「東京アニメアワード」カテゴリーアーカイブ

「東京アニメアワードフェスティバル2015」の授賞結果!


「東京アニメアワードフェスティバル2015」の授賞式が3月22日(日)TOHOシネマズ 日本橋にて行われ、

「コンペティション部門」のグランプリが発表されました!

他にも、TAAF2015「アニメ オブ ザ イヤー」のグランプリ作品、優秀作品 アニメファン賞が授与されました!
taaf2015ロゴ
「コンペティション部門」は、2013年1月1日以降に完成したアニメーション作品で、プロ・アマ問わず応募のあった、日本国内で未興行のアニメーション作品を対象としております。60分以上の作品は長編アニメーション部門、30分未満は短編アニメーション部門となります。本年は長編部門で21作品、短編部門は60か国以上の国と地域から1206の作品の応募がありました。

コンペグランプリ
審査結果は以下の通り。

<長編アニメーション部門>
グランプリ
『Song of the Sea』(原題) 監督 トム・ムーア

優秀賞
『MUNE』(原題) 監督 アレクサンドル・ヘボヤン、ブノワ・フィリッポン
※尚、グランプリの『Song of the Sea』(原題)には、東京都知事賞も授与

<短編アニメーション部門>
グランプリ
『Mi ne mozem zhit bez kosmosa』(原題)
英題 We can’t live without cosmos.
監督 コンスタンティン・ブロンジェット

優秀賞
『Bang bang!』(原題)監督 デジュリアン・ピサロ
『Beach Flags』(原題)監督 サラ・サイダン

審査員特別賞
『My Stuffed Granny』(原題)監督 エフィー・パッパ

※尚、グランプリの『Mi ne mozem zhit bez kosmosa」には、東京都知事賞も授与された。
※本審査を鑑賞した一般の観客が選んだ観客賞には日本人監督がアイヌの方々と一緒に制作した
『七五郎沢の狐』 監督 すぎはらちゅん(上映時間 13分45秒)が選ばれた。

TAAF2015「アニメ オブ ザ イヤー」のグランプリ作品、優秀作品、アニメ オブ ザ イヤー

TAAF2015の「アニメ オブ ザ イヤー部門」は、この1年間(2013年11月1日から2014年10月31日)に、日本国内で上映・放送された全商業作品を対象に、日本動画協会会員社、そしてアニメに携わり第一線で活躍するアニメプロデューサー陣、総勢約100名の専門的な視点によって投票を行い、厳正に選考されたものです。

劇場映画部門 グランプリ 『アナと雪の女王』
優秀賞 『STAND BY ME ドラえもん』

テレビ部門 グランプリ 『ピンポン THE ANIMATION』
優秀賞 『妖怪ウォッチ』

アニメオブザイヤー
アニメ オブ ザ イヤー部門
アニメファン賞は『劇場版 TIGER & BUNNY ‐The Rising‐』


********************************************************************

  
  


東京アニメアワードフェスティバル2015はじまる!


「東京アニメアワードフェスティバル2015」(TAAF2015)のオープニングセレモニーが、会期初日である本日19日(木)17時半から、東京都内、地下鉄三越前駅の「江戸桜通り」地下歩道にて実施されました!!!

オープニングセレモニーの冒頭には、『クレヨンしんちゃん』シリーズ、『河童のクゥと夏休み』、そして新作『百日紅 Miss HOKUSAI 』(5月9 日全国公開)の監督をつとめる 原恵一監督に、東京アニメアワードフェスティバル2015のアニメドール授賞が発表され、トロフィーの授与がおこなれました。

原監督は、遠慮がちに受賞の喜びを語りながらも、新作『百日紅 Miss HOKUSAI 』に関しては、手ごたえを感じていると力強く語ったのが印象的でした。

百日紅TAAF原 恵一監督
本年の原監督へのアニメドール授賞理由は、以下の通り。
「型にはまらず、日本の商業アニメーションの中にあって異彩を放つ、素晴らしい作品をこれまでも数々監督をしてきた、原恵一監督。まもなく完成を迎える最新作『百日紅 Miss HOKUSAI 』は、江戸を舞台とし、漫画・アニメーション文化の源ともいえる浮世絵をテーマとして描き、日本の誇るべき伝統の大衆文化を、現代の大衆文化アニメーション作品として見事に昇華させ、世界へ向かっていま羽ばたかんとしている。日本の芸術文化産業アニメーションの発展を目的とし、世界へと発信させる使命を持った、この東京アニメアワードフェスティバルとして讃えるにふさわしく、また今後のアニメーション文化を担う監督の一人として、原恵一監督に「Anime d’or」をお贈りいたします。」

