「R-18指定」カテゴリーアーカイブ

大人の「飛鳥凛」解禁!写真集&主演映画『ホワイトリリー』!


映画情報どっとこむ ralph デビュー10周年を迎える女優・飛鳥凛。本日2月6日に、デビュー10周年を記念して制作された自身初の写真集「凛」が発売となり、今週末の2月11日に、主演映画『ホワイトリリー』が公開となります。
ホワイトリリー』は、ロマンポルノの誕生45周年を記念した再起動プロジェクトの1つで、『リング』などホラー映画の名匠・中田秀夫監督がメガホンを撮った作品。

本作は、昨年の第22回釜山国際映画祭でワールドプレミア上映され、3月31日からはスイスのフリブール国際映画祭での上映も決まっているほか、香港をはじめとする海外での公開も決定しています。

今週末いよいよ日本での公開となり、飛鳥凛がロマンポルノ初主演にして、初めて濡れ場に挑み、初めての自慰シーン、初めての女性とのラブシーンという初体験づくしの作品に期待と注目が集まっています。

中田監督:背もすらっと高く、また「美しく強い」瞳を持っている女優さんだと思いました。そしてその瞳には「必ずこの主役 を射止めてみせる!」という固い意志が宿っていました。他の100名近いオーディションにいらした女優さんたちも同じ思いだったと思いますが、やはり、男女双方の視点から見て「惹きつけられる美しさ」を持ってらっしゃる。

と絶賛。

映画情報どっとこむ ralph
本日発売された写真集「凛」は、

映画『ホワイトリリー』の”アフター&サイドストーリー”をイメージして制作。映画の余白を埋める作品となっています。

雨の温泉街、旅館の浴場、古びたバーや、人目につかない入江や砂丘など、昭和ロマンポルノの世界観を漂わせながらも、そこに佇む飛鳥凛が現代的な頭身の美しい肢体をさらすことによって、詩的でエロティックな情感溢れる写真集に仕上り。

中田監督:思わず嫉妬を覚えた。私の知らぬ、大人の飛鳥凛。

とコメントを寄せています。

映画情報どっとこむ ralph 様々なイベントも行われますので、是非会いに行かれてみては!

<写真集「凛」発売記念!飛鳥凛サイン会イベント> 
日程:2月12日(日)
13時半~15時予定
場所:福家書店新宿サブナード店
(東京都新宿区歌舞伎町1 サブナード1号)


飛鳥凛の主演映画『ホワイトリリー』 2月11日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

<東京・初日舞台挨拶>
飛鳥凛さん、山口香緖里さん、町井祥真さん、中田秀夫監督 登壇!
日程:2月11日(土) 1回目15:00回(上映後)/ 2回目17:10回(上映前)
場所:新宿武蔵野館(新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3F) 

<横浜・初日舞台挨拶>
飛鳥凛さん、山口香緖里さん、中田秀夫監督 登壇!
日時:2月11日(土) 13:30回(上映前) 
場所:横浜シネマ・ジャック&ベティ(横浜市中区若葉町3-51)

<公開記念!Q&A付き舞台挨拶イベント>
飛鳥凛さん、町井祥真さん、中田秀夫監督 登壇!
日時:2月12日(日) 14:50回(上映後) 
場所:新宿武蔵野館(新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3F) 

僕も土曜日は取材に行く予定ですレポートしますので、ご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph ホワイトリリー』  

傷ついた過去を慰めあうように寄り添い生きてきた二人の女・はるかと登紀子。
彼女たちの秘密に踏み込んできた男・悟によって、それぞれの愛が暴走をはじめるー。

本作で主演をつとめ主人公・はるかを演じるのは、初のヌード写真集「凛」(講談社)が、2月6日に発売され注目されている美貌の女優・飛鳥凛。テレビドラマ「仮面ライダーW」の人気アイドル園咲若菜役として出演するなど、ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍している。


もう一人の主人公・登紀子を演じるのは、大人の色香漂う女優・山口香緖里。「大奥」(CX)シリーズでは、吉野役としてレギュラー出演し、現在も多くの作品に出演する。女同士による究極の純愛を体現するため、飛鳥凛はこの作品で初めてヌードを披露。

山口香緖里と共に、体当たりで役に挑み、濃厚なラブシーンに挑戦している。このほか、はるかと登紀子の二人の秘密の関係に踏み込んでいく男・悟を、テレビドラマ「仮面ライダーエグゼイド」にレギュラー出演し注目される気鋭の俳優・町井祥真が演じている。ロマンポルノの名匠・小沼勝監督の元で助監督として学んだ中田秀夫監督が、28年越しの念願が叶い、初のロマンポルノ作品でレズビアンの世界に挑み、女同士の究極の純愛を描く。

