「あ行」カテゴリーアーカイブ

大力拓哉&三浦崇志の代表作『ニコトコ島』 & 『石と歌とペタ』 遂に劇場公開!


映画情報どっとこむ ralph 10/14(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開される、知られ ざる奇才、大力拓哉と三浦崇志の共同監督による『ニコトコ島』と『石と歌とペタ』2作品の予告編、メインビジュアルが解禁です。

2007 年のデビュー作『タネ』からコンビを組み、以降旺盛に作品を発表し続けてきた大力拓哉と三浦崇志。

映画情報どっとこむ ralph イメージフォーラムフィルムフェスティバル2009で大賞を受賞し、第 62 回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に招待された『ニコトコ島』(08)は、細緻で大胆な構図によるモノクロームのビジュアルが印象的な作品。

監督ら自身が出演し、大阪弁の不 可思議なモノローグが続く中、、三人の男がフェリーに乗って謎の 島を旅するという物語である。この度は、解禁された予告編では、 登場人物たちが“山”とは何なのかを巡って一見、他愛の無い言 葉のやり取りをした後に「僕ら、もしかして何にも分かってない んちゃうん」というセリフが映画全体を貫く通奏低音のように聴 こえてくる。 続く『石と歌とペタ』は第 7 回ローマ国際映画祭で招待上映された作品。

映画情報どっとこむ ralph 『ニコトコ島』とは一転、軽快な音楽と、 ビビッドなカラー映像のセンスが光る。物語は「石」と「歌」、そして全く正体不明の「ペタ」と名乗る者たちが“ど こかへ向かう”ロードムービー。「石」「歌」「ペタ」と名乗ってはいるものの、やはり監督自身らがそのまま登場して いる。森に行き、草原を走り、まるで子供のように遊び続ける彼らはどこに向かっていくのか? 「死ぬときは死ぬも んなあ。もっと遊ばななあ」という劇中の言葉からも分かる通り、本作は彼らなりの青春映画なのかもしれない。 海外の高い評価にもかかわらず国内では映画祭以外ほとんど上映されてこなかった彼らの作品がついに一般公開と なる。世界でも類を見ないオリジナリティを発揮し続けている大力拓哉&三浦崇志の作品は、引き延ばされた無為の 時間に遊びながら、「ひとはなぜ生きるのか」「死とは何か」という根源的な問いを、いたって軽やかに問い続ける。

今回、解禁されたメインビジュアルを手がけたのは、80 代より「ガロ」「ヘヴン」「クイック・ ジャパン」「ユリイカ」など数多くの雑誌デザインの仕事も印象的な羽良多平吉氏。二人の作品をかねてより高く評価 してきた羽良多氏たっての希望で今回のコラボが実現。

映画情報どっとこむ ralph しりあがり寿先生、岡田利規先生からのコメントです

しりあがり寿(漫画家)
「デジタル」とか「パソコン」の時代に、すごく手作り感あふれる映像で、一つの画面の中にちっちゃーな事から、大き な事まで、くだらなーい事から、大切な深ーい事まで入っていて、それがユーモラスに語られて長い時間飽きさせな い。素晴らしいとおもいましたね。新鮮なスタイルの作品で、「オレもああいうの作ってみたい」と思う人がこれからどん どんでてきそうな、新しい可能性を感じました。(『ニコトコ島』へのコメントより)

岡田利規(演劇作家/小説家/チェルフィッチュ代表)
『ニコトコ島』も『石と歌とペタ』も、出てくる三人組は生半可なこどもみたい。もしくは、生半可な原始人。退屈さとたわ むれる、ということだけをしている。それだけをして生きているような、夢を造形した映画。わたしが彼らから目が離せ なかったのは、たぶん羨ましかったからなんだろう。 意味の無い、目的の無い、価値の無い、その自由。 彼らの生半可さは挑発的で、かつ魅惑的だ。


ぜひ映画公開を楽しみに!

『ニコトコ島』
Exif_JPEG_PICTURE

『石と歌とペタ』
シアターイメージフォーラムにて 10 月 14 日(土)より公開!以降全国順次

***********************************

『ニコトコ島』(2008/日本/47 分/モノクロ/4:3/DV) 大力・松田・三浦の3人は船に乗る。船に乗って、彼らは「どこか」へ向かう。とある 島に到着した3人は、どこへ向かうでもなく、おしゃべりしながら岩山や森を歩き続け る。誰か一人が死んでも、彼らは歩き続ける。 ◆監督・脚本:大力拓哉、三浦崇志◆出演:松田圭輔、大力拓哉、三浦崇志◆音楽:松 田圭輔、大力拓哉

『石と歌とペタ』(2012/日本・フランス/60 分/カラー/4:3/DV) 石と歌とペタの3人は、出会い、一緒に旅をする。目的地があるから迷う、ということ に気付いた3人は、目的を「いろんなところへ行く」に変更する。 話したり、遊んだり、歌ったり、夢を見たりしながら、3人の現実と非現実の狭間の 旅は、終わることを知らない… ◆出演:松田圭輔、大力拓哉、三浦崇志、中尾広道◆音楽:松田圭輔、松永康平、ラ シャード・ベッカー、大力拓哉◆サウンドエディット:大力拓哉◆タイトルデザイン: 橋本新◆協力:中尾広道、岡本珠希◆プロデューサー:岡本珠希(CaRTe bLaNChe)、 Dairiki&Miura◆監督・脚本:大力拓哉、三浦崇志


西野七瀬、白石麻衣ら涙!『あさひなぐ』初日舞台挨拶サプライズに


映画情報どっとこむ ralph 人気コミック「あさひなぐ」が乃木坂46の西野七瀬主演で、ついに映画化され、9月22日(金)より全国公開となりました。

そしてこの度、9月22日(金)に公開を記念しての初日舞台挨拶が行われ、主演の西野七瀬さんをはじめ、桜井玲香さん、松村沙友理さん、白石麻衣さん、伊藤万理華さん、富田望生さん、生田絵梨花さんと英勉監督も登壇しました。

キャストの皆さんは映画の“勝負衣装”である道着に防具姿で登場!監督は何故かジャージ。

そして約3ヶ月のなぎなたの演技に挑んできたキャスト一同に、なぎなた指導の先生からサプライズで手紙と花束を贈呈!
流石にたまらず涙を。

映画『あさひなぐ』初日舞台挨拶

日時:9月22日(金)
会場:TOHOシネマズ 新宿
登壇:西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理、白石麻衣、伊藤万理華、富田望生、生田絵梨花、英勉監督
スペシャルゲスト:吉井和代先生(全日本なぎなた連盟)・連盟所属の大学生

映画情報どっとこむ ralph TOHOシネマズ 新宿の大きなスクリーンは超満員。マスコミも前2列に入りきれないほど。
大歓声の中、キャスト陣がなぎなた道着に防具姿で登場!
凛とした姿は乃木坂さん達にぴったりな印象。

西野さんは久しぶりに旭の丸メガネを掛けてくれてます!

西野さん:今日は楽しみで・・・久しぶりにこの防具を付けて、撮影を思い出しながら着つけました!

桜井さん:今日は無事に初日を迎えられてうれしいです。この大きなスクリーンにいっぱいに入っていただいて、こんな作品い出させていただいたのだと。ヒシヒシと感じています。

松村さん:・・・撮影の時からずっと楽しくて。心の底から好きな作品が出来上がりました。かわいい子が沢山出てますが。サクラちゃん(自分)を注目してください!

白石さん:無事に公開初日。嬉しく思ってます。何十回も何百回も観ていただけたら嬉しいです。
おそらく会場の中には見ようと思った人もいるはず。

伊藤さん:撮影期間から和気藹々でしたが、長いPR期間でより仲良くなれて、今日でPR終わるのが寂しいです。是非何十回でも何百回でも観て下さい!

富田さん:面白かったですか?(大拍手)こうして乃木坂46の皆さんと舞台挨拶に立てて光栄です!

生田さん:なぎなた稽古、撮影。そしてPR。そして公開初日を迎えて感慨深いです。

英監督:補欠だからジャージ?よろしくお願いいたします。

映画情報どっとこむ ralph 人気コミックの映画化のオファーが来てどう思ったのか?

英監督:原作も面白かったし、こうしたキラキラした人たちと、いつかできるだろう、いつかできるんだったら今日できる!みたいな。やるしかないと決めました。

西野さん:わたし、薙刀と言うもの自体を知らなかったんで、想像もつかなくて。フワッとしてました。原作は試合の場面は自分たちはやらないんだろうなと読んでました。でも、練習しているうちに、本番も自分でやりたくなって監督に直談判しに行きました!

桜井さんもオファーが来てから原作を読んで

桜井さん:ファンが沢山いる作品だったので、光栄でした。薙刀も最初は初めてで、出来なさ過ぎて、映画撮れるのかな?と不安になりましたが、支えながらクリアして良い作品になりました。

松村さんは、江口のりこさん演じる寿慶さんにしごかれていますが。

松村さん:寿慶さんの気迫が凄いんです!カメラさんとか照明さんのお力で凄いんじゃなくて、実際に怖かったんです!声の音圧が凄くて。でも、楽屋では面白くって、ギャップ萌えしました~。

白石さんは英組ならではのアドリブ口撃に笑わないように頑張ったそうで

白石さん:中村倫也演じる小林先生は基本アドリブなんです。私は頑張ってますが、松村笑っちゃってるんですよ!(←本編に残ってます)
松村さん:監督~

監督:あれ笑ったままでもキャラ的にOKなのに、取り繕うから・・・。

西野さん:別の場面で私も、ほぼアドリブのままで進んでいくので、ほんまにこんな自由でいいんやって思いました。白石さんのことをミヤジマハールって言ってるのもアドリブです。

白石さん:中村さんに呼ばれるときはミヤジマハールでした。

映画情報どっとこむ ralph 伊藤さん:撮影時に2年生の立場からすると、3年生の引退試合の時にはけていったときに、本当に泣けて。感情移入しちゃいました。でも映ってないんです。
MC:映ってない?監督?

監督:だってフレームアウトしてんだもん。映せない。せっかく涙でたんで戻る?

伊藤さんは、メイキングでと監督に直談判していましたが。。如何に。

一方、オフショットを史乃カメラで追っていた富田さん

富田さん:公式ツイッターでマンデー文乃カメラをやってますので是非チェックして下さい。休憩中は、お話したりお昼寝したり。丁度、インフルエンサーの発売日でインフルエンサーの振り教えてもらったんです!教えるのが上手なんです!見たいかい?(ウォーと茶色い野太い歓声)

ここで生アカペラインフルエンサー!

生田さん:違う学校なので、楽屋でも別で・・・撮影中は文乃ちゃんが乃木坂なんじゃないかと。ブンブンしてるのを横目で見てました。なぎなたもみんなと一緒にお稽古できなくて。撮影中に別の体育館で練習してました。なぎなたは美しさが大事なので頑張りました。

と、苦労を語りました。
フォトセッション後に、MCがサプライズで薙刀指導の吉井和代先生からのお手紙を代読。するとすでに涙目のキャスト。
更にサプライズで吉井和代先生と大学生の皆さんが花束をもって登場!涙涙に。

映画情報どっとこむ ralph 本作の主人公・東島旭(とうじま・あさひ)役には、映画初出演にして初主演となる西野七瀬。

旭が憧れる先輩・宮路真春(みやじ・まはる)役に白石麻衣。二人の最強のライバル・一堂寧々(いちどう・ねね)役には生田絵梨花を迎え、桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華ら乃木坂46メンバーが“美の武道”なぎなたに初挑戦!

さらに、『チアダン』の富田望生をはじめ、中村倫也、森永悠希、角替和枝、江口のりこら実力派俳優陣が個性的キャラクターを演じ、監督は『ヒロイン失格』など数々の大ヒット作を手掛けてきた英勉が務め、“なぎなた”に全てをかける女子高生の青春をみずみずしく描いた感動作が完成いたしました!

