「ハードボイルド」カテゴリーアーカイブ

『全員死刑』小林勇貴監督パリで大暴れ! フル○ンで首絞め再現!大喝采


映画情報どっとこむ ralph けしからん!日本映画界を狂わす今もっとも注目すべき危険な狂悪エンターテイメント!

借金を抱え困窮した生活を送っていた4人のヤクザ一家が、近所の資産家の金を奪おうと無謀な計画で1人を殺害したことをきっかけに、連続殺人へと狂い咲いて行く様を、実行犯の次男の目線で描く問題作。

それが間宮祥太朗 映画初主演『全員死刑』(=英題『Death Row Family』)。

フランス・パリ「エトランジェ映画祭2017」“モンドビジョン部門”枠で出品され、現地時間9月14日(木)21時45分から全世界初の上映が開始、上映後には小林監督が登壇しティーチインを行いました。

フランス・パリ「エトランジェ映画祭2017」
現地時間:9月14日(木)21時45分
会場:パリの映画館Forum des Image
登壇:小林勇貴監督

映画情報どっとこむ ralph 会場となったパリの映画館Forum des Imageには、“エトランジェ=奇妙な、見知らぬ人”の言葉通り、個性豊かで一癖もふた癖もある観客が、日本が放つ強烈な新人監督“小林勇貴”の姿を一目見ようと映画祭に多数訪れました。


ティーチインがはじまると監督は、

小林監督:この映画はずっと撮りたかった映画で、そのワールドプレミアをフランスで出来ることが嬉しいです。

と真面目に挨拶を切り出すも

小林監督:質疑応答もいいんですけど、やっぱり俺はみんなで一緒に楽しみたい!という気持ちが強いので、俺にタオルで殺されたいという人がいれば前に出てきてください!

と映画のワンシーンを再現することを提案。予定していた進行を早速無視しはじめ、タオル片手に「カモン!カモン!」と観客を挑発。しかし半信半疑の観客たちは誰も動こうとはせず失笑します。  

そんな流れを変えたのは、いまや日本では絶対にアウトなあの行為。
そう、フル○ンです。スルスルとズボンを脱ぎ、なんの躊躇いもなくパンツを脱ぎはじめ、メンチを切りながら「カモン!カモン!」と叫び続ける監督の姿に、次第に熱を帯びはじめる会場。

志願者が続々と登場し、首を絞める(ふりをする)監督と、それに応じて一生懸命に苦しがる(演技をする)観客というなんとも温かな茶番が繰り広げられることになりました。

そして一通り事を終えるたびに、笑顔で「サンキュー」と観客にハグをする紳士的な監督の一面にも、観客から親しみを込めた大きな拍手が手向けられ、
映画祭委員長からも「こんなに観客と一体になった作品や監督を他に知らない!」とまさかの絶賛コメント。

映画情報どっとこむ ralph 観客からも「映画もあんたも狂ってるよ!」「最高のパンクムービー!」「一生忘れられない映画体験!」「若い頃の三池崇史みたいに衝撃的だ!」と絶賛の嵐!!!!

小林監督:映画でも舞台挨拶でも観客をぶっ殺すことができて嬉しかったです!

と満足気。こうしてティーチインは大盛況のうちに終了しました。


【小林勇貴監督コメント全文】
嬉しいこと!映画でも舞台挨拶でも観客をぶっ殺すことができて嬉しかったです!
悔しいこと!終電間近の上映ってこともあって、席がもう少し埋まって欲しかった!でもそんな中来てくれたお客さんの熱量は凄くて、圧倒されました!!!映画祭の委員長に「こんなに観客と一体になった作品や監督は今まで他にないです」と言わしめることが出来ました!全員死刑だ!ぶっ殺う!!!!!

映画情報どっとこむ ralph 今回の映画祭では『全員死刑』の英語字幕版インターナショナルトレイラーも上映されました。英語字幕版は狂気さ5割増し。


全員死刑

物語・・・
家族想いの主人公タカノリは、情緒不安定な組長の父・テツジと、ヒステリックな母・ナオミを借金苦から救う為、兄・サトシと共に近所の資産家一家の現金強奪を実行する。しかしあまりにお粗末な強盗の末、資産家の息子を殺害し事態はエスカレート。
ひとり殺すなら全員殺すも同じこと!家族総出の人間狩りがはじまった―
***********************************

監督・脚本:小林勇貴 
2017年11月18日(土)全国ロードショー
配給:日活/東京テアトル
©2017「全員死刑」製作委員会


菅田将暉とヤン・イクチュン『あゝ、荒野』ダイジェスト爆音サイレント上映


映画情報どっとこむ ralph 岸善幸がメガホンをとり再構築しる寺山修司の傑作小説を映画化。

菅田将暉さんとヤン・イクチュンさんをダブル主演に迎えた『あゝ、荒野』が 10 月 7 日(土)前篇、10 月 21 日 (土)後篇 2 部作連続公開となります。

そして!その公開を記念して

史上初!新宿路上での<爆音サイレント上映>を敢行!!