オープニングセレモニーは、その後、レッドカーペットもおこなわれ、アカデミー賞ノミネート作品『戦場でワルツを』、そして昨年実施された東京アニメアワードフェスティバル2014コンペティション部門 長編のグランプリ作品『コングレス未来学会議』の監督、アリ・フォルマン氏や、2012年より、世界最大のアニメーション映画祭フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭のアーティスティック・ディレクターを努め、現在モントリオールの研究所(INIS)のプログラムディレクターとしても活躍中のマルセル・ジャン氏、そして大使館からのゲストなど、国際色豊かな同映画祭らしいゲストが続々と登場。(アリ・フォルマン氏、マルセル・ジャン氏はTAAF2015のコンペティション部門の最終審査員をつとめる。)

TAAFレッドカーペット
東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)は、アニメーションの振興を目的とした国際映画祭で、TAAF2015 は3月19日(木)から3月23日(月)まで、TOHOシネマズ 日本橋を中心に行われ、数多くの作品上映・コンペティション部門の本審査・特別イベントが実施されます。

【東京アニメアワードフェスティバル2015 開催概要】
会期 : 2015年3月19日(木)から 3月23日(月)
会場 : TOHOシネマズ 日本橋
主催 : 東京アニメアワードフェスティバル実行委員会/一般社団法人 日本動画協会
共催 : 東京都
********************************************************************


百日紅 東京アニメアワード 原 恵一監督 特別賞アニメドール受賞!


浮世絵師、お栄の父、葛飾北斎や仲間たちとともに自由闊達に生きる姿が江戸の四季をとおして描かれる浮世エンターテインメント作品

百日紅 ~Miss HOKUSAI~

公式サイト:sarusuberi-movie.com

が5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿他全国ロードショーしますが、

TOHOシネマズ日本橋で開催されている東京アニメアワードフェスティバル(3月19日~23日)のオープニングセレモニーにて原 恵一監督の特別賞アニメドールが贈呈されました!

百日紅TAAF2
開会宣言が行われた後、特別賞受賞の発表でレッドカーペットに登場した原監督は、日本のメディアからサウンドバイツで取材に応じ一問一問丁寧に答えていました。サウンドバイツを終え、ようやくメインステージへ登場すると、沢山のスチールカメラのフラッシュを浴び、リクエストに応えていました。

受賞した原 恵一監督は「今回このような立派なトロフィーを頂けて有り難く思っています。まだ実感があまりありませんが現在制作中の『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』は完成を目指してスタッフ達が追い込みをしております。原作のファンとして、杉浦日向子さんの作品の素晴らしさを知って欲しいと思い作っています。完成に向けて手応えを感じていますし、この賞に恥じない作品になっていると思います。皆さんにも是非観て頂きたいと思います。本日はどうもありがとうございました!」深々と一礼をして退場しました。

プレゼンターに登場したのはフランス大使館文化参事官アンスティチュ・フランセ日本代表クレール・テュオーデ氏からは「今回はこの素晴らしい賞を原監督に贈る事をとても誇りに思っております。この賞は質・オリジナル・芸術性全てを評価したものです。この作品は北斎にまつわる作品ですが、パリではついこの間まで大規模な北斎展を開催し、50万人の観客を集めました。美術の文化交流は100年を超えており、アニメーションに対して特に力を入れています。原監督、おめでとうございます」と挨拶をして受賞トロフィーを原監督へ手渡した。
百日紅TAAF
この特別賞アニメドールは、個人のこれまでの功績をたたえる賞で昨年の第一回は、高畑勲監督が受賞し、第二回目の今年は原 恵一監督の受賞となりました。

百日紅TAAF原 恵一監督
受賞式でも紹介された原 恵一監督の『百日紅 ~Miss HOKUSAI~』は、江戸を舞台に主演であり、葛飾北斎の娘、お栄を演じるのは、実力派女優で今回長編アニメーション声優初挑戦の杏。お栄と父娘でもあり師弟でもあるという天才浮世絵師・葛飾北斎を演じるのは松重豊。その他日本を代表する豪華キャストたちが色鮮やかに、<百日紅>の世界をスクリーンに蘇らせます。

ストーリー

百日紅(さるすべり)の花が咲く――お栄と北斎、仲間達のにぎやかな日々がはじまる

浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らしている。雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、犬と寝転んだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら絵師としての人生を謳歌している。今日も江戸では、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎ、など喜怒哀楽に満ちあふれている。恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。そして、百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。 江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、浮世エンターテインメント! 時を超えて現代へ紡がれる人生讃歌の傑作が誕生しました。


********************************************************************

監督:原 恵一(『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』、『河童のクゥと夏休み』、『カラフル』)

原作:杉浦日向子「百日紅」
出演:杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、美保純、清水詩音、麻生久美子、筒井道隆、立川談春
入野自由、矢島晶子、藤原啓治

制作:Production I.G 配給:東京テアトル
(c)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会