「愛」カテゴリーアーカイブ

前野健太 登壇映画『パターソン』トークイベント試写会


映画情報どっとこむ ralph この度、8月26日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開する 映画『パターソン』のトークイベント試写会が行われ、ジャームッシュ作品の世界観に感銘を受けた、「ライブテープ」「トーキョードリフター」で映画出演経験もある、シンガーソングライターの前野健太さんが登壇し、トークイベントが行われました。

日時:8月17日(木)
場所:ユーロライブ
登壇:前野健太<シンガーソングライター>

映画情報どっとこむ ralph 「詩の魅力が詰まった、太い幹のような言葉と映像の強 さと詩情 を感じる作品」

映画の感想を問われ

前野さん:詩の魅力を言葉とか映像がまとっていて、それがスクリーンに詰まっていて、詩を題材にしてこんな映画を作れる人がいるんだ! と、うれしかったです。自分も詩を書いているので。

詩の創作について、

前野さん:映画の主人公と一緒で、街の中ですね。喫茶店に入って、窓越しから見える景色を見て詩を書いてました。そこに、すごくシンパシ ーを感じました。それに、映画の中でマッチが出てきますが、実は僕も好きで集めているんです。 街にこそ詩があると思います。映画の中でも、主人公がバスの運転をしながら、乗客が話していた言葉が彼の中に流れ込んで、詩 を作っていきますよね。(この映画は)詩の書き方を教えてくれていると思います。また、主人公には奥さんや犬がいて、家庭があり ますが、詩の作業というのはどういう状況でも一人になれるもので、僕自身もそうだと思います。僕が図書館でバイトしていた時代も同僚の会話から詩を創作していました。詩どろぼうですね(笑)。バイト仲間の男女の会話とか 雰囲気をこっそりメモして詩にしていたんですが、それがありきたりであればあるほど、丁寧に描くと、社会とか政治とか言わなくて も、しっかりと時代性が出ますよね。だから詩を書くことは大事だと思います。そして、人を見るということは、僕にとって、詩を書い ていることと同じだと感じます。

映画情報どっとこむ ralph 登場人物や印象に残ったシーンについて

前野さん:コインランドリーでラップをしている人や、街中で出会う少女のシーンなどですね。こういった詩人と詩の交換をする場面が、なんだ かこの世で一番美しい気がするぐらい、映画を見た時に、グッときて涙が出ました。あと、主人公の奥さんですが、こんな人います?(笑) 家中を白黒で塗ったり、不思議な人ですよね。こんな人がいたら、つきあっ てみたいです。(笑) 永瀬さんのセリフの「アーハー」も音楽的な響きを持っていて、すごく色っぽいと感じました。

ジャームッシュ作品について、

前野さん:ジャームッシュは好きだと思っていたのですが、見た気になっていただけだったようで(笑)、「パターソン」を見てジャームッシュ監 督はすごい詩人だと思い、初期の作品を見ました。初期の作品には、ジョン・ルーリーとか、トム・ウェイツとか出てきて、本作でも 通称「ハリケーン」と呼ばれるボクサー、ルービン・カーターの話が出てきますが、あれはボブ・ディランが歌った「ハリケーン」のオ マージュですよね。ミュージシャンの起用や音楽の要素を大事にしつつ、言葉を大事にしている監督で、初期から変わっていないけど、むしろその部分は強くなっていると思います。本作も一見、スローライフっぽく見える作品ですけど、僕は言葉に太い幹のよう な強さを感じました。マッチを擦って、人生が燃え上がるような。
映像について、

前野さん:イスやコーンフレークを少し長めに撮っていますが、それによってモノが人格や意味を持つように見えてきますね。バスもいろんな 角度から撮っていますが、丁寧で上手いですし、映像から詩情を感じます。光の撮り方も。映画にしかできない魔法ですね。初期 の作品と比べると、街や光を信じるようになっていると思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『パターソン』 概要・・・
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)や、『沈黙-サイレンス-』(16)に出演し、今やハリウッドの次世代を代表する俳優となったアダム・ドライバーが主演。「君の事を思いながらこのシーンを書いた」という監督たっての希望で、永瀬正敏が『ミステリー・トレイン』(89)以来 27 年ぶ りにジャームッシュ作品に再出演を果たしました。