新宿のど真ん中(モア 4 番街・アルタ横道路)を 1 日封鎖 して、この秋公開の2本の話題作コラボレーション特別イベン ト「あゝ、デンジャラス祭り」の開催が決定! 『あゝ、荒野』のダイジェスト特別映像や、『デンジャラス・ドックス』 の1本『渦』を特別上映。
路上に5メートルの大型ビジョンを設置して道を封鎖、wi-fi で音声を飛ばせる特殊なヘッドフォンシステムを使い、数十名の観客が路上で映画や映像を鑑賞でき る史上初の新宿路上での<爆音サイレント上映>。寺山の 聖地である”新宿”を究極的に感じて、鑑賞できる劇的体験イベントとなっている。

映画情報どっとこむ ralph 日時:9 月 21 日(木)
場所:新宿モア 4 番街(アルタと ABC マートの間の道路) 14 時より予告編・特別映像等、各種映像上映。

『あゝ、荒野』ダイジェスト(爆音サイレント)
・17:00~/20:10~
※ダイジェスト版になります

『デンジャラス・ドックス vol.2/渦』(爆音サイレント)
・18:30~/19:20~

【鑑賞参加について】
・映像の鑑賞については路上につきどなたでも可能です。
・爆音サイレント環境での鑑賞は申込みが必要となります。参加希望のお客様は各々の公式 HP にて御確認ください

特設サイト

『あゝ、荒野』
公式サイト:
kouya-film.jp
© 2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

『デンジャラス・ドックス』
公式サイト:
jgmp.co.jp/docs
© Jingumae Produce

***********************************


Zeebra、Kダブシャインが語る『オール・アイズ・オン・ミー』公開記念イベント決定!


映画情報どっとこむ ralph 25歳で逝った2PACの知られざる真実を描く『オール・アイズ・オン・ミー』は12月新宿バルト9ほか全国ロードショーとなります!
その2PACの命日である9月13日に、本作の日本公開を記念した特別イベントを開催することが決定しました。

当日は、日本のヒップホップ界を牽引するZeebra、Kダブシャインが登壇し、日米ヒップホップの歴史や、現在日本に到来しているラップブームについてなどを熱く語ります。さらに当日は、2PACファンはもちろんのこと、全HIPHOPファン必見のスペシャル映画をライブ音響で上映することも決定!

また、9月16日より発売となる本作のムビチケカードの先行発売も決定(本イベント限定ステッカー付での販売)。来場者には本作のポスターがプレゼントされるなど、2PACを偲ぶ一夜限りのイベントが実現することとなりました!

映画情報どっとこむ ralph 映画『オール・アイズ・オン・ミー』公開記念
2PAC命日特別イベント(概要)

映画『オール・アイズ・オン・ミー』公開記念2PAC命日特別イベント
日時:9月13日(水)OPEN/18:30START/19:00~
会場:渋谷WWWX(渋谷区宇田川町13-17ライズビル2F)
イベント内容:スペシャルゲストトークショーシークレット作品のライブ音響上映
※上映作品は当日のイベント内で発表いたします。
ゲスト:Zeebra、Kダブシャイン
MC:渡辺志保

料金:前売り¥1,000当日¥1,300(税込/ドリンク代¥500別/全席自由)
チケットチケットぴあにて9月4日(月)10:00より発売【Pコード:344-459】
URL:http://t.pia.jp/
電話予約あり:0570-02-9999
※来場者全員に『オール・アイズ・オン・ミー』非売品B2ポスタープレゼント※『オール・アイズ・オン・ミー』ムビチケ先行発売決定(会場限定ステッカー付)

映画情報どっとこむ ralph 映画『オール・アイズ・オン・ミー』
原題:ALL EYEZ ON ME

物語・・・
ニューヨークのスラムで生まれ育った2PAC(トゥパック・シャクール)。ブラック・パンサー党員の母に連れられ、住まいを転々としていたため、あまり 周りに馴染めない辛い幼少期を送っていた。役者に憧れていた彼は、12歳の時にハーレムの劇団に入団し舞台デビューを果たす。1986年、一家はボルチモア に移り住み、2PACはボルチモア芸術学校に入学。その頃から彼はラップに没頭することとなり、数々の詩を書き始める。17歳の時、カリフォルニアに移り住む こととなるが、その頃には母親はドラッグ中毒で家庭は酷い有様と化していた。そんな彼はラッパーとなる夢を追い続ける。1991年に2PACの名で、アルバム 「2Pacalypse Now」でソロデビューを果たし、着々とその名を上げていく。 だが、ある日彼はレコーディングに訪れていたスタジオで強盗に襲われ、その身に銃 弾5発を受けてしまう。一命を取り留めた2PACは、この事件を仕組んだのは、たまたま同じスタジオにいたショーン“パフィ”コムズとノトーリアスB.I.G. だと思い 込む。西海岸のヒップホップ・レーベルDeath Rowレコードに所属する2PACは、東海岸のBad Boyレコードのショーン“パフィ”コムズやノトーリアスB.I.G.をことあ るごとに非難し、ヒップホップ界史上最悪の東西抗争が幕を開けてしまう。そして遂に、1996年9月7日ラスベガスで2PACは銃撃され、その6日後の9月13日に 25歳の若さで人生の幕を閉じることとなる。

***********************************

監督:ベニー・ブーム
出演:ディミートリアス・シップ・ジュニア(2PAC役)/ジャマール・ウーラード(ノトーリアスB.I.G.役)/ダナイ・グリラ(アフェニ・シャクール役)/カット・グレアム (ジェイダ・ピンケット=スミス役)/ドミニク・サンタナ(シュグ・ナイト役)/ハロルド・ハウス・ムーア(ドクター・ドレー役)
2017 / アメリカ / 137分 /提供:パルコ / ユニバーサルミュージック / REGENTS / ビーズインターナショナル
配給:パルコ / REGENTS
宣伝:ビーズインターナショナル / REGENTS
協力:ユニバーサルミュージック
© 2017 Morgan Creek Produc4ons, Inc.