「ホラー」カテゴリーアーカイブ

“実在する”呪いの人形<アナベル>誕生の秘密・・・1週間で1.1億ドル突破!


映画情報どっとこむ ralph “実在する”呪いの人形<アナベル>誕生の秘密に迫った新作ホラー、『アナベル死霊人形の誕生』。8月11日より全米公開がスタートすると、並みいる強豪を抑え初登場No.1を飾り、公開から7日間で全世界興行収入1.1億ドルを突破!北米を含む数々のマーケットで1位に躍り出ている。そんな本作を含む大ヒット「死霊館」シリーズが、ついに全世界興行収入10億ドル超えを達成!『死霊館』(2013年)、『アナベル死霊館の人形』(2015年)、『死霊館 エンフィールド事件』(2016年)、そして新作『アナベル 死霊人形の誕生』と、たった4作で興収10億ドル突破の大ヒットシリーズとなった。
ちなみに、世界のホラー映画の興行成績ランキングでは、1位の『エクソシスト』に次いで2位が『死霊館 エンフィールド事件』、3位が『死霊館』、そして『アナベル 死霊館の人形』が8位にランクイン。(BOX OFFICE MOJO調べ)「死霊館」シリーズは現代ホラーの新定番として世界中で支持され、その勢いは増すばかり!

映画情報どっとこむ ralph “最恐”シリーズの最新作『アナベル 死霊人形の誕生』では、人形職人夫婦の屋敷を舞台に、シスターと孤児の少女たちが<アナベル>の強力な呪いに脅かされる姿が描かれている。すでに世界で大ヒット公開中の本作は、アメリカとカナダでオープニング1位を記録。

さらに、マレーシア、ベトナム、スウェーデン、ポーランド、ポルトガル、チェコセルビア、スロバキア、そしてハンガリーで「ホラー映画史上最高のオープニング興行成績」を記録した。そのほか、すでにメキシコ、ブラジル、そしてUAEを含む11のマーケットにのうち、10の国でランキング1位を獲得するなど、世界中で大ヒットを飛ばしています!


映画情報どっとこむ ralph なお、「死霊館」シリーズは早くも次回作『ザ・ナン(原題)/ The Nun』の公開が決定し、2018年7月13日に全米公開が発表され話題に。そのほか、「死霊館」のタイトルがついた3作目の映画となる『The Conjuring 3(原題)』、そして『死霊館 エンフィールド事件』に登場するキャラクターに基づいたスピンオフ『The Crooked Man(原題)』も製作段階に進んでおり、“死霊館ユニバース”の人気はさらに拡大していきそうだ!
名実ともに“世界最恐”シリーズの最新作となった『アナベル 死霊人形の誕生』。製作は、『ソウ』『死霊館』から『ワイルド・スピード SKY MISSION』まで手掛ける稀代のヒットメーカー、ジェームズ・ワン。監督は、長編デビュー作『ライト/オフ』が高い評価を集めたデイビッド・F・サンドバーグ。現代ホラー映画の名手たちの超強力タッグによって描き出される、実在の死霊人形<アナベル>の誕生と呪いの起源。

映画情報どっとこむ ralph 早くも今年No.1ホラーとして君臨する本作は、日本では“10月13日の金曜日”に公開!いよいよ新たなる恐怖が幕を開ける!

アナベル 死霊人形の誕生

は10月13日(金)ロードショー。



舞台は、12年前に幼い愛娘を亡くす悲劇に見舞われた人形師とその妻が暮らす館。そこへやって来た孤児院の6人の少女たちとシスター。新生活に心躍らせる彼女たちだったが、家の中には不気味な雰囲気が漂っていた。いるはずのない何者かの気配、無人の部屋で鳴り出すレコード、自然に開閉するドア、不気味な物音――。脚の不自由なジャニスは、怪現象を敏感に察知し、怯えを隠せずにいた。ある晩ジャニスは、鍵が掛かっているはずのドアが開いていることに気づく。中を覗くと、そこにいたのは――<アナベル>だった!

呪いの封印を解かれた<アナベル>は、執拗にジャニスを追い詰める。弱みを見せたら最後、次々と少女たちに襲いかかる。逃げても、捨てても、<彼女>は憑いてくる! <アナベル>人形の正体とは!? 少女たちは容赦のない呪いから逃れることができるのか!?

***********************************

製作:ジェームズ・ワン(『死霊館』『ソウ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』)/ピーター・サフラン(『死霊館』)
監督:デイビッド・F・サンドバーグ(『ライト/オフ』)
脚本:ゲイリー・ドーベルマン(『アナベル 死霊館の人形』)
出演:ステファニー・シグマン タリタ・ベイトマン ルル・ウィルソン
アンソニー・ラパリア ミランダ・オットー
配給:ワーナー・ブラザース映画 映倫:PG12
公式サイト:http://annabelle-creation.jp
ハッシュタグ:#アナベル誕生
(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』公開決定!したコメでプレミア


映画情報どっとこむ ralph ホラー小説界の頂点に君臨するスティーヴン・キングの小説の中でも、これほど恐れられた作品はない。

IT/イット」・・・

それは発刊以来30年にわたって、世界中の読者に強烈なトラウマを植え付けてきた。

この度、金字塔を打ち立てたこの小説を、ギレルモ・デル・トロ製作総指揮の新感覚ホラー『MAMA』で監督を務め、頭角を現した俊英アンディ・ムスキエティが映画化。

邦題を『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』として11月3日(金・祝)、全国にて公開することが決定しました!

