「舞台挨拶・記者会見」カテゴリーアーカイブ

阪本順治監督キューバでの撮影を語った!『エルネスト』日本記者クラブ会見試写


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)に公開されます。

そして、この度、日本記者クラブ試写を実施、上映前に阪本順治監督が登壇しました!


『エルネスト』日本記者クラブ 会見および試写会
日時:8月23日(水)
場所:公益社団法人 日本プレスセンター
登壇:阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 日本記者クラブで大きな拍手で迎えられた阪本順治監督。


冒頭に阪本監督は、日本記者クラブでの試写会ということで、普段あまり話すことのない阪本監督の大学時代から、映画監督になるまでのエピソードを語り

阪本監督:学生時代に新聞会というクラブ活動をしていました。そのため、自然とゲバラに興味を持っていたんです。

と話し、

阪本監督:2013年、ある映画の脚本を書くため、日系移民の方を調べていたら、ボリビア日系移民のフレディ前村を知り、とても興味を持ちました。

と、本作のきっかけを披露。

映画情報どっとこむ ralph また、製作において最も重要だったのはキャスティングだったそうで・・・

阪本監督は、映画において、キューバ人の役者が“チェ・ゲバラ“を演じたことは今まで一度もないという裏話を披露。

さらに

阪本監督:フィデル・カストロも映画に登場しますが、当時はまだ生きていたため、その役者を見つける作業も難航しました。しかし、キューバのスタッフから、”結局その俳優が持っているアイデンティティや精神性などが大事であって、再現ドラマではないのでそっくりな人を求めるな”、という助言もあり、無事キャスティングに漕ぎ着けることができました。

と実在の人物を描く大変さも吐露。


自身も会ったことのない、ゲバラやカストロについて、キューバでの撮影の中で

阪本監督:『ゲバラはそうじゃない』と指示していたのがとても不思議な感覚だった。暑さでキューバのスタッフと体格差のある日本人スタッフは体調管理が上手くいかない面もあったし、キューバの人々のユーモアのあるラテン気質に随分助けられましたね。

とキューバのスタッフとの良好な関係性が築かれていったことが披露されました。


映画の見どころについて、

阪本監督:キューバ(の話)に行く前に、1959年広島のシーンがある。ゲバラが日本を使節団として、外務省から認められてない広島行きを強行したシーンも綿密に取材を重ね再現していますので

と最後に語り、予定していた質疑応答の時間がなくなるほど、本作に対する熱い思いを話され、集まった記者たちにとって、有意義な時間となりました。

映画情報どっとこむ ralph チェ・ゲバラ没後50年

映画『エルネスト

は、10月6日(金)より全国ロードショー。




物語・・・

50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー

***********************************

脚本・監督:阪本順治

出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス

配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.


松本潤、有村架純と出会うことで映画に!「ナラタージュ」レッドカーペット&完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 2006年版「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた、島本理生原作の恋愛小説「ナラタージュ」を嵐・松本潤主演、ヒロインに有村架純、恋愛映画の名手・行定勲監督がメガホンを取り映画化、10月7日(土)に全国公開となります。

公開に先駆けて、8月23日(水)にレッドカーペット&完成披露試写会を行い、4年ぶりの映画主演となる松本潤さんに加え、ヒロインの有村架純さん、そして行定勲監督が登壇しました。

レッドカーペット&完成披露試写会舞台挨拶
日付:8月23日(水)
場所: TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 大階段&スクリーン7
登壇:松本潤、有村架純、行定勲監督

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペットイベント

MCの声に反応してファンの皆さんの歓声が上がるなか、手を振りながら松本さん、有村さん、行定監督が大階段に敷かれたレッドカーペットを降りて、記念撮影。松本さんは有村さんの手を取り紳士的にエスコート。

松本さん:お暑い中お集まりいただきありがとうございます。いよいよ皆様に見ていただけるタイミングがやってきました。ワクワクしてます。たくさんの方に愛してもらえる作品になったらと思っています!

