「試写の感想」カテゴリーアーカイブ

『百日紅~Miss HOKUSAI~』一足先に試写しました


杏さん、松重豊さんが声の出演をしていることで話題のお江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、浮世エンターテインメント!

百日紅 ~Miss HOKUSAI~

いよいよ5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿他全国公開です。

百日紅ジャパン プレミア
百日紅ジャパン プレミア
先日行われたジャパンプレミアの際に拝見させていただきました。

感想を先に述べますと・・・とっても良かったです。

“アニメ好き”ではない大人向けのアニメのあり方の一つを示しているのではないかと。

先ずはどんなものがたりかと言うと・・・

百日紅(さるすべり)の花が咲く江戸の町。
百日紅ポスター
浮世絵師・お栄は、父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らしています。

雑然とした家に集う善次郎や国直と騒いだり、犬と寝転んだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら絵師としての人生を謳歌。今日も江戸では、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎ、など喜怒哀楽に満ちあふれた世界が描かれています。

恋に不器用なお栄は、絵に色気がないと言われ落ちこむが、絵を描くことはあきらめない。

そして、百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに……。


落語の世界をアニメで見ているようで全編テンポがよく、江戸の世界にはまれます。

普段、声優は声優さんがやるべき派の僕ですが・・・

本作の主人公、浮世絵師のお栄を演じるのは、実力派女優の杏さん。とっても伸びやかで、江戸の勝気な女性。それでいて現代の女性を感じさせていて好印象。

お栄と父娘でもあり師弟の葛飾北斎を演じている松重豊さんは声優が初めてとは思えないはまりっぷりです。

濱田岳さんに至っては声優?と思えるほど。


そして、今回特出すべきは、お栄の妹のお猶を演じた清水詩音さん。子役の方ですが、この妹の声がこの映画に筋を通してくれている気さえする好演です。

百日紅
映画はフランス、イギリスなど世界6国での上映が決まっていて、更にフランスのアヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門に正式招待されました!

どのように、海外の方の目に映るのか。楽しみです。

椎名林檎 そしてもう一つ残るのが主題歌。

椎名林檎さんの「最果てが見たい」なのですが、映画の世界観にとてもマッチしていて、改めて映画の主題歌って大事だなと思わせてくれる楽曲となっています。

因みに、5月13日(水)に全世界同時配信リリースが決定しています。


公式:椎名林檎 「最果てが見たい」特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/ringo/saihate/

江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、浮世エンターテインメント!

百日紅 ~Miss HOKUSAI~

5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿他全国公開です。
原 恵一監督もかなりの自信作とおっしゃっています。

是非、お近くの映画館で。
大きい画面の方が絶対に良いですよ。この作品。

公式WEB:sarusuberi-movie.com



********************************************************************

監督:原 恵一
(『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』、『河童のクゥと夏休み』、『カラフル』)
原作:杉浦日向子「百日紅」
出演:杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、美保純、清水詩音、麻生久美子、筒井道隆、立川談春
入野自由、矢島晶子、藤原啓治

制作:Production I.G 配給:東京テアトル
(c)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
 


映画『ハイネケン誘拐の代償』を試写してきた


アスミック・エース配給にて6月13日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショーとなります、
ハイネケン誘拐の代償ポスター
映画『ハイネケン誘拐の代償

誘拐された大富豪と、誘拐した若者たち。

追い詰め、追い詰められる男たちが支払う“誘拐の代償”とは・・・・

マスコミ試写に行ってきました!

