「青春」カテゴリーアーカイブ

健太郎 x 山田裕貴 愛すべきアホウたちの実話 映画『デメキン』予告編


映画情報どっとこむ ralph お笑い芸人・バッドボーイズ佐田正樹さんの半生を綴った実録自伝小説・コミックスの実写映画化!

映画『デメキン』2017 年 12 月 2 日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショーとなります。

その予告が完成しました!

本作は、幼少期から“デメキン”と呼ばれいじめられた佐田さんが、喧嘩無敗と数々の伝説を作り出し、福岡最大勢力の暴走族の総長へと登り詰める物語。

原作は、2009年3月22日に小説が発売。

2010 年 3 月 19 日より始 まったヤングチャンピオン連載中のシリーズ累計発行部数 170 万部を突破した大人気コミックスの「デメキン」。

主人公の正樹役は、2017 年 9 月 23 日スタートの NHK 土曜時代ドラマ「アシガール」や同年 10 月 28 日公開の 映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』などに出演する、ネクストブレイク筆頭の逸材・健太郎が演じ、映画『亜人』(9月30日公開)や『あゝ、荒野』(前編:10月7日公開 後編:10月21日公開)、『HiGH& LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』(11 月 11 日公開)など話題作への出演が続く実力派俳優の山田裕貴が脇を固めています。

監督には、 三池崇史の助監督として数多くの現場を支え、右腕とも言える山口義高。

脚本は『百円の恋』で第 39 回日本アカ デミー賞最優秀脚本賞ほか、同年のビックタイトルを立て続けに獲得した足立紳。


映画情報どっとこむ ralph

この度、解禁された予告は、「またチーム作らん?」という厚成(山田裕貴)の言葉を皮切りに、正樹(健太郎)の代名詞でもあるタイマンをはじめ、壮絶な喧嘩シーンや轟々しいバイクシーン、仲間同士が衝突する様子を映し出 している。

映画『デメキン

2017 年 12 月 2 日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:demekin-movie.com

物語・・・
幼少期からギョロとした二重まぶただったためデメキンと呼ばれ、いじめられていた佐田正樹(健太郎)は、ある 日、“強くならなきゃ”と覚悟を決めて拳を握った。そしてかつてのいじめっ子集団を返り討ちにするほど腕っぷし が強くなり、喧嘩では敵なしの存在となっていた。赤髪リーゼントがトレードマークの正樹。小学校からの親友・ 厚成(山田裕貴)と喧嘩やバイクに明け暮れる日々を過ごす。中学卒業後、正樹は高校へ進学し、厚成はラー メン屋で働き始める。環境は変われど人は変わらず、年上の不良に目をつけられてはひたすら喧嘩ざんまいの 日々を過ごしていた。ある日、バイク事故で死んだ憧れの暴走族の総長・真木(栁俊太郎)のことを思い返して いた厚成は正樹に福岡一のチームを作ろうと持ちかける。二人はチーム「亜鳳」を結成するが、次々と血気盛 んな敵が待ち受けていて…。
***********************************

出演:健太郎 山田裕貴 栁俊太郎 今田美桜 髙橋里恩 田中偉登 福山翔大 三村和敬 藤木修 岩永ジョーイ 神永圭佑 成田瑛基 笠松将 黒石高大 くっきー(野性爆弾) ケン(水玉れっぷう隊) 坂田聡

原作:佐田正樹『デメキン』
監督:山口義高 脚本:足立紳 音楽:海田庄吾
主題歌:LEGO BIG MORL『一秒のあいだ』(OORONG MANAGEMENT / SNOW WHITE MUSIC)

製作:東映ビデオ、AMG エンタテインメント
製作プロダクション:ステアウェイ
配給:AMG エンタテインメント 2017/日本/115 分
(C)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ
(C)2017 映画『デメキン』製作委員会

  


