「オムニバス」カテゴリーアーカイブ

アンドリュー・チョイ & ン・ガーリョン来日 香港社会派問題作『十年』


映画情報どっとこむ ralph 香港で大ヒット、香港のアカデミー賞金像奨の最優秀作品賞を受賞し、香港映画界の流れを変えたとも言われながら・・・。

しかし、その作品内容から中国から封殺されている社会派問題作『十年』が、いよいよ本日22日(土)から新宿K’s cinema他にて順次公開。

初日エグゼクティブプロデューサーのアンドリュー・チョイ、プロデューサーで第5話「地元産の卵」の監督ン・ガーQ&リョンによるQ&Aを行いました。

香港映画『十年』公開初日Q&A
日時:7月22日(土) 
場所:新宿K’s cinema
登壇:
アンドリュー・チョイ(エグゼクティブ・プロデューサー)
ン・ガーリョン(プロデューサー/監督)

映画情報どっとこむ ralph 立ち見でびっしり!の会場に温かい拍手で迎えられたアンドリュー・チョイさんとン・ガーリョンさん。

チョイP:エグゼクティブ・プ十年のプロデューサです。今日は第1回目から満席。感謝しています。

ガーリョン監督:十年のプロデューサと地元産の卵の監督をしています。今の香港の現状を分かっていただければと思います。

二人のプロデューサとしてのすみわけは、企画は2人でねり4人の監督を決めるところまでを2人で。その後ガーリョンPが配給と上映。ガーリョン監督が4人の監督をまとめてストーリーをキメた後。5作品目『地元産の卵』の監督に集中したそう。

映画情報どっとこむ ralph ここで、集まった観客との質疑応答へ。

Q:北京語を使用せよとの政府からの勧告などはありましたか?

ガーリョン監督:まず使えという支持はありませんが・・・。国語は北京語に代わっていのです。が、今まで使用してきた広東語には、いろいろな表現があると思うんですね。それがなくなることに対して、この作品を作りました。

チョイP:補足ですが、中国国内の北京語(普通語)を既に使用することになった地域もあります。そこも、いずれ香港もそうなるのではないかと危惧しています。

Q:香港アカデミー賞をとっても、その後なかなか活躍できないとか?

チョイP:2015年上映で、8週間満員だったのですが、どういう原因か上映が終わってしまいました。その後に香港のアカデミー賞金像奨の最優秀作品賞を受賞しましたが、批判的なことも新聞も掲載されました。自分たちは創作活動を続けていますが、スタッフは本土に入っていません。気を付けるに越したことは無いですから。

と、シビアな現実も語りました。さらに

ガーリョン監督:この作品の後、映画製作の話をいただきましたが、「十年」の制作者だとわかったら、手のひらを返して。そういうことがありましたが・・・監督としては、そういう考えを織り込む人と一緒にやらない方が良いですからね。最初に分かってよかったです。

と前向きな監督。

映画情報どっとこむ ralph Q:2025年に着眼したのは

ガーリョン監督:この作品を企画した段階で話し合いました。2025年にしたのは。今この映画を観られる人が、10年後であれば若い人もお年寄りも関われるからです。そして、10年という節目の人生のターニングポイントとしての「時間」を撮らせていただきました。

チョイP:現実的には、バジェットがなかったので、50年後だとセットや衣装とかね。。大変です。10年後にしました。(笑)

と、反骨とリアルの10年のよう。

Q:実際の香港では大変な変化が起こっていますが、脚本など変えたところはありますか?

チョイP:少しありますね。雨傘運動があって。それは反映させましたね。催涙弾のシーンはロケ地NGになって、別を探しました。10年後を描くのは変わっていませんけどね。

ガーリョン監督:撮影中にちょうど雨傘運動のうねりがあり、それに合わせて脚本を変えていきましたので。そのあとに、政府の発言が増えてきて。。。。現実となってしまったことも盛り込みました。もちろん雨傘運動の前後。卵を投げるシーンは反映させていますね。

と、答えたお二人。

映画情報どっとこむ ralph 今後の彼らの創作活動が気になるイベントとなりました。

政治不信が広がる日本人。
今見るべきかもしれない。

『10年』

は絶賛上映中!

物語・・・

第1話『エキストラ』
労働節(メーデー)の集会会場のある一室。2 人の男が銃で来場者を脅そうと密かに準備を進めている…。

第2話『冬のセミ』
壊れた建物の壁、街に残された日用品など、黙示録の中の世界になったような香港で、一組の男女が標本を作 製して
いる。

第3話『方言』
タクシー運転手に普通話の試験が課せられ、受からないと香港内で仕事ができる場所に制限がかかるようになる。

第4話『焼身自殺者』
ある早朝、英国領事館前で焼身自殺があった。身元もわからず遺書もない。一体誰が何のために行ったのか!?

