「愛」カテゴリーアーカイブ

『幼な子われらに生まれ』モントリオール世界映画祭で審査員特別賞受賞


映画情報どっとこむ ralph 現在公開中の映画『幼な子われらに生まれ』。

この度、8/24~9/4にカナダで開催されていた第41回モントリオール世界映画祭のコンペティション部門でグランプリに次ぐ審査員特別賞を受賞しました。

本映画祭で9月1日と9月3日に上映された本作。
モントリオール映画祭で最高の動員数を記録し、「心に響いた」「泣いた」という観客が続出。また「私も小さい頃に同じような経験をした事がある」など、国境を越えた普遍的な家族のカタチを描き、世界の観客を魅了しました。


幼な子われらに生まれ』の審査員特別賞受賞について、

「『DEAR ETRANGER』という題名に呼応するかの様に達者な演者が様々な側面を見せる事で、一見静かにスローに見える冒頭からの30分間に、実は水面下で複雑な緊張が張り巡らされている事に気付かされる。後半に入るとその緊張の糸が切れたり弾けたりして、一体それぞれのエレメントはどこに行くのだろうと思わせる。そこに一貫してイノセントな役柄を通しているのが、一番下の子どもであり、大人の世界で何が起ころうとも動じない。故に対比が一層増幅されるかのようである。英語とフランス語を交えたタイトル『DEAR ETRANGER』はモントリオールの日常にフィットしている。」

と審査員は評価しています。

観客からも「DEAR ETRANGER」という英語タイトルについて、

「見た後には特にそう思う。父親のクローズアップから映画の最後に出てくるメインタイトルで、なるほど、と腑に落ちるんだ。」

と絶賛の声が挙がっています。

映画情報どっとこむ ralph 三島有紀子監督コメント

モントリオール世界映画祭の審査員特別賞をいただけて、海外の皆さまにも伝わったんだなあと、とても嬉しくて、とてもありがたくて、この喜びを、関わってくださったみんなで分かち合いたいです。

スタッフ、キャストのみさなま、おめでとうございます。

そして、この世に生きるすべての『DEAR ETRANGER』(英題)=親愛なる異質な人へ・・・ありがとうございます。


浅野忠信さんコメント

とても嬉しいです!

モントリオール世界映画祭という大きな映画祭で審査員特別賞をとれたのは、三島監督の粘り強さと三島組という1つの家族の支えがあったからだと思います!みなさんが劇中の僕らの演じた田中家に幸福を運んでくれました!

映画情報どっとこむ ralph 「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」

―娘に言われた時、妻には新しい命が宿っていた。

「普通の家族」を築けない、不器用な大人たちの、愛すべき物語。

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン。田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。
実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言、「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが…。

公式HP:
osanago-movie.com

***********************************

出演:浅野忠信 田中麗奈/南沙良 鎌田らい樹 新井美羽 水澤紳吾 池田成志/宮藤官九郎 寺島しのぶ 

原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫)
監督:三島有紀子(「しあわせのパン」「繕い裁つ人」)
脚本:荒井晴彦
配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch) 
ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会 


良いお父さんぶりが滲む哀川翔、福地桃子 親子登壇!『あしたは最高のはじまり』


映画情報どっとこむ ralph 世界 5 ケ国リメイクが決定!本国フランス、ヨーロッパで大ヒット!!
オマール・シー最新主演作 『あしたは最高のはじまり』は9月9日(土)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、渋谷シネパレスほかで公開となります。

本日、スペシャルトーク付試写会が行われ、上映前に“芸能界の仲良し親子”として有名な哀川翔さんと福地桃子さんのお二人が登壇しました。

日付: 8月30日(水)
場所:KADOKAWA 神楽座ホール
登壇:哀川翔、福地桃子

映画情報どっとこむ ralph 本作が父娘の絆の物語ということで、おそろいの赤いスカーフを哀川さんはスーツのポケットに、福地さんはヘアアレンジに取り入れたコーディネートで登場した哀川さんと福地さん。

今回、親子では初となる映画イベント登壇となる哀川さん と福地さん。

感想を聞かれると、

哀川さん:別に普通ですよ。親子で登壇するけど、プライベートをさらけ出すということではなくて、今日はきっちりトークをしてもらわないとね。
と娘の福地さんへアドバイスはするものの顔はほころびっぱなし。一方で

福地さん:今日は親子の物語をPRするということで、朝ごはんは親子丼を食べてきました!

