「社会派」カテゴリーアーカイブ

ディーン・フジオカ 明日掲出ビジュアル到着!長瀬智也主演『空飛ぶタイヤ』


映画情報どっとこむ ralph 長瀬智也主演。2018年公開の「空飛ぶタイヤ」。

ディーン・フジオカさん、高橋一生さん、深田恭子さん、岸部一徳さん、笹野高史さん、寺脇康文さん、小池栄子さん、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.さん)、ムロツヨシさん、中村蒼さん 出演の解禁時には「豪華すぎる!」「予想の遥か上を行く豪華さ」等、各所で大きな話題を呼んでいますが・・・
明日9/23(土)より丸の内ピカデリー他一部劇場にて 掲出開始となるウルトラティザービジュアルが解禁となりました。

この度解禁となったビジュアルでは、大企業に挑む覚悟を持った赤松社長の決意が強く表れており、 幾多の困難にも負けず信念を貫いていくその姿は、観る者の心を強く打ちます。
そしてチラシの裏面には大企業・ホープ自動車に勤務する沢田悠太(ディーン・フジオカ)が、 含みを持たせた表情で登場。原作者・池井戸潤先生によるコメントも掲載されています。

池井戸潤先生のコメント
もし、人を死に至らしめる欠陥を知りつつそれを隠蔽していたなら、それは社会に対する重大な罪だ。 それでも大企業なら許されるのかー。問われているのは、我々の見識と勇気である。

それは事故か事件か。正義とはなにか、守るべきはなにか。

豪華キャストによる世紀の大逆転劇をどうぞお楽しみに!!!

映画情報どっとこむ ralph 原作は累計140万部を突破した池井戸潤の「空飛ぶタイヤ」(講談社文庫、実業之日本社文庫)。 ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。 整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)が、自らの無実を信じ、大企業に対して調査 を開始するところから、物語は始まります。

2017年4月末クランクアップ、現在編集作業中、2018年初頭完成予定

空飛ぶタイヤ

物語・・・
よく晴れた日の午後。 1台のトレーラーが起こした事故により、1人の主婦が亡くなった。 事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬智也)は警察で信じられないことを聞く。 突然タイヤが外れた、と。 整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、 彼は車両の構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。

ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)は、 赤松の要求を疎ましく思いながらも、真実を突き止めるために、 また同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、 グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査をそれぞれ開始していく。 突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”ー。 過去にも行われていたそれは、二度とあってはならないことだった。
果たしてそれは事故なのか事件なのか。 男たちは大企業にどう立ち向かっていくのかー正義とはなにか、守るべきものはなにか。 日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転劇!!!


公式サイト:
soratobu-movie.jp
公式twitter:
@soratobu_movie
公式Facebook:
@soratobu.movie

***********************************

原作:池井戸潤『空飛ぶタイヤ』 (講談社文庫、実業之日本社文庫)

出 演:長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、 阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼ほか

監督:本木克英

脚本:林民夫
音楽:安川午朗
撮影:藤澤順一
照明:長田達也
美術:西村貴志
録音:栗原和弘
編集:川瀬功
装飾:湯澤幸夫
配給:松竹
(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
   


『不都合な真実2』アル・ゴア元米副大統領の来日決定!西尾由佳理ナレの予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 2006年に公開され、第79回アカデミー賞で2部門受賞し、ノーベル平和賞を授与されたアル・ゴア元米副大統領の伝説的ドキュメンタリー『不都合な真実』。

その続編である『不都合な真実2:放置された地球』が、11月17日(金)から日本公開となります。


この度、第30回東京国際映画祭のクロージング作品に選ばれた本作の上映に合わせアル・ゴアの来日が決定しました!


映画情報どっとこむ ralph 映画プロモーションでは前作『不都合な真実』以来10年ぶりとなる来日決定に伴い、本人からメッセージが届きました。

『不都合な真実2:放置された地球』が2017年の東京国際映画祭のクロージング作品に選ばれたことを光栄に思います。
また、最近の異常気象により被害に遭われた日本の皆様に対し心からお悔やみを申し上げます。
来日し、異常気象の問題に警鐘を鳴らす機会に恵まれることを心待ちにしております。
―アル・ゴア―

映画情報どっとこむ ralph また、この度解禁された予告編では、止まらない地球温暖化と異常気象に対し、人気フリーアナウンサー西尾由佳理さんが警笛を鳴らすナレーションから始まります。


今、私たちにできることは一体何か?そう考え、やっとの思いでパリ協定を締結させ、歓喜に沸く様子から一転、トランプ大統領の口から発せられた“撤廃”という二文字-。

しかし、そんな厳しい現実が襲いかかろうとも、アル・ゴアは決して諦めません。「人類の運命は今の私たちに懸かっている。未来の子どもたちを救おう!!」「未来に希望を残せ!!」と、温厚で知られるアル・ゴアが珍しく声を荒げ、未来を生きる世代を思って熱く語りかける姿に、胸を打たれる映像に仕上がっています。

