「キャンペーン」カテゴリーアーカイブ

20年前と今の写真が楽しめる『AMY SAID エイミー・セッド』展をテアトル新宿


映画情報どっとこむ ralph 俳優のマネージメント会社ディケイドが 設立25周年を記念して自らが企画・製作した

AMY SAID エイミー・セッド

9月30日(土)よりテアトル新宿、10月28日(土)より渋谷・ユーロスペースにて公開を記念して、9月15日(金)より、同作でも描かれている”20年前”をテーマとした、映画『AMY SAID エイミー・セッド』展をテアトル新宿にて開催することが決定しました。
映画『AMY SAID エイミー・セッド』展 概要
期間:9月15日(金)〜10月5日(予定)
場所:テアトル新宿(東京都新宿区新宿3-14-20 B1)
内容:
・俳優の今と昔の写真パネル展
三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳、浦浜アリサ、柿木アミナ、飯田芳ら計15名(予定)のキャストの”20年前”と”今”の写真が楽しめるパネル展
・俳優のマネージメント会社ディケイドの創立から現在までの歴史が一挙にわかる、過去25年のデータベース展
過去出演作の台本、DVD、「Hot-Dog PRESS」をはじめ 90年代を象徴するカルチャー雑誌へのインタビュー記事の展示
・映画『AMY SAID エイミー・セッド』 インスタボードの設置

映画情報どっとこむ ralph 本作は、かつて映画に情熱を注いでいた頃の純粋な気持ちを忘れかけ日々それぞれの人生に追われ疲れた40代の男女8名が、20年前の「ある日」を邂逅する一夜を描いた大人の青春群像劇。

主演の三浦誠己をはじめ、渋川清彦、村上虹郎、渡辺真起子、中村優子、山本浩司、大西信満、村上淳ら実力派俳優が集結した、俳優と俳優の個性がぶつかり合うアンサンブルとなりました。

9月15日(金)からテアトル新宿内において実施される映画『AMY SAID エイミー・セッド』展では、キャストの20年前と今の写真を展示したパネル展、本作のキャストも多数所属する俳優のマネージメント会社ディケイドの25年の歴史がわかる過去出演作の台本やDVDの展示、「Hot-Dog PRESS」など90年代を象徴する雑誌(同社俳優掲載誌)や90年代の懐かしグッズなどが期間限定で展示されます。

主演の三浦誠己をはじめ、渋川清彦、村上虹郎、大橋トリオ、村上淳らキャスト陣の20年前の秘蔵写真も展示される大変貴重な機会となっております。

映画情報どっとこむ ralph AMY SAID エイミー・セッド

9月30日(土)よりテアトル新宿、10月28日(土)より渋谷・ユーロスペースほか全国順次公開

公式HP:
http://amy-said.com



映画研究会のファムファタル的存在だったエミ(柿木アミナ)が突然彼等の人生からいなくなって20年。その命日に久しぶりに集まったのは、パン屋を営む朝田(三浦誠 己)、無農薬野菜をつくる飯田と直子(渋川清彦、中村優子)、売れない俳優岡本(山本浩司)、キャリアウーマンの美帆(石橋けい)、介護士の五島(松浦祐也)、IT会社を経営す る木塚(テイ龍進)。「わたし本当は知ってるの、エミが死んだ理由。ずっとみんなに言いたかった」突然の直子の言葉に、それぞれの中で止まっていた時間が動き出す。
***********************************

三浦誠己、渋川清彦、中村優子、山本浩司、松浦祐也、テイ龍進、石橋けい、大西信満、村上虹郎、大橋トリオ、渡辺真起子、村上淳

音楽:janand naomi テーマ曲:「AMY SAID」(⼤大橋トリオ)
監督/脚本:村本⼤志
脚本:狗飼恭子、
企画・製作:佐伯真吾 プロデュサー:関友彦、田中和磨
制作:株式会社コギトワークス
日本/2016/カラー/96分
配給:ディケイド
宣伝:フリーストーン
©2017「AMY SAID」製作委員会  


交響詩篇エウレカセブン HV1オリジナル予告編製作!予告編メーカー


映画情報どっとこむ ralph 新たに描かれるレントンとエウレカの物語
『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が、劇場3部作として待望の映画化を果たします。
いよいよ今週末16日(土)より『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』が、全国107館にてロードショーとなります。

そしてこの度、映画公式サイトにて、オリジナルの予告編が製作できる“予告編メーカー”がスタートしました!

こちらは、各3秒20種類の本編映像の中から、自分で好きなものを組み合わせ、最後になんと自分の言葉でキャッチコピーをつけオリジナル15秒の映画予告映像を作れるというもの。

音楽も尾崎裕哉が歌う主題歌『Gloey Days』か、挿入曲Hardfloorの「Acperience 7(アクペリエンス・7)」2曲のどちらかを選ぶことができ、まさに自分だけの「エウレカ」、予告映像を楽しめます。もちろんその映像をWEB上でお披露目、他の人が作ったものも閲覧できるため、それぞれの「センス」を競い合うこともできるのです。“我こそは!”と思う人、自分の好きなキャラクターをフューチャーしたい人、「予告映像を作ってみたい人」…貴重な機会なので、ぜひ、チャレンジしてみるのはいかがでしょうか!?

予告編メーカーはこちら

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機――サマー・オブ・ラブ。

その危機から世界を救ったのは、アドロック・サーストンだった。
英雄と讃えられるようになるアドロック。だが、その真相を知るものは、最前線で戦ったごく一握りの人間だけだった。
そして10年の時が流れた。
アドロックの残された息子レントンは、ビームス夫妻の養子となり、地方都市ベルフォレストで暮らしていた。
義理の父チャールズは、豪放で色んな意味で“濃い”男。義理の母、レイは冷たそうに見えて細やかな愛情の持ち主だった。
だが、ビームス夫妻とレントンの間にはどこかぎこちなさがあった。
14歳になり、鬱屈とした日々を送っていたレントンに運命の転機がやってくる。そして、家を飛び出すレントン。

そこからレントンは様々な人との出会い、別れを経験する。
レントンが出会ったひとりは、ファシリティ・ガード隊長のホランド・ノヴァク。一時、ホランド率いるファシリティ・ガードに身を寄せていたレントンだが、ホランドとの相性は最悪。徹底的に悪かった。結局レントンはそこからもわずかな時間で飛び出してしまった。
彼が出会ったもうひとりは、少数宗教ヴォダラクの少女。死に瀕した彼女を救うため、レントンは、再会したビームス夫妻の心配をよそに奔走する。

人々との出会いと別れは、レントンに大事なことを気づかせる。
自分はなぜ、家出をしたのか。自分はなぜ今、この道を走っているのか。

***********************************

レントン:三瓶由布子
エウレカ:名塚佳織
デューイ:辻谷耕史
ホランド:森川智之 タルホ:根谷美智子
チャールズ:小杉十郎太 レイ:久川 綾/ アドロック:古谷 徹

総監督:京田知己 脚本:佐藤大 キャラクターデザイン:吉田健一
原作:BONES

監督:清水久敏
メインメカニックデザイン:河森正治 コンセプチャルデザイン:宮武一貴

デザインワークス:武半慎吾、齋藤将嗣、出渕裕、コヤマシゲト、柳瀬敬之、中田栄治

キャラクター作画監督:藤田しげる、倉島亜由美 特技監督:村木靖 メカニック作画監督:阿部慎吾

メインアニメーター:柿田英樹、金子秀一、大塚健、横屋健太、長野伸明、工藤糸織

美術監督:永井一男 美術監督補佐:本庄雄志 色彩設計:水田信子 編集:坂本久美子 撮影監督:木村俊也 音響監督:若林和弘


映画『あさひなぐ』SHIBUYA109、東京メトロほかコラボ続々


映画情報どっとこむ ralph いよいよ9月22日(金)から公開となる、映画『あさひなぐ』!

SHIBUYA109、東京メトロほか大型コラボが続々展開が決定しました!

若者ファッションの聖地であるSHIBUYA109×映画『あさひなぐ』とのスペシャル・コラボが9 月11 日(月)より、キャンペーンがスタート。

第1 弾となる『あさひなぐ』プレゼントキャンペーンはSHIBUYA109(渋谷)、SHIBUYA109ABENO(大阪)、SHIBUYA109KAGOSHIMA(鹿児島)、109MEN’S(渋谷)、109MEN’S 4 丁目プラザ(札幌)、109MEN’S 天神コア(福岡)で開催。

買い物をすると、映画『あさひなぐ』出演者サイン入り映画ポスターなど非売品グッズが計109 名に当たるキャンペーン。
SHIBUYA109 とMEN’S109 の壁面には大型の映画ビジュアル広告も登場します。

第2 弾が、SHIBUYA109(渋谷)・109MEN’S(渋谷)にて、9 月22 日(金)から26 日(火)に実施される“秋の学割キャンペーン”とビジュアル・コラボが決定!


主人公・東島旭(西野七瀬)の劇中カットとのコラボポスターが店内をジャック!
SHIBUYA109・8 階にあるファンションとエンタテインメントを融合したポップアップストア「DISP!!!」では、公開を記念したなぎなた衣裳、パネルの展示、フォトスポットなども登場します。

映画情報どっとこむ ralph さらに!

東京メトロとのスペシャルコラボレーションも11 日(月)よりスタート。
東京メトロの6つの駅(乃木坂、綾瀬<あ>、桜田門<さ>、日比谷<ひ>、永田町<な>、九段下<ぐ>)に掲出されている映画ポスターに、東京メトロアプリを使い、カメラをかざすと映画グッズが当たるキャンペーンが開始。
コラボキャンペーン告知ポスターが、東京メトロ全線・全車両の中吊りや窓上で紹介され、大型展開がスタートします。

映画情報どっとこむ ralph 映画は第60回小学館漫画賞を受賞した人気コミック「あさひなぐ」を実写映画化した作品。
公開に先駆け都内で行われた女子高生限定特別試写会では、鑑賞した女子高生達から「薙刀は初めて知ったけど格好よかった」
「薙刀やってみたくなった」「私も部活を頑張ろうと思った」「笑いもあるけど泣けた!」「仲間っていいなって改めて思った」という
絶賛コメントが続々と届いています。

映画『あさひなぐ

物語・・・
春、元美術部で運動音痴の主人公・東島旭は、二ツ坂高校へ入学する。旭は1つ先輩の宮路真春と出会い、その強さに憧れ”なぎなた部”入部を決意! 同級生の八十村将子、紺野さくら、2年生の野上えり、大倉史乃と共に部活動をスタートしたが、”練習は楽で運動神経がなくても大丈夫”―そんな誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの! やがて3年生にとって最後となるインターハイ予選を迎える。順調に勝ち進んだ二ツ坂だったが、決勝でダークホースの國陵高校に敗れてしまう。なかでも國陵の1年生エース・一堂寧々の強さは圧倒的だった。野上新部長のもと再スタートを切った二ツ坂は、山奥の尼寺で僧侶・寿慶(江口のりこ)の厳しいしごきによる、地獄の夏合宿を経て一回り大きく成長し、挑んだ秋の大会。

再びツ坂の前に宿敵國陵高校と一堂寧々が立ちふさがる。そこで、二ツ坂にとってまさかの出来事が―。真春は部活動に姿を見せなくなり、精神的支柱を失った二ツ坂はバラバラになってしまう。そのとき、旭は・・・・・・。物語はクライマックスへ向けて大きく動き出す―。

9月22日(金) 全国ロードショー

公式HP:
asahinagu-proj.com

***********************************

西野七瀬 桜井玲香 松村沙友理 白石麻衣 伊藤万理華 富田望生 生田絵梨花
中村倫也 森永悠希  角替和枝 江口のりこ
原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中) 

脚本・監督:英勉 
配給:東宝映像事業部
©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 
©2011 こざき亜衣/小学館