2月11日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

映画情報どっとこむ ralph 日活ロマンポルノリブートプロジェクト

今年2016年で製作開始から45周年を迎え、園子温監督のほか、塩田明彦監督、白石和彌監督、中田秀夫監督、行定勲監督ら第一線で活躍する監督陣が、完全オリジナルの新作を28年ぶりに撮りおろすことでも注目されています。


2016/11/26公開:
行定勲監督『ジムノペディに乱れる』
板尾創路、芦那すみれ、岡村いずみ

2016/12/17公開:
塩田明彦監督『風に濡れた女』
間宮夕貴、永岡佑

2017/1/14公開:
白石和彌監督『牝猫たち』
井端珠里 真上さつき 美知枝

2017/1/28公開:
園子温監督『アンチポルノ』
冨手麻妙、筒井真理子

2017/2/11公開:
中田秀夫監督『ホワイトリリー』
飛鳥凛、山口香緒里

未来記事:
飛鳥凛・山口香緒里・町井祥真・中田秀夫監督登壇『ホワイトリリー』初日舞台挨拶
http://eigajoho.com/?p=63191


過去記事:
日活ロマンポルノリブート直前!白川和子と風祭ゆき そして芦那すみれ、間宮夕貴、井端珠里、冨手麻妙、飛鳥凛ら新鋭女優集結!
http://eigajoho.com/?p=56237



***********************************

監督:中田秀夫
脚本:加藤淳也,三宅隆太
出演:飛鳥凛 山口香緖里
町井祥真 西川カナコ 三上市朗 鎌倉太郎

2016/日本/80 分/5.1ch/ビスタ/カラー/デジタル/R18+
ⓒ2016 日活
    


3D“リアルラヴ” LOVE【3D】濃密ポスター解禁!


カンヌを熱狂の渦に巻き込んだ鬼才ギャスパー・ノエ(『カルネ』『アレックス』『エンター・ザ・ボイド』)が描く映画史上最もセンチメンタルな【愛】のエモーション!
revised-LOVE_0114
LOVE【3D】

日本初!3D“リアルラヴ”フィルム公開決定!ポスタービジュアル解禁!

彼女は愛のすべてを僕に与え、消えない傷を残した—

2人の女と1人の男のからみつく舌に唾液が糸をひく挑発的なビジュアル。


本作は、青年マーフィーがかつての恋人エレクトラとの2年にわたる蜜月を振り返るスタイルを取りながら、愛しあう若いカップルの情熱を、肉体的に精神的に完全に再現する映画。

愛と性を分けて考えるのではなく、すべてを包容する【LOVE】を3Dで描いた究極の物語。2015年のカンヌ映画祭で上映された際には、ミッドナイト上映でありながらプレスや一般客が殺到した話題作。大胆な性描写とともに、愛の悦び、切なさ、残酷さの全てを描ききる。
私のこれまでの映画とは違う。この映画は感情の激しい力、愛のエクスタシー以外の何物でもない。
監督のギャスパー・ノエは「私のこれまでの映画とは違う、私のすべての映画の中で、その存在をもっとも近く感じられる、そして最もメランコリックな映画だ」と、今までの自身のフィルモグラフィーにおいても異色作であることを語っている。

2010年『エンター・ザ・ボイド』公開前のインタビューで、次回作の構想に「3Dポルノをやるかも」と答えていたが、3Dを使ったことで、登場人物と観客の距離はより縮まり、スクリーンで展開される彼らのエモーションがよりリアルに迫ってくる。そして、映画史上、予想もしなかったものが飛び出してくる———。


2016年4月1日(金)、新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーされる。

********************************************************************

【第68回カンヌ国際映画祭正式出品作品】
2015年フランス・ベルギー合作/英語/スコープ/135分/R18 
監督・脚本・編集・製作:ギャスパー・ノエ 
撮影:ブノア・デビエ 
音楽:ケン・ヤスモト 
VFX:ロドルフ・シャブリエ、マック・ガフ・リーニュ社
出演:
マーフィー:カール・グルスマン 
エレクトラ:アオミ・ムヨック 
オミ:クララ・クリスティン
配給:コムストック・グループ 
配給協力:クロックワークス

© 2015 LES CINEMAS DE LA ZONE . RECTANGLE PRODUCTIONS . WILD BUNCH . RT FEATURES . SCOPE PICTURES .


『愛の渦』初日舞台挨拶 ロング


人間の性欲に真っ向から挑んだ
2006年第50回岸田國士戯曲賞受賞作、衝撃の映画化!