と気合十分。

哀川さん:そういうことだったの?俺は普通に食べてたよ。

と、その意味に気づいていなかった様子。

映画情報どっとこむ ralph 映画の感想を聞かれ

哀川さん:人生は一度きりだし、一生懸命生きていくということが大切なんだな、と改めて感じさせてくれる映画でした。自分に しては大変珍しいことなんだけど、2 回見ました。たぶん 3 回目も見ると思う。なんで見るのかっていったらネタバレになっちゃうから言えないんだけどね (笑)サミュエルとグロリアの親子関係が素敵で、内容が深くて…、とにかく繰り返し見たくなる映画ですよ。

とコメント。

福地さん:幸せってなんだろう?と考えさせられる映画でした。普通の親子関係ではない主人公のふたりの周りには愛が溢れていて、見ている間ずっと笑顔になってしまうような、すごく素敵な映画でした。

と作品の魅力を伝えました。

映画情報どっとこむ ralph 哀川さんと主人公サミュエルとの共通点を聞かれると

福地さん:サミュエルのように、お父さんというより子供に近い目線から接してくれるんです。だから家族だけじゃなくて子供みんなに好かれているんだと思います。

と見解を述べると、

哀川さん:そうそう俺、幼稚園~小学校低学年の子たちにはめちゃくち ゃ人気あるからね。

と自慢げ。

哀川さん:子供の遊びに親がのっかるのはすごく難しいから、俺は親の遊びに子供を引き込んじゃうんだよね。そのほうが子供も喜ぶし、親子の繋がりが深くなるような気がして。映画の中でもサミュエルとグロリアが一緒にバスケットボールをしているシーンがあるけど、大人がうまくやると子供がそれに憧れて『自分もうまくなりたい』と向上心が芽生えるでしょ。それはすごくいいことだと思うんです。あとスタントマンの仕事をしているサミュエルが子供を撮影現場に連れて行くけど、うちも小さい頃から現場には連れて行っていましたよ。この子たちは仕事場に行くというよりも遊びに行くという感覚だったみたいです。当時は任侠映画の撮影が多かったんだけど、夜一緒に お風呂に入ると俺の背中の入れ墨メイクをみて『今日は柄が違うね~』と言ってきたりしていました(笑)

と福地さんの幼い頃を思い出しながら芸能一家ならではのエピソードを明かしました。

さらに、家庭円満の秘訣について聞かれると

哀川さん:しょうもないことをなんでも会話にしちゃうことかな。明日何時に起きるの?今日はどこ行くの?とか、あまり会話にしなくていいようなことも全部聞きます。そうすることで自然に家族間のコミュニケーションがとれているんじゃないかな。

と話すと、納得した様子で、

福地さん:家族全員が全員のその日のスケジュールを把握できるように、朝みんなで会話をするんです。それがもう日課になっていたので今まで気づかなかったのですが、家族の大事なコミュニケーションとなっていますね。

と日々の何気ない日課が仲良し親子のヒミツであることを明かしました。

映画情報どっとこむ ralph また娘である福地さんしか知らない、父・哀川さんの秘密を聞かれると

哀川さん:父は植物に優しいんです。家の植物の水やりは父が担当していますね。最近は四葉のクローバーを一生懸命育てているんですよ!

と哀川さんのカブトムシ愛だけでない一面を明かし・・・。それについて

哀川さん:誕生日に“幸せの四葉のクローバーの 種”をもらったから、鉢に植えて育てていたんだけど、出てきたら全部三つ葉だったんだよ!可愛がってたから、結構ショックだった。

と、衝撃の結末を語り 会場の笑いを誘いました。


そんな哀川さんに日ごろの感謝の印として、福地さんからサプライズで四葉のクローバー柄のネクタイがプレゼントされた。
哀川さん:いいね、これ!俺そこまで四葉のクローバー好きってわけじゃないんだけど、いいね!

と嬉しそうに首元にあててみせました。

10月に20歳の誕生日を迎える福地さん。

福地さん:早く20歳になりたい。大人になりたいんです。大人の綺麗な女性はみなさんパクチーサラダを食べているイメージがあるのでパクチーを食べれるようになりたいです。

とコメント。それに対し

哀川さん:別に食べれなくてもいいじゃん!

と 反応、

福地さん:実は父もキライなんですよ。

と福地さんが暴露すると

哀川さん:それは言わなくていいんだよ。

と、ほのぼのとした仲良し親子のやりとりを見せてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

哀川さん:自分は2回見てしまいましたが、それくらい深い思いを残してくれる作品だと思います。人生どこからでもやり直せるんだと、共感できる素敵な作品でした。

福地さん:日々を過ごす中で忘れかけていた大事なことに気付くきっかけをくれる映画だと思います。私自身この映画からたくさんのことを教わりました。見終わった後に は、大切な方にこの映画を勧めてあげてください。

PR し、トークイベントを締めました。


あしたは最高のはじまり
原題:Demain Tout Commence

公式 HP:http://ashita-saikou.jp

南仏コートダジュールで、毎日がバカンスのような気楽な暮らしを送るサミュエル(オマール・シー)。ところが、 かつて関係を持ったクリスティン(クレマンス・ポエジー)が突然現れ、生後数か月のグロリアを「あなたの娘よ」と預けてい く。慌てたサミュエルはクリスティンを追ってロンドン行きの飛行機に乗るが、心に傷を負った彼女は消えてしまう。呆然とす るサミュエルを救ったのは、彼にひと目惚れしたゲイのベルニー(アントワーヌ・ベルトラン)だった。それから 8 年、すっかり “普通じゃない”家族になった 3 人。そんな時、サミュエルがグロリア(グロリア・コルストン)に“世界をまたにかける敏腕エ ージェント”だから会えないと説明していた母親クリスティンから当然、連絡が入る。

***********************************

監督:ユーゴ・ジェラン
出演:オマール・シー、クレマンス・ポエジー、アントワーヌ・ベルトラン、グロリア・コルストン

2016/フランス/カラー/5.1ch/スコープ/117 分/G
配給:KADOKAWA




伊勢丹×新ピカ『あしたは最高のはじまり』鑑賞中お子様預かりパック実施決定!


映画情報どっとこむ ralph 『最強のふたり』で一躍世界的スターとなったフランスの国民的スター、オマール・シー最新主演作『あしたは最高のはじまり』がいよいよ9/9(土)より全国公開となります。
父と娘の型破りな絆を描いた感動のエンタテインメントである本作の公開を記念し、忙しい毎日を送るパパとママに向けて、cocoiku by ISETAN「ココイクベビーパーク」と新宿ピカデリーでは、映画『あしたは最高のはじまり』のペアチケット&ココイクでのお子さま3時間お預かりがセットになったお得なサービスキャンペーンを5日間限定で実施します。
~本映画鑑賞中お子さまお預かりサービスのポイント~
★活き活きとした子育てのために、ママやパパが自分の時間を持ち、映画鑑賞で気分リフレッシュ!
★映画の座席が確約されているので、安心してご利用頂けます!
★映画鑑賞券 2 席分(座席指定)と、お子様 1 人お預かり 3 時間分がパックで 6,480 円とお得!(日時限定)
★お預かり中のお子様のご様子は丁寧にフィードバック!(選択可能)
映画情報どっとこむ ralph 【キャンペーン概要】
◯会期:9月9日(土)、10 日(日)、16 日(土)、17 日(日)、18 日(祝・月)
◯お預かり時間:映画上映開始時間の 15 分前から3時間。上映スケジュールは、上映週の水曜日に下記にてご確認いただけます。
新宿ピカデリーウェブサイト(お知らせ欄)
ココイクのウェブサイト
ココイクFacebook
※上記媒体でお知らせする上映時間以外の時間帯は、本サービスの対象となりません。

