「ヒューマン」カテゴリーアーカイブ

前野健太 登壇映画『パターソン』トークイベント試写会


映画情報どっとこむ ralph この度、8月26日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開する 映画『パターソン』のトークイベント試写会が行われ、ジャームッシュ作品の世界観に感銘を受けた、「ライブテープ」「トーキョードリフター」で映画出演経験もある、シンガーソングライターの前野健太さんが登壇し、トークイベントが行われました。

日時:8月17日(木)
場所:ユーロライブ
登壇:前野健太<シンガーソングライター>

映画情報どっとこむ ralph 「詩の魅力が詰まった、太い幹のような言葉と映像の強 さと詩情 を感じる作品」

映画の感想を問われ

前野さん:詩の魅力を言葉とか映像がまとっていて、それがスクリーンに詰まっていて、詩を題材にしてこんな映画を作れる人がいるんだ! と、うれしかったです。自分も詩を書いているので。

詩の創作について、

前野さん:映画の主人公と一緒で、街の中ですね。喫茶店に入って、窓越しから見える景色を見て詩を書いてました。そこに、すごくシンパシ ーを感じました。それに、映画の中でマッチが出てきますが、実は僕も好きで集めているんです。 街にこそ詩があると思います。映画の中でも、主人公がバスの運転をしながら、乗客が話していた言葉が彼の中に流れ込んで、詩 を作っていきますよね。(この映画は)詩の書き方を教えてくれていると思います。また、主人公には奥さんや犬がいて、家庭があり ますが、詩の作業というのはどういう状況でも一人になれるもので、僕自身もそうだと思います。僕が図書館でバイトしていた時代も同僚の会話から詩を創作していました。詩どろぼうですね(笑)。バイト仲間の男女の会話とか 雰囲気をこっそりメモして詩にしていたんですが、それがありきたりであればあるほど、丁寧に描くと、社会とか政治とか言わなくて も、しっかりと時代性が出ますよね。だから詩を書くことは大事だと思います。そして、人を見るということは、僕にとって、詩を書い ていることと同じだと感じます。

映画情報どっとこむ ralph 登場人物や印象に残ったシーンについて

前野さん:コインランドリーでラップをしている人や、街中で出会う少女のシーンなどですね。こういった詩人と詩の交換をする場面が、なんだ かこの世で一番美しい気がするぐらい、映画を見た時に、グッときて涙が出ました。あと、主人公の奥さんですが、こんな人います?(笑) 家中を白黒で塗ったり、不思議な人ですよね。こんな人がいたら、つきあっ てみたいです。(笑) 永瀬さんのセリフの「アーハー」も音楽的な響きを持っていて、すごく色っぽいと感じました。

ジャームッシュ作品について、

前野さん:ジャームッシュは好きだと思っていたのですが、見た気になっていただけだったようで(笑)、「パターソン」を見てジャームッシュ監 督はすごい詩人だと思い、初期の作品を見ました。初期の作品には、ジョン・ルーリーとか、トム・ウェイツとか出てきて、本作でも 通称「ハリケーン」と呼ばれるボクサー、ルービン・カーターの話が出てきますが、あれはボブ・ディランが歌った「ハリケーン」のオ マージュですよね。ミュージシャンの起用や音楽の要素を大事にしつつ、言葉を大事にしている監督で、初期から変わっていないけど、むしろその部分は強くなっていると思います。本作も一見、スローライフっぽく見える作品ですけど、僕は言葉に太い幹のよう な強さを感じました。マッチを擦って、人生が燃え上がるような。
映像について、

前野さん:イスやコーンフレークを少し長めに撮っていますが、それによってモノが人格や意味を持つように見えてきますね。バスもいろんな 角度から撮っていますが、丁寧で上手いですし、映像から詩情を感じます。光の撮り方も。映画にしかできない魔法ですね。初期 の作品と比べると、街や光を信じるようになっていると思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『パターソン』 概要・・・
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)や、『沈黙-サイレンス-』(16)に出演し、今やハリウッドの次世代を代表する俳優となったアダム・ドライバーが主演。「君の事を思いながらこのシーンを書いた」という監督たっての希望で、永瀬正敏が『ミステリー・トレイン』(89)以来 27 年ぶ りにジャームッシュ作品に再出演を果たしました。

本作でもジャームッシュの独特でオフビートな作風は健在、カンヌでも絶賛を受け、まさにこ れまでの彼のフィルモグラフィーの一つの到達点と呼べる傑作になっています。

物語・・・
ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は 朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向か い、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取 り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1 杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。
第69回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門出品・パルム・ドッグ賞受賞監督・脚本:ジム・ジャームッシュ

8/26(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマン トラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

***********************************

監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:アダム・ドライバー、ゴルシフテ・ファラハニ、永瀬正敏 他
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
(C)2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.
     