第5話『地元産の卵』
香港最後の養鶏場が閉鎖された。【地元産】と書かれた卵を売るサムは、良くないリストに入っている言葉だと注意を受け
る。

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:アンドリュー・チョイ(蔡廉明)
プロデューサー:ン・ガーリョン(伍嘉良)
監督:「エキストラ」 クォック・ジョン(郭臻)
「冬のセミ」 ウォン・フェイパン(黄飛鵬)
「方言」 ジェヴォンズ・アウ(歐文傑)
「焼身自殺者」 キウィ・チョウ(周冠威)
「地元産の卵」 ン・ガーリョン(伍嘉良)
2015/香港/広東語/DCP/108 分/英題:TEN YEARS/配給:スノーフレイク


2015 年から「10 年後の香港」の近未来 映画『十年』メインビジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 1997 年に、イギリスから中国へ返還されてから 7 月 1 日で 20 年目を迎えようとする香港の<今>を描く社会派問題作『十年』 が、7 月 22 日(土)より K’s cinema 他にて日本公開されます。

本作は 5 人の新人監督によって創作された 5 本のショートフィルムで構成。
製作された 2015 年から「10 年後の香港」を描いています。自主映画として製作費 750 万円(500,000 香港ドル)で製作され、2015 年 12 月、香港でわずか 1 館から始まった上映は、徐々に上映館を広げ興行収入約 9200 万円(6,094,741 香港ドル)を記録。口コミが広がり、同日に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の動員を、一時凌ぐ勢いで香港の人々の支持を受けました。翌 2016 年 3 月には、香港のアカデミー賞と言われる香港金像奨で最優秀作品賞を手にしています。
また2017年4月には、第3話『方言』の監督ジェヴォンズ・アウが初の長編デビュー作『大樹は風を招く』(2016Filmex上映)で、再び香港金像奨最優秀作品賞を受賞しました。 この20年間、SARS、中国からの観光客や移民、雨傘革命、今年7月1日に新たに習近平政権下で就任する行政長官の選挙等、「一国二制度」下で、しかし大陸から分断された土地である香港は揺れ続けてきました。本作は、日本からは見え難い香港の市井の人々が内包する問題を、見る側に問いかけます。

映画情報どっとこむ ralph ビジュアルは、第 1 話『エキストラ』、第 2 話『冬のセミ」』、第 3 話『方言』、第4 話『焼身自殺者』、第5 話『地元産の卵』、各話の象徴的なスチールカットを使い、白を基調にした香港版に近いビジュアルになっています。ロゴの右側を崩すことによって、その先に広い空間を作り「10 年後の香港」の未来を見る側に想像させます。

物語・・・

第1話『エキストラ』
労働節(メーデー)の集会会場のある一室。2 人の男が銃で来場者を脅そうと密かに準備を進めている…。

第2話『冬のセミ』
壊れた建物の壁、街に残された日用品など、黙示録の中の世界になったような香港で、一組の男女が標本を作 製して
いる。

第3話『方言』
タクシー運転手に普通話の試験が課せられ、受からないと香港内で仕事ができる場所に制限がかかるようになる。

第4話『焼身自殺者』
ある早朝、英国領事館前で焼身自殺があった。身元もわからず遺書もない。一体誰が何のために行ったのか!?

第5話『地元産の卵』
香港最後の養鶏場が閉鎖された。【地元産】と書かれた卵を売るサムは、良くないリストに入っている言葉だと注意を受け
る。

***********************************

エグゼクティブ・プロデューサー:アンドリュー・チョイ(蔡廉明)
プロデューサー:ン・ガーリョン(伍嘉良)
監督:「エキストラ」 クォック・ジョン(郭臻)
「冬のセミ」 ウォン・フェイパン(黄飛鵬)
「方言」 ジェヴォンズ・アウ(歐文傑)
「焼身自殺者」 キウィ・チョウ(周冠威)
「地元産の卵」 ン・ガーリョン(伍嘉良)
2015/香港/広東語/DCP/108 分/英題:TEN YEARS/配給:スノーフレイク


『少年の詩』優香 内川蓮生 清水崇監督が登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶3


映画情報どっとこむ ralph ブルーハーツの名曲にのせ、人気監督たちが曲をイメージした6本の作品を製作。クラウドファンディングでの応援のもと、昨日(4月8日)無事に劇場公開を迎えた映画『ブルーハーツが聴こえる』の連続初日舞台挨拶が新宿バルト9にて豪華キャストと監督が登壇する舞台挨拶が行われました。。

そして、その2日目。
3回目の舞台挨拶が『少年の詩』優香さん、内川蓮生さん、清水崇監督が登壇して行われました。


初日連続舞台挨拶
日程:4月9日(日)
場所:新宿バルト9 
<第三弾>『少年の詩』
登壇者
『少年の詩』:優香、内川蓮生、清水崇監督

映画情報どっとこむ ralph 『少年の詩』清水組
プレミアム上映会では清水監督のみが登壇した本作品だったが、今回はキャスト陣も一緒に清水組が観客の前で初披露。

大きな拍手で迎えられたキャスト・監督へ、まずはMCから主演・優香さんへ内川蓮生さんとの久しぶりの再会ですがと問われると、

優香さん:再会してびっくりしました!イケメンだし天使の瞳で!母親になった気分です。

と久しぶりの再会を嬉しんだ。冒頭の挨拶で

内川さん:撮影から本日までの2年間の間で身長が15cmも伸びたんです!