本作でもジャームッシュの独特でオフビートな作風は健在、カンヌでも絶賛を受け、まさにこ れまでの彼のフィルモグラフィーの一つの到達点と呼べる傑作になっています。

物語・・・
ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は 朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向か い、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取 り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1 杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。
第69回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門出品・パルム・ドッグ賞受賞監督・脚本:ジム・ジャームッシュ

8/26(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマン トラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。

***********************************

監督・脚本:ジム・ジャームッシュ
出演:アダム・ドライバー、ゴルシフテ・ファラハニ、永瀬正敏 他
提供:バップ、ロングライド
配給:ロングライド
(C)2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.
     


映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』メイキング映像が解禁


映画情報どっとこむ ralph 世界中が感動したベストセラー小説「ボブという名のストリート・キャット」を実写化した映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』が、8月26日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開となります。
ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。
人生に目的も目標も持てないまま、薬物治療中で精神的にも不安定な彼の前に突然現れた、一匹の茶トラ猫のボブ。彼らは支え合い、困難を1つ1つ乗り越え、やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていくことになり……。

この度、物語を彩る魅力的なキャスト・製作陣へのインタビュー、本人(猫)役で出演したボブの撮影秘話が満載のメイキング映像が解禁となりました。


映画情報どっとこむ ralph 製作のアダム・ロルストンは、世界中にファンを持つベストセラーであるだけに、ボブと薬物依存症と闘うジェームズの描き方に苦労したと明かす。

ジェームズ役を演じたルーク・トレッダウェイは、

トレッダウェイ:彼らは絶妙なバランスを保ちながらそれぞれの世界を生きてる。どちらも弱ってる時に出会って互いを支え合うようになるんだけど、その姿が前向きで美しい。

と、二人の物語に心酔しきり。ジェームズが心を通わせていくガールフレンドのベティ(ルタ・ゲドミンタス)とクリスマスを祝うシーンでは、ルークが弾き語りでその美声を披露し、演奏に聞き入るような様子のボブの姿も捉えられている。ジェームズとベティを演じたルークとルタは実生活で恋人同士ということもあり、二人の息の合った共演シーンには注目なんです。


メガホンをとったロジャー・スポティスウッド監督も、

スポティスウッド監督:ジェームズとボブの関わり方は人間同士よりも深い。互いを受け入れようとする様が普通とは次元が違う。ボブは普通じゃない!

と賞賛。

撮影にあたっては、本物のジェームズ・ボーエンが現場に立ち会い、キャストたちと交流しながら会話の内容や役柄について理解を深めていったそう。
その他、映像にはボブの代名詞ともいえるハイタッチや肩乗り姿、ジェームズに甘える愛くるしい仕草のボブが収められ、猫好きならずともメロメロです!

映画情報どっとこむ ralph 映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』

は8月26日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開。

bobthecat.jp

***********************************

監督:ロジャー・スポティスウッド 『シックス・デイ』『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』『ターナー&フーチ/すてきな相棒』
製作総指揮:ポール・ブレット 『英国王のスピーチ』、ティム・スミス『英国王のスピーチ』、ダミアン・ジョーンズ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』、ローラ・デイヴィソン『マニフィセント』

出演:ルーク・トレッダウェイ 『タイタンの戦い』『アタック・ザ・ブロック』、ジョアンヌ・フロガット『おみおくりの作法』「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」(TV)、ルタ・ゲドミンタス 「ストレイン 沈黙のエクリプス」(TV)、アンソニー・ヘッド 『チャタレイ夫人の恋人』『死にゆく者への祈り』
配給:コムストック・グループ 
提供:テレビ東京、テレビ大阪、コムストック・グループ
2016年/イギリス/英語/103分
© 2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.