何しろ引き込まれ最後まで持っていかれます。

本作は、1983年に実際に起きた大ビール企業「ハイネケン」の経営者誘拐事件を基に映画化したもの。

 

幼馴染の青年実業家。共同経営している建築業が思わしくなく。銀行にもそっぽを向かれ。一発逆転を考えます。

それが、ハイネケンの経営者を誘拐すること。
要求額は3500万ギルダー(換算で日本円で23億円)

で、誘拐までは大単に、スカッと。
しかし、だんだん・・・イライラしてきます。それは自分も誘拐犯の一人になったような気になっていたから。

何しろアンソニー・ホプキンス演じる大富豪フレディ・ハイネケンが何しろ全く動じなくて憎ったらしいんです。拘束されてるので顔と言葉だけで若者を翻弄。その存在感に観ているものさえ圧倒されます。

ハイネケン誘拐の代償
そして、誘拐犯グループのキャスティングが秀逸なのが、この作品に引き込まれる要因となっています。

『鑑定士と顔のない依頼人』のジム・スタージェスと、『アバター』のサム・ワーシントンほか、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーウェン、トーマス・コックレルが、それぞれの俳優がぴったりなんです。

つかまっているハイネケンは
「人生には2通りある。大金を持つか、大勢の友人を持つかだ。両方はありえない。」

と、言い放ちます。あなたはどちらを選びますか

映画『ハイネケン誘拐の代償』

6月13日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式サイト:http://kidnapping.asmik-ace.co.jp

原題は、KIDNAPPING MR. HEINEKENですが邦題は『ハイネケン誘拐の代償』。

最後まで観ると、後日談がわかります。

邦題の“代償”いらないなと思ってしまいました。
あなたはどう思うでしょう?

********************************************************************

出演:アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、ライアン・クワンテン、マーク・ファン・イーウェン、トーマス・コックレル

監督:ダニエル・アルフレッドソン
2014年ベルギー・イギリス・オランダ
95分/スコープサイズ/5.1ch
日本語字幕:松浦美奈  
配給:アスミック・エース  
(c) 2014 Informant Europe SPRL, Heineken Finance, LLC
(c) Sofie Silberman 2014 (c) Ben Rothstein 2014
  


人生逃げ腰の方には、危険!映画『セッション』試写してきた。


何かに前のめりな方に、至極の映画

逆に人生逃げ腰の方は観ないほうが!!危険な映画です。


先日、映画『セッション』の金子ノブアキさんのトークショーを取材に行ったのですが、余りにも彼のこの映画へのメッセージが良かったので、その足で試写に行ってきました。

で、どうだったかと言うと凄いもの観てしまった感。
そして、強迫観念が残る疲れが。

それは自分の甘さがしみたから。。。

セッションメイン
本作の内容は、

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したニーマンを待っていたのは、伝説の鬼教師フレッチャー。

因みに映画の原題はWHIPLASH 鞭打ち。
実は、本作の中心になる楽曲名でここからすべてが始まります。

常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。罵声罵声罵声罵声!
やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

やがて・・・

鬼教師フレッチャーのJ・K・シモンズが強烈。
彼でなかったらこの映画が成り立たなかったのではと思えるほど迫真です。

もちろん、主役のマイルズ・テラーも鬼気迫ってます。この映画でドラムを始めたそうですが、この映画に近いぐらい練習したに違いありません。

でも、J・K・シモンズの存在感が凄過ぎです。

さらに特出すべきは、、

監督が29歳のデイミアン・チャゼル。
今後引っ張りだこの監督になるのでしょうね。

実は、彼は高校の時にドラムをやっていて、その時の体験がモチーフになっているそうです。フィッチャーのモデルの先生がいるということですよね。

そして、
この映画が大きく話題になって、評価が高いのは

おそらく最後の終わり方。

え~!!!

そして、素晴らしい。
あなたも是非、WHIPLASHな世界へ。

セッション

4月17日(金)TOHOシネマズ 新宿 他 全国順次ロードショー


注意点!!!
・音楽好きじゃない方は、途中飽きるかも。
・精神的にタフさが求められるかも。


********************************************************************


セッションポスター監督・脚本:デイミアン・チャゼル
出演:マイルズ・テラー『ダイバージェント』
J・K・シモンズ『JUNO/ジュノ』
配給:ギャガ
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ

(c) 2013 WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.