キスシーンも見逃せない!渡邉剣でBLコミック『花は咲くか』映画化


映画情報どっとこむ ralph BLコミックスの中でも“名作”と評判が高い人気原作を実写映画化した『花は咲くか』。

18歳年上のサラリーマンに惹かれていく美青年・蓉一役を、映画初主演となる渡邉剣が務めることが発表になりました。

本作は、初めて人を好きになった、あの胸の締め付けられるような切ない想い、誰もが一度は経験する「恋」の葛藤を描く、年の差カップルの純愛ラブストーリー。

原作は、累計発行部数35万部を超え、「このBLがやばい!2016 年度版」で4位に輝くなど、数あるBLコミックスの中で も“名作”と評判が高く「こんな恋がしてみたい…」と多くの読者が萌えた日高ショーコ原作の 同名コミックス。

18 歳年上のサラリーマンに惹かれていく美青年・水川蓉一役には、本作が映画初主演となる 渡邉剣(21)さんが抜擢!
「動物戦隊ジュウオウジャー」ジュウオウエレファント・タスク役の彼です!

ぶっきらぼうで寡黙な美大生だった青年が、年の差、同性同士という戸惑い、社会人と学生という立場の差を飛び越え、真正面から好きな人にぶつかってゆくという難しい役を、見事に演じている。

また、本作で体験した役者人生初のキスシーンも見逃せません!

渡邉 剣コメント
人気コミックの実写化で主演を演じさせていただける事、とても嬉しく思います。
「花は咲くか」を読ませていただいた時に、年の差のある男性同士がお互いに惹かれていく様 子がとても素直で純粋だなと感じました。あまり人と話さず、感情を表にしない蓉一と自分が どこか重なる部分がありました。 この作品の肝となる「好き」ということを表現をする際に、自分自身が初めて恋をした時を思 い出しながら演じました。 2人が徐々に惹かれ合い恋心へと変わっていく所や、戸惑いながらもようやく気持ちが分かり 合えた2人が初めてキスをするシーンにも注目して見ていただけると嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 映画『花は咲くか

公式HP:
http://hanawasakuka-movie.com/

物語・・・

広告代理店勤務の桜井和明(37)は、CM の撮影で美しい日本家屋へ赴く。広い屋敷の中、一心に絵を描く 青年・水川蓉一(19)と出会う。

無愛想な蓉一は美大生で、古くて広い日本家屋に従兄弟たちとともに住ん でいた。日々の忙しさに磨耗して「誰かを好きになる」ことすら忘れていた桜井だったが、偶然が重なり水 川家へ通ううち、やがて蓉一自身に惹かれていく。

一方、絵を描くこと以外に一切興味を示さなかった蓉一 もまた、自分よりずっと年上の桜井のことが気になって仕方ないのに、2人の距離は一足飛びには縮まらな い。一つ一つ確かめ合うような日々を経て、桜井だけに花が綻ぶような笑顔を見せるようになっていく蓉一。 次第に距離が縮まっていくのを実感していく2人だったが、その矢先、桜井に大阪転勤の辞令が――。

***********************************

原作:「花は咲くか」日高ショーコ(幻冬舎コミックス)
主演:渡邉 剣
監督:谷本佳織
配給:東映ビデオ
2017 年/日本/カラー
©HIDAKA SHOKO,GENTOSHA COMICS 2009


=LOVE(イコールラブ)の佐々木舞香、髙松瞳、瀧脇笙古「劇場版 はいからさんが通る」で声優デビュー


映画情報どっとこむ ralph 1975年~1977年まで「週刊少女フレンド」(講談社刊)にて連載された日本少女漫画史に燦然と輝く傑作、大和和紀による「はいからさんが通る」(第1回 講談社漫画賞少女漫画部門受賞)。

1978年にはテレビアニメシリーズ(全42話)が放送され、その後、劇場実写映画(1987年公開 主演 南野陽子・阿部寛)、TVドラマ(1979年、1985年、2002年)などこれまでに多くのメディアミックス展開がされてきた本作が、連載40周年を記念して、2017年、装いを新たに新作劇場アニメーションとして前後編で復活!

尚、後編では旧テレビアニメシリーズでは未完となった原作のラストエピソードまでを初、完全アニメ化!

紅緒と少尉の恋の結末は…。

この度、代々木アニメーション学院と指原莉乃さんがタッグを組んで誕生したアイドルグループ
=LOVE(イコールラブ)のメンバーの

佐々木舞香さん

髙松瞳さん

瀧脇笙古さん

が、劇場版はいからさんが通るで声優デビューを果たします!

そして人生“初”のアフレコ収録後にいただいたコメント、またコメント映像が到着いたしました!!




LOVE公式HP:
http://equal-love.jp/

映画情報どっとこむ ralph <「劇場版 はいからさんが通る」作品情報>
【前編タイトル】劇場版『はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』
【後編タイトル】劇場版『はいからさんが通る 後編 ~東京大浪漫~』
【公開時期】前編 2017年11月11日(土)/ 後編 2018年公開予定

公式サイト:haikarasan.net
公式Twitter:@haikara_anime

『週刊少女フレンド』(講談社)で連載され、いまなお幅広い年代の読者に愛されて読み継がれている、シリーズ累計売上部数1200万部を超える『はいからさんが通る』。大和和紀が生んだ少女漫画の金字塔は、これまでテレビアニメ、実写映画などさまざまなメディアで展開されてきた。そんな『はいからさんが通る』が、新たなスタッフ・キャスト陣による劇場版アニメーション『前編 ~紅緒、花の17歳~』(2017年)『後編 ~東京大浪漫~』(2018年予定)の二部作として公開される。

***********************************

キャスト
花村紅緒:早見沙織
伊集院 忍:宮野真守
青江冬星:櫻井孝宏
鬼島森吾:中井和哉
藤枝蘭丸:梶 裕貴
北小路 環:瀬戸麻沙美

物語
いつだって 大キライは恋のはじまり。
時は大正。女学校に通う17歳の花村紅緒は、いつも明るくケンカっ早いところのあるじゃじゃ馬娘。
親友の環とともに楽しい学園生活を送り、恋も結婚相手も自分で選びたいと思っている。
そんなはいから娘が出会ったのは、笑い上戸なイケメン、伊集院忍少尉。
実は彼が祖父母の時代から決められていた許婚であることを知った紅緒は、それに反発。
愛のない結婚を阻止しようと奮闘して騒動を巻き起こすが、少しずつ少尉に心惹かれていく。


スタッフ
原作:大和和紀「はいからさんが通る」(講談社KCDXデザート)
監督(前編)・脚本:古橋一浩(「機動戦士ガンダムUC」「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」「らんま1/2 熱闘歌合戦」)
キャラクターデザイン:西位輝実(「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」「輪るピングドラム」)
サブキャラクターデザイン・総作画監督:小池智史(「ソウルイーターノット!」「ノラガミARAGOTO」「えとたま」)
背景デザイン・美術監督:秋山健太郎(「悪の華」「輪るピングドラム」「虹色ほたる」)
色彩設計:辻田邦夫 ※辻は「1点しんにょう」になります。(「ONEPIECE FILM Z」「四畳半神話大系」「輪るピングドラム」)
撮影監督:荻原猛夫(グラフィニカ)(「美少女戦士セーラームーンCrystal」「ONE PIECE FILM Z」「HELLSING OVA Ⅷ・Ⅸ・Ⅹ」)
音響監督:若林和弘 (「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」「精霊の守り人」)
音楽:大島ミチル (「大河ドラマ 天地人」「ごくせん」「鋼の錬金術師」「赤髪の白雪姫」)
前編主題歌: 「夢の果てまで」(歌:早見沙織 作詞・作曲:竹内まりや 編曲:増田武史)
アニメーション制作:日本アニメーション(「赤毛のアン」「ちびまる子ちゃん」「長編映画シンドバッド」)
製作:劇場版「はいからさんが通る」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
コピーライト:(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会