「実話」カテゴリーアーカイブ

阪本順治監督キューバでの撮影を語った!『エルネスト』日本記者クラブ会見試写


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)に公開されます。

そして、この度、日本記者クラブ試写を実施、上映前に阪本順治監督が登壇しました!


『エルネスト』日本記者クラブ 会見および試写会
日時:8月23日(水)
場所:公益社団法人 日本プレスセンター
登壇:阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 日本記者クラブで大きな拍手で迎えられた阪本順治監督。


冒頭に阪本監督は、日本記者クラブでの試写会ということで、普段あまり話すことのない阪本監督の大学時代から、映画監督になるまでのエピソードを語り

阪本監督:学生時代に新聞会というクラブ活動をしていました。そのため、自然とゲバラに興味を持っていたんです。

と話し、

阪本監督:2013年、ある映画の脚本を書くため、日系移民の方を調べていたら、ボリビア日系移民のフレディ前村を知り、とても興味を持ちました。

と、本作のきっかけを披露。

映画情報どっとこむ ralph また、製作において最も重要だったのはキャスティングだったそうで・・・

阪本監督は、映画において、キューバ人の役者が“チェ・ゲバラ“を演じたことは今まで一度もないという裏話を披露。

さらに

阪本監督:フィデル・カストロも映画に登場しますが、当時はまだ生きていたため、その役者を見つける作業も難航しました。しかし、キューバのスタッフから、”結局その俳優が持っているアイデンティティや精神性などが大事であって、再現ドラマではないのでそっくりな人を求めるな”、という助言もあり、無事キャスティングに漕ぎ着けることができました。

と実在の人物を描く大変さも吐露。


自身も会ったことのない、ゲバラやカストロについて、キューバでの撮影の中で

阪本監督:『ゲバラはそうじゃない』と指示していたのがとても不思議な感覚だった。暑さでキューバのスタッフと体格差のある日本人スタッフは体調管理が上手くいかない面もあったし、キューバの人々のユーモアのあるラテン気質に随分助けられましたね。

とキューバのスタッフとの良好な関係性が築かれていったことが披露されました。


映画の見どころについて、

阪本監督:キューバ(の話)に行く前に、1959年広島のシーンがある。ゲバラが日本を使節団として、外務省から認められてない広島行きを強行したシーンも綿密に取材を重ね再現していますので

と最後に語り、予定していた質疑応答の時間がなくなるほど、本作に対する熱い思いを話され、集まった記者たちにとって、有意義な時間となりました。

映画情報どっとこむ ralph チェ・ゲバラ没後50年

映画『エルネスト

は、10月6日(金)より全国ロードショー。




物語・・・

50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー

***********************************

脚本・監督:阪本順治

出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス

配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.


空前絶後!染谷将太 x ホアン・シュアン『空海-KU-KAI-』映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 東宝×KADOKAWAの初の共同配給作品にして、日中共同製作映画としては史上最大の本格ビッグプロジェクトとなる 映画『空海―KU-KAI―』が、来年2018年2月に待望の公開となります。

監督は、カンヌ国際映画祭パルム・ドール、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞をはじめ、数々の受賞を果たし、世界にその名を轟かせる巨匠チェン・カイコー。原作は、「陰陽師」「神々の山嶺」など多数の著作が映像化されているベストセラー作家夢枕獏の「沙門空海唐の国にて鬼と宴(うたげ)す」(角川文庫/徳間文庫)。
玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋から30年後。中国・唐の時代、日本から遣唐使としてやってきた若き僧侶・空海が、詩人・白楽天(はくらくてん)と共に、首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫る、一大スペクタクル超大作です。

映画情報どっとこむ ralph 本作のタイトルロールにもなる、主人公・空海を演じるのは、染谷将太。
海外映画作品初挑戦ながら、唐に渡った若き天才・空海を瑞々しく、そして堂々たる演技で見事務めます。

空海の相棒となる唐代の詩人・白楽天には、中国で好感度俳優第一位にも選ばれた、若手実力派人気俳優ホアン・シュアン。そして本作の最重要人物・楊貴妃には台湾出身のチャン・ロン・ロン。傾国の美女とも呼ばれた中国唐代の皇妃・楊貴妃を芯の通った美しさで演じます。さらに、空海と白楽天が追う奇怪な事件のカギを握る人物・安倍仲麻呂には阿部寛。

その他、松坂慶子や火野正平など、若手からベテランまで、豪華アジア俳優の競演があります!

映画情報どっとこむ ralph 今回初解禁された映像は、約6年の歳月をかけて東京ドーム約8個分(367,000ヘクタール)の土地に再現された「長安の都」の圧倒的スケール、さらには、絢爛豪華な衣装を身にまとう日中豪華スターたちの胸躍る映像、そして染谷将太演じる空海たちが挑む、歴史を揺るがす大冒険の始まりを予感させる、圧倒的映像美が迫ってきます。

今回の特報にも収められた貴重なメイキング映像には、まるで唐の時代にタイムスリップしたかのような大迫力のセットと、常時350名を超えるスタッフで行われたという壮大な撮影風景も垣間見ることができます。

1月のクランクアップから約1年のポスプロを経て、本編は年末完成予定。映画『空海』に是非ご期待ください!