クロエ・グレース・モレッツ『彼女が目覚めるその日まで』感動の実話


映画情報どっとこむ ralph 主演:クロエ・グレース・モレッツ×製作:シャーリーズ・セロン
ニューヨーク・タイムズ ベストセラー・ノンフィクション第一位 待望の映画化!!


この度、世界中から愛される女優クロエ・グレース・モレッツ主演最新作「Brain on Fire」が、邦題『彼女が目覚めるその日まで』として、12月16日(土)より全国ロードショーされることが決定し、ポスタービジュアルが完成しました。
彼女の命は、絶対にあきらめないー
原因不明の病と闘った一人の女性と生きる希望をつないだ家族の絆を描く、感動の実話。

ニューヨーク・ポスト紙で働く、若手記者スザンナ・キャハラン。仕事にプライベートに、最高に充実した人生を送っていた彼女に突然悪夢のような悲劇が降りかかる。発病から回復までの壮絶な日々を、患者本人がジャーナリストの手腕で手記を発表、2009年にニューヨーク・タイムズのベストセラー・ノンフィクション第1位に輝いた。

その知られざる病の存在を世間に知らしめ、現代の医療システムの落とし穴を暴き、全米に衝撃を与えた闘病記「脳に棲む魔物」(KADOKAWA刊)が映画化。よくある体調不良が突然、正気と狂気の境界線をさまよう原因不明の病になったなら・・・。

2007年に「抗NMDA受容体脳炎」と特定されたこの病は、映画『エクソシスト』のモデルになった実在の少年の臨床像そのものと指摘されている。世界で217人目の患者となったスザンナ・キャハランの7ヵ月に渡る闘病生活と、彼女を支え最後まで生きる望みをあきらめなかった家族の勇気を描く感動の実話。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、ハリウッドのスター女優シャーリーズ・セロンがプロデュースに乗り出し映画化が実現、主演は『キックアス』ヒットガールで一躍ブレイク、女優としてのキャリアを着実に積み、美しく成長したクロエ・グレース・モレッツが、今までに見たことのない迫真の演技を見せる。
「キングコング:髑髏島の巨神」のトーマス・マン、「マトリックス」のキャリー=アン・モス、「ホビット」のリチャード・アーミテイジ、「ゴーン・ガール」のタイラー・ペリー等豪華俳優陣が脇を支える他、実在の主人公スザンナ・キャハランが共同プロデューサーとして全面協力しています。

彼女が目覚めるその日まで
12/16(土)より角川シネマ有楽町他全国公開

物語・・・
憧れのニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナ・キャハランは、1面を飾る記者になる夢へと突き進んでいた。付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴンを両親に紹介し、仕事も恋も順調だ。ところが、“それ”は突然やって来た。物忘れがひどくなり、トップ記事になるはずの大切な取材で、大失態を犯してしまう。幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、遂には全身が痙攣する激しい発作を起こして入院するが、検査結果は「異状なし」。日に日に混乱し、会話も出来なくなったスザンナを見て、精神科への転院をすすめる医師たち。だが、両親とスティーヴンは、スザンナの瞳の奥の叫びを感じていた――。

***********************************

監督・脚本:ジェラルド・バレット 
製作:AJ・ディクス、ベス・コノ、シャーリーズ・セロン、リンゼイ・マカダム、ロブ・メリリーズ
出演:クロエ・グレース・モレッツ、トーマス・マン、キャリー=アン・モス、リチャード・アーミテイジ、タイラー・ペリー、ジェニー・スレイト

原作:「脳に棲む魔物」スザンナ・キャハラン著・澁谷正子訳(KADOKAWA刊)
2016/カナダ・アイルランド/英語/カラー/5.1ch/スコープ/89分/G/字幕翻訳:松浦美奈 
配給:KADOKAWA
(C)2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC.