「映画情報」カテゴリーアーカイブ

吉高由里子が明かした純愛は・・・『ユリゴコロ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 沼田まほかるのベストセラー・ミステリーを完全映画化。

生まれながらに「人間の死」を“拠りどころ”とし、絶望的な喪失を抱えながら数奇な人生をたどる美紗子を吉高由里子が演じる『ユリゴコロ』。

9月23日(土・祝)いよいよ公開初日を迎え、吉高由里子、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、熊澤尚人監督が舞台挨拶を行いました。
そして、主題歌を担当したRihwaが生歌を披露しました!

『ユリゴコロ』初日舞台挨拶
日程:9月23日(土)
場所:新宿バルト9
登壇者:吉高由里子、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、熊澤尚人監督
生歌披露:Rihwa

映画情報どっとこむ ralph ドレッシーな衣装で、観客の中を舞台へ登場する吉高さんとキャストの皆さん。

吉高さん:無事初日を迎えられてホッとしています。自分が引きずられた作品です。。。が、観終わったんですよね?なんで、皆さん笑顔でキラキラなの?

と、自分を含めて、それだけ豪華なキャストが登壇していることを認識していないご様子の吉高さん。続けて
吉高さん:摩耗した作品なので、なるべく多くの方に観ていただきたいなと思います。二日間最後のシーンはずっと泣きっぱなしで、涙全部を絞り出してこめかみ痛くなっちゃいました。

女優は涙をこめかみで制御するらしい。

過去パートと現在パート別撮りで製作された本作が今日漸くつながって公開に。
松坂さん:過去パートを見た時に、俺も過去パートやりたかったなと思いました。静かな流れの中で動く空気感も肌で感じてみたかったなと。現代パートは動的ですからね。

熊沢監督:4年前から脚本を作り始めて、やっと皆さんに届けられることとなりました。心を揺さぶられたのではないかと思っています。吉高さんが矛盾と葛藤しながら生きていく・・・共鳴してくれた人は矛盾と葛藤されている方かと思います。一日引っ張られて下さい。

映画情報どっとこむ ralph 純愛が・・・つながっている映画。あなたにとっての純愛は?

熊沢監督:愛を感じないと俳優陣からも言われていたので・・・映画に対する感情は一途で純愛です。ユリゴコロに純愛してます。

清原さん:・・・具体的エピソードはないですが。今幸せだとしても辛い選択をしなくてはいけないのかなと。どうですか?

と、15歳の彼女にはちょっと難しい質問。

清野さん:純愛って・・・8年ぐらい愛しているアーティストがいて・・ジャスティンビーバーに貫いてますから純愛です!

佐津川さん:8年も好きでいられるなんて、羨ましい!純愛・・・今回、思ったのは幸せの儚さを感じていて・・一方通行だけでは立っていられないのが純愛かなと。

と、佐津川さんは映画にかけての大人対応。松坂さんは、家族の話題を引き合いに
松坂さん:僕のオヤジが母にプロポーズした時の言葉が「僕は結婚できなきゃ死ぬ!」って言ったんですって、最初はウワウワウワって。ドラマでも言ったことない!でもそれぐらいの想いが純愛かなと。

吉高さん:狂気的な純愛。愛は凶暴なんでね。しょうがない!

と、フォロー?そして、吉高さんの純愛は?ウィ~
吉高さん:純愛の結晶の後になんも言えないな・・・愛は勉強するもんじゃないで、経験ではぐくまれて行くものなので、みんなが持っている愛の感覚が純愛だと思います!でも・・ハイボールを必ず飲む。この愛は純愛です。シュワシュワって、この後おうち帰って是非!

スポンサーさん涙してるはず。

映画情報どっとこむ ralph ここで木村さんは吉高由里子ストーカーになったと話す動画。松坂さんからは手紙でコメント。

そして、主題歌を担当したRihwaが生歌を披露
Rihwa:初めての映画主題歌で緊張しながら作りました。今までは温かい愛の歌を創ってきましたが、今回は映画のテーマに併せて愛の持つ暗闇の部分を描けて、新しいステージに行けた曲になったと思います。

『ミチシルベ』を熱唱!

最後に・・・

吉高さん:映画化権を争奪戦で勝ち取って、監督はここ数年の想いが沢山詰められた映画になっているので、監督に締めていただきたいです!
監督:確かに僕の想いが詰まった作品ですが、吉高さんなくしては作れなかった作品です。吉高さんが血と涙を流しながらの熱演で出来上がりました。スタントなしで体当たりでやってくれました。吉高さんに拍手!

映画情報どっとこむ ralph ある一家で見つかる、殺人者の告白文が綴られた一冊のノート。そこに記された悲しき殺人者の記憶。一家の過去に、いったい何があったのか。吉高由里子演じる美紗子を中心に、過去と現在が交錯しながら登場人物たちは愛と宿命の渦に翻弄されていきます。“ノートに秘められた謎”と”いのちの拠りどころ”を追い求めた先に突きつけられる、驚愕の真実とは―。



映画『ユリゴコロ』
とある一家で見つかる「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。そのノートに綴られていたのは、悲しき殺人者の記憶。
これは事実か、創作話か。誰が、何のために書いたのか。そしてこの家族の過去に、いったい何があったのか。
数々の疑念の先に、運命をも狂わす驚愕の真実が突き付けられる。いま、壮絶な愛と宿命の物語が、静かに動き始める。

yurigokoro-movie.jp 
@yurigokoromovie

***********************************

吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ
佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 木村多江
原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫) 
音楽:安川午朗 主題歌:Rihwa『ミチシルベ』(TOY’S FACTORY)

監督・脚本:熊澤尚人  
企画・製作幹事:日活 
制作プロダクション:ジャンゴフィルム 
製作:「ユリゴコロ」製作委員会 
配給:東映/日活  
©沼田まほかる/双葉社 ©2017「ユリゴコロ」製作委員会


海外映画祭で喝采!凱旋『仁光の受難』公開初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 昨年の東京フィルメックスで日本初上映され、その強烈な個性で審査員を唸らせ、バンクーバー国際映画祭、釜山国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭などに続々出品、即、チケットが売り切れになった映画『仁光の受難』が、ついに日本に凱旋!

エロティックエンターテインメントコメディ時代劇。

9月23日(土)より角川シネマ新宿にて劇場公開となりました!!

手掛けたのは庭月野議啓(にわつきののりひろ)監督。
フリーの映像ディレクターとしてCM制作などを手掛ける傍ら、クラウドファンディングなども募りながら4年の歳月をかけて完成させ、本作にて「長編映画・劇場公開デビュー」を果たしました!!

そしてこの度、本作の初日舞台挨拶の実施が行われ、色欲に翻弄される仁光を文字通り体当たりで演じた辻岡正人さん。

仁光と対峙し、その運命を大きく狂わせる妖艶な妖怪・山女役の若林美保さん。

共に旅をする粗野で不敵な浪人・勘蔵を演じた岩橋ヒデタカさん。

修行中の仁光の前に現れる謎の女役の有元由妃乃さんの4名のキャストと

庭月野議啓監督が登壇。

日時:9月23日(土)
場所:角川シネマ新宿
登壇:辻岡正人、若林美保、岩橋ヒデタカ、有元由妃乃、庭月野議啓監督


映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手の中、登壇した

辻岡さん:ありがとうございます!めちゃくちゃ持てる仁光を演じました。

庭月野監督:これだけ残っているということは、面白かったと思っていいですか?(大拍手)


撮影から4年で公開
辻岡さん:監督も初の長編で右往左往してましたし、完成しても観ていただくこともかなり葛藤されてました・・・しかしながら、海外の多くの映画さに出品して評価をいただいて、本日を迎えることが出来ました。

若林さん:撮影は2日間ぐらいだったんですけど。公開を心待ちに監督のSNSをチェックしてました。

岩橋さん:撮影が寒い中で、キャストもスタッフも死にそうなぐらいハードなスケジュールでやってたので、形になってよかったです。

有元さん:過酷な現場でしたが、楽屋は和気藹々ですしたね。謎の女以外にも、町娘とかちょいちょいエキストラみたいに出てますので探してみて下さい。

監督:懇親会もやってたでしょ?

辻岡さん:スタッフピりついてたんで。こちらで演技のプランを練って

岩崎さん:そう1/10位ね。

と、暴露。

映画情報どっとこむ ralph こだわり点はVFXとアニメ。当初は素人だったそうですが、ほとんどを自分でこなしたそう。
監督:最後の部分は外注で、それ以外は一人で、お金をためながらやっているうちに 全部やっちゃった感じです。めきめきスキルついて。途中で鹿が出てきますが僕が造ったVFXです!(驚く会場)あれはやってやったなと。

監督自前のVFXも劇場でチェックして観て下さい!

