「クラウドファンディング」カテゴリーアーカイブ

クラウドファンディングMotionGalleryがリニューアル!


映画情報どっとこむ ralph クラウドファンディングプラットフォームのMotionGallery(所在地:東京都港区、代表:大高健志)は、
 9月13日よりコーポレートロゴ及び公式サイトをリニューアルいたしました。

MotionGallery公式ページ 


コーポレートロゴリニューアルについて 新コーポレートロゴ

映画情報どっとこむ ralph 変更理由
創業7期目を迎えたタイミングで、次のステージに向け、公式サイト及びコーポレートロゴを、より多くの方 にビジョンが伝わるデザインに変更。

新コーポレートロゴのモチーフは、20世紀美術の革命家ヨーゼフ・ボイスの「7,000本の樫の木プロジェク ト」。MotionGalleryのクラウドファンディングに携わるすべての人たちが、クリエイティブな社会を作り出 しているという想いを込めました。ロゴを形作る黄、紫、青は、それぞれ支援者、起案者、MotionGalleryを 表し、クラウドファンディング達成時の祝福の花火や花をイメージしています。

リニューアルポイント概要 人と人のつながりを見えやすくするため、動画をトップページで紹介したり、プロジェクトページで支援者 のサムネイルが見えるようにしたりと、「動き」や「つながり」を全面に出しました

1. 人と人のつながりを可視化 今回のリニューアルでは、「動き」や「つながり」を全面に出しました。トップページのアイキャッチ動画 で、「MotionGalleryで出来る事」と題した1分47秒の動画を紹介。クラウドファンディングを行うことで人と どうつながるかをイメージしていただきやすくなりました。 また、プロジェクトページに支援者のサムネイルを出すなど、支援される側だけでなく、支援する側の顔も 見えるようになり、多くの人がつながってプロジェクトが成り立っていることを表現しています。

2.ストーリーや想いを伝える クラウドファンディングを実施する方たちの背景には、プロジェクトページだけでは伝えきれない様々な想 いやストーリーがあります。クラウドファンディングに関わる方たちをMotionGallery編集部がご紹介する 「MotionGallery:Magazine」がトップページに大きく配置されました。


3.スマートフォンからも応援しやすくなりました スマートフォンからも支援しやすくなるよう、応援ボタンの配置位置など、より応援しやすい形に変わりました。新たな公式サイトとコーポレートロゴのもと、価値の創造と提供に努めてまいります。

4. 決済手段も増えました クレジットカードの決済において、ダイナースカードが利用可能ブランドとして追加されました。 クラウドファンディングの仕組みへの信頼性から、業界的にはカードブランド拡充が難しいとされる中で、日本のクラウドファンディングの先駆者としての実績と安定性が評価されての追加となりました。

映画情報どっとこむ ralph WEBサイトだけでなく、MotionGalleryの活動も大幅パワーアップ!

1.MotionGallryレーベルが誕生します。
これまで、MotionGalleryはクラウドファンディングサイトとして、クリエイターの新しい挑戦を資金面でサ ポートしていましたが、これからはそれに加えて、実際の制作にも携わって参ります。 資金面だけでなく制作面や企画段階からのサポートを行う事で、さらなるクリエイティブな社会づくりにコ ミットして行けると考えたからです。本年度中に、「映画」「書籍」の2つのレーベルが誕生予定。すでに企画開発が進んでおります。発表をお 楽しみに!

2.クリエイターコミュニティ クリエイター同士のハブとなり、クリエイター同士の情報交換や意見交換を活性化させる事で、あたらしい クリエイティブな活動をどんどん発信していけたらと思います。 具体的には、表参道のシェアオフィス「みどり荘」にて定期的にMotionGalleryのプレゼンターを招待したラ ンチ会を開催していきます。その交流から生まれるアイデアはきっとみんなのアイデアを更に刺激する事で しょう!