有村さん:この日が来るのが楽しみ半面、不安半面でしたが、見ていただいた皆様の心に何か残ればよいなと思っています。

行定監督:去年の夏に撮影して、あっという間に1年がたちまして。見ていただける機会になりました。僕にとって十年間粘りに粘って映画化した作品です。松本潤君と有村架純さんに出会うことで素晴らしい映画になりました。沢山の方に見ていただきたいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 完成披露試写会舞台挨拶

本日解禁となった予告編が流れ


MCの呼び込みで大きな拍手と歓声のなか登壇する松本潤さん、有村架純さん、行定勲監督。

行定監督:この映画は12年前に、企画をいただいた作品で、赤裸々な少女と謎の先生の不確かさとエロスを感じさせる小説。昨今、そういう恋愛は映画化されなくなってきていて・・・・キャストがうまくはまらなくて10年かかりました。10年待ってこのお二人に出会って、リスクもあるのに受けていただいて、素敵な作品になりました濃密な時間を味わってください。


松本さん:行定作品に、呼んでいただけたのが、嬉しかったです。台本には、あまり葉山に関しては書いていなくて、監督とプロデューサさんと話し合って、求められていることがわかって演じるのが楽しみになりました。

有村さん:行定監督とご一緒できることに感激して、どんな大人の純愛ストーリーが展開していくのだろうと思いながら入りました。難しい役でもあり、クランクインまで緊張していました。が、撮影時は肩の力が抜けてました。一年前の夏、23で大人の恋愛、ナラタージュの世界にいられたことを誇りに思いますし、嬉しく思っています。


富山での撮影に関して

松本さん:苦労はあまりなかったですね。富山で撮影できたことで、独特な世界観ができていて、そこで演じたからこそ出た空気はあると思います。
印象的なシーンは、雨が降っていて。そんな中での撮影で行定組がぐっとつまって固まった気がします。

と、行定組の連帯感を楽しんだご様子の松本さん。有村さんも富山での撮影が世界観を作っていたと

有村さん:この世界と富山のロケ地が合っていて・・・衣装もノスタルジックで。そこから作品に力も得ていて、富山の廃校だったり、海辺とか、ラストのシーンだったり、ベストマッチな場所だったと思います。


野田洋次郎さんが作詞・作曲を手掛け、アーティストadieu(アデュー)さんによる主題歌「ナラタージュ」の話題に

松本さん:試写の時に聞いて、観客の皆さんの心もあったかく包んでくれると思います。

有森さん:歌声が、泉の気持ちを表していて、儚くて脆くて、それでも力強くて。エンディングでウルっときて感激しました。

行定監督:3曲書いてくれて、映画の最後、これだが来ました!あの人天才ですね、持ってますね。アデューさんも凄くいいなと思いますね。これは寄り添ってますよナラタージュですから。

と、3人とも絶賛の主題歌も注目です。

映画情報どっとこむ ralph 8月30日が松本さんの34歳の誕生日と言うことで赤いバラがイメージのナラター“ジュン”ケーキが運び込まれ、

松本さん:まさかタイトルと僕の名前でギャグができるとは!祝っていただけて嬉しいです。

34歳の目標・豊富を聞かれると・・・・

松本さん:目標・・・ナラタージュを観ていただければ!と、切に願います。

有村さん:お誕生日おめでとうございます。34歳も素敵な一年になるよう願っています。

行定監督:もう34ですけどね。大人のカッコいい男だと思っていますので、松潤でいてほしいですね!

ハピバーな笑顔!!!で記念撮影してイベントは終了。上映に。

ナラタージュ

10月7日(土)全国ロードショー

***********************************

出演:
松本 潤 有村架純
坂口健太郎
大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地/市川実日子 瀬戸康史

監督:行定勲

原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊)
脚本:堀泉杏
音楽:めいなCo.

配給:東宝=アスミック・エース

(C)2017「ナラタージュ」製作委員会
    


レニー・ハーリン監督来日!『スキップ・トレース』Jプレミアにサプライズであの人が!


映画情報どっとこむ ralph ジャッキー・チェン主演最新作、映画『スキップ・トレース』が9月1日(金)より全国公開。

本作は、ジャッキー演じる香港警察の刑事とアメリカ人詐欺師の相性最悪なコンビが、なぜか一緒に追われる身となり、世界中を逃げまくるバディ・アクション大作です。昨年公開されるや否や、映画史を彩る全ての作品を越え、なんとジャッキー映画史上最高のオープニング記録を樹立した超話題作!

監督は『ダイハード2』『クリフハンガー』など、ハリウッドアクション界の巨匠、レニー・ハーリン。

そのレニー・ハーリン監督が来日!、イベントゲストに内田理央さんを迎えジャパンプレミアが行われました!

そしてサプライズゲストであの人が!!

映画『スキップ・トレース』ジャパンプレミア
8月22日(火)
TOHOシネマズ日本橋
レニー・ハーリン監督、内田理央、ジャッキーちゃん

映画情報どっとこむ ralph 映画『ドリヴン』(2011)の撮影以来、17年ぶり5度目の来日となるハーリン監督。

大きな拍手に包まれて登壇した監督は、今回が東京国際映画祭で行った『クリフハンガー』以来、24年ぶりの舞台挨拶という事もあり

ハーリン監督:久しぶりにここ東京に来られて、みなさんにお会いできて嬉しいです!