花江夏樹 登壇!夢の吹き替えでした!『フェリシーと夢のトウシューズ』


映画情報どっとこむ ralph 花の都パリを舞台にバレリーナになることを夢見る少女の物語を描いた『フェリシーと夢のトウシューズ』 の公開を記念して、日本語吹替版で声の出演をした花江夏樹さんが上映前の舞台挨拶に登壇しました。

花江夏樹、僕にとっては『花江と夢の吹き替え』です!
『フェリシーと夢のトウシューズ』 公開記念舞台挨拶

日時:8 月 19 日(土)
会場:新宿ピカデリー
登壇:花江夏樹 /MC:みんしる

映画情報どっとこむ ralph 日本語吹替版で主人公・フェリシーの幼馴染ヴィクター役を演じた花江夏樹さんが公開記念舞台挨拶に登壇しました。
はじめて作品を観た時の作品の印象について

花江さん:僕はバレエをやったことがないのでなじみがなく、まず題 材がバレエ?と驚いたのですが、観ていると夢を掴むために真っ直ぐに頑張る女の子のお話で気分が 爽快になりました。夢に向かってがむしゃらに頑張っていた頃を思い出しました。

劇場版洋画の吹替 が初であったことについて

花江さん:アフレコは一人ずつ録っていたので他の皆さんがどんな芝居をしているか分か らない状態で、完成するまでどんな感じになるか分からなかったので不安でした。あと普段はラフの状態 で声をあてることも多いので、完成した画を見ながらアフレコできるのは動きや表情があって分かり易か ったです。

と振り返る。 洋画の吹替版をみるのが大好きだという花江さんは、今回の出演について

花江さん:洋画ならではのおもしろさを感 じることができたと思います。空気感が違い、テレビアニメはかなりデフォルメされた演技が多いですが (この作品は)ナチュラルな所も多くあり新鮮で楽しかったです。しかも思っていたよりもかなり出番が多くて幸せでした。僕にとってこの映画は『花江と夢の吹き替え』でした!(笑)

と、かなり洋画の吹替版嬉しかったご様子。

土屋太鳳さん、熊川哲也さん、その他キャストについての印象を聞くと、

花江さん:どんなお芝居するのかなと気になってい ました。ストーリーはすでに知っているけど新しい作品をまた観たような気分でした。ル・オー夫人役の夏木マリさんがやはり、すごくインパクトが強かった(笑)性格がきつそうな顔しているじゃないですか?その通りなんですよ!(笑)悪役感がすごく漂っていて、お芝居もぴったりでお会いしてみたいと思いました。

と会場の笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph お気に入りのキャラクターについて聞くと、

花江さん:内山昂輝くんが演じていたルディ役(主人公・フェリシーを 気に入るバレエが上手な美少年)がコミカルですごく面白かったです。フェリシーを取られちゃう、ヴィクタ ーも負けてられないなという思いでした。あとは、やっぱりヴィクターの一見普通の好青年風だけどちょっ とヘタレで抜けているところが愛嬌があって好きですね。フェリシーと一緒で夢に一途でいいなって思います。フェリシーはひたむきにバレエの練習をする姿から、本当に踊るのが好きな気持ちが伝わってくる。でも その他にちょっと不良な部分があるんですよ。ネタバレになっちゃうから言えないけどあるものを盗むんですよ!結構強引なルートでバレエ学校に入りこもうとする!(笑)アニメーションなので非日常的なシ ーンも多いですがその画やダンスの美しさで違和感を感じさせないところがすごいですね。

最後にこれから観る人へメッセージとして

花江さん:フェリシーががんばっている姿が胸にジーンとくる、僕も夢に向 かってがんばらなきゃな、と思わせてくれる作品です。フェリシーとヴィクター、彼女がヴィクターに振り向い てくれるのかな、という、そんな恋愛要素も少しありますし、今夢に向かってがんばっている人にぴったり だと思います。今日は本当にありがとうございました。