3.イベントをオーガナイズし、プロジェクトの魅力をリアルな場所からも発信していきます!
今清澄白河で毎晩人を集めている「しごとバー」@リトルトーキョーや、日本橋のBETTARA STANDでの「ク リエイティブ座」などのイベントをMotionGalleryがオーガナイズし、来場者を楽しませると共に、 MotionGalleryで行われているプロジェクトの魅力を五感を通じて広げて行きます! 清澄白河や日本橋といった、街がこれから生まれ変わろうとしている新しい息吹をかんじる東東京から、情 報があふれるweb空間ではなくライブイベントを行う事で伝わる、アイデアのときめきを人から人へ広げて いきます。

4.クラウドファンディング初の制作機能「MotionGallery Studioも始動」!
株式会社MotionGalleryは、エイゾーラボ株式会社及び、and pictures、コギトワークス、コトプロダクション、 SCENES、計5団体と提携し、資金調達と映像制作をワンストップで提供するサービス「MotionGallery STUDIO produced w/エイゾーラボ」の提供を開始いたします。 従来のクラウドファンディングでは、プレゼンターは、クリエイターであったり、映像制作能力があること が前提でしたが、「MotionGallery STUDIO」の誕生により、だれでも、資金や映像技術がなくても、ひらめ き・アイディアをかたちにすることが可能になりました。 また、「MotionGallery STUDIO」で制作する映像作品第一弾として、だれでも自分の映画館をつくることが できるサービス「popcorn」のオリジナルコンテンツで、“建てない”建築家・嶋田洋平氏を題材にしたドキュ メンタリー映画の製作が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph MotionGallery(モーションギャラリー)とは
 
社会に新しい体験・価値観をもたらす創造的なプロジェクトを実現する国内最大級のクラウドファンディング・プラットフォームです。「創造的 な社会を作り上げる活動全てがアートである」という芸術家ヨーゼフ・ボイスのビジョンを具現化するプラットフォームとして2011年7月にス タートし、累計10億円の資金調達を行ってきました。

会社名:株式会社MotionGallery
代表取締役社長:大高健志
創立:2011年7月 
URL:motion-gallery.net
住所/〒107-0062東京都港区南青山3-13midoriso.2
    
***********************************



宇野愛海主演『嘘とホームラン(仮)』のクラウドファンディング締め切り迫る!


映画情報どっとこむ ralph ぴあフィルムフェスティバル(PFF)出身の佐藤快磨(たくま)監督の“回復期リハビリ病院”を舞台にした短編映画『嘘とホームラン(仮)』

主人公の新人理学療法士・遥役でには女優活動に専念するためにエビ中こと私立恵比寿中学を“転校”し、映画初主演を果たした宇野愛海さんが主演。
一般から資金調達を募るクラウドファンディングのプラットフォーム「MotionGallery」で、映画の製作、映画祭出品、及び東京・大阪での上映のための支援を募っています!

映画『嘘とホームラン(仮)』のクラウドファンディング締め切りは本日9月8日金曜23:59です!

クラウドファンディング 
プロジェクトページ

物語・・・
宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1年目のセラピスト。まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期セラピストの幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っている。担当していたタエが退院し、新しい患者が入院してくる。仕事中に脳卒中を発症した柘植。遥は初めて入院から退院までを担当することになる。柘植の妻・恵が号泣している中、柘植は淡々と言う。「元の生活には戻れないんですよね?」何も答えられない遥。日野課長と田口リーダーの指導の元、現実と向き合う日々が始まる。

ツイッター
@uno_narumi_proj

facebook
@unonarumiproject



***********************************

出演:宇野愛海、堀春菜、細川岳、佐々木すみ江
脚本・監督:佐藤快磨(『ガンバレとかうるせぇ』、『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』)
プロデューサー:登山里紗(『無伴奏』)
音楽:田中拓人(『そこのみにて光輝く』、『無伴奏』、『オーバー・フェンス』)
協力:ニューシネマワークショップ
撮影予定:2017年9月以降
完成及び完成披露試写会予定:2017年中
映画祭でのワールドプレミア目標:2018年中
宇野愛海,堀春菜,細川岳,佐々木すみ江


