「実写」カテゴリーアーカイブ

阪本順治監督キューバでの撮影を語った!『エルネスト』日本記者クラブ会見試写


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)に公開されます。

そして、この度、日本記者クラブ試写を実施、上映前に阪本順治監督が登壇しました!


『エルネスト』日本記者クラブ 会見および試写会
日時:8月23日(水)
場所:公益社団法人 日本プレスセンター
登壇:阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 日本記者クラブで大きな拍手で迎えられた阪本順治監督。


冒頭に阪本監督は、日本記者クラブでの試写会ということで、普段あまり話すことのない阪本監督の大学時代から、映画監督になるまでのエピソードを語り

阪本監督:学生時代に新聞会というクラブ活動をしていました。そのため、自然とゲバラに興味を持っていたんです。

と話し、

阪本監督:2013年、ある映画の脚本を書くため、日系移民の方を調べていたら、ボリビア日系移民のフレディ前村を知り、とても興味を持ちました。

と、本作のきっかけを披露。

映画情報どっとこむ ralph また、製作において最も重要だったのはキャスティングだったそうで・・・

阪本監督は、映画において、キューバ人の役者が“チェ・ゲバラ“を演じたことは今まで一度もないという裏話を披露。

さらに

阪本監督:フィデル・カストロも映画に登場しますが、当時はまだ生きていたため、その役者を見つける作業も難航しました。しかし、キューバのスタッフから、”結局その俳優が持っているアイデンティティや精神性などが大事であって、再現ドラマではないのでそっくりな人を求めるな”、という助言もあり、無事キャスティングに漕ぎ着けることができました。

と実在の人物を描く大変さも吐露。


自身も会ったことのない、ゲバラやカストロについて、キューバでの撮影の中で

阪本監督:『ゲバラはそうじゃない』と指示していたのがとても不思議な感覚だった。暑さでキューバのスタッフと体格差のある日本人スタッフは体調管理が上手くいかない面もあったし、キューバの人々のユーモアのあるラテン気質に随分助けられましたね。

とキューバのスタッフとの良好な関係性が築かれていったことが披露されました。


映画の見どころについて、

阪本監督:キューバ(の話)に行く前に、1959年広島のシーンがある。ゲバラが日本を使節団として、外務省から認められてない広島行きを強行したシーンも綿密に取材を重ね再現していますので

と最後に語り、予定していた質疑応答の時間がなくなるほど、本作に対する熱い思いを話され、集まった記者たちにとって、有意義な時間となりました。

映画情報どっとこむ ralph チェ・ゲバラ没後50年

映画『エルネスト

は、10月6日(金)より全国ロードショー。




物語・・・

50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー

***********************************

脚本・監督:阪本順治

出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス

配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.


空前絶後!染谷将太 x ホアン・シュアン『空海-KU-KAI-』映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 東宝×KADOKAWAの初の共同配給作品にして、日中共同製作映画としては史上最大の本格ビッグプロジェクトとなる 映画『空海―KU-KAI―』が、来年2018年2月に待望の公開となります。

監督は、カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞をはじめ、数々の受賞を果たし、世界にその名を轟かせる巨匠チェン・カイコー。原作は、「陰陽師」「神々の山嶺」など多数の著作が映像化されているベストセラー作家夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴(うたげ)す」(角川文庫/徳間文庫)。
玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋から30年後。中国・唐の時代、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海が、詩人・白楽天(はくらくてん)と共に、首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る、一大スペクタクル超大作です。

映画情報どっとこむ ralph 本作のタイトルロールにもなる、主人公・空海を演じるのは、染谷将太。
海外映画作品初挑戦ながら、唐に渡った若き天才・空海を瑞々しく、そして堂々たる演技で見事務めます。

空海の相棒となる唐代の詩人・白楽天には、中国で好感度俳優第一位にも選ばれた、若手実力派人気俳優ホアン・シュアン。そして本作の最重要人物・楊貴妃には台湾出身のチャン・ロン・ロン。傾国の美女とも呼ばれた中国唐代の皇妃・楊貴妃を芯の通った美しさで演じます。さらに、空海と白楽天が追う奇怪な事件のカギを握る人物・安倍仲麻呂には阿部寛。

その他、松坂慶子や火野正平など、若手からベテランまで、豪華アジア俳優の競演があります!

映画情報どっとこむ ralph 今回初解禁された映像は、約6年の歳月をかけて東京ドーム約8個分(367,000ヘクタール)の土地に再現された「長安の都」の圧倒的スケール、さらには、絢爛豪華な衣装を身にまとう日中豪華スターたちの胸躍る映像、そして染谷将太演じる空海たちが挑む、歴史を揺るがす大冒険の始まりを予感させる、圧倒的映像美が迫ってきます。

今回の特報にも収められた貴重なメイキング映像には、まるで唐の時代にタイムスリップしたかのような大迫力のセットと、常時350名を超えるスタッフで行われたという壮大な撮影風景も垣間見ることができます。

1月のクランクアップから約1年のポスプロを経て、本編は年末完成予定。映画『空海』に是非ご期待ください!

※今回解禁の特報①は、8月26日(土)より、劇場で流れます。
※日本200スクリーン以上で公開された日中共同製作映画は、監督:チャン・イーモウ・降旗康男×主演:高倉健の 『単騎、千里を走る。』(2006年1月28日 日本公開/東宝配給)以来、約12年ぶり。

空海-KU-KAI-」 

2018年2月 全国ロードショー!
公式サイト:
http://ku-kai-movie.jp/

***********************************

監督:陳 凱歌(チェン・カイコー)  
原作:夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(角川文庫/徳間文庫)
出演:染谷将太 ホアン・シュアン チャン・ロン・ロン 火野正平 松坂慶子 阿部寛
配給:東宝・KADOKAWA     
©2017 New Classic Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures Shengkai Film


監督には仲間がついてくる!大東駿介・貫地谷しほり『望郷』完成披露舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph 「告白」「白ゆき姫殺人事件」「リバース」のミステリー作家・湊かなえのベストセラー『望郷』が、貫地谷しほり、大東駿介、木村多江、緒形直人、森岡龍、浜野謙太ら豪華キャストを迎え映画化!2017年9月16日(土)より新宿武蔵野館にて公開となります。

そして、本日公開に先立ちダブル主演を務めた貫地谷しほりさんと大東駿介さん、そして菊地健雄監督による完成披露上映会が行われました。

『望郷』舞台挨拶付き完成披露上映会
日程:8月22日(火)
場所:新宿武蔵野館
登壇:貫地谷しほり 大東駿介 菊地健雄監督

映画情報どっとこむ ralph 早い段階で満員となった会場に3名が登場すると、温かい拍手が。

貫地谷さん:本日は誠にありがとうございます。私にとってとても大切な作品になりました。ドキドキしています。

大東さん:望郷と言うことで、自分の過去や郷里だったりと向き合わざるを得ない作品で、皆さんもそういう気持ちになていただけるのでは?と思っています。

菊地監督:貫地谷さんと大東君とこうして舞台に立てたのが監督として光栄で、嬉しく思っています。

との挨拶からイベントはスタート。
この作品のオファーが来た時のことを

貫地谷さん:脚本が面白くて凄くやりたくて・・でも、なぜ私?と言うのはありましたね。

菊地監督:原作が湊さんの故郷の因島をモデルにしているので、島の中で育った二人の成長譚にしたくて、過去作を観て貫地谷さんと大東さんならと確信してオファーしました。

と、オファー理由を述べる監督。

大東さん:湊さんの作品は二回目ですが、白雪姫の時は撮影10分で台本もらってないですから。アドリブだけ。今回は台本もらって・・嬉しかったです。

菊地監督:主演だからね。台本渡さないのはチャレンジ過ぎるよ。

と、意外と大東さん発言が面白い。

映画情報どっとこむ ralph 実際の撮影に関して

菊地監督:因島に泊りで近い距離間で、其々の役柄を繊細な部分で作り上げられたので、チームの一員になってもらえたのが良かったです。

一方、監督の印象を聞かれるとべた褒め

貫地谷さん:ピアスが印象的でお洒落な監督で。衣装合わせも二回。演出も本当に細かいところまで見ていただけていたので、妥協無く演じさせてくれる安心感があって、監督とご一緒できて嬉しかったですね。委ねましたね。

大東さん:演出面でもスタッフさんや僕ら俳優部がより良くしていくための演出を理解して撮影していて、それは監督の力だなと。仲間がついてくる監督なんです。

褒められて、にやにやが止まらない監督。

本作は、役者の表情、目の動き、そして光やアングル、その他の演出にまで繊細に作りこまれた作品と評判。スタッフも相当気合が入っていたのではと思われる映像になっています。

映画情報どっとこむ ralph 撮影時の苦労を聞かれると

菊地監督:二人は現場はピリッとしていて、気の抜けない時間が続いて、重さを感じながらの演技は大変だったと思いますね。
大東さん:貫地谷さんは苦しそうでしたね・・・。
貫地谷さん:そう!凄く苦しかったんです!でも大東さんはなんか因島を謳歌していて。
菊地監督:地元の方となじんでたよね。

と正反対な過ごし方をしたそう。


話は共演の木村多江さんに関して

貫地谷さん:薄幸なイメージですよね。でもとっても明るくてパワフルな方なんですよ!強い先輩だなと学ぶことが多かったです。支えてもらいました。

と語る貫地谷さん。一方、緒方直人さんは大東さんの幼少期のお父さん。出番がないシーンも自発的にお父さんがどういう人だったのか、感じるために見学していたと監督が話すと、

大東さん:緒方さんは言葉に対する責任感を感じて。居るということ。立ち振る舞いが凄いんですよ。本当に勉強させていただきました。

と、役作りに余念がなかった、ご様子。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

貫地谷さん:誰もが感じたことのある窮屈さが映っています。でも、そこから一歩踏み出す勇気になる映画になっていると思います。大事な方と是非。

大東さん:自分の31年間に向き合うことになった映画です。皆さんの、そういう切っ掛けになったらいいなと思ってます。大好きな映画になりました。

菊地監督:観て感じていただければと思っています。そして、観た後に少しでも故郷に思いを馳せていただければと思います。


望郷



物語・・・
古いしきたりを重んじる家庭に育った夢都子(貫地谷しほり)は、故郷に縛られ生活をしていた。彼女は幼いころから本土にある“ドリームランド”が自由の象徴であったが、それは祖母や母(木村多江)の間で決して叶わない“自由”であった。月日は流れ結婚をし、幸せな家庭を築く中、ドリームランドが今年で閉園になる話を耳にする。憧れの場所がなくなる前に、彼女がずっと思い続けてきた事を語り始める―。一方、本土から転任の為9年ぶりに故郷に戻った航(大東駿介)のもとには、ある日、父(緒形直人)の教え子と名乗る畑野が訪問してくる。彼は、航が知らなかった父の姿を語り出し、本当の父親を誤解していた事を知る事となるが―。ある島で起こる、ふたつの親子の過去と未来をつなぐ感動の物語。

公式サイト:
bokyo.jp 
公式Facebook:
@bokyomovie/ 
公式Twitter:
@bokyo_movie

***********************************

出演:貫地谷しほり 大東駿介 ・ 木村多江 緒形直人 他
原作:湊かなえ「夢の国」「光の航路」(『望郷』文春文庫 所収)
監督:菊地健雄 脚本:杉原憲明
制作・配給:エイベックス・デジタル
2017 / JAPAN / 112min / COLOR / 1:1.85 / 5.1ch / ©2017 avex digital Inc.