「ミステリー」カテゴリーアーカイブ

錦戸亮 x 木村文乃 x 北村一輝 吉田大八監督『羊の木』ヒューマン・ミステリー公開日決定!


映画情報どっとこむ ralph 『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』で人間の光と闇を描き続ける俊英・吉田大八監督の最新映画『羊の木』の公開日が2018年2月3日(土)に決定しました。

熱狂的な支持を集め続ける山上たつひこ×いがらしみきおの巨匠タッグが産み出した同名漫画は、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。

吉田監督はセンセーショナルな問題作のテーマをそのままに、誰も想像し得ない全く新しい衝撃と希望の結末を作り上げました。
本作の主演を務めるのは錦戸亮。共演に木村文乃。
元殺人犯に北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、そして松田龍平と日本映画界屈指の強烈な個性を持つ実力派キャストが集結し、極限の設定にリアリティを添えます。



映画情報どっとこむ ralph そして、この衝撃作は海外で圧倒的な反響を呼び、第53回シカゴ国際映画祭、第22回釜山国際映画祭への正式出品が決定したそうです。

公式HP:
http://hitsujinoki-movie.com/

物語・・・
ある寂れた港町“魚深(うおぶか)”にやってきた見知らぬ6人の男女。平凡な市役所職員・月末(つきすえ)は彼らの受け入れを命じられた。 受刑者を仮出所させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクト。月末、町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は知らされなかった。しかし、月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」

犯した罪に囚われながら、それぞれ居場所に馴染もうとする6人。
素性の知れない彼らの過去を知ってしまった月末。

そして、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文を巻き込み、町の人々と6人の心が交錯し始める―。

***********************************

監督:吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』
出演:錦戸亮  木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平
脚本:香川まさひと 『クヒオ大佐』
原作:「羊の木」(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ「がきデカ」、いがらしみきお「ぼのぼの」
配給:アスミック・エース 
© 2018「羊の木」製作委員会 ©山上たつひこ いがらしみきお/講談社
     


前田旺志郎 単独主演 中学生が仕掛けるひと夏の青春ミステリー『レミングスの夏』場面写真到着


映画情報どっとこむ ralph 『襲名犯』で第59回江戸川乱歩賞を受賞した、茨城県取手市在住の作家・竹吉優輔の小説「レミングスの夏」の映画化。
その場面写真が解禁とななりました。

本作で単独主演デビューした前田旺志郎。
連続ドラマW「かなたの子」出演の菅原麗央、藍坊主の「魔法以上が宿っていく」のMVでフレッシュな存在感を放っていた瑚々、斎藤工主演の「最上の命医2017」に14歳で妊娠してしまう大塚寧々の娘役で出演した桃果、『藍色少年少女』主演の遠藤史人が演じる、”レミングス”のメンバーが結束を高めるシーンは、茨城県取手市緑地運動公園で撮影。

映画情報どっとこむ ralph その他、映画情報どっとこむ一押しの新人。パンテーンの“綾瀬はるか、現役中学生と’バージンヘア対決’編”のCMで注目を浴びた美少女・平塚麗奈。
その誘拐されて猿ぐつわをされているシーン

菅原麗央演じるアキラと遠藤史人演じるモトオが喧嘩をしているシーン、

女の子のお母さん役の中村ゆりが泣いているシーン、

刑事を演じるモロ師岡と城之内正明、田中要次、渡辺裕之のシーン、
娘を誘拐された両親を演じる大桃美代子、たくみ稜のシーンの写真が公開となりました。

映画情報どっとこむ ralph 中村ゆりさんとモロ師岡さんのコメントが届いています。

中村ゆりさんからのコメント

子供でも大人でもない、とても眩しい時代に、彼等は傷つく事も恐れずに守れなかったもののために痛いほど切なく突き進みます。私の役もとても哀しい役ですが、この役を愛してあげたいし誠心誠意で演じたいと思いました。小さな頃から知っている前田旺志郎君が、とても凛々しく立っている姿が印象的でした。


モロ師岡さんからのコメント

この作品の魅力は、子供達のキラキラした心と犯罪とのギャップだと思います。子供の目から見ると犯罪や事件は大人の数倍危険な事に感じてしまいます。私も小学生の頃、釣り大会で友達が釣った魚を自分が釣った魚の様にして一等賞を取ってしまい、バレたら小学校を辞めるしかないとまで思いつめた事がありました。本作品の少年達の犯罪とは比べものにりませんが、まだ悪に全く染まっていない子供の心は本当にキラキラと美しいものです。その純真な子供達を中心に私の役所は、その少年達を何とか助け出そうする長峰というベテラン刑事役です。演じるにあたり気をつけた事は、少年達の純真な心に寄り添える、少年達の父親的存在になる様な刑事でありたいという事と、大げさですが世の中の全ての解決しない犯罪に憤りを感じている人達の心にも沿うような気持ちでやらせて頂きました。

映画情報どっとこむ ralph 茨城県取手市・牛久市を中心として、つくば市、つくばみらい市において地元の支援を受けて制作された、少年少女の固い決意の理由に迫っていく青春ミステリー映画

レミングスの夏

10月1日(日)よりユーロライブにて公開 他全国順次。

物語・・・

レミングとは、ねずみのこと。

レミングは自殺しない。レミングは新天地に向かうために、集団で移動して、必死に海や川を渡る。

アキラこと千葉旭、ナギこと南木秀平、それからモトオ、ミト、ヨーコら「レミングス」の仲間達は、中学2年の夏に大きな戦いに。

その年、茨城県取手の街には、ハサミで小学生に切りつける「ハサミさん」が現れるという都市伝説が広がっていた。6年前の小学2年生の夏の出来事を機に、二度と戻ることのない楽しかったあの日を取り戻すため、ナギは、人生を賭けて計画を練り上げ、仲間達を誘い、遂に計画を遂行する。

少年少女の固い決意の理由に迫っていく、青春ミステリー。

http://lemmings72.com/

***********************************

出演:前田旺志郎 菅原麗央 平塚麗奈 瑚々 桃果 遠藤史人
椋田涼 城之内正明 たくみ稜
中村ゆり スネオヘアー 田中要次 モロ師岡 渡辺裕之

監督・脚本:五藤利弘
原作:竹吉優輔『レミングスの夏』(講談社文庫) ©竹吉優輔/講談社

エグゼグティブ・プロデューサー:染谷明 宮本澄江
ゼネラルプロデューサー:城之内景子 プロデューサー:西田宣善

協力プロデューサー:狩野善則、小林良二
ラインプロデューサー:宮下昇 音楽:スネオヘアー

製作:『レミングスの夏』を応援する会
制作プロダクション:オムロ、OneScene

配給・宣伝:渋谷プロダクション

2017年/日本/DCP/カラー/ステレオ/97分/G


J・ローレンスらが戦慄サイコ・ミステリー『マザー!』NYプレミアに登場!!


映画情報どっとこむ ralph 郊外の一軒家で幸せに暮らす夫婦。
常軌を逸した事件に襲われる衝撃と戦慄サイコ・ミステリー

『ブラック・スワン』のダーレン・アロノフスキー監督、アカデミー賞女優ジェニファー・ローレンス主演最新作『マザー!』が、2018年1月19日(金)に日本公開となります

この度、本作のNYプレミアが、9月13日(現地時間)、米ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開かれ、主演のジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム、そして監督のダーレン・アロノフスキーが登場。

本作で描かれるスリリングなサイコ・ミステリーのストーリーをイメージし、会場には通常のレッドカーペットではなく、漆黒のブラックカーペットが敷かれ、その上を劇中の衣装をイメージさせるような、クリスチャン・ディオールの純白の美しいドレスに身を包んだジェニファー・ローレンスらが歩き、会場に集まった200人を超えるファンの声援に応えました。

『マザー!』NYプレミアイベント
日時: 9月13日(現地時間)  
場所: ラジオシティ・ミュージックホール (ニューヨーク)
参加キャスト:ジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム、ダーレン・アロノフスキー(監督)

映画情報どっとこむ ralph ジェニファーは、今作への出演を決心した理由について

ジェニファー:まず監督が誰かということ。そしてストーリーに共感できるか、チャレンジ精神を刺激されることも大切。演じることに恐れを感じないようならやってもつまらないから。

と明かし、本作については、

ジェニファー:この作品には重要な深いメッセージがあるわ。私たちが目指していた作品に仕上がっていたと思います、

と仕上がりに満足した様子で語りました。


映画情報どっとこむ ralph 一方のダーレン・アロノフスキー監督は、ジェニファーの起用について

監督:今までの彼女のイメージには無い作品だったし絶対に受けてくれないと思っていた。でも、話をしていくうちに彼女は作品をよく理解し出演を快諾してくれた。以来、彼女はこの作品に全てを捧げてくれたんだ

と絶賛!

また本作について、

監督:説明しすぎるとネタバレになってしまうけど、この作品は観た人が色々なテーマや意味合いを見いだして楽しむ作品。頭で考えて、感じて、耳を澄ますことで作品の表情が常に変わってくる。観客をドキドキハラハラさせると同時に楽しませたいと思ったんだ

とファンの期待を煽りました。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
郊外の一軒家に住む一組の夫婦、ある夜現れた不審な訪問者によって穏やかな生活が一転する。翌日も次々と現れる謎の訪問者たち、そんな招かれざる客たちを拒む素振りを見せず次々と招き入れる夫の行動に妻は不安と恐怖を募らせる。
訪問者の行動は次第にエスカレートし、常軌を逸した事件が相次ぐ中、彼女は妊娠し母親になるが、そこで想像もつかない出来事が待ち受ける。すべては現実なのか?それとも彼女の妄想なのか・・・!?

映画『マザー!
原題:Mother!

2018年1月19日(金)、全国ロードショー

***********************************

監督:監督・脚本:ダーレン・アロノフスキー 『ブラック・スワン』、『ノア/約束の舟』

キャスト:ジェニファー・ローレンス、ハビエル・バルデム、エド・ハリス、ミシェル・ファイファー

配給:東和ピクチャーズ
(C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.