「ミステリー」カテゴリーアーカイブ

今週公開!年上女性にモテ期到来!?『エル ELLE』 新画像解禁!


映画情報どっとこむ ralph フランスの至宝イザベル・ユペール×『氷の微笑』ポール・ヴァーホーヴェン監督 × 「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」原作者小説

≪新画像解禁≫フランスで “年上女性”にモテ期到来!?
イザベル・ユペール、主演最新作で年下隣人と親密に!?

『氷の微笑』のポール・ヴァーホーヴェン監督が、フランスの至宝イザベル・ユペールを主演に迎えて放つ、話題の異色のサスペンス『エル ELLE』は、8月25日(金)に公開となります。

様々なドラマを生んだ本年度の賞レースで、本作はひときわ異彩を放ちながらも、133ノミネート69受賞(2017/7/18時点)と驚異的な数の賞をさらい、フランス映画にしてアカデミー賞主演女優賞ノミネートも果たした注目作です。

映画情報どっとこむ ralph 『エル ELLE』は、イザベル・ユペールが演じる新鋭ゲーム会社の社長ミシェルが、物語の冒頭で一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われることをきっかけにして彼女の恐ろしい本性が明らかになる様子がまさに予測不能に展開されていく。

ミシェルは過去の経験から警察には頼らず自分で犯人捜しを始め、元夫、隣人、恋人、部下など周囲の男性に疑いの目を向けていく。

そんな中、ミシェルに対して妙に色気のある視線を送ってくるのが、ミシェルからは一回りは下とおぼしき向かいの住人パトリック。彼は敬虔なクリスチャンを妻に持ちふたり揃って奉仕活動などにも勤しみ、ご近所さんとして交流が進むにつれふたりは親密になっていくのだが・・・・。

解禁となった場面写真は、暴風吹き荒れるある夜、ひとり暮らしのミシェルを気遣ったパトリックがミシェルの部屋を訪れ、ふたりで風に流されそうになりながら雨戸を閉める場面。ユペールとパトリックを演じたフランス人コメディアンのロラン・ラフィットは実年齢ではおよそ20歳差だが、ふたりのシーンからにじみ出る色気にはただ息を飲むばかり。ELLEのフランス語訳の通りミシェル”彼女”の物語であるこのストーリーに、パトリックがどう関わってくるのかも注目ポイントだ。

映画情報どっとこむ ralph また、『エル ELLE』がコンペティション部門に出品された昨年のカンヌ国際映画祭のオープニングセレモニーでは、年上女性とおよそ30歳離れた年下男性がセレモニー壇上で突然大胆なキスを交わし大きな話題に。

そのふたりとは、フランスの大御所女優カトリーヌ・ドヌーヴと、なんと映画祭で司会を務めていたパトリックことロラン・ラフィット本人。

そんな『エル ELLE』は今週8月25日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショーです。

公式サイト

物語・・・
新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、送り主不明の嫌がらせのメールが届き、誰かが留守中に侵入した形跡が残される。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲を怪しむミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察に関わりたくない彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明かされていくのは、事件の真相よりも恐ろしいミシェルの本性だった──。

***********************************

監督:ポール・ヴァーホーヴェン 『氷の微笑』  
出演 :イザベル・ユペール 『ピアニスト』
原作:「エル ELLE」(ハヤカワ文庫) フィリップ・ディジャン 『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』
原題: ELLE/2016/フランス/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/131分/PG-12
配給:ギャガ
© 2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP


西田大輔が仕掛ける舞台&映画「ONLY SILVER FISH」キャスト解禁!


映画情報どっとこむ ralph 舞台「煉獄に笑う」や「戦国BASARA」シリーズの人気舞台演出家・西田大輔さんが、2007年に上演した舞台「ONLY SILVER FISH」を再演し、同時にアナザーストーリーを書き下ろし、舞台版の出演者が別キャラクターを演じる映画も製作することが決定しました!

古い屋敷に置かれた大きな水槽の中にはオンリーシルバーフィッシュと呼ばれる一匹の寂しい魚がいて、その魚の本当の名前を知る事ができれば、過去を振り返る事ができるという「ONLY SILVER FISH」という設定は同じでも、異なる別のストーリーに、同じ出演者が別のキャラクターとして登場する、今までにない新しい“舞台と映画の連動プロジェクト”だそうです!

本作は、西田大輔さんの映画監督デビュー作となります。
映画「ONLY SILVER FISH」は2018年春公開予定!西田大輔の描く世界観を舞台だけではなく、映像でもお楽しみください。

映画情報どっとこむ ralph キャストは、今年日テレの連ドラ「男水!」で初主演を飾った松田凌さん、「Annie」アニー役でデビュー後、宮本亜門演出舞台や大人計画の舞台等に出演している皆本麻帆さん、人気舞台「弱虫ペダル」「ライチ☆光クラブ」に出演し、舞台「里見八犬伝」の犬川荘助役としても注目を集めた玉城裕規さん。

先日の『AKB48 49thシングル選抜総選挙』で15位に選ばれた高柳明音(SKE48)さん、舞台「~崩壊シリーズ~」や斬劇「戦国BASARA」小田原征伐では黒田官兵衛役の伊藤裕一さん、舞台「Fate/Grand Order THE STAGE -神聖円卓領域キャメロット-」ガウェイン役の山口大地さん。

舞台「青の祓魔師」島根イルミナティ篇 朴朔子役の小槙まこさん、2017ジェフユナイテッド市原・千葉オフィシャルサポートチーム「アキュアマーメイド」の双松桃子さん、ミュージカル「レ・ミゼラブル」や「Endless SHOCK」などの舞台だけでなく声優としても活躍する菊地美香さん。

小林賢太郎プロデュース公演常連の辻本耕志さん、舞台「銀河英雄伝説」イワン・コーネフ役の中村誠治郎さん、演劇ユニット「時速246億」主宰、「あさりど」の川本成さん。

ら、多彩な顔ぶれが競演します!

映画情報どっとこむ ralph 松田凌さんからのコメント

今作では西田大輔さんのもとで映画と舞台、二つの作品で二役を演じることになります。
何が生まれるのか、何を届けれるのか。このキャストの皆様と共に、この時代にまた一つ風穴をあけたいと思います。
その瞬間、この作品をどうか見逃さないで下さい。
映画館そして劇場でお待ちしております。


皆本麻帆さんからのコメント

本を頂いてから前のめりにあっという間に読みきってしまいました。「早く声に出したい」、「立体的になっていくのをみたい」と思いました。
演出の西田さんの世界観、舞台と映画が連動するという企画は私にとって、はじめてだらけの挑戦ですが、思いっきり楽しみたいです!
そしてキャスト・スタッフみんなで創りあげる“ドキドキ”をちりばめ、それを劇場や映画館でお客様に感じて、楽しんでもらえるよう頑張ります!


玉城裕規さんからのコメント

演出家の西田さんとは今作を含めて2作目になるのですが、西田さんが創り出す独自の世界観はとても魅力的なので、そこにちゃんと存在していたいです。
御一緒させて頂く役者の皆様も素敵な方々ばかりなのでどんな空気感になるのか楽しみですし、足を引っ張らぬよう精一杯努めます。
そして舞台と映画での異なる出し引きを楽しめたらなと思います。


演出・脚本:西田大輔さんからのコメント

自分が創ってきた中で、ずっと何処かに残っているような感覚の作品があります。
それがこの「ONLY SILVER FISH」です。
その作品を、再び届ける事ができます。もう一つ、新たな挑戦を加えて。
同じタイトルの、全く違う二つの物語。
何処かに残っている何かを、たった一度だけ振り返る事の出来る「魚」の物語です。
また、名前を探す物語が始まります。

映画情報どっとこむ ralph 舞台「ONLY SILVER FISH」公演概要

あらすじ・・・・
「ねえ…あなたならどうする?一つだけ振り返る事ができるとしたら…。たった一度だけ…大切な過去を…。」
舞台は古い洋館から始まる。屋敷に置かれた大きな水槽の中にはオンリーシルバーフィッシュと呼ばれる一匹の寂しい魚がいて、その魚の本当の名前を知る事ができれば、過去を振り返る事ができるという伝説がある。
そんな洋館で和やかに始まるはずのパーティ会場に届く、一通の不可解な招待状。
『幸せのサインを始めた瞬間、一人ずついなくなる。アガサが書いたであろう物語のように・・・。』
偶然に、しかし必然に集まった11人。そして現れる、謎の人物。
一人・・・また一人と死んでいき・・・物語が、現実を巻き込んでゆく───。

公式HP:onlysilverfish/
Twitter: @onlysilverfish

映画情報どっとこむ ralph 【公演日程】
2018年1月6日〜17日 全13公演
1月6日(土)19時
1月7日(日)14時/18時
1月8日(月・祝)14時 
1月9日(火)19時
1月10日(水)休演日
1月11日(木)19時
1月12日(金)14時
1月13日(土)14時/18時 
1月14日(日)14時 
1月15日(月)19時
1月16日(火)19時
1月17日(水)14時

■場所:紀伊國屋ホール
■チケット代:全席指定 7,500円(税込)

【チケット情報】
【主催社チケット先行発売(抽選)】
■team+(チームプラス) 
受付URL:
onlysilverfish_teamplus
抽選申込期間: 8月25日(金)11:00〜9月11日(月)11:00
※「team+(チームプラス)」は有料会員様限定のサービスになります。
※ 非会員のお客様は以下のURLより会員申込をお願いします。
Team+(チームプラス)会員申込URL 
ticket

【プレイガイド最速先行(抽選)】
■イープラス
受付URL:
onlysilverfish/
抽選申込期間: 9/13(水)12:00~9/21(木)18:00

【一般先行(抽選)】
■チケットぴあ 一次プレリザーブ
http://pia.jp/t/(パソコン・携帯)
抽選申込期間: 9/22(金)11:00~9/27(水)11:00
■ローソン プレリク抽選先行
http://l-tike.com/(パソコン・携帯)
抽選申込期間: 9/22(金)12:00~9/26(火)23:59
■イープラス プレオーダー
受付URL:http://eplus.jp/onlysilverfish/
抽選申込期間: 9/22(金)12:00~9/28(木)18:00