と驚かせた。優香は本作出演へのオファーを受けた時の感想を問われると、

優香さん:清水監督とは10年前にホラー作品で主演をさせてもらった以来なんです。まさか今回母親役でびっくりしましたし、大好きなブルーハーツということで嬉しかったです。

と答え、これを受け

清水監督:10年前はこんなペラペラ喋る子じゃなかったのにと当時を振り返り、オファーをした当時は(優香は)独身だったので、それでいてシングルマザーの役をお願いしたので気を使いました。

と答えた。

映画情報どっとこむ ralph シングルマザーの役を演じるにあたって気を使ったことを問われ

優香さん:短期間で親子関係を作り上げなきゃいけないので、撮影中もずっとそばにいました!

と内川との仲良しさを観客に見せてくれた。印象に残っていることはと問われ

内川さん:オーディションの時にあまり監督のことを調べてなくて、『呪怨』の監督だと聞いた時にびっくりして何か他の作品ないんですかって失礼なこと聞いちゃったんですよ!

と可愛らしいエピソードを話してくれた。     

優香さん:印象に残ったというか申し訳なかったことがあったんです!劇中に(内川が)納豆を食べるシーンがありまして、何回か撮ったんです。お腹いっぱいになったと思うし、何より納豆が嫌いだったっていうことが後から解って…申し訳なかったです!

と語ってくれた。それを受け

清水監督:(嫌いだということを)知ってて食べさせたんだよ!

と突っ込みをいれ、内川はこの作品のおかげで、その後納豆嫌いを克服したということを明かしました。

キャストへの演出方法を問われて・・・

清水監督:(優香が)結婚前なのでどうやってお母さんになって貰うかにやはり気を使いました。優香さんはすんなりと、とってもいい母親役を演じてくれた。

と語りました。撮影中はご結婚前で、現在はご結婚後でこの作品を観て心境はいかがですかという問いに対し

優香さん:こんな可愛い子(内川)がいたらいいなって!連れて帰りたいです!

と笑顔で答えてくれた。


「少年の詩」を選んだ理由を問われた

清水監督:いくつか迷った曲はありました。でも他の監督と被らないかなとか…色々考えました。意識しないで選曲していいですとプロデューサーから言われたんですが、6人の監督が見事に被らなかったんです。だいぶ経ってから他の監督の作品を観たのですが、びっくりするぐらいそれぞれテイストが違うんです。本当面白いなと思いました。僕も久しぶりにホラーではないですし・・・。

と答えました。

映画情報どっとこむ ralph 本作品のロケ地に自身の地元群馬県前橋のことについて触れると、

清水監督:学校も母校を使いましたし、ヒーローショーの観客(エキストラ)もほとんど知り合いなんです。初めて自分の地元で撮りたいなと思って前橋の色々な方が協力して下さったんです。

と。劇中には戦隊ヒーロー、ボンバー仮面が登場しているが・・・清水監督が少年時代に憧れていたヒーローを投影させていて、そのヒーローを新井浩文さんが演じていることに触れた清水監督。そこで実際に劇中で使われたヒーローの仮面を舞台上から観客へ披露した。

時代背景にとてもこだわりがある本作品について

清水監督:1987年はブルーハーツがメジャーデビューした年なんです。その当時は僕ももう高校生だったので、その当時の子供はどんなんだったのかなとか、CMはどんなものがやっていたんだろうとか調べながら細部にこだわりました。

と思いを披露しました。

最後の挨拶で

優香さん:ホラーの清水監督が描いたまた違う素敵な作品です。是非皆さん御覧になって下さい。

と伝え、

内川さん:お足元の悪い中本日はお越し頂きありがとうございます。沢山の方々が応援して下さったこの映画が皆さんに伝わって欲しいです。

と大人顔負けの挨拶。そして・・・

清水監督:ブルーハーツの曲が好きでこの作品を作りました。色々大変な思いもしましたが、有難うございますと全国の方々に伝えたいです。少し泣きそうです。

と、色々あった本作品への熱い思いを語り、舞台挨拶は終了となりました。

映画情報どっとこむ ralph 映画ファンの熱い想いがクラウドファンディングで公開に漕ぎ着けた良い例にもなった本作

『ブルーハーツが聴こえる』

4月8日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー中!

公式サイト:
tbh-movie.com


過去記事:
『人にやさしく』&『ラブレター』&『1001のバイオリン』市原隼人・斎藤工・豊川悦司・山本舞香・三浦貴大ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶1
http://eigajoho.com/?p=68458


『ハンマー(48億のブルース)』&『ジョウネツノバラ』尾野真千子 永瀬正敏 角田晃広 伊藤沙莉 ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶2
http://eigajoho.com/?p=68475


***********************************

尾野真千子 角田晃広/市原隼人 高橋メアリージュン/斎藤工 要潤 山本舞香/優香 内川蓮生 新井浩文/永瀬正敏 水原希子/豊川悦司 小池栄子 三浦貴大

監督:飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日
配給:日活/ティ・ジョイ 
宣伝協力:MUSA
© TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight