「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」カテゴリーアーカイブ

「SKIP シティ国際Dシネマ映画祭2017」記者発表!


映画情報どっとこむ ralph 世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスし、次代を担う若手映像 クリエイターの登竜門として 2004 年にスタートした「SKIP シティ国際Dシネマ映画祭」そして来る7月15日(土)~23日(日)の9日間、本映画祭 は14回目の開催を迎えます。

本日記者発表を行い、オープニング作品、長編・短編・アニメーション部門のコンペティション3部門ノミネート作品、特集上映企画をはじめとする全上映ライン ナップを発表しました。

メインとなるコンペティション3部門には85の国・地域から810本がエントリー! 長編部門(国際コンペティション)では、初ノミネート3か国を含む厳選12本を上映!

映画祭がプロデュースするオープニング作品は、堀江貴大監督『ANIMAを撃て!』をワールド・プレミア!

映画情報どっとこむ ralph そしてこの映画祭からは、これまで、カンヌ国際映画祭で3冠に輝いたトルコの巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督を日本でいち早く紹介し、日本 人監督においても、白石和彌監督(『日本で一番悪い奴ら』)、中野量太監 督(『湯を沸かすほどの熱い愛』)をはじめ多数の若手監督が本映画祭をきっかけに羽ばたいていきました。

7/22(土)の『ロストパラダイス・イン・トーキョー』上映後には白石和彌監督、中野量太監督、坂下雄一郎監督の3名によるトークイベントも開催します!

映画情報どっとこむ ralph またVR(バーチャルリアリティ)元年と呼ばれた2016年。今年に入り、日本でもVRコンテンツが新たな映像技術とし て注目が高まっていることを受け、日本国内の映画祭としては初の規模となる、国内外から集めた VR 作品 6 本 を実際に体験できる特別企画を開催します!映画祭会期中の3日間(7/16~7/18)にわたり、日本初公開の作 品を含む全6作品を無料で鑑賞いただけます!

映画情報どっとこむ ralph <SKIP シティ国際 D シネマ映画祭 2017 (第 14 回)開催概要>
■会期:2017 年 7 月 15 日(土)~23 日(日)
■会場:SKIP シティ 映像ホール、多目的ホールほか(川口市上青木 3-12-63) 彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市上峰 3-15-1) [7/16、7/17 のみ] こうのすシネマ(鴻巣市本町 1-2-1 エルミこうのすアネックス 3F) [7/16、7/17 のみ]
■主催:埼玉県、川口市、SKIP シティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
公式サイト:www.skipcity-dcf.jp
***********************************

   


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 コンペ3部門作品募集開始!!


映画情報どっとこむ ralph 埼玉県川口市で行われるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭は、2017年7月15日(土)~7月23日(日)に14回目となる開催が決定しました!
そして!本日2017年1月5日(木)から3月1日(水)までの期間、本映画祭のメイン部門であるコンペティション3部門の作品を募集が開始となりました!!

コンペティション3部門作品募集開始!!
募集期間:2017年1月5日(木)~2017年3月1日(水) 必着
募集部門:長編部門、短編部門、アニメーション部門
※応募規約、エントリーフォームなど詳細は映画祭公式サイトで。

映画情報どっとこむ ralph 過去本映画祭からは、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督(『うつろいの季節(とき)』)、白石和彌監督(『ロストパラダイス・イン・トーキョー』)、アンドレアス・エーマン監督(『シンプル・シモン』)をはじめ多くの若手監督が羽ばたいていきました。

そして!宮沢りえ・杉咲花の熱演が話題の『湯を沸かすほどの熱い愛』で商業映画デビューを果たした中野量太監督も2012年に『チチを撮りに』で日本人初の長編部門・監督賞を本映画祭で受賞しています!

また、2017年には、熊谷まどか監督の『話す犬を、放す』が3月11日、坂下雄一郎監督の『東京ウィンドオーケストラ』が1月21日からと立て続けに劇場公開と、映画祭出身監督が目覚ましい活躍を見せています。


映画情報どっとこむ ralph 次はあなたの番かもです!是非!

<コンペティション3部門(長編・短編・アニメーション部門)作品募集概要>

■長編部門 (国際コンペティション)
デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、長編映画制作本数が4本以下の監督による70分以上の作品を広く世界中から公募します。主催者賞のほか、国内作品を対象に今後の活躍が期待される監督に対し、SKIPシティでの次回企画制作を支援する「SKIPシティアワード」が贈られます。

■短編部門 (国内コンペティション)
日本の若手映像クリエイターを発掘し、世界に活躍の場を広げるための支援を目指して、国内作品に限定した部門です。
デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、15分以上30分以下の作品を公募します。
主催者賞のほか、最優秀作品賞には副賞として次回の企画制作を支援する「SKIPシティアワード」が贈られます。

■アニメーション部門 (国内コンペティション)
日本のアニメーション作家の発掘と支援を目的に、国内作品に限定した部門です。
デジタルで撮影・制作され、かつデジタルでの上映が可能な、30分以下のアニメーション作品を公募します。
主催者賞のほか、最優秀作品賞には副賞として次回の企画制作を支援する「SKIPシティアワード」が贈られます。

※ノミネート結果、賞構成、審査員は後日記者発表および公式サイトにて発表だそうです!

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017g
開催会期:2017年7月15日(土)~7月23日(日)

***********************************



熊田曜子ウェスタンでヒット祈願ダーツ!映画『ジェーン』


映画情報どっとこむ ralph アカデミー賞®女優ナタリー・ポートマンが主演・製作をつとめ、ユアン・マクレガーを敵役に据え、迫り来る敵を前に過ぎ去った愛に追憶を馳せる本格ロマン・スペクタクル映画『ジェーン』がいよいよ10月22日(土)より公開します。

この度、ナタリーと同世代で同じく母親であるタレントの熊田曜子さんが西部劇のトレードマークであるウェスタンルックで、2児の母とは思えぬセクシー美ボディを披露!
1019%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3-%e3%82%ad%e3%83%a11%e3%80%90370%e3%80%91 また自身の子育てや9月に第2子妊娠が明らかになったナタリーについて熱く語り、最後には本作の大ヒットを占う射撃に挑戦しました!

開催日:10月19日(水) 
登壇ゲスト:熊田曜子(34)
会場: ポニーキャニオン

映画情報どっとこむ ralph 今日の日のために、西部劇である本作に合わせてウェスタンをイメージした衣装をチョイス。

熊田さん:今日はいつものスタイルにウエスタンハットを合わせてみました!」

と照れた様子。映画『ジェーン』については

熊田さん:序盤からドキドキしっぱなしで、気づけば前のめりなってしまうほど夢中になりました。普段は西部劇って手に取ることがなかったんですけど、女性が主人公の西部劇は珍しいということと、一番好きな映画『レオン』のナタリー・ポートマンが主演というところが気になりましたね。

と本作に惹かれたポイントについて明かしました。
1019%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3-%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e3%80%90215%e3%80%91
主人公のジェーンと同じく自身も2児の母。

熊田さん:最初のシーンから自分の日常を見ているかのようなところがあったので感情移入することができました。切ないシーンもたくさんあって、大号泣してしまいました。

と、自身に重ね合わせて映画を堪能したことを語り、

きっと独身の時にみていたら、主人公に対する感情移入しても、自分の命のために逃げることを選択したと思う。でも母になった今、子供やパートナーの恋人を守るところはとても理解できますね。

と母親だからこそ作品に共感できたことを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph そして、本作ではナタリー・ポートマン演じる主人公のジェーンが愛する家族を守るために、銃を手に立ち上がる姿が描かれているということで、熊田さんにも銃を手に取っていただき、大ヒットを占う射撃に挑戦!意気込みと問われると

熊田さん:おもちゃのピストルは子供たちとお祭りで参加した射的以来です。そのときはちゃんと景品をゲットしたので、今回も大丈夫だと思います!

と強気の様子!放ったダーツは一発で的に命中!しかも結果は”大ヒット”!
1019%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%b3-%e5%b0%84%e6%92%831%e3%80%90276%e3%80%91

最後に、見事本作の”大ヒット”を占うことが出来た熊田さんに「母親の深い愛情が主演のナタリー・ポートマンによって力強く描かれています。最後は絶対観て後悔のない結末となっています!ぜひ見てください!!!」と映画の見どころを語っていただき、和やかな雰囲気に包まれたイベントは幕を閉じました!
映画情報どっとこむ ralph ジェーン_ポスター物語・・・
オスカー女優ナタリー・ポートマンが儚くも強く生きる女性を描きだす、本格ロマン・スペクタクル!
西部の荒野で夫と娘と静かに暮らしていたジェーン(ナタリー・ポートマン)だがある日、銃弾を受けた夫ハム(ノア・エメリッヒ)が瀕死の状態で家に戻ってきた。傷を負わせた男は悪名高きビショップ一家の首領ジョン・ビショップ(ユアン・マクレガー)。ビショップの恐ろしさを知るジェーンは、夫と娘を守るため、わらにもすがる想いで南北戦争の英雄でかつての恋人ダン(ジョエル・エドガートン)に助けを求める。眼前に迫り来る敵を前に徐々に語られる空白の時間。そして明かされる真実の愛——。今、守るべき愛のために彼女は銃を取る。



***********************************

ナタリー・ポートマン(『レオン』『スター・ウォーズ エピソード1,2,3』『ブラック・スワン』アカデミー賞®主演女優賞受賞)
ユアン・マクレガー(『トレインスポッティング』『スター・ウォーズ エピソード1、2、3』『チャーリー・モルデガイ』)
ジョエル・エドガートン(『スター・ウォーズ エピソード2、3』『ウォーリアー』『華麗なるギャツビー』『ブラック・スキャンダル』)
ノア・エメリッヒ(『トゥルーマン・ショー』)
ロドリゴ・サントロ(『300』シリーズ、『ラストスタンド』)

監督:ギャヴィン・オコナー(「ミラクル」「プライド&グローリー」「ウォーリアー」) 脚本:ブライアン・ダッフィールド、アンソニー・タンバキス、ジョエル・エドガートン 
制作:ナタリー・ポートマンほか 音楽:マルチェロ・デ・フランシス、リサ・ジェラルド(『グラディエーター』 でゴールデン・グローブ賞音楽賞受賞)
撮影:マンディー・ウォーカー「オーストラリア」