【一般先行二次(抽選)】
■チケットぴあ 二次プレリザーブ
http://pia.jp/t/(パソコン・携帯)
抽選申込期間: 9/30(土)10:00~10/3(火)11:00

【一般先行 (先着)】
■ぴあ 一般発売直前先行
http://pia.jp/t/(パソコン・携帯)
販売期間:10/6(金)18:00~10/7(土)9:30
■ローソン プレリク先着先行
http://l-tike.com/(パソコン・携帯)
販売期間:10/1(日)12:00~10/5(木)23:00

【一般発売】
10/7(土) 10:00〜
■チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード:481-375)
http://pia.jp/t/(パソコン・携帯)
セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗
■イ-プラス
http://eplus.jp/(パソコン・携帯)
ファミリーマート店内(Famiポート)
■ローソンチケット
0570-000-407、0570-084-003(Lコード:32950)
http://l-tike.com/(パソコン・携帯)
ローソン、ミニストップ(店内Loppi)
■キノチケオンライン
www.kinokuniya.co.jp
■キノチケットカウンター
紀伊國屋書店 新宿本店5F(店頭販売 10:00-18:30)

***********************************

出演:
松田凌 皆本麻帆 玉城裕規 
高柳明音(SKE48) 伊藤裕一 山口大地 小槙まこ 双松桃子
菊地美香 辻本耕志 中村誠治郎 川本成

スタッフ:
演出・脚本:西田大輔
企画・製作:メディアミックス・ジャパン


映画のクレジットは、「演出・脚本:西田大輔」が「監督・脚本:西田大輔」。
あらすじは、舞台版のみ決定していて、映画版はまだ決定していません。


美しき花嫁は生贄!!『ゴースト・ブライド』日本予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 11月25日(土)に公開の映画『ゴースト・ブライド』の日本オリジナル予告編と予告編に沿った恐怖の場面写真を解禁。
恋人のヴァンヤと婚約し、結婚式を挙げる為、ヴァンヤの実家に向かうナスチャ。
不思議な空気に包まれ謎めいたヴァンヤの家に着いてから次々と不可思議な幻想に襲われ、恐怖を感じ始めるナスチャ。結婚式の準備は着々と進み、いよいよ婚儀の日に。
曾祖母のウエディングドレスを着る際に見せられた一族のアルバムには同じ顔の女性ばかりが並び、疑問と不安が膨れ上がるナスチャ。その時に気づくべきであった、わが身に待ち受ける恐ろしい運命を。花嫁・ナスチャに待ち受けていたのは、ヴァンヤの曽祖母・オルガを現世に甦らせる儀式の生贄としてその身をささげられる運命だった。


19世紀半ばのロシア帝国では、故人の亡骸の瞼に瞳を描き写真を撮影すると、撮影用の銀板には被写体だけでなく死者の魂を留めておけると伝えられていた。

それに加え、魂を留めた銀板と遺留品を用意し、生きた花嫁を生贄として捧げる儀式を行えば故人は甦るという奇妙な儀式を融合され、作は残酷で美しいホラー映画として誕生することとなった。



映画情報どっとこむ ralph 「仮装して来て!ハロウィンホラーオールナイト!!」が決定!!

日時:10月28日(土) 開場:23:00/開映:23:30 入場料:2500円 
場所:シネマート新宿(新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル)

※オールナイト上映イベントの詳細は「ホラーバトル・ウィークス」の公式SNSにて随時発表いたします。

映画情報どっとこむ ralph ゴースト・ブライド
物語・・・
恋人のヴァンヤ(ヴィヤチェスラブ・チェブチェンコ)と婚約した女子大生のナスチャ(ヴィクトリア・アガラコヴァ)は幸せに満ち溢れていた。2人は結婚式を挙げる為にヴァンヤの実家へと向った。不思議な空気に包まれ謎めいたヴァンヤの家。
この家に着いてから次々と幻想に襲われるナスチャ。彼女は死者を甦らせる惨劇の儀式の幻想を見る。それは、幻想ではなく、ヴァンヤの曽祖母であるオルガを現世に甦らせる為の儀式の生贄として捧げられたナスチャ自身だった。彼女は花嫁<生贄>として、この家に迎えられたのだ。
公式HP

***********************************

監督・脚本:スヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキー『ミラーズ 呪怨鏡』
製作:ウラジスラフ・セヴェールツェフ、ドミトリー・リトヴィノフ、ザウル・ボロタエフ
出演:ヴィクトリア・アガラコヴァ、ヴィアチェスラブ・チェブチェンコ、アレクサンドラ・レベノク、イゴール・クリプノ
2016年/ロシア/ロシア語/95分/カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル/
原題(英題):THE BRIDE・(露題):HEBECTA
提供:インターフィルム
©2017, Force Media LLC