲストとして登場!弾き語りで「BANKA」を歌いあげました。

日付:8月7日
場所:丸の内ピカデリー
登壇:窪田正孝、鈴木伸之、萩原健太郎監督
スペシャルゲスト:illion(RADWIMPS 野田洋次郎)

映画情報どっとこむ ralph 公開から10日を迎えた本作だが満席となった会場を見て、

窪田さん:公開して、たくさんの方に愛されてることを実感しました。去年の今頃、汗水たらして作った作品が、みなさんの元に届いて、今はいい意味で客観視して見れることができていると思います。

と語り、原作ファンだけでなく、幅広い層から愛される作品となった本作に感慨深い様子をみせた。

窪田さんとは、2度目の共演となる鈴木さんですが・・・・、
これまで連絡先を交換しておらず、本作のイベントや取材で親睦を深め、数ヶ月前にようやく交換したことを明かし、

鈴木さん:焼肉屋に今度連れて行ってくれる約束をしたんです!

と嬉しそうに語った。

鈴木さん:俳優の先輩としてこれまでの作品を見させていただいていた中で、ご一緒に芝居をさせていただき、また共演したいと思える俳優さんです。

と尊敬のまなざしを向けていた。


映画情報どっとこむ ralph そして!!!!!!

主題歌を書き下ろしたRADWIMPSボーカル・野田洋次郎さんのソロプロジェクト、illionがスペシャルゲストとして登場!

実は、萩原監督は元々illionのファンであり、「Miracle」を聞いて『東京喰種』の世界観にピッタリだということからオファー。

野田さん:半年以上前にお話しをいただいて、作品を観る前から関わっているすべての人が物凄い熱量でこの作品を届けたいという気持ちをぶつけてくださって、その後作品を見たら、出演しているすべての人が本作を愛していて伝えたいという思いが画面から伝わってきました。この作品に見合うだけの音楽を作りたいと思い、(主題歌を)担当させていただきました。

と、主題歌を担当したことへの思いを語った。

そして、今回、特別に本作の主題歌である「BANKA」をピアノの弾き語りで披露!

野田さん:人前で歌うのは今日が初めてなんですけど、精いっぱい歌わせていただきます。

と言葉を投げかけると、ピアノの繊細な旋律が流れ、透き通るような歌声が会場に響きわたり・・・・。

弾き語りを目の前で聞いて・・・

窪田さん:本当にこの作品に携われて心から良かったと思っています。

と言い、うっすら涙を浮かべ、

萩原監督:最初に野田さんにお会いして、『東京喰種』を通して伝えたかった事や想いを話させていただいたんですが、野田さんなりの表現で包んでくれた。この曲が完成した時に『東京喰種』の新しい一面が見えたので、それをこうして目の前で聞けて感激しています。

鈴木さん:心と言葉が突き刺さる音楽で、こんな目の前で聞かせていただいたのは初めてで、余韻が抜けないです。

とコメントし、会場全体が余韻に浸っていた。


映画情報どっとこむ ralph そんな感動の余韻が残るなか、鈴木の呼びかけで、8月6日(日)に誕生日を迎えたばかりの窪田にバースデイケーキが用意され、観客と一緒にバースデーソングを合唱。サプライズで行われたこの演出に、
窪田さん:ありがとうございます。去年の昨日、現場で東京喰種のスタッフに祝っていただいて、この1年でも大きな変化がありました。作品を通して出会いがあるわけで、これからも人との出会いを大切にしていきたいですし、悔いなく思い切って生きましたと言える1年にしたいと思います。そして、もっと楽しい30代を迎えられたらと思います。

と20代最後の抱負を語りました。

最後に、

窪田さん:『東京喰種』に一役者として関われて幸せです。ぜひみなさんの手でたくさんの方に広めていただきたいです。

とメッセージを送り、イベントは終了した。

映画情報どっとこむ ralph 『東京喰種 トーキョーグール』

全国大ヒット公開中!!

公式サイト:http://tokyoghoul.jp/

物語・・・
人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ/窪田正孝)は、ある日、事件に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ/清水富美加)と出会う。

あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつも、やがてカネキを助ける存在となっていく。そんな中、喰種にも人間と同じように、守るべき家族や大切な友人がいること、愛する気持ちや哀しみ、憎しみといった感情があることを知り、カネキは人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤する。一方、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCG(Commission of Counter Ghoul)の捜査官・亜門(鈴木伸之)、真戸(大泉洋)が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。


***********************************

原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
出演:窪田正孝

清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより 蒼井優 大泉洋

村井國夫 / 小笠原 海 白石隼也 相田翔子 栁 俊太郎 坂東巳之助

佐々木 希 浜野謙太 古畑星夏 前野朋哉 ダンカン 岩松 了

監督:萩原健太郎 ■脚本:楠野一郎 ■音楽:Don Davis
主題歌:illion「BANKA」(WARNER MUSIC JAPAN)
配給:松竹
Ⓒ2017「東京喰種」製作委員会 Ⓒ石田スイ/集英社


トム・ホランド・雨の中で自分も濡れる!とファンに『スパイダーマン』Jプレミア


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマンとアイアンマンとの競演で2017年最大の話題作となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日(祝・金)に日本公開となります!

この度、本作でスパイダーマン/ピーター・パーカー役を演じたトム・ホランドとジョン・ワッツ監督が来日して新宿歌舞伎町にて夏祭りスタイルのジャパンプレミアが行われました。2人はこれが初来日。
途中、大雨が降ってきましたが、なるべく多くのファンにサービスしたいと雨の中頑張ってくれた優しいお二人でした。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』
<夏祭り>ジャパンプレミア概要
日時:8月7日(月)
会場:歌舞伎町シネシティ広場
登壇:トム・ホランド
   ジョン・ワッツ監督
   スパイダーマン(内臓本物)

映画情報どっとこむ ralph 歌舞伎町シネシティ広場に特設された会場は多くの観客が詰めかけ、アベンジャーズとスパイダーマンさん達も今か今かと待ちわび・・・
スパイダーマンがみこしに乗って登場すると会場は大盛り上がり!

映画情報どっとこむ ralph 太鼓もたたくスパイダーマン!
変身!
トム・ホランドさんが勢いよく噴射された白煙の中から登場すると会場のボルテージは最高潮に!

トム:ハジメマシテ、トム・ホランドデス!

と日本語で挨拶。降り出した雨の中歓声を上げるファンに

トム:みなさんのこと愛してます!この映画はスーパーヒーローの映画ですが、君たちはスーパーファンですね!僕たちも一緒に濡れます!
ジョン・ワッツ監督も登場!
雨にも負けずイベントを続行。

ハッピを貰って着替えてトーク
初来日の日本について聞かれると

トム:まだ2日しかいないけど、皆親切で優しくて歓迎されていると感じるし、日本が大好き!

ワッツ監督:食事も街も人も気に入りました。住んでもいいぐらい!

と、日本がお気に入りに。さらに
ワッツ監督:いまだに本作の監督に選ばれたことが信じられないよ。トム・ホランドは史上最高のスパイダーマンになりました。

と、絶賛。

そんなトムは、自身が演じたスパイダーマン/ピーター・パーカーについて、

トム:彼はただの子供なのに、ヒーローとして大きな責任を背負うところが新鮮。ピーターは、アイアンマンやマイティ・ソーと違って普通の子供。だからこそ親しみが感じられるし、僕は彼が好きなんです。

と、共感されやすい等身大の新生スパイダーマンの魅力を熱弁した。

また、トムがファンから親しみを込めて「トム・ホランド」の略称「トムホ」と呼ばれていることを告げられると、トムは珍しそうに自身で何度も「トムホ」とリピート。さらに会場中から渾身の「トムホ~~!!」コールがかかると、

トム:いいですね、すばらしい気分です!

と笑顔を見せました。

そして和太鼓に初挑戦!


大雨の中なるべくファンサービスをしようと頑張るお二人なのでした。


映画情報どっとこむ ralph 『スパイダーマン:ホームカミング』

2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー。



ピーター・パーカー、15歳。僕の物語が始まる――。
東京
ニューヨーク。スパイダーマンこと15歳のピーター・パーカーは、昼間は普通の高校生として自分の正体や気になる女子への淡い恋心を隠しつつスクールライフをエンジョイ中。しかし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンにもらった特製スーツに身を包み、部活のノリでご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標はアベンジャーズの仲間入りをし、一人前の<ヒーロー>として認められること。ある日、大富豪トニー・スタークに恨みを抱く敵・バルチャーが巨大な翼を装着しNYの街を危機に陥れる。ピーターはここぞとばかりに乗り出そうとするが、「アベンジャーズに任せておけ」とスタークに止められてしまう。自分の力を認めてもらおうと焦るピーターはたった一人、戦いに挑むが――。

***********************************

監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)

トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、
ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)
マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、
マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)
ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、
ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.


飯島寛騎が子供達と救急医療デモ 仮面ライダーエグゼイド厚生労働省で


映画情報どっとこむ ralph テレビ朝日系にて放送中の平成仮面ライダーシリーズ第18作目となる「仮面ライダーエグゼイド」(毎 週日曜朝 8:00~)とスーパー戦隊シリーズ第 41作目「宇宙戦隊キュウレンジャー」(毎週日曜朝 7: 30~)の映画、『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』『宇宙戦隊キュウレンジャ ー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』<8月5日(土)公開 同時上映>が公開致します。

そしてこの度、「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」と厚生労働省とのタイア ップ企画として、「子どもたちの未来のために みんなで守ろう小児医療」をキャッチコピーにコラボレーションポスターを制作。

映画情報どっとこむ ralph そして、「こども霞が関見学デーの 「仮面ライダーエグゼイドが、厚生労働省へやってきた!!」」と題したイベントが行われ「仮面ライダーエグゼイド」宝生永夢を演じている飯島寛騎さんが子どもたちと一緒に救急医療のデモンストレーションを体験しました!

もちろん仮面ライダーエグゼイドも登場!

映画情報どっとこむ ralph 飯嶋寛騎コメント

みなさん、こんにちは!「仮面ライダーエグゼイド」宝生永夢 ほうじょうえむ を演じています飯島寛騎 です。今日はみんなと楽しくお勉強できればと思います。宜しくお願いします! (心臓マッサージ体験をへて最後の挨拶) みなさん、救急医療における心臓マッサージ覚えましたか?(子どもたち「はぁーい!」) 元気がいいね!今日学んだことを忘れずに頭の片隅でもいいので覚えていて下さい ね!今日は有難うございました。

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング

8月5日(土) ROADSHOW

同時上映

宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲


公式サイト:http://ex-aid-kyuranger.jp/


***********************************

©劇場版「エグゼイド・キュウレンジャー」製作委員会
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 ©2017 テレビ朝日・東映 AG・東映
写真コピーライト「厚生労働省より提供」