建てない建築家・嶋田洋平『建築をあきらめる(仮)』クラウドファンディングを開始


popcorn MotionGallery

映画情報どっとこむ ralph MotionGalleryStudioの第一弾作品で、「popcorn」(誰もが自分の映画館をつくることができるサービス)を運営する株式会社ポップコーンシアターによるオリジナル映画の製作が決定。

発表に伴い、クラウドファンディングプラットフォーム・MotionGalleryにて、 製作費を募るクラウドファンディングを開始することになりました。
オリジナル製作作品第1弾は、”建てない建築家”・嶋田洋平の姿に迫るドキュメンタリー です。

『建築をあきらめる(仮)』

遊休不動産を再生《リノベーション》することでまちを元気にする「リノベーションスクール」で各地を熱狂させる一方で、国土交 通大臣賞や日本建築学会教育賞(教育貢献)を受賞し、「アーキテクト・オブ・ザ・イヤー 2017」では隈研吾氏に続いて2位に選定されるなど、高い評価を受ける嶋田。 「これまでの建築家とは変えていかなきゃいけない」と、資金調達からパン屋の運営まで、 従来の建築家の仕事であった設計という範囲を超えて活動する嶋田のことを、地方は救世主のように扱い、建築業界は遠巻きに見つめています。

果たして嶋田は、今どんな景色を見ているのか。どこへ向かおうとしているのか。もはや 建築家はあきらめたのか。建築業界・リノベーション業界で今最も熱い男・嶋田洋平の真 意に迫るドキュメンタリーでありながら、同時に、リノベーションまちづくりをリアルに 体験できる作品となることを目指します。

出演:嶋田洋平ほか
監督:清水艶
企画:株式会社ポップコーンシアター
制作:MotionGalleryStudio produced w/エイゾーラボ 「MotionGallery」で製作費募集!

期間:9月4日(月)17:00~12月21日(木)23:59
クラウドファンディング


映画情報どっとこむ ralph popcornとは

popcornは、日本全国だれでも自分の映画館(マイクロシアター)をつくることができるサービスで す。求人サイト「日本仕事百貨」を運営する株式会社シゴトヒト代表のナカムラケンタと、日本最 大級のクラウドファンディングMotionGallery代表の大高健志が立ち上げました。カフェやコミュ ニティスペースなど開かれた場所での上映を全国各地のカフェ、バー、本屋さん、会社のオフィス、 映画のロケ地など、場所さえあればどこでも映画館になります。popcornにログインして観たい映 画をストリーミングするだけで、初期費用ゼロで上映費用のリスクなく上映会を開催することがで きる、世界初のサービスです。
popcorn公式ページ

映画情報どっとこむ ralph MotionGalleryStudio produced w/エイゾーラボとは

『MotionGalleryStudio produced w/エイゾーラボ 』は、資金調達と映像制作をワンストップで 提供する新しいサービスです。

従来のクラウドファンディングでは、プレゼンターはクリエイターであったり映像制作能力がある ことが前提でしたが、MotionGallery自らスタジオを持ち、資金調達だけでなく映像にまつわるプ ロデュースから実制作までを一気通貫でサポートする体制を実現しました。

これにより、資金や映像技術がなくても、誰もが自分のひらめき・アイディアをかたちにすること が可能になりました。映像制作のプロフェッショナル・チームで、劇映画やミュージックビデオ、 そしてクラウドファンディングのプロモーションムービーまで制作致します。

今回の映画『建築をあきらめる(仮)』は、MotionGalleryStudioの第一弾作品となります。 本 作のプロデューサー・制作を、汐田海平(エイゾーラボ株式会社/ MotionGalleryStudio共同プロデューサー)と大高健志(MotionGallery)が務めます。
***********************************