「キンダー・フィルム・フェスティバル」カテゴリーアーカイブ

きかんしゃトーマス-生吹替えが決定!「キンダー・フィルム・フェスティバル」



今年で21回目を迎える「キンダー・フィルム・フェスティバル」が、8月7日(水)~11日(日)に調布市グリーンホールにて開催されます。

今年の21stキンダー・フィルム・フェスティバルのここがすごい!!
目玉は『きかんしゃトーマス』のライブ吹き替え上映!

(1)映画祭オープニングセレモニー(13:00~Aプログラム)
   
夢の共演!戸田恵子さん、ジョン・カビラさん、中山秀征さん、内田恭子さん、ルー大柴さんによる、キンダーでしか観ることができない『きかんしゃトーマス』のライブ吹き替え上映!戸田恵子さん、ジョン・カビラさんらによる夢の共演がキンダー・フィルム・フェスティバルのオープニングで実現いたします。 なお、オープニングの入場料は、東北の震災孤児の皆様へ全額寄付することも決定です。

(2)映画祭オープニングセレモニー(15:00~Bプログラム)

公開直前!超話題作『少年H』の限定プレミア上映が決定!さらに、H役の吉岡竜輝さん、Hの妹役の花田優里音さんも登壇決定!
8月10日(土)から公開の超話題の大作『少年H』の公開直前の上映が特別に決定いたしました。
キンダー・フィルムで公開前の作品をプレミア上映するのは、これが初めてです。
話題の大作を、子ども映画祭で、家族で観ることができる貴重なプログラムとなっております。
なお、こちらのプログラムのみ、限定プレミア上映のため、無料上映。

(3)You’re TOP GUN!!日本最高峰の「ティーンズ・フィルム・コンペティション」開設

今年から「映画をみる」だけではなく、「映画をつくる」ティーンズをバックアップするために「ティーンズ・フィルム・コンペティション」を開設。審査員は、日本の大手映画製作会社のトッププロデューサーたち、そしてその日本を代表する映画の第一人者たちの審査により選ばれたグランプリを今回フェスティバル中に発表。選ばれたティーンズたちは、世界の子ども映画祭の映画制作キャンプに、日本を代表して参加してもらいます。今までの日本にない、未来の映像クリエイターを排出する日本最高峰のコンペティションが新設されました。

その他にも、中国・韓国のショートフィルムを特集上映する「アジアプログラム」や、イギリスアニメ界の名匠の作品を特集上映するプログラムなど、さらにプログラムを強化し、どのプログラムをご覧いただいてもご満足いただける充実した上映プログラムとなっております。

■オープニングセレモニー登壇者(予定)
戸田恵子、中山秀征、内田恭子、ルー大柴、ジョン・カビラ、吉岡竜輝、花田優里音


■オープニングセレモニー上映作品
8/7(水)Aプログラム(13:00~14:20) ※5歳?おすすめの注目の最新ショートフィルムを上映
★『きかんしゃトーマス』(イギリス/7分)
豪華キャストによる夢の共演!ここだけのプレミアライブシネマ


★『ピーターラビットラディッシュどろぼうのおはなし』 (イギリス/12分)
ピーターラビットの最新作を本邦初公開


★『みえないパパとわたしと・・・』 (韓国/18分)
2013年ベルリン国際映画祭児童部門出品。盲目の父と娘の話。監督・主演来日決定。
ほか、4年ぶりのシリーズ最新作『こまねこのおるすばん』初お披露目など、最新注目作を上映。


8/7(水)Bプログラム (15:00~17:20) ※9歳?おすすめの話題の長編を限定プレミア上映
★『はつこい』(オランダ/11分)
少年がはじめて知る、ある「とくべつな気持ち」を繊細に描くピュアなラブストーリー


『少年H』 (日本/122分)
公開直前の話題大作を限定プレミア上映!H役の吉岡竜輝くん、Hの妹役の花田優里音ちゃんも登壇決定!
※★印の作品は、ゲストによる生吹き替え「ライブシネマ」にてご覧頂きます。
※オープニングの入場料は、東北の震災孤児の皆様へ全額寄付いたします。

昨年20周年を迎えた本映画祭。昨年度は約12,000人を超える動員があり、世界各国から子ども映画祭のディレクターなどの第一人者たちが来日し、「国際映画祭」として新たなスタートを切りました。

21回目を迎える本年は、昨年よりさらに進化した企画でお子さんたちに喜んでいただきたいとのことです。

********************************************************************


■キンダー・フィルム・フェスティバルとは?■

世界三大映画祭の一つ、ベルリン国際映画祭児童映画部門の協力を得て1992年にスタートし、今年で21回目を迎える日本最大のこどもたちの世界映画祭。ドイツ語で「こどもたち」という意味を持つ「キンダー」は、子供達が世界中の心温まる映画に出会い、笑顔を持ち帰る映画祭です。世界中の選りすぐりの質の高い映画を、声優が生で吹替え上映する等ユニークな体験型プログラムと共にお届けします。



キンダー・フィルム・フェス オープニング『少年H』に決定!



8/7(水)より開催されます、日本最大の子どもたちの世界映画祭「21stキンダー・フィルム・フェスティバル」オープニング作品に、『少年H』(降旗康男監督/東宝配給)が決定しました。

なぜ、子ども映画祭で『少年H』なのか?