※今回解禁の特報①は、8月26日(土)より、劇場で流れます。
※日本200スクリーン以上で公開された日中共同製作映画は、監督:チャン・イーモウ・降旗康男×主演:高倉健の 『単騎、千里を走る。』(2006年1月28日 日本公開/東宝配給)以来、約12年ぶり。

空海-KU-KAI-」 

2018年2月 全国ロードショー!
公式サイト:
http://ku-kai-movie.jp/

***********************************

監督:陳 凱歌(チェン・カイコー)  
原作:夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(角川文庫/徳間文庫)
出演:染谷将太 ホアン・シュアン チャン・ロン・ロン 火野正平 松坂慶子 阿部寛
配給:東宝・KADOKAWA     
©2017 New Classic Media, Kadokawa Corporation, Emperor Motion Pictures Shengkai Film


“実在する”呪いの人形<アナベル>誕生の秘密・・・1週間で1.1億ドル突破!


映画情報どっとこむ ralph “実在する”呪いの人形<アナベル>誕生の秘密に迫った新作ホラー、『アナベル死霊人形の誕生』。8月11日より全米公開がスタートすると、並みいる強豪を抑え初登場No.1を飾り、公開から7日間で全世界興行収入1.1億ドルを突破!北米を含む数々のマーケットで1位に躍り出ている。そんな本作を含む大ヒット「死霊館」シリーズが、ついに全世界興行収入10億ドル超えを達成!『死霊館』(2013年)、『アナベル死霊館の人形』(2015年)、『死霊館 エンフィールド事件』(2016年)、そして新作『アナベル 死霊人形の誕生』と、たった4作で興収10億ドル突破の大ヒットシリーズとなった。
ちなみに、世界のホラー映画の興行成績ランキングでは、1位の『エクソシスト』に次いで2位が『死霊館 エンフィールド事件』、3位が『死霊館』、そして『アナベル 死霊館の人形』が8位にランクイン。(BOX OFFICE MOJO調べ)「死霊館」シリーズは現代ホラーの新定番として世界中で支持され、その勢いは増すばかり!

映画情報どっとこむ ralph “最恐”シリーズの最新作『アナベル 死霊人形の誕生』では、人形職人夫婦の屋敷を舞台に、シスターと孤児の少女たちが<アナベル>の強力な呪いに脅かされる姿が描かれている。すでに世界で大ヒット公開中の本作は、アメリカとカナダでオープニング1位を記録。

さらに、マレーシア、ベトナム、スウェーデン、ポーランド、ポルトガル、チェコセルビア、スロバキア、そしてハンガリーで「ホラー映画史上最高のオープニング興行成績」を記録した。そのほか、すでにメキシコ、ブラジル、そしてUAEを含む11のマーケットにのうち、10の国でランキング1位を獲得するなど、世界中で大ヒットを飛ばしています!


映画情報どっとこむ ralph なお、「死霊館」シリーズは早くも次回作『ザ・ナン(原題)/ The Nun』の公開が決定し、2018年7月13日に全米公開が発表され話題に。そのほか、「死霊館」のタイトルがついた3作目の映画となる『The Conjuring 3(原題)』、そして『死霊館 エンフィールド事件』に登場するキャラクターに基づいたスピンオフ『The Crooked Man(原題)』も製作段階に進んでおり、“死霊館ユニバース”の人気はさらに拡大していきそうだ!
名実ともに“世界最恐”シリーズの最新作となった『アナベル 死霊人形の誕生』。製作は、『ソウ』『死霊館』から『ワイルド・スピード SKY MISSION』まで手掛ける稀代のヒットメーカー、ジェームズ・ワン。監督は、長編デビュー作『ライト/オフ』が高い評価を集めたデイビッド・F・サンドバーグ。現代ホラー映画の名手たちの超強力タッグによって描き出される、実在の死霊人形<アナベル>の誕生と呪いの起源。

映画情報どっとこむ ralph 早くも今年No.1ホラーとして君臨する本作は、日本では“10月13日の金曜日”に公開!いよいよ新たなる恐怖が幕を開ける!

アナベル 死霊人形の誕生

は10月13日(金)ロードショー。



舞台は、12年前に幼い愛娘を亡くす悲劇に見舞われた人形師とその妻が暮らす館。そこへやって来た孤児院の6人の少女たちとシスター。新生活に心躍らせる彼女たちだったが、家の中には不気味な雰囲気が漂っていた。いるはずのない何者かの気配、無人の部屋で鳴り出すレコード、自然に開閉するドア、不気味な物音――。脚の不自由なジャニスは、怪現象を敏感に察知し、怯えを隠せずにいた。ある晩ジャニスは、鍵が掛かっているはずのドアが開いていることに気づく。中を覗くと、そこにいたのは――<アナベル>だった!

呪いの封印を解かれた<アナベル>は、執拗にジャニスを追い詰める。弱みを見せたら最後、次々と少女たちに襲いかかる。逃げても、捨てても、<彼女>は憑いてくる! <アナベル>人形の正体とは!? 少女たちは容赦のない呪いから逃れることができるのか!?

***********************************

製作:ジェームズ・ワン(『死霊館』『ソウ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』)/ピーター・サフラン(『死霊館』)
監督:デイビッド・F・サンドバーグ(『ライト/オフ』)
脚本:ゲイリー・ドーベルマン(『アナベル 死霊館の人形』)
出演:ステファニー・シグマン タリタ・ベイトマン ルル・ウィルソン
アンソニー・ラパリア ミランダ・オットー
配給:ワーナー・ブラザース映画 映倫:PG12
公式サイト:http://annabelle-creation.jp
ハッシュタグ:#アナベル誕生
(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC