「韓流」カテゴリーアーカイブ

中山美穂×キム・ジェウク歳の差を超えた純愛を描いた『蝶の眠り』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph フランス現代文学の代表的女流作家マルグリット・デュラスの晩年の恋を描いた『デュラス愛の最終章』に着想を得て制作された珠玉のラブストーリー『蝶の眠り』が2018年春に日韓同時公開されることが決定しました。

衝撃的な心揺さぶる物語に着想を得て、『子猫をお願い』で知られるチョン・ジェウン監督が現代に蘇らせた。

アルツハイマーを患う主人公の女流作家役には、実に5年ぶりの映画主演作となる中山美穂を起用。次第に病に冒されていくも、愛に生きる等身大の女性像を、余すところなく魅力的に演じている。

韓国人留学生の恋人役を務めるのは『コーヒープリンス1号店』のキム・ジェウク。幼少期に日本で生活していた経験を持ち、本作でも完璧な日本語での演技を披露しています。

映画情報どっとこむ ralph 10月12日から開催される第22回釜山国際映画祭Gala Presentation部門への出品が決定!監督と中山美穂さんからコメントが届いています。

チョン・ジェウン監督からのコメント
中山美穂さんと一緒に作った『蝶の眠り』が、韓国の釜山国際映画祭でワールドプレミアとして上映されることをとても喜ばしく思います。撮影は全て日本で行い、キャストもスタッフも殆どが日本の方で、私には学ぶことの多い経験でした。この華々しい舞台で、ようやく皆さまに御覧頂けることとなり、深い感慨を覚えます。

中山美穂(主人公:松村涼子役)からのコメント
この映画が公開されることをとても楽しみにしています。私が演じた涼子は50代の強い女性。時間が経つにつれ儚く脆くなっていくのですが、チョン・ジェウン監督の繊細な表現と、キム・ジェウクさんの受け止めようとしてくれたお芝居が非常に切ないです。沢山の方に観て頂ければ幸いです。

映画情報どっとこむ ralph 蝶の眠り

が2018年春に日韓同時公開

“愛”と“死”に向き合う2人の“記憶”50代でありながらも美しく、若い読者にも根強いファンを持つ、売れっ子の女流小説家・松村涼子(中山美穂)。作家として成功し、満ち足りた生活を送る涼子だったが、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされる。“魂の死”を迎える前に、小説を書く以外に何かをやり遂げようと、大学で講師を務め始めた涼子。ある日、大学近くの居酒屋で、韓国人の留学生チャネ(キム・ジェウク)と出会い、ひょんなことから涼子の執筆活動を手伝うことになる。作業を進めるうち、現実と小説の世界で交差していく二人は、次第に年齢の差を超えて互いに惹かれていくが、涼子のアルツハイマーは容赦なく進行していく。

***********************************

出演:中山美穂 キム・ジェウク
監督・脚本・原案:チョン・ジェウン
ストーリー・劇中小説:藤井清美
企画・製作:山上徹二郎坂本敏明イ・ウンギョン
プロデューサー:山上徹二郎イ・ウンギョン山口幸彦
製作:シグロ、キングレコード、ZOA FILMS
制作プロダクション:シグロ
配給:KADOKAWA
©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS


ソン・ガンホ、コン・ユ、イ・ビョンホン「密偵」(밀정)予告到着


映画情報どっとこむ ralph ソン・ガンホ、コン・ユ、イ・ビョンホンら韓国のトップスターが豪華共演を果たし、韓国で 750 万人を動員す る大ヒットを記録したサスペンス・アクション巨編「密偵」(原題:密偵 밀정)が 11 月 11 日(土)よりシネマート 新宿ほか全国公開決定しました!併せ本作の予告編&ポスタービジュアルがついに解禁に!
日本による統治時代の1920 年代を舞台に、独立運動団体「義烈団(ウィヨルダン)」と彼らを追う日本警察との攻防をスリル満点に描いた本作。監督は『悪魔を見た』(10)のキム・ジウン。
主演は、ソン・ガンホ。本作では朝鮮人の日本警察官を演じ、日本語のセリフにも挑戦しています。

また義烈団を率いるリーダー役には、 コン・ユ。

義烈団の女性メンバー役に日本でも人気の女優ハン・ジミン。

さらに義烈団の団長役をイ・ビョンホンが圧倒的な存在感で演じ、日本警察のナンバー2 である総督府警務局部長役で鶴見辰吾が出演するなど 豪華な俳優陣の共演も見どころです。

予告編は、 “重厚感“という言葉が相応しい映像となっている。時代は日本統治下の朝鮮半島、日本警察官として尽くしてきたソン・ガンホ演じる 朝鮮人のイ・ジョンチュルに対して「お前は、どちらの歴史に名を刻む?」と言い放つ義烈団の団長役のイ・ビョンホン、激乱の時代に 母国を想う気持ちと日本警察として責務を果たさなければならない現状の間で揺れ動く心情がソン・ガンホの表情から解る。 一体誰が誰を騙しているのか!?



「密偵」(原題:밀정)

が 11 月 11 日(土)よりシネマート 新宿ほか全国公開です。

HP:www.mittei.ayapro.ne.jp

1920 年代の日本統治時代。朝鮮人の日本警察官イ・ジョンチュル(ソン・ガンホ)は独立運動団体の義烈団を監視しろとの特命を受け、義烈団のリーダー、キム・ウジン(コン・ユ)に接近する。出処不明の情報が双方間で飛び交い、誰が密偵なのか分からない中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する爆弾を京城(現ソウル)に持ち込む計画を進めていた。そんな中、日本警察は義烈団を追って上海へ。義烈団と日本警察のかく乱作戦が繰り広げられる緊張感の中、爆弾を積んだ列車は国境を越えて京城へ向かうが…。

***********************************

監督:キム・ジウン
出演:ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、鶴見辰吾、オム・テグ、シン・ソンロク、イ・ビョンホン

2016 年/韓国/韓国語・日本語/カラー/140 分/PG12
原題:密偵(밀정)
(C)2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
配給:彩プロ


イ・ビョンホン10回連続舞台挨拶!『MASTER/マスター』at 新宿


映画情報どっとこむ ralph 日本でも圧倒的人気を誇るイ・ビョンホンが、韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件の主犯という大悪人に挑戦するクライムアクション映画『MASTER/マスター』が、11月10日(金)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開となります。

今回はTOHOシネマズ 新宿の全10スクリーン(4DXとMX4Dは除く)をジャックしてのノンストップ10回連続舞台挨拶を実施!!

イベントでは、ファンからの黄色い歓声の中、イ・ビョンホンが登壇し、映画の魅力や、役柄などを語りました。
 
日時:9月4日(月)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:イ・ビョンホン

映画情報どっとこむ ralph 観客からの黄色い大歓声があがる中、イ・ビョンホンが登場。まずは、

イ・ビョンホン:遅くなってすみません。到着をして、走ってここにきました。今日は大きな劇場に関わらず、会場を満席にして下さってどうもありがとうございます。今日は楽しんで下さい。

と挨拶。

また海外俳優のスクリーンジャックはなんと今回が初!!このことについて

イ・ビョンホン:映画館をジャックするということは、映画館は色んな映画を観客の方に観ていただく、ということを考えると、あまりいいことではないのかも知れませんが、今日一日試写の意味もありますのでおそらく許していただけるのではないかと思います。そして海外の俳優が映画館をジャックするのが初ということはとても光栄に思いますし、とても気分がいいです。

と声を弾ませた。

映画情報どっとこむ ralph 今まで数々の約を演じてきたイ・ビョンホン。本作で演じた悪役の難しさなどを聞かれると、

イ・ビョンホン:どんな役を演じる時にも、自分が演じる以上はその役柄に説得されなければならないと思っています。今回私が演じた人物は実在の事件と人物を演じました。実在の人物の行動や言葉は記録に残っていますが、理解するのが難しく大変でした。なので役作りをするのがとても大変なキャラクターでした。

と振り返った。

本作の中でも特に注目しているシーンを聞かれると、

イ・ビョンホン:冒頭のシーンで、数万人の会員の目の前で演説をするシーンがあります。そこでは会員からお金を搾取しないといけなので、純粋な羊の仮面を被ったように話さないといけない。観客の方から、『こういう人だったら投資してしまうんじゃないか』と思えるようなシーンをつくらなければならないのでいかに現実的にリアルにみせるかを考えながら演じました。監督もスタッフも私も精魂こめてつくりあげたシーンです。

と話し、続けて

イ・ビョンホン:個人的に好きなシーンはチン会長が権力と手を組み、悪を重ねていき、権力をもった人に依頼する、というシーンがあります。ハン局長という人物が、彼に対して記者に何か言われたら、『上手いこといって乗り切ってほしい』と、言う風にお願いするシーンがあるんですが、そのシーンがとても気に入っています。

と答えた。

映画情報どっとこむ ralph また最後、観客へのメッセージを聞かれると

イ・ビョンホン:映画の試写会ではなく、小さなファンミーティングに来ているようです。見慣れた顔の方もいらっしゃいますね。今日は来てくれて本当にありがとうございます。この映画は実際の事件をモチーフにしています。なので『こんなことが起こりえるんだな』ということを考えながら観ていただければより楽しめると思います。是非楽しんでご覧下さい。

と作品の魅力をアピールしイベントを終えました。


MASTER/マスター
英題:『MASTER』
イ・ビョンホンが<悪>役を演じるのは『グッド・バッド・ウィアード』以来8年ぶり2度目。

ほかキャストに、『華麗なるリベンジ』のカン・ドンウォン、『二十歳(ハタチ)』のキム・ウビンと、韓国3大スターが揃い踏み!

11月10日(金)TOHOシネマズ 新宿ほか、全国ロードショー!

公式HP:master-movie.jp



***********************************

監督・脚本:チョ・ウィソク 
キャスト:イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビンほか
2016年/韓国/143分/カラー/スコープサイズ/5,1chデジタル
字幕翻訳:根本理恵  
配給:ツイン
ⓒ2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED