「社会派」カテゴリーアーカイブ

劇場外まで長蛇の列が100メ ートル映画『米軍が最も恐れた男』イベント


映画情報どっとこむ ralph 瀬長亀次郎を描いたドキュメンタリー映画『米軍アメリカが最も恐れた男 その名は、カメジロー』が、8 月 12 日(土)より全国に先駆けて沖縄・桜坂劇場にて公開が始まりました。8 月 26 日(土)から は、渋谷のユーロスペース他順次全国公開となります。

第二次大戦後、米軍統治下の沖縄で唯一人“弾圧”を恐れず米軍にNOと叫んだ日本人、「不屈」の精神で立ち向かった沖縄のヒーロー瀬長亀次郎。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させ、彼を恐れた米軍は、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた政治 家、亀次郎。その知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を、稲嶺元沖縄県知事や亀次郎の次女など関係者の証言を通して浮き彫りにしていくドキュメンタリーです。
那覇市・桜坂劇場での初日(8/12(土))の初回では、劇場外まで長蛇の列が100メートル以上続き、400 人以上の大行列。定員 300 席は満員となり、100 名程のお客さんが入場できないほどの大盛況となりました!さらに、8/13(日)公開記念イベントが行われ、ネーネーズ・演芸集団 FEC・佐古忠彦監督が登壇! 沖縄の演芸集団 FEC が「お笑いカメジロー」を披露! 想い出深い曲「黄金の花」の歌声に、佐古監督は感無量のご様子でした!

映画『米軍アメリカが最も恐れた男 その名は、カメジロー』公開記念イベント
日時: 8 月 13 日 (日)
場所: 桜坂劇場
登壇:佐古忠彦監督、演芸集団FECの皆様、ネーネーズの皆様

映画情報どっとこむ ralph 桜坂劇場のスタッフによると、初日の動員記録として、スタッフが在籍している 12 年間では『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』 (12)に次ぐ第二位、実写映画として第一位を記録!さらに、過去 12 年間で「上映前にこんな風に拍手が起こったのは初めて」と 驚いた様子。


そして翌日 8/13(日)公開記念イベントには、ネーネーズ・演芸集団 FEC・佐古忠彦監督が登壇! 沖縄の演芸集団 FEC が「お笑いカメジロー」を披露! 想い出深い曲「黄金の花」の歌声に、佐古監督は感無量のご様子でした!

初日の熱気は冷めることなく、桜坂劇場ホール A の 300 席がすべて埋まる超満員のなか、本編上映後、イベントはスタート。

沖縄の演芸集団FEC によるコントは「お笑いカメジロー」、「亀島太郎」、「クイズ瀬長亀次郎」の 3 演目。

亀次郎に絡めたネタで、 熱気に溢れた満席の場内からは終始大きな笑い声や拍手で溢れた。FEC のコントの後には、FEC のまーちゃんの呼び込みで佐古監督が登壇。
まーちゃん:亀次郎の映画を(うちなーんちゅ)ではない佐古監督が撮ってくれたことが自分も沖縄の人間も本当に うれしいんだ。

と語り佐古監督に感謝を述べた。

佐古監督:沖縄の戦後の歴史を本土の人はよく知らない。なぜ沖縄の人が辺野 古反対と叫んでいるのか、本当のところを分かっていない。昨年、亀次郎に関する 49 分のドキュメンタリーを放送したところその反響がもの凄かった。そこで、亀次郎を通して沖縄の戦後史を描くことで沖縄の人が声をあげている理由を少しでも分かってもらえればと、 追加取材・撮影を行い制作ました。

と映画制作の経緯を明かしました。

その後、佐古監督とまーちゃんの紹介で登場したネーネーズによる ミニライブでは劇中で印象的に使用されている「おしえてよ亀次郎」をはじめ、「ヤガマヤ」、「黄金の花」の 3 曲を披露。
「ヤガマヤ」で は自然と場内から手拍子が起こり、「おしえてよ亀次郎」「黄金の花」では、満席の観客はその唄声に酔いしれました。「黄金の花」 は佐古監督が「筑紫哲也のNEWS23」のキャスター時代にエンディングで使用されていた時期もある想い出深い曲。300席が満席 となった会場は、映画とコントとミニライブと贅沢な時間を堪能しました。

映画情報どっとこむ ralph ネット上では
「胸が震えるような映画。上映前に拍手が起こり、何度も涙が出そうになりました」
「この映画をあなた へ、心の底からお勧めします」
などの大きな反響が寄せられており、沖縄県民の期待値・満足度の高さが伺えます。 一方、公開日の 8 月 12 日(土)には沖縄で、アメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移設に反対する大規模な県民大会 が開かれ、主催者発表で約4万5000人が参加。名護市の稲嶺市長や翁長知事らが登壇し、辺野古移設工事の中止や、普 天間基地の閉鎖・撤去を改めて訴えました。本作品には、現在も続く沖縄の闘いの原点が描かれています。

戦後の沖縄で米軍の圧政と闘った一人の男の生き様をJNNの貴重な未公開映像の数々で描いたドキュメンタリー映画。 アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男、瀬長亀次郎。なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった。

米軍アメリカが最も恐れた男 その名は、カメジロー

物語・・・
沖縄の戦後史。そこで闘った男の生き様を知れば、地続きの歴史が見えてくる。 男は、ガジュマルをこよなく愛した。「どんな嵐にも倒れない。沖縄の生き方そのもの」だと。那覇市を、かつてたった 11 ヶ月だけ率い た、その男が好んで使った言葉がある。それは「不屈」。1945 年の終戦後、沖縄で、民衆の先頭に立ち、演説会を開けば毎回何 万もの人を集めた男。その名は、瀬長亀次郎。団結して立ち向かったのは、戦後沖縄を占領したアメリカ軍の圧政。祖国復帰へ向 けて民衆をリードした、その人物は、アメリカが最も恐れた男だった━。

沖縄・桜坂劇場にて先行公開中 8 月 26(土)より、東京・ユーロスペース他全国順次公開

公式 HP:
www.kamejiro.ayapro.ne.jp

***********************************

監督 :佐古忠彦
撮影:福田安美 音声:町田英史
編集:後藤亮太
エグゼクティブプロデューサー:藤井和史
プロデューサー:大友淳、秋山浩之
語り:山根基世、大杉漣
テーマ音楽:「Sacoo」作曲・演奏 坂本龍一 音楽:坂本龍一、兼松衆、中村巴奈重、中野香梨、櫻井美希 2017 年/日本/日本語/カラー(一部モノクロ)/ビスタ/ステレオ/107 分
配給:彩プロ
©TBSテレビ


文音・草笛光子 W主演映画『ばぁちゃんロード』製作発表!


映画情報どっとこむ ralph 映画『ばぁちゃんロード』の製作を発表となりました!

舞台は海沿いの田舎町。
結婚を間近に控えた根っからのおばあちゃんっ子の孫娘・夏海と、足を怪我して施設で暮らす祖母・キヨが、一緒にバージンロードを歩くという無謀とも言える目標に向けて2人でリハビリを重ね奮闘する物語。

人間関係の希薄化が取りざたされるこの時代に、世代を超えた家族の絆や生きる希望を描いたハートウォーミングな映画が誕生します。

そして、女優・文音(29)と草笛光子(83)が、孫・夏海と祖母・キヨ役でダブル主演を務めることが決定しました。二人はドラマでの共演をきっかけにプライベートでも交流を深め、文音は草笛を実の祖母のように慕い、草笛は孫のように可愛がる相思相愛の仲。

まさに運命のような縁を感じるダブル主演決定に、2人は以下の通り、喜びのコメントを寄せています。

文音さんからのコメント

今回、素晴らしい脚本と素晴らしい監督に出会い、まだ撮影は始まっていませんが今からこの作品がどう出来上がっていくのか楽しみです。プライベートでも交流のある草笛さんがおばあちゃん役と聞いた時は本当に嬉しくて、私達にしか出来ないばぁちゃんロードが必ず出来る!!、と確信しています。精一杯、夏海という役を愛し感じ演じさせて頂きたいと思います。


草笛光子さんからのコメント

2年ぶりの映画の仕事なので、チョットワクワクしております。これは孫娘との愛の物語なので、相手役の文音さんとの心の交流、思いやりが大切な軸になります。ですからその事だけを思って、演じるように見えない演じ方をしたいです。おばあちゃん思いの孫と、孫思いのおばあちゃんの感動のお話です。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、日本映画界に多くのクリエイターを輩出してきた教育機関、映画美学校が行った第一回プロットコンペにて最優秀賞を受賞したプロット(ストーリー)を映画化するもの。映画『花戦さ』が絶賛公開中の名匠・篠原哲雄監督(55)がメガホンを取ります。