映画情報どっとこむ ralph アル・ゴアが前作で語った「真実」は世界の意識を変え、地球は美しく生まれ変わっているはずだったにも関わらず、地球温暖化の影響で起こる異常気象は発生し続け、あれから10年、地球はかつてないほどの危機に瀕しています。

今年6月には米国トランプ政権によるパリ協定(地球温暖化対策の国際的枠組み)離脱発表がされ、世界中で大きな話題となりました。

日々進行し続ける地球温暖化に対し警鐘を鳴らす本作は、2020年にオリンピック・パラリンピックを控え、“環境にやさしい大会”、“環境都市”の実現を目指す東京で開かれる映画祭で上映となります。

公式HP:
http://futsugou2.jp/

公式TW:
@futsugou2

公式FB :
@futsugou2.jp

***********************************

監督:ボニー・コーエン、ジョン・シェンク『南の島の大統領 沈みゆくモルディブ』

製作総指揮:
ジェフ・スコール『スポットライト』『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』
デイヴィス・グッゲンハイム『不都合な真実』(監督)
ローレンス・ベンダー『パルプ・フィクション』『グッド・ウィル・ハンティング』
ローリー・デイヴィッド
スコット・Z・バーンズ『不都合な真実』
レスリー・チルコット『不都合な真実』

製作:リチャード・バージ、ダイアン・ワイアーマン『不都合な真実』

全米公開: 2017年7月28日
日本公開: 2017年11月17日
(C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
     


阪本順治監督登壇!『エルネスト』キューバ大使館主催試写会


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)に公開となります。

昨日の日本外国特派員協会で『エルネスト』記者会見に続いて2日続けてのイベントは・・・キューバ大使館が主催する試写会。邦画作品の上映と日本人の登壇は初の試みだそう。

会場もキューバと日本の合作となる本作と言うことで、スペイン語圏文化の日本での普及を目的にスペイン政府が設立したセルバンテス文化センターにて行われました。

『エルネスト』キューバ大使館主催試写会
日時:9月20日(水)
場所:セルバンテス文化センター
登壇:阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 上映前に、本作で広島を訪問した際に、ゲバラの通訳をした県庁外事課矢口役を演じた、田中幸太朗にスペイン語の指導も行ったというセルバンテス文化センター館長のヴィクトル・ウガルテ氏、本試写会の主催であるキューバ大使館特命全権大使カルロス・M・ペレイラ氏と、本作の監督を務める阪本順治が登壇した。

キューバ大使のカルロス・M・ペレイラ氏は、

ペレイラ氏:チェ・ゲバラ作品の多くは、ゲリラ戦士としての側面に焦点を当てたものが多かったが、『エルネスト』は、フレディ前村の物語を通じてチェの生涯の一幕を取り上げています。

と本作の特徴を語り、

ペレイラ氏:今作は、観る者の感情を呼び覚ます働きをもっている、若きフレディの行動に日本人の特性を見出す方もいるのではないか。

と本作の魅力を語った。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、

ペレイラ氏:映画監督の阪本順治です。

とスペイン語の挨拶で阪本順治監督が登場。

監督自身が、フレディ前村氏の姉、マリー氏とお会いした際、

阪本監督:弟は、人を助けるためにキューバに行ったのに、銃をもって人を殺めるかもしれない、きっとその狭間で苦しんでいたのではないか。

と仰っていたことを聞いて、

阪本監督:この映画を作るにあたり、戦闘シーンに重きをおくのではなく、彼がキューバに渡ってからの誰にでもある学生生活を中心に映画を製作した。

と製作秘話を語った。

映画情報どっとこむ ralph 『エルネスト』

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー

また、来日予定だった本作の原案書『チェ・ゲバラと共に戦ったある日系二世の生涯~革命に生きた侍~』の著者であるエクトル・ソラーレス前村氏からのメッセージもいただき、

阪本監督:フレディ前村の生き方は、まっすぐでありながら、強い情熱に包まれていた、人の役に立ちたいという気持ちが、貧しい人々のための医者になる夢をフレディに抱かせるようになった。彼は、幼い頃から社会の不正義に反応してきた、その記憶が、ゲリラに身を投じる動機づけになった。その人生は、正義感に溢れ、気高く、確固たるものでした。人間とその美徳を信じたからこその人生でした。

とフレディ前村氏に対する熱い思いが届けられ、これから作品を観る来場者たちの期待を高めるメッセージとなった。

***********************************

脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.