映画『あさひなぐ』

物語・・・
春、元美術部で運動音痴の主人公・東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。旭は1つ先輩の宮路真春と出会い、その強さに憧れ”なぎなた部”入部を決意! 同級生の八十村将子、紺野さくら、2年生の野上えり、大倉文乃と共に部活動をスタートしたが、”練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”―そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの! やがて3年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経て一回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。

再びツ坂の前に宿敵國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事が―。真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。そのとき、旭は・・・・・・。物語はクライマックスへ向けて大きく動き出す―。

9月22日(金) 全国ロードショー

公式HP:
asahinagu-proj.com

***********************************

西野七瀬 桜井玲香 松村沙友理 白石麻衣 伊藤万理華 富田望生 生田絵梨花
中村倫也 森永悠希  角替和枝 江口のりこ
原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中) 

脚本・監督:英勉 
配給:東宝映像事業部
©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 
©2011 こざき亜衣/小学館 


『一礼して、キス』完成披露先行上映会決定!池田エライザ・中尾暢樹ほか登壇予定


映画情報どっとこむ ralph この度、11月11日(土)の『一礼して、キス』公開に先駆けて、10月3日(火)に完成披露先行上映会の開催が決定しました!

主演の池田エライザ、中尾暢樹をはじめとしたフレッシュなキャストが登壇する予定です!

【実施日時・会場】 
2017年10月3日(火)下記劇場にて開催します。
新宿バルト9
http://kinezo.jp/pc/wald9
18:40開場/19:00開演 

【登壇者(予定)】
池田エライザ/中尾暢樹
※登壇者は予告無く変更になることもございますのであらかじめご了承ください。

【チケット販売方法】
≪先行抽選販売<チケットぴあ>プレリザーブ≫ 
w.pia.jp/t/lastexile-fam/
■ 申込受付期間:9月23日(土)11:00 ~ 9月27日(水)11:00
■ 抽選結果発表:9月27日(水)18:00~※クレジットカード決済のみ
■ 引換開始日 :9月27日(水)18:00~
■ 一般発売  :9月28日(木)10:00~10月2日(月)23:59

映画情報どっとこむ ralph 映画『一礼して、キス』 

新宿バルト9 ほか 全国ロードショー
公式HP:
shite-kiss.com



あらすじ
恋を知らずに、相手を傷つけるほど愛してしまう曜太。愛を痛いほど感じて、相手に応えてしまう杏。
不器用な曜太の杏への想いは、胴着男子のイケメンたちの登場で、さらに大混乱!?
中学からの6年間を弓道に捧げてきた、岸本杏(あん)。弓道部の部長は務めているものの、結局、満足のいく結果も出せないまま、高校三年生で挑んだ夏の大会が終わってしまう。次期部長は、後輩の三神曜太(ようた)。普段から、ほとんど練習もしないのに、入部した当初から、天才ぶりを見せつけ、大会でもいとも簡単に優勝してしまった三神に複雑な思いを抱える杏。そして、杏はついに引退を決意し、三神に部長の任を引き継ぐことに。だが、それを知った三神は、杏に“あるお願い”をしてきて…!?「俺は先輩の事、ずっと見てましたよ…。」三神の一途な愛がさく裂…。二人は無事、結ばれるのか?

***********************************

出演:池田エライザ 中尾暢樹
松尾太陽 鈴木勝大 前山剛久 萩原みのり 結木滉星
金森啓斗 奥仲麻琴 押田 岳 牧田哲也 吉岡睦雄
三谷輝也 向井拓海 斎藤夕夏 福田桃子 中村浩太郎 植田浩崇 高山範彦 夏嶋カーラ 中村琉葦 山本杏珠
佐藤友祐(lol-エルオーエル-)(特別出演) / 眞島秀和
監督:古澤 健
原作:加賀やっこ「一礼して、キス」(小学館「ベツコミフラワーコミックス」)
主題歌:lol-エルオーエル-「think of you」
配給:東急レクリエーション
2017加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」製作委員会