篠原哲雄 監督からのコメント

ふた世代離れた祖母と孫が共に歩んで行く姿は、親子関係とは違う深さや強固さが表せると思います。若い孫は昭和を生きたばあちゃんから逆境に立ち向かう「たくましさ」を学び、ばあちゃんは孫から幸せに向かう「人の思いの強さ」を見つけだします。二人の結びつきを俳優さんの自然体な芝居から感じられるように撮っていきたいと思います。文音さんにはひたむきに目標に向かう純粋さと健気さを、草笛光子さんには人が持つ芯の強さみたいなものを、僕がどこまで引き出せるかだと思います。富山県・氷見の風情ある町並みを背景に、日本映画の一つの伝統とも言える「泣ける映画」を作ってみせたく思います。

共演陣には、三浦貴大、桜田通、鶴見慎吾など、若手、ベテランの実力派俳優が集結。撮影は、風光明媚な港町として知られる富山県氷見市を中心に行われ、8月下旬にクランクイン。完成は12月を予定しております。

***********************************


出演
文音 草笛光子
三浦貴大 桜田通 辻本晃良 富永沙織 竹内晶子 /鶴見辰吾

監督:篠原哲雄
脚本:上村奈帆
プロデューサー:佐藤現
製作:「ばぁちゃんロード」製作委員会
製作幹事:セントラル・アーツ
    


日本人と和食の深い関係『いただきます〜みそをつくる子どもたち』公開決定


映画情報どっとこむ ralph 昔ながらの子育ての中に見つける大切なこと。
今、もう一度見つめたい。 医食同源に基づいた和食の給食に込められた「いただきます」の本当の意味。

いただきます〜みそをつくる子どもたち』が公開が2017 年10月7日(土)より、渋谷アップリンクほか全国順次が決定しました。
本作は、福岡県にある高取 保育園で取り組んでいる“みそづくり”や“和食”の給食取り入れた子育てを追ったドキュメンタリー映画です。2016 年に市民有志 の寄付金と多くの人の協力によって完成し、これまで、西日本を中心に全国 60 箇所で自主上映を重ねてきました。そして、たくさ んのお客様の声にお応えして、ついに劇場公開が決定!新たに高取保育園への追加取材や、内科医・奥田昌子さん、映画『みん なの学校』で注目を集めた教育者の木村泰子さんのインタビュ−も加わり、エンディングテーマは坂本美雨さんが担当し、よりバー ジョンアップして、日本人と和食の深い関係を描いていきます。

映画情報どっとこむ ralph 福岡県、高取保育園。
そこには、まるでタイムトリップしたような、懐 かしい日本の子育てがありました。裸足で園庭を駆け回り、竹馬で遊ぶ 子どもたち、そして、日本の伝統的な食養生・医食同源に基づいた、み そ汁、納豆、玄米、旬の野菜を中心にした和食の給食です。ここでは、 毎日食べる玄米は子どもたちが研ぎ、全園児 200 人分のみそ汁のみそ 100kg を毎月5歳児クラスが仕込みます。その他、梅ぼし、沢庵、高菜 漬けづくりにも子どもたちが参加します。
ドラマや映画化もされたベストセラー「はなちゃんのみそ汁」のはなち ゃんが通った保育園として広く知られるようになった高取保育園は、 1968 年に開園。アレルギーや食育という言葉がまだない時代から、ア レルギー疾患の子どもたちを受け入れ、その解決策や食のあり方を探っ てきました。試行錯誤を続け、答えを“かつて当たり前だった日本の暮 らし”の中に見出します。

この和食給食スタイルは“食は命なり”という理念のもとに実践され、多くの園児たちを健やかに育ててきました。

みそを作り、おにぎりを握る子どもたち。古きよき日本の食卓を学ぶ姿に浮かび上がるのは“和食と日本人の深い関係” です。本作では、発酵学の第一人者である小泉武夫先生や各分野の専門家とともに、日本の伝統的な和食に隠された先人たちの英知を紐解いていきます。
ナレーションは石田ゆり子さん、やわらかな声が子どもたちの成長をあたたかく包み込 みます。命輝く子どもたちから元氣をもらうピュア・ドキュメンタリーの誕生です。


2017 年10月7日(土)より、渋谷アップリンクほか全国順次公開
itadakimasu-miso.jp

***********************************

ナレーション:石田ゆり子
出演:高取保育園の元気な子どもたち、保護者のみなさん、西福江(高取保育園園長)、小泉武夫、奥田昌子、木村泰子 ほか
監督・撮影・編集:オオタヴィン
プロデューサー:安武信吾
エンディングテーマ:星めぐりの歌(作詞・作曲:宮澤賢治、歌:坂本美雨 with CANTUS )
挿入歌:いま 生きているということ(作詞:谷川俊太郎、作曲・歌:小室等)
製作:イーハトーヴスタジオ
配給・宣伝:メジロフィルムズ
(2017年 / 日本 / 75分 / 16:9 / デジタル)


代島治彦監督 新作ドキュメンタリー『三里塚のイカロス』初日決定


映画情報どっとこむ ralph シアター・イメージフォーラムにて公開する代島治彦監督新作ドキュメンタリー『三里塚のイカロス』の初日が9月9日(土)に決定しました。

「成田空港闘争」という歴史にごりごり迫りつつ、ドキュメンタリーの面白さの真骨頂といえる登場人物たちの魅力があふれます。音楽は大友良英によるフリージャズ、撮影は小川プロ出身の加藤孝信、劇中印象的な写真は今再び世界に注目される写真家・北井一夫、イカロスの絵は『PRIVATE WORLD』で知られる下田昌克。


あの時代から50年の今。
あの時代を知っている人も知らない人も

三里塚のイカロス

9月9日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムを皮切りに全国順次公開

公式サイト:sanrizuka_icarus

映画情報どっとこむ ralph
解説:
ある日突然、この土地に空港を作るから出て行きなさいと言われた農民たちの闘い。それが今から約50年前に始まった成田空港建設反対闘争だ。成田市三里塚に巨大空港を作ることを決定した政府に対して、農民たちは抵抗運動を開始した。本作は、農民たちとともに闘うために三里塚に集まった若者たちを描く。登場するのは、三里塚闘争の責任者という立場にあった者、農民と結婚した者、当時高校生だった活動員など。これまで誰にも語らなかった“あの時代”と“その後の50年”の記憶を語る。世界中が「政治の季節」に燃え上がるようだった“あの時代”。だが、それは、苦い結末を迎える。若者たちは墜落するイカロスだったのだろうか。中核派政治局員として25年間三里塚現地責任者を務めた岸宏一は、本作完成後、今年3月26日、谷川岳で遭難。この映画が彼の遺言となった。
2014年「映画芸術」日本映画ベストテン第3位などに輝いた姉妹編『三里塚に生きる』(14)が国家と闘った農民を中心に描いたのに対して、本作は農民とともに闘った若者たちの人生を描く。音楽は大友良英によるフリージャズ、撮影は小川プロ出身の加藤孝信、劇中印象的な写真は北井一夫、イカロスの絵は『PRIVATE WORLD』で知られる下田昌克が手がけている。
監督:代島治彦
撮影:加藤孝信
音楽:大友良英
写真:北井一夫
2017年/日本/カラー&白黒/138分/DCP/5.1ch/英字幕付き 
配給:ムヴィオラ 
© 2017 三里塚のイカロス製作委員会
第18回チョンジュ国際映画祭正式招待作品   

映画情報どっとこむ ralph 『三里塚のイカロス』公開記念として“三里塚シリーズ”を含む「小川プロ特集上映」、姉妹編『三里塚に生きる』のアンコール公開も決定しました。

◎ 『三里塚のイカロス』公開記念/小川紳介没後25周年:
ドキュメンタリーの大宇宙「小川プロダクション・三里塚とあの時代1967-1973」
9/9(土)~9/17(日)@シアター・イメージフォーラム
全9作品・全作品16ミリ上映  
フィルム提供・協力:アテネ・フランセ文化センター、武蔵大学

上映作品 
① 『日本解放戦線・三里塚の夏』② 『日本解放戦線・三里塚』③『三里塚・第三次強制測量阻止闘争』
④ 『三里塚・第二砦の人々』⑤ 『三里塚・岩山に鉄塔が出来た』⑥ 『三里塚・辺田部落』⑦『圧殺の森-高崎経済大学闘争の記録』⑧『現認報告書 羽田闘争の記録』⑨『パルチザン前史』

◎ 『三里塚のイカロス』公開記念:『日本解放戦線・三里塚の夏』を撮った伝説のキャメラマン、大津幸四郎の遺作にして執念の一作をアンコール公開!9/18(月・祝)より『三里塚に生きる』@シアター・イメージフォーラム