◯場所:映画上映/新宿ピカデリー(東京都新宿区 3-15-15) お子さまお預かり/伊勢丹会館5階=マナビアイ/ココイク room3 (東京都新宿区新宿3-15-17)
◯対象:6 カ月~6歳(未就学)のお子さまとその保護者さま
◯定員:各日先着2組
◯参加費:6,480円 ※『あしたは最高のはじまり』映画鑑賞券2席分(座席指定済)+お子さま1人お預か り3時間分

【ココイクとは】
お子さまの成長にあわせた遊具を配する環境で、保育のプロフェッショナルがお子さまをお預かりします。 また、ココイクが独自に蓄積した知見から、お子さまの自立を促す遊びを発見し、乳児期の学びにつ いて 保護者さまにお伝えすることで、成長と自立をサポートします。 <ココイクベビーパーク特徴> 1.お子さまの興味を引き出す、ココイクならではのおもちゃや遊具 2.お預かり中の様子を保護者さまへ丁寧にフィードバック(選択可能) 3.お子さまの「自立」を促すようなご家庭での関わり方のヒントをお伝え

【予約方法】
9月9日(土)、10 日(日)開催分は9月6日(水)より、 9月 16 日(土)、17 日(日)、18 日(祝・月)開催分は9月 13 日(水)より承ります。 伊勢丹新宿店本館6階=センターパーク/ココイクパークにご来店いただくか、アプリまたはお電話にて、cocoiku会員にご登録後、お申込みください。 電話 03(3225)2728 直通


【注意事項】
※店頭は 10 時 30 分より、お電話では同日 3 時より承ります。
※新宿ピカデリーではご予約ができませんので、ご注意ください。
※ご予約は映画上映日前日の午後 8 時まで承ります。
※当日、伊勢丹会館5階ココイクへ映画開始時刻の 15 分前までにお越しください。
※お預かり終了 15 分前にお預かり中のフィードバックを開始いたします。15 分前にお迎えをお願いいたします(任意)。
※当日の体温や体調をおうかがいします。体調不良の場合はお預かりできませんので、ご了承ください。
※終了時刻を過ぎてしまった場合は、超過料金として、お一人さま 1,080 円/10 分を頂戴いたします。

映画情報どっとこむ ralph あしたは最高のはじまり

9/9(土)より、角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、渋谷シネパレス他全国公開
http://ashita-saikou.jp

突然父になったプレイボーイと、男手“ふたつ”で育てられた少女。 型破りな二人の絆に、笑いと涙が止まらない、感動のエンタテインメント!! 『最強のふたり』を生んだフランスから、世界級の感動作ふたたび!南仏コートダジュールの自由気ままなプレイボーイが、突然「あなたの 娘よ」とかつて関係を持った女性に、生後数か月の赤ちゃんを託される!? 姿を消した母親を追って、異国の地ロンドンに向かうが、言葉 も通じず、路頭に迷う父と娘。彼らを救ったゲイの友人と共に、風変わりで最高に自由な家族生活が始まる。本国フランスで公開するや、 初登場2位という好スタートを切り8週連続トップ 10 入り。そしてその感動はヨーロッパ全土に広まり各地で大ヒットを記録した。

***********************************

監督:ユーゴ・ジェラン
出演:オマール・シー クレマンス・ポエジー アントワーヌ・ベルトラン グロリア・コルストン
原題:Demain Tout Commence/2016/フランス/117 分/G
配給:KADOKAWA
PHOTO:JULIEN PANIÉ