「ホラー」カテゴリーアーカイブ

夏帆、染谷将太、黒沢清監督登壇!WOWOW『予兆 散歩する侵略者』完成披露


映画情報どっとこむ ralph 9月9日(土)より公開となった恐怖と驚愕の侵略サスペンス映画『散歩する侵略者』。
は、長澤まさみさん、松田龍平さん、長谷川博己さん、高杉真宙さん、恒松祐里さん出演で侵略中です。
(9日初日舞台挨拶の模様はこちら

そして・・・・この映画から生まれたスピンオフドラマは夏帆、染谷将太、東出昌大でおくる「予兆 散歩する侵略者」。
が、WOWOWプライムにて 9 月18 日(月・祝)放送スタートします。

そして、その放送に先立ち、本作1話の完成披露試写会&舞台挨拶が行われ、夏帆さん、染谷将太さん、黒沢清監督が登壇しました!
日付:9 月11 日(月)
会場:スペースFS汐留
登壇:夏帆、染谷将太、黒沢清監督

映画情報どっとこむ ralph 第一話を観終えたばかりの観客と記者たち・・・怖いモヤモヤ感と第2話への期待で静かな会場。

夏帆、染谷将太、監督・黒沢清が登壇すると、一転大きな拍手が。

本作はTVとドラマで一組な要素ありますが、その製作への経緯を問われ
黒沢監督:映画の撮影前にスピンオフをやらないかと。原作を知って十年ぐらい前にやりたくて。前川知大さんが作った秀逸な設定がありまして。映画版は 前川さん原作に沿ったもの。それだけで終わらすのはもったいないので。全然別のストーリーで時間軸は同じで、隣町で起こってるものを作ってみないかと。作ってみたのが予兆です。

なぜシネスコープサイズにしたのか?と言う質問に

黒沢監督:強い意図はないですが、僕はずっとシネスコープで撮っているんです。TVドラマの依頼でしたが映画と対の作品なので同等に扱いたくて。

と監督。

映画情報どっとこむ ralph そんなスピンオフへの出演の感想は
夏帆さん:黒沢組に憧れていて、今回初だったので・・・自分でもしっかりしろって思うくらい緊張しました。ただ萎縮する緊張ではなくて、撮影は本当に楽しかったです。
染谷さん:僕も楽しかったです。黒沢組は『リアル』から5~6年。日々面白いんですよ。で、三週間の撮影で、この量なので寝れねーなと思いましたが、早く終わるので、晩飯が家で食えるので健康的でした。

夏帆さん:こんな現場があるんだぁと思いました。

黒沢組の撮影は、てっぺん(24時)を超え無いので有名。

黒沢監督: 社会人としては当然です。普通です。

と、話す監督。その分綿密にスケジューリングされている模様。


映画情報どっとこむ ralph 舞台になる夏帆さん、染谷さん夫婦の部屋に関して

黒沢監督:あの二人が住んでいるので、こじんまりしたところ。ですが本当に狭いとカメラが入らない。今回は、マンションではなくて、三階建ての事務所みたいなところの壁を壊してベランダにして。そこに柱を立てたり、仕切ったりして、部屋に見立てて作りました。ロケのようなセットのような場所です。

そんな場所で演じてみて
染谷さん:動けていいセット。動線がうまくつくられてるなと、思いました。

夏帆さん:揺れるカーテンとか・・・。

黒沢監督:スタジオでないので、リアルにカーテンが揺れてくれるんです。カーテンがが芝居をしてくれたりする。もちろん扇風機でもできますが、今回は自然の風が、芝居を助けたり、邪魔したり。奇跡的にカーテンが参加してくれたのが5話ぐらいのシーンにあります。
映画情報どっとこむ ralph 今回登壇できなかった東出さんから質問

東出さんQ:奪われたくない概念は?僕は苦しみの概念。

染谷さん:それはストイックということですかね(笑)?あとでメールで聞いてみます。僕は人間という概念は奪われたくない。

監督:めんどくさい質問。映画という概念を奪われたくないなと。さらに考えると、概念を奪ってもらって、その後で見たら映画をどう思うのか?観てみたい気もしますね。。
夏帆さん:私は・・・・味覚ですね、食べるの好きですね。

と、回答する夏帆さん。


最後に・・・
監督:予兆というタイトル、何かが起こる予兆が実体化していきます。2話以降も確実に現実のものになっていきます。・・・・相当ハイレベルな緊張が続きます。

染谷さん:予兆の予兆 じっとりと進んでいきます。おかしな方向に進むひりひり感を楽しんで。

夏帆さん:自信をもって面白い作品になっています。

「予兆 散歩する侵略者」

WOWOW特設サイト
sanpo/

<関連番組>
ミニ番組/映画「散歩する侵略者」公開記念ナビ番組   
8月1日(火)深夜1:15 ほか
「無料でWOWOW!」で第1話無料放送
9月19日(火)深夜0:20


原作:前川知大「散歩する侵略者」
監督:黒沢清(『散歩する侵略者』『クリーピー 偽りの隣人』『岸辺の旅』)
脚本:高橋洋(映画「リング」シリーズ、『蛇の道』) 黒沢清
音楽:林祐介(『散歩する侵略者』「連続ドラマW 贖罪」)
出演:夏帆 染谷将太 東出昌大
中村映里子 岸井ゆきの 安井順平 石橋けい 吉岡睦雄 大塚ヒロタ
千葉哲也 諏訪太朗 渡辺真起子 中村まこと / 大杉 漣
(C)2017「散歩する侵略者」スピンオフ プロジェクト パートナーズ

映画情報どっとこむ ralph そして本家

映画『散歩する侵略者』9月9日(土) 全国ロードショー中!