映画『愛の渦』

池松壮亮、門脇麦、新井浩文ら主要キャストと監督登壇されました!!

乱交パーティでの一晩という過激な設定!
着衣時間は本編中18分半。
日本映画史上もっともハダカなドラマでありながら、性欲に振りまわされる人間の滑稽さ、切なさ、人間の本質を見事に描き出した映画『愛の渦』。

その骨格は非常に映画的で、男女ともに楽しめる作品として話題です。

『愛の渦』初日舞台挨拶イベントレポート


日時: 3月1日(土)
登壇者:池松壮亮/門脇麦/新井浩文/三津谷葉子/中村映里子/駒木根隆介/赤澤ムック(旧芸名:赤澤セリ)/柄本時生/信江勇/三浦大輔監督
会場:テアトル新宿(新宿区新宿)

公開初日をむかえたテアトル新宿ではあいにく、小雨がふりしきるなか公開を待ちわびた観客の方々が詰めかけ立見席も売り切れる熱狂ぶり。テアトル新宿では舞台挨拶を行わない回も全回満席となったんですって!

『愛に渦』初日舞台挨拶
上映後の評判も非常に高く、これからの口コミさらなるヒットも見込める絶好のスタートを切る形となりました。

池松壮亮さん:ニート役の池松壮亮です。今日はたくさんの方に来ていただき、立ち見の方もいるようで本当にありがとうございます。たくさん笑って帰って下さい。

門脇麦さん:女子大生役の門脇麦です。一年半くらい前にオーディションを受けてそこから私の中で『愛の渦』ははじまっていたんだなと思いました。たくさんの方に来ていただき初日を迎えられて嬉しいです。ありがとうございます。

新井浩文さん:フリーターを演じました新井浩文です。
ファンタジーな感じの映画の初日には呼ばれず、下衆っぽい『愛の渦』に呼ばれました(笑)。座っている男の人は立ち見にならないように気を付けてください。

三津谷葉子さん:OLを演じました三津谷葉子です。
女性の方もたくさん来ていただいていてうれしいです!よろしくお願いします。

中村映里子さん:保育士役の中村映里子です。
たくさんの方に観に来ていただき本当にありがとうございます。
人間のイタイところとかかゆいところとかおかしなところがチャーミングにあらわされている映画なので、笑いながら観てください。

駒木根隆介さん:童貞の、いや童貞役の駒木根隆介です。本日はどうもありがとうおございます。劇場で観ると近くの見知らぬ人と不思議な時間を共有できると思うのでよろしくお願いします。

赤澤ムックさん:常連役の赤澤ムックです。大勢の皆さんの前で初日を迎えられて嬉しいです。楽しんでいってください。

柄本時生さん:カップルの男役、柄本時生です。映画はたくさんの方に観ていただけるとうれしいので、ご覧いただいて良かったら宣伝してください。よろしくお願いします

信江勇さん:カップルの女役、信江勇です。
私が出てくるところは笑えるところだなってわかってもらえると思うので、ゲラゲラ、ガハハと笑いながら観てください。

三浦大輔監督:今日はたくさんの方にお越しいただきまして本当にありがとうございます。初日に足を運んでくれる方は特別だと感じています。気を楽にして、リラックスしてご覧いただければと思います。映画館でご覧いただくと、参加したかのような疑似体験が味わえると思うのでぜひ楽しんでご覧ください。

MC:本日3回目の舞台挨拶ですが、各回立ち見と大盛況です!いかがですか?

池松さん:嬉しいです。撮影をしていたのが懐かしいですね。

門脇さん:嬉しいです。最初は脱ぐぞって意気込んだわけじゃなくて三浦さんはどんな方かなっていう興味でオーディションに行ったんですが、直感で好だなと思いそこから三浦監督の姿を見てがんばろうと思いました。三浦監督はこれからもずっと大きな存在であり続けると思います。

MC:ありがとうございます。現場ならではエピソードはありますか?

新井さん:タイトなスケジュールの中での撮影だったので、夜すごい遅くなって翌日も早いという時があって、どうしようかなと思って時生と一緒にラブホテルに泊まろうとして連絡してもらったら、断られました。結局違うところに泊まりましたけど。

柄本さん:え、泊まったんですね。

三津谷さん:撮影場所が一軒家で控室も一部屋だったんです。男女一緒にそこで雑魚寝をしてたので、距離も近づいたと思います。

中村さん:サラリーマン役の滝藤さんが汗だらだらで近づいてくるシーンは真に迫っていて、あまり普段そういうことが無いので…嬉しかったです。

MC:今日もしこの乱交パーティーに参加するとしたら誰と相手したいかというキャラクターを事前に皆さんに挙げていただいております。それでは発表していただきましょう。男性の方からどうぞ

池松さん:→保育士かOLか常連さん
ネタバレになっちゃうのかもしれないですが、ほかの人とは劇中でやっているので、お金を払うならいろいろ試したいじゃないですか。

信江さん:私が入ってないじゃない!