一番苦労したのは?と言うMCの質問に

監督:お金

と、即答!映画作りはお金がかかります。

監督:それからロケが多くて大変でしたね、寒いのと、冬だったので日が落ちるのが早い。で、温かくなるインナーは意味があるのか?とスタッフ間でもめたり。
若林さん:女性陣はヌードが多いので、インナーは意味なかったです!

監督:せめてもの償いで、撮影後は毎回近くの温泉に連れて行きました。

映画情報どっとこむ ralph 印象に残ってるのは?

辻岡さん:寒い中で、滝行のシーン撮っていて、台風で水かさが増していて、視界はぼやけるし、体は震えるし、おかしいなと思ってたら、脳震盪で気を失ってました。

監督:こっちの指示が伝わらないから、おかしいなと。何もなくてよかったです。


辻岡さん:それから若林さんとの絡み。大変でした。濡れ場の経験がなく、いざとなると・・・・監督の言いなりに脱いで。
犯されるんですから。終わると、ポーっとします。
若林さん:はじめましてで、どんな方かもわからずに、あのシーンで。

岩崎さん:終わった後の辻岡さんの満面の笑みでが印象的でした!

と、またまた暴露されてしまいます。


海外では売り切れ続出の本作

監督:こう見えてソールド・アウト慣れしています。海外の反応は・・・良く笑う。何でも喜んでくれるんですよね。爆笑してる人と、真剣に見てる人とで、二分されてて面白かったです。作ってる時の僕の中に多面的にみられていいと思ってたので、良かったです。

最後に

監督:皆さんと共にこの日を迎えられて良かったです。初日は目指してたゴールであり、映画を拡げていくスタート地点です。なにとぞ応援お願いします。

と、舞台挨拶を締めました。

映画情報どっとこむ ralph 誰よりも実直なのに煩悩に翻弄される僧侶と、刀に魅入られ人斬りとなった侍、そして男の精気を吸い取る妖怪(あやかし)が邂逅する摩訶不思議な世界を、実写とアニメーションを融合させるなど、映像の現場で培った様々な技術を駆使して一遍の魅力的な妖怪譚として昇華させています。僧侶が煩悩と戦う衝撃作品にご注目ください!

主演は俳優だけでなく映画監督としても活躍する辻岡正人。
「人生でこんなにモテたことがない」という彼が色欲に翻弄される仁光を文字通り体当たりで演じた姿は、コミカルながらも奇妙な哀愁を漂わせ、観る者を魅了します。
さらに、劇中ラヴェルの「ボレロ」を演奏するのは、世界的に活躍する尺八奏者・神永大輔。
現世と魔境の狭間で揺れる仁光の心情を見事に表現し、本作をより魅力的に彩ります。

仁光の受難

9月23日(土)、角川シネマ新宿にて公開中!

***********************************

監督:庭月野議啓
キャスト:辻岡正人、若林美保、岩橋ヒデタカ、有元由妃乃 
尺八奏者:神永大輔
(C)TRICYCLE FILM
配給:ポニーキャニオン


大力拓哉&三浦崇志の代表作『ニコトコ島』 & 『石と歌とペタ』 遂に劇場公開!


映画情報どっとこむ ralph 10/14(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開される、知られ ざる奇才、大力拓哉と三浦崇志の共同監督による『ニコトコ島』と『石と歌とペタ』2作品の予告編、メインビジュアルが解禁です。

2007 年のデビュー作『タネ』からコンビを組み、以降旺盛に作品を発表し続けてきた大力拓哉と三浦崇志。

映画情報どっとこむ ralph イメージフォーラムフィルムフェスティバル2009で大賞を受賞し、第 62 回ロカルノ国際映画祭コンペティション部門に招待された『ニコトコ島』(08)は、細緻で大胆な構図によるモノクロームのビジュアルが印象的な作品。

監督ら自身が出演し、大阪弁の不 可思議なモノローグが続く中、、三人の男がフェリーに乗って謎の 島を旅するという物語である。この度は、解禁された予告編では、 登場人物たちが“山”とは何なのかを巡って一見、他愛の無い言 葉のやり取りをした後に「僕ら、もしかして何にも分かってない んちゃうん」というセリフが映画全体を貫く通奏低音のように聴 こえてくる。 続く『石と歌とペタ』は第 7 回ローマ国際映画祭で招待上映された作品。

映画情報どっとこむ ralph 『ニコトコ島』とは一転、軽快な音楽と、 ビビッドなカラー映像のセンスが光る。物語は「石」と「歌」、そして全く正体不明の「ペタ」と名乗る者たちが“ど こかへ向かう”ロードムービー。「石」「歌」「ペタ」と名乗ってはいるものの、やはり監督自身らがそのまま登場して いる。森に行き、草原を走り、まるで子供のように遊び続ける彼らはどこに向かっていくのか? 「死ぬときは死ぬも んなあ。もっと遊ばななあ」という劇中の言葉からも分かる通り、本作は彼らなりの青春映画なのかもしれない。 海外の高い評価にもかかわらず国内では映画祭以外ほとんど上映されてこなかった彼らの作品がついに一般公開と なる。世界でも類を見ないオリジナリティを発揮し続けている大力拓哉&三浦崇志の作品は、引き延ばされた無為の 時間に遊びながら、「ひとはなぜ生きるのか」「死とは何か」という根源的な問いを、いたって軽やかに問い続ける。

今回、解禁されたメインビジュアルを手がけたのは、80 代より「ガロ」「ヘヴン」「クイック・ ジャパン」「ユリイカ」など数多くの雑誌デザインの仕事も印象的な羽良多平吉氏。二人の作品をかねてより高く評価 してきた羽良多氏たっての希望で今回のコラボが実現。

映画情報どっとこむ ralph しりあがり寿先生、岡田利規先生からのコメントです

しりあがり寿(漫画家)
「デジタル」とか「パソコン」の時代に、すごく手作り感あふれる映像で、一つの画面の中にちっちゃーな事から、大き な事まで、くだらなーい事から、大切な深ーい事まで入っていて、それがユーモラスに語られて長い時間飽きさせな い。素晴らしいとおもいましたね。新鮮なスタイルの作品で、「オレもああいうの作ってみたい」と思う人がこれからどん どんでてきそうな、新しい可能性を感じました。(『ニコトコ島』へのコメントより)

岡田利規(演劇作家/小説家/チェルフィッチュ代表)
『ニコトコ島』も『石と歌とペタ』も、出てくる三人組は生半可なこどもみたい。もしくは、生半可な原始人。退屈さとたわ むれる、ということだけをしている。それだけをして生きているような、夢を造形した映画。わたしが彼らから目が離せ なかったのは、たぶん羨ましかったからなんだろう。 意味の無い、目的の無い、価値の無い、その自由。 彼らの生半可さは挑発的で、かつ魅惑的だ。


ぜひ映画公開を楽しみに!

『ニコトコ島』
Exif_JPEG_PICTURE

『石と歌とペタ』
シアターイメージフォーラムにて 10 月 14 日(土)より公開!以降全国順次

***********************************

『ニコトコ島』(2008/日本/47 分/モノクロ/4:3/DV) 大力・松田・三浦の3人は船に乗る。船に乗って、彼らは「どこか」へ向かう。とある 島に到着した3人は、どこへ向かうでもなく、おしゃべりしながら岩山や森を歩き続け る。誰か一人が死んでも、彼らは歩き続ける。 ◆監督・脚本:大力拓哉、三浦崇志◆出演:松田圭輔、大力拓哉、三浦崇志◆音楽:松 田圭輔、大力拓哉

『石と歌とペタ』(2012/日本・フランス/60 分/カラー/4:3/DV) 石と歌とペタの3人は、出会い、一緒に旅をする。目的地があるから迷う、ということ に気付いた3人は、目的を「いろんなところへ行く」に変更する。 話したり、遊んだり、歌ったり、夢を見たりしながら、3人の現実と非現実の狭間の 旅は、終わることを知らない… ◆出演:松田圭輔、大力拓哉、三浦崇志、中尾広道◆音楽:松田圭輔、松永康平、ラ シャード・ベッカー、大力拓哉◆サウンドエディット:大力拓哉◆タイトルデザイン: 橋本新◆協力:中尾広道、岡本珠希◆プロデューサー:岡本珠希(CaRTe bLaNChe)、 Dairiki&Miura◆監督・脚本:大力拓哉、三浦崇志