物語・・・

「なるほど。それ、もらうよ」彼らは、私たちの大切な《概念》を奪っていく。

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。
急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。
夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…?
その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。
ジャーナリストの桜井は取材中、天野という謎の若者に出会い、二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探し始める。
やがて町は静かに不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。
「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。
当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる。




公式サイト:
http://sanpo-movie.jp/
公式Twitter:
@sanpo_movie
公式Facebook:
@sanpomovie

***********************************

監督:黒沢 清
原作:前川知大「散歩する侵略者」 脚本:田中幸子 黒沢 清 音楽:林 祐介
出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 前田敦子 満島真之介 児嶋一哉 光石研
東出昌大 小泉今日子 笹野高史 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹 日活
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会
      


ホラー・ミュージカルのニュー・ウェーブ「ゆれる人魚」したコメでプレミア


映画情報どっとこむ ralph 2016年サンダンス映画祭、ワールドシネマコンペティションドラマ部門審査員特別賞をはじめ世界各国で数々の受賞を果たし、ユニークなビジョンと革新的デザインで世界中のファンタスティック映画ファンを魅了したポーランド映画「THE LURE」。

本作の日本公開が、2018年春、新宿シネマカリテ他にて公開に決定し、邦題も「ゆれる人魚」に決定しました。


本作は、ポーランド映画界大注目株の女性監督、アグニェシュカ・スモチンスカ監督長編デビュー作。

共産主義時代下であった1980年代のポーランドを舞台とし、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの「人魚姫」にツイストを加えた、ふたりの肉食人魚姉妹が主人公の少女から大人への成長物語をエネルギッシュでワイルドに描く、ホラー・ミュージカル・マッシュアップ・ムービーです。

映画情報どっとこむ ralph この度、第10回したまちコメディ映画祭in台東にて、公開に先駆け、9月17日(日)東京国立博物館・平成館にて本作『ゆれる人魚』が特別招待作品に選ばれ、ジャパンプレミアを実施します。

ジャパンプレミアには、テレビドラマ『逃げ恥』OPほかドラマ・映画・CM曲、アーティストへの楽曲提供など幅広いジャンルで活躍中の姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンがトークゲストとしてご登壇します!

チケットはチケットぴあにて発売中、ぜひお見逃しなく!

「ゆれる人魚」
(英語タイトル「THE LURE」)

Facebook:@yureruningyomovie  
Twitter :@yureruningyo
Instagram:@yureruningyo


物語・・・
はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。
ふたりはワイルドな美少女。セクシーで生きるのに貪欲だ。
一夜にしてスターになるが、ひとりがハンサムなベース・プレイヤーに恋してしまう。
たちまちふたりの関係がぎくしゃくしはじめ、やがて限界に達し、残虐で血生ぐさい行為へとふたりを駆り立てる。

新宿シネマカリテほか2018年春公開 

***********************************


監督:アグニェシュカ・スモチンスカ
出演:キンガ・プレイス、ミハリーナ・オルシャンスカ、マルタ・マズレク、
ヤーコブ・ジェルシャル、アンジェイ・コノプカ
2015年/ポーランド/ポーランド語/カラー/ DCP/92分
提供:ハピネット
配給:コピアポア・フィルム
宣伝:エレクトロ89 
© 2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE


スティーヴン・キング原作『IT/イット』予告・・・ 


映画情報どっとこむ ralph スティーヴン・キングの傑作ホラーの映画化『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』11月3日(金・祝)に日本で公開となります!

日常を侵食する“それ”は、最恐のトラウマになる!


今回解禁させていただく予告映像は、“ジョージ号”と書かれた紙で作られた船を兄が弟に手渡すシーンからスタート。外はあいにくの雨だが、弟は嬉しそうに増水した道路の上に船を浮かべて駆け出し、船は下水溝に飲み込まれてしまう。
中を覗くと怪しげな人影が!実は、この少年たちが住む町は失踪事件が多発しており、消えるのは決まって“それ”を見た子供だけ・・・。


予告映像内でも怯えた表情で「見ちゃった」「ピエロに見えた」と口々に語る子供たちが収められており、最後には見るもの全てを恐怖に陥れる!!“それ”は、どこにでも現れる、そして”それ“はどんな姿にも形を変える。果たして、子供たちは“それ”に立ち向かうことができるのか!?

どのような恐怖が待ち受けているのか・・・!

映画情報どっとこむ ralph さらに解禁のポスターでは、黄色いレインコートを着た小さな子供に“それ”が赤い風船を差し出すビジュアルが収められており、暗闇から浮かび上がる不気味な人影に恐怖を抱かずにはいられない。

映画情報どっとこむ ralph も・の・が・た・り・・・

“それ”は、ある日突然現れる。
一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。
内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。
悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。
“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。
しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。
不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。
自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……
何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。
ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。


真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

***********************************

監督・脚本:アンディ・ムスキエティ
出演:ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド、フィン・ウルフハード、ソフィア・リリスほか
配給:ワーナー・ブラザース映画 
公式サイト:itthemovie.jp
2017年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/135分/原題:IT