と笑顔!本作でタッグを組んだジャッキー・チェンとは

ハーリン監督:一度目は『ラッシュアワー』の監督をする予定が、スケジュールの都合で流れ、その後、他の作品をやる話があったけど実現しなくて、今回三回目でようやく実現した。

と語った。

また、ハーリン監督といえば、これまで『ダイ・ハード2』でブルース・ウィリス、『クリフハンガー』でシルベスター・スタローンと、ハリウッドを代表するスーパースターと共に名作を手掛けたことでもお馴染み。今回共にしたジャッキーの魅力について

ハーリン監督:ジャッキーからは『不可能なことはない』ということを学びました。ハリウッドでは数週間かかるような無茶なアイディアを、ジャッキーはわずか3時間でやってのけてしまうんです。

と振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph ここで、ゲストとして女優の内田理央が花束を持って登場。
一足先に本作を鑑賞して

内田さん:アクションももちろんすごかったですが、クスッと笑えてしまうところもあって、そして最後にはうるっとなって、終始興奮しながら観させていただきました!

と笑顔で感想を語りました。
続けて、本作を象徴するアイテムであるマトリョーシカを使い、映画の大ヒットを祈願して鏡割りならぬ”マトリョーシカ割り”をすることに!

場内のお客さんの「3・2・1、パンチ!」の掛け声で監督と内田さんがマトリョーシカをパンチすると、なんと中からジャッキー・チェンが!!!


ん???

ジャッキーそっくりさんのモノマネ芸人ジャッキーちゃん!!

ジャッキーちゃん:ハッジメマシデ、ワダシハ ジャキ―チャンデス。コブシガイタイ ジャッキーチェン。

と、得意の“拳が痛いジャッキー・チェン”など、本作での印象深いジャッキーのアクションシーンのモノマネネタを披露。すると監督は


ハーリン監督:素晴らしい!続編の時は彼を起用すれば予算削減ができる!(笑)

と大爆笑。
続けて、アクションができる女優としても活躍する内田さんにジャッキーちゃんがジャッキー風アクションをその場で伝授。二人一緒に見事なカンフーの型を披露すると、会場からは大喝采が沸き起こり、それを見て

ハーリン監督:今すぐキャスティングしたい!ここに、ジャッキーの代わりが、そしてファン・ビンビンの代わりには彼女がいる!

と内田のアクションに太鼓判!

ハーリン監督:続編の舞台は日本だね!

とコメントし、会場から割れんばかりの拍手が起こりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に、劇場のファンに向けて

ハーリン監督:この舞台挨拶もすごく楽しかったけど、映画はもっと楽しんでいただけると思います!」

と、ご機嫌でメッセージ!その後即席サイン会のファンサービスもあり、大盛況でイベントを終えました。

物語・・・
香港警察の刑事ベニー・チャン(ジャッキー・チェン)は9年前、犯罪界の大物を捜査中に相棒ヤンを失った。その一人娘サマンサ(ファン・ビンビン)が詐欺犯罪に巻き込まれ、彼女のためにベニーはアメリカ人容疑者コナー・ワッツ(ジョニー・ノックスヴィル)を追って一路ロシアへ。だがたいほしたコナーはロシアンマフィア、香港マフィアなど複数の組織に追われている厄介な男。ベニーも巻き添えを喰らい一緒に逃げるハメに。さらには行く先々で新たな敵を作ってしまうコナー。しかし道中、9年前の事件解決のカギをよりによってコナーが握っていることがわかる。9年前の事件にケリをつけるため、相性最悪なコンビは巨大な悪に立ち向かい・・・ながら逃げる!

9月1日(金) 全国ロードショー!

***********************************

監督:レニー・ハーリン
出演:ジャッキー・チェン、ジョニー・ノックスヴィル、ファン・ビンビン、エリック・ツァン、イブ・トーレス、ディラン・クォ、シー・シー、ジャン・ランシン、ヨン・ジョンフン、リチャード・ン、マイケル・ウォン、ウィンストン・チャオ
提供:カルチュア・パブリッシャーズ KADOKAWA  配給:KADOKAWA  2016年/アメリカ・中国・香港合作/107分/G
公式HP:skiptrace-movie.jp
©2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLC
ALL RIGHTS RESERVED