また、本作は9月15日(金)から開催となる第10回したまちコメディ映画祭の映画秘宝まつりでの上映も決定し9月17日(日)にジャパン・プレミア上映を行います!

映画情報どっとこむ ralph 静かな田舎町に“それ”は突然現れる。ピエロの姿を借りた“それ”は子どもたちの命を狙い続ける。神出鬼没、変幻自在の“それ”からは、決して逃れられない……。

予告編がインターネット上でアップされるや、全米では『ワイルド・スピード ICE BREAK』『美女と野獣』を抜き、24時間で1億9700万回という史上最多の再生回数を記録。それとともに町にピエロが出没する奇妙な現象が相次ぎ、全米を震撼させた。日常を侵食する“それ”は、最恐のトラウマになる!

邦題・公開決定とともに超特報映像と場面写真も解禁。超特報映像では、下水道の出口へと回転しながら向うについれ「IT」の恐ろしげなロゴが迫ってくる。「皆、浮かんでるよ。」というゾッとする意味深なセリフとともに観る者の期待感を煽る。写真は真っ赤な風船で顔が隠れた“それ”が強烈なインパクトを残すものとなっている。

映画情報どっとこむ ralph IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

9月5日(土)新宿バルト9他全国ロードショー!


公式サイト:
itthemovie.jp

ハッシュタグ:#イット見えたら終わり

物語・・・
“それ”は、ある日突然現れる。
 一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。相次ぐ児童失踪事件。内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如“それ”は現れる。“それ”を目撃して以来、恐怖にとり憑かれるビル。しかし、得体の知れない恐怖を抱えることになったのは、彼だけではなかった。不良少年たちにイジメの標的にされている子どもたちも“それ”に遭遇していた。

自分の部屋、地下室、バスルーム、学校、図書館、そして町の中……何かに恐怖を感じる度に“それ”は、どこへでも姿を現す。ビルとその秘密を共有することになった仲間たちは“それ”に立ち向かうことを決意するのだが…。真相に迫るビルたちを、さらに大きな恐怖が飲み込もうとしていた―。

11月3日(金・祝)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー。


***********************************

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
     


美しき花嫁は生贄!!『ゴースト・ブライド』日本予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 11月25日(土)に公開の映画『ゴースト・ブライド』の日本オリジナル予告編と予告編に沿った恐怖の場面写真を解禁。
恋人のヴァンヤと婚約し、結婚式を挙げる為、ヴァンヤの実家に向かうナスチャ。
不思議な空気に包まれ謎めいたヴァンヤの家に着いてから次々と不可思議な幻想に襲われ、恐怖を感じ始めるナスチャ。結婚式の準備は着々と進み、いよいよ婚儀の日に。
曾祖母のウエディングドレスを着る際に見せられた一族のアルバムには同じ顔の女性ばかりが並び、疑問と不安が膨れ上がるナスチャ。その時に気づくべきであった、わが身に待ち受ける恐ろしい運命を。花嫁・ナスチャに待ち受けていたのは、ヴァンヤの曽祖母・オルガを現世に甦らせる儀式の生贄としてその身をささげられる運命だった。


19世紀半ばのロシア帝国では、故人の亡骸の瞼に瞳を描き写真を撮影すると、撮影用の銀板には被写体だけでなく死者の魂を留めておけると伝えられていた。

それに加え、魂を留めた銀板と遺留品を用意し、生きた花嫁を生贄として捧げる儀式を行えば故人は甦るという奇妙な儀式を融合され、作は残酷で美しいホラー映画として誕生することとなった。



映画情報どっとこむ ralph 「仮装して来て!ハロウィンホラーオールナイト!!」が決定!!

日時:10月28日(土) 開場:23:00/開映:23:30 入場料:2500円 
場所:シネマート新宿(新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル)

※オールナイト上映イベントの詳細は「ホラーバトル・ウィークス」の公式SNSにて随時発表いたします。

映画情報どっとこむ ralph ゴースト・ブライド
物語・・・
恋人のヴァンヤ(ヴィヤチェスラブ・チェブチェンコ)と婚約した女子大生のナスチャ(ヴィクトリア・アガラコヴァ)は幸せに満ち溢れていた。2人は結婚式を挙げる為にヴァンヤの実家へと向った。不思議な空気に包まれ謎めいたヴァンヤの家。
この家に着いてから次々と幻想に襲われるナスチャ。彼女は死者を甦らせる惨劇の儀式の幻想を見る。それは、幻想ではなく、ヴァンヤの曽祖母であるオルガを現世に甦らせる為の儀式の生贄として捧げられたナスチャ自身だった。彼女は花嫁<生贄>として、この家に迎えられたのだ。
公式HP

***********************************

監督・脚本:スヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキー『ミラーズ 呪怨鏡』
製作:ウラジスラフ・セヴェールツェフ、ドミトリー・リトヴィノフ、ザウル・ボロタエフ
出演:ヴィクトリア・アガラコヴァ、ヴィアチェスラブ・チェブチェンコ、アレクサンドラ・レベノク、イゴール・クリプノ
2016年/ロシア/ロシア語/95分/カラー/スコープサイズ/ドルビーデジタル/
原題(英題):THE BRIDE・(露題):HEBECTA
提供:インターフィルム
©2017, Force Media LLC