と締めくくった。

物語・・・
19世紀末のフランス、ブルターニュ地方の施設で暮らすフェリシーは、バレリーナになることを夢見る、 踊ることが大好きな少女。ある日、偉大な発明家を志している親友のヴィクターに誘われ、エッフェル塔 が建設中の憧れの街パリを目指して施設を抜け出すことに…。やっとの想いで辿り着いたパリで、フェリシ ーはヴィクターとはぐれてしまうが、偶然にも夢にまでみたオペラ座を見つける。そこには、美しく踊るエトワ ールの姿があった…。元バレリーナで、今はオペラ座の掃除婦のオデットとの出逢い、お金持ちの一人娘 カミーユや数々のライバルたちの熾烈な競争。まだ、バレエを習ったことさえないフェリシーは、情熱と勇気 だけを胸に、夢の舞台に立つことができるのか…!?

フェリシーと夢のトウシューズ
原題:BALLERINA
公式 HP:
www.ballerina-movie.jp

***********************************

声の出演:エル・ファニング、デイン・デハーン、カーリー・レイ・ジェプセンほか
日本語吹替え:土屋太鳳 黒木瞳 花江夏樹 / 熊川哲也 /夏木マリ
監督:エリック・サマー、エリック・ワリン
脚本:キャロル・ノーブル、エリック・サマー、ローラン・ゼトゥンヌ
振付:オレリ―・デュポン、ジェレミー・ベランガール 2016/フランス・カナダ/シネスコ/89 分/5.1ch/英語/
日本語字幕:稲田嵯裕里
配給:キノフィルムズ
© 2016 MITICO – GAUMONT – M6 FILMS – PCF BALLERINA LE FILM INC.


パリの古書店。知的でロマンティックな『静かなふたり』公開決定


映画情報どっとこむ ralph フランス期待の新鋭女流監督エリーズ・ジラールによる、パリの古書店を舞台に繰り広げられるラブストーリー『静かなふたり』(原題: Drôles d‘oiseaux)が10月14日(土)より新宿武蔵野館他にて公開となります。


「沈黙は、愛。 パリ5区、カルチェ・ラタン。謎めいた古書店で、わたしは〝彼〟と出会った。」

田舎から来た不器用な女が出会った、パリで古書店を営む年老いた男。祖父と孫ほどの年齢差にもかかわらず、二人は書物を通して心を通わせ、次第に惹かれあっていく。しかし男には闇に包まれた過去があった。

『静かなふたり』はパリの古書店を舞台にくりひろげられる知的でロマンティックなラブストーリーであり、ひとりの女性が自分の人生を選択するまでのちょっと奇妙な成長譚です。

映画情報どっとこむ ralph 主人公マヴィには、イザベル・ユペールの娘で注目の女優ロリータ・シャマ(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)。 謎めいた古書店の店主ジョルジュにはジャン・ソレル(『昼顔』)。撮影のレナート・ベルタは、ダニエル・シュミットやジャン=リュック・ゴダールなど巨匠監督とタッグを組んできたベテランカメラマン。

光と闇に満ちた現代のパリの風景を見事に捉え、どこか幻想的なこの物語を美しく彩ります。

この度公開決定に併せてポスタービジュアルが解禁、そして主演のロリータ・シャマの母であるフランスの実力派女優イザベル・ユペールから本作に寄せたコメントをどうぞ。

とても小ぶりな映画。けれど正真正銘の真珠。ロリータの演技に感銘を受けました。
イザベル・ユペール(女優)


***********************************

監督・脚本:エリーズ・ジラール
共同脚本:アンヌ=ルイーセ・トリヴィディク
撮影:レナード・ベルタ
音楽:ベルトラン・ブルガラ
出演:ロリータ・シャマ、ジャン・ソレル、ヴィルジニー・ルドワイヤン
2017年|フランス|カラ―|70 分|原題: Drôles d‘oiseaux|日本語字幕:寺尾次郎
提供:マーメイドフィルム|配給:コピアポア・フィルム
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
©KinoEletron – Reborn ProducCon – Mikino – 2016