「本映画祭の上映作品の特徴は、子どもたちが純粋に楽しめる作品だけではなく、「ちょっと考える」作品であること。言葉では伝えづらい出来事を、映像を通じて大人と一緒に学ぶことができる・・・映画祭のチェアパーソンの戸田恵子さんをはじめ多くのタレントさんが、毎年そういった上映作品に惚れ込んで、ボランティアでご参加頂いております。」


「『少年H』は、戦時下という厳しい状況の中で生きる少年と家族の姿を、「子ども目線でありのままに」描いた作品。世界的ベストセラー小説の待望の初の映画化となる本作原作者の思いでのひとつでもある、「子どもたちにも観てもらいたい」という双方のメッセージが合致し、今回の特別企画が実現いたしました。」

そして、オープニングセレモニーには豪華ゲストも登壇します!

今年で21回目の開催となる本映画祭において、公開前の一般作品が上映されるのは今回が初めてです。また、本映画祭のオープニングには、映画祭のチェアパーソンである戸田恵子さんとともに、『少年H』に出演した吉岡竜輝さん(肇役:12歳)花田優里音さん(好子役:8歳)の登壇も決定いたしました。


21stキンダー・フィルム・フェスティバル オープニング作品

『少年H』は 8月10日(土)全国ロードショーです!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「少年H」 ストーリー
少年H
8月10日(土)全国ロードショー
(C)2013「少年H」製作委員会
作家・妹尾河童の自伝的小説をもとに、「ホタル」「鉄道員(ぽっぽや)」の降旗康男監督が映画化。激動の昭和初期。異国情緒あふれる神戸を舞台に、太平洋戦争という激流の渦に巻き込まれながらも、勇気、信念、愛情をもって生き抜いた「名もなき家族」の20年の物語。


********************************************************************


■キンダー・フィルム・フェスティバルとは?■

世界三大映画祭の一つ、ベルリン国際映画祭児童映画部門の協力を得て1992年にスタートし、今年で21回目を迎える日本最大のこどもたちの世界映画祭。ドイツ語で「こどもたち」という意味を持つ「キンダー」は、子供達が世界中の心温まる映画に出会い、笑顔を持ち帰る映画祭です。世界中の選りすぐりの質の高い映画を、声優が生で吹替え上映する等ユニークな体験型プログラムと共にお届けします。
http://www.kinder.co.jp/


ティーンズコンペ立ち上げ キンダーフィルム祭



日本最大の子どもたちの世界映画祭『21st キンダー・フィルム・フェスティバル』にて、新しく『ティーンズ・フィルム・コンペティション部門』を立ち上げる事が決定しました。

審査員は、日本の大手配給会社のTOPプロデューサーら世界の映画界で活躍する映画の第一人者たち。

グランプリに選ばれた方は、世界の子ども映画祭で映画製作技術を学ぶことができるキャンプに正式招待されます。日本を代表して、世界の映画製作の第一線に参加。日本初のティーンズ映画製作者の国際交流のチャンスを、キンダー・フィルム・フェスティバルがお届けします。

募集要項ですが。。。

10歳以上18歳未満の子どもたちが製作した作品。優勝者(グループ)2名までを世界の映画祭に招待します。
プレミア規定

① 監督・脚本・カメラマンが対象年齢であること
② グランプリに選ばれた方は、世界の子ども映画祭のキャンプ(映画製作を行います)に日本を代表して参加頂きます
(韓国/ソウル・インターナショナル・ユース・フィルム・フェスティバル、イタリア/ジフォーニ・フィルム・フェスティバル等)
③ 制作年:2011 年1 月以降に制作された作品 ※制作年が対象年齢に該当する場合は、ご応募頂けます
④ ジャンル:実写・アニメ・CG など、全てのジャンル
⑤ 尺:60分以内

■賞(予定)
ティーンズ・フィルム・コンペティション部門 最優秀作品賞(グランプリ)
※グランプリは、クロージングにて上映します。

■審査員(予定)
松竹、東宝、角川、東映の各映画配給TOPプロデューサー、国際特別審査員(世界の映画祭関係者)
一般社団法人日本映画製作者連盟会長、一般社団法人日本映画製作者連盟事務局長、調布市市民代表数名、
キンダー・フィルム フェスティバル・ディレクター、プログラミング・ディレクター

■応募締め切り :2013年7月31日(水)必着

■応募方法:以下2 点を下記問い合わせ先までお送りください。
① 応募用紙:キンダー・フィルムホームページより、ダウンロード頂けます
② 応募作品:・DVD コピーを1 枚お送りください。DVD コピーの作成が難しい場合は、事務局までお問い合わせください。
※応募素材の返却はいたしません。あらかじめご了承ください。※応募作品の発送費は、出品者のご負担となります。

■選考結果通知
選考結果は2013年8月上旬に、ノミネートが決定した方にのみ電話もしくはメールにてお知らせします

■その他
・キンダー・フィルム・フェスティバルへ参加への交通費は実費負担となります
ただし、グランプリに選ばれた作品の監督1 名分のみ、交通費と1 泊分のホテル代をご用意いたします
・ノミネートされた方には、映画祭期間中フリーパスをお渡しします
8/7(水)~8/11(日)調布市グリーンホールにて開催

また、引き続きすでにお伝えしています、キンダー(子ども)審査員も募集しております。

1.参加資格  映画祭期間5日間全て参加可能な、小学4年生?6年生
2.日程    8/7(水)~11(日)
3.会場    調布市グリーンホール
4.参加費   無料
5.募集定員  10名(選考あり)
6.応募方法  公式ホームページhttp://www.kinder.co.jp/より専用応募用紙をダウンロード。
  ご記入、写真添付のうえ、郵送で7月21日(日)必着にてご応募ください。
7.選考方法  書類選考後、電話でのインタビューにより決定いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもたちの世界映画祭

『21st キンダー・フィルム・フェスティバル』

は、8月7日(水)から11日(日)の開催です!

是非、ご来場を!

********************************************************************