新井さん:→女子大生
性に一番貪欲な設定だと思うので、試してみたいです。

駒木根さん:→女子大生
女子大生という4年間限定の肩書きにひかれますよね!

柄本さん:→OL
あ、これってキャラで選ぶんですね。
リアルに三津谷さんがタイプだからOLって書いちゃいました。

新井さん:好きとかになってんじゃねーよ!
(予告編でも使われている決め台詞に会場爆笑)


MC:では女性陣の皆さんいかがでしょうか。

門脇さん:→フリーター
私は消去法で選びました。ニートは暗すぎるし、サラリーマンは結婚している。童貞をうまく楽しませられる気がしないし、カップルは彼女がいるじゃないですか。残ったのはフリーターです。

三津谷さん:→フリーター
どうせエッチなことをするなら、フリーターくらいチャラい位な人とエンジョイしたいです。

新井さん:設定ですけど、巨根でテクニシャンなんですよ。

三津谷さん:そうですねどうせならテクニシャンと。

中村さん:→童貞

赤澤さん:→童貞
人生で一度きりだから、初物は縁起が良いと言いますしね(笑)。

信江さん:→サラリーマン
現実なら奥さんもいて嫌だと思うのですが、この場だったら絶対優しく抱いてくれそう。MC:ありがとうございました。それではお時間も迫ってきたので、最後に監督から一言いただきたいと思います。

三浦監督:本当に皆さんありがとうございます。皆スケベなんですよ(笑)。
でも、恥じることは無くて胸をはっていいと思います。この映画は、エロでもグロでもなくて、誰もがもっている性欲をストレートに描いたエンタメ作品なので間口を広くして、できるだけ多くの人に観てもらいたいです。
女性でちょっと劇場に足を運び辛い方もいらっしゃると思うので3月8日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷で女性限定の回も実施されますので、
そちらに来ていただければと思います。この映画が話題になってくれて少しでも流行ってくれれば面白いなと思いますので、ご覧いただいて気に入っていただけたらどんどん広めていただければと思います。よろしくお願いします。

因みに、女性の方にも楽しんでいただくために。
ヒューマントラストシネマ渋谷さんでは、3月8日(土)の拡大公開時に通常興行としては異例の女性限定回を設けることとなりました。
異例の女性限定回を設定。『愛の渦』
★実施劇場:ヒューマントラストシネマ渋谷
★実施期間:3月8日(土)~公開中の毎週 日・月・火の上映回
詳しくは過去記事: http://eigajoho.com/?p=13432


映画『愛の渦』
本日【3月1日(土)】よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開となりました。
http://ai-no-uzu.com

愛の渦
********************************************************************


『愛の渦』

午前0時~5時。料金は男:2万円、女:千円、カップル5千円。
そこは都会の一室で営まれる乱交パーティ。集まったのは性欲を満たしたいだの男女。
しかし、愛のないセックスにも、〝感情″は生まれ、
それぞれの思惑が渦巻いていく。
滑稽なまでに剥き出しの性欲が向かう先は、愛か、果てないただの欲望か。

原作は、人気劇作家、三浦大輔が主宰する演劇ユニット「ポツドール」
の代表作であり、第50回岸田國士戯曲賞に輝いた傑作舞台劇『愛の渦』。
映画化に際し、脚本・監督は三浦大輔自身が手掛けました。
主演は、若手実力派俳優として頭角を現してきた池松壮亮。
もう一人の主演は、三浦監督がその存在感に惚れ込み、抜擢した女優・門脇麦。
その他、新井浩文、滝藤賢一、田中哲司、窪塚洋介ら、
実力と個性を兼ね備えた豪華な俳優たちが脇を固めています。

原作・脚本・監督:三浦大輔
出演:池松壮亮、門脇 麦、新井浩文、滝藤賢一、三津谷葉子
窪塚洋介、 田中哲司

制作プロダクション:ステアウェイ
製作:「映画 愛の渦」製作委員会(東映ビデオ、クロックワークス)
配給:クロックワークス R18+

テアトル新宿他にて大ヒット上映中!

(C)映画「愛の渦」製作委員会