1960年代にはじまった成田空港建設反対闘争を、当事者である成田市三里塚の人々の証言から描いたドキュメンタリー。本作が遺作となった大津幸四郎キャメラマンが、『日本解放戦線 三里塚の夏』(1968)以来45年を経て三里塚の農民にキャメラを向け撮影し、共同監督を努めた。現在の三里塚の人々の姿から、空港闘争とは何だったかのか、国家権力に振り回されてきた人々のくらしや考えが静かに浮かび上がる。闘争の過程で亡くなった二人の死者、自宅と田畑を強制収用された大木よねが残した「闘争宣言」を吉行和子が、22歳の若さで自死した三里塚青年行動隊・三ノ宮文男の遺書を井浦新が朗読し、死した者の心を現在へ口承している。
2014年日本映画ペンクラブ文化映画部門第2位/2014年「キネマ旬報」文化映画ベストテン第4位/2014年「映画芸術」日本映画ベストテン第3位

***********************************

監督・撮影:大津幸四郎
監督・編集:代島治彦
朗読:吉行和子、井浦新
音楽:大友良英
写真:北井一夫
プロデューサー:赤松立太・代島治彦
企画・製作:三里塚に生きる製作委員会
カラー・モノクロ/DCP/140分/2014年/英字幕付き
宣伝・配給:ムヴィオラ


『NERUDA』の邦題が『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』で公開決定


映画情報どっとこむ ralph 『NO』『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』を手掛けたチリ出身のパブロ・ラライン監督が祖国の英雄、 パブロ・ネルーダの半生を描いた『NERUDA』の邦題が『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』に決定し、11月11 日(土)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA 他にて全国ロードショーとなります。
ⒸFabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016

英雄的ノーベル文学賞詩人を誕生させた背景とは― 注目のチリ出身監督パブロ・ララインが仕掛ける独創的文学サスペンス 詩人として 1971 年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的ヒーロー、パブロ・ネルーダ。

詩人でありながら、共産主義の政治家として活動していたネルーダは芸術を愛し、女性を愛 し、酒場を愛するという享楽主義者であり、何よりも貧しい人々に寄り添う博愛主義者だった。 しかし第二次世界大戦後から、その思想ゆえにチリ政府から追われるようになり、生涯の大 半を逃亡生活に費やした。本作は、ネルーダが国外逃亡を余儀なくされた 1948 年の 1 年間に焦点を当て、弾圧のなかでいかに代表作「大いなる歌」が生み出され たかの背景に迫った意欲作となっている。

映画情報どっとこむ ralph 本作のメガホンをとったのは、ピノチェト独裁政権の是非を問う国民投票における反対派のキ ャンペーン活動を描いた『NO』(12)で注目されたパブロ・ラライン監督。ネルーダと同じチリ 人のララインが祖国の美しい自然は第二次世界大戦後の混乱期の生活を織り交ぜ、斬新 で叙情的なサスペンス映画に仕立て上げた。 ネルーダ役には、チリの映画界と TV 界で最も知名度が高い俳優の 1 人であるルイス・ニェッ コを起用。近年ではゴールデン・グローブ賞にノミネートされたNETFLIXオリジナルドラマ「ナル コス」にも出演し、活躍の場を国外へも広めている。またネルーダを追う警官・ペルショノー役を、 メキシコを代表する俳優であるガエル・ガルシア・ベルナルが務める。国に従事するも次第に 享楽的なネルーダに魅了されてしまうペルショノー役を愛嬌たっぷりに演じている。 ネルーダの信奉者であるラライン監督のもとに、ラライン監督映画の常連俳優やスタッフが集まり、ネルーダの人生で最も謎多き地下潜伏と逃亡の時期を描き出す。

『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』

11月11日(土)より、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA 他 全国ロードショー
by Diego ArayaⒸFabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016

***********************************

監督:パブロ・ラライン『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
脚本:ギレルモ・カルデロン
出演:ルイス・ニェッコ、メルセデス・モラーン、ガエル・ガルシア・ベルナル 他
原題:NERUDA
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

2016/チリ・アルゼンチン・フランス・スペイン/108分/カラー/シネマスコープ/5.1ch
日本語字幕:石井美智子/字幕監修:野谷文昭

by Diego ArayaⒸFabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016
ⒸFabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016