「ら行」カテゴリーアーカイブ

ガッキーもいるレプロさんが 役者オーディション!(舞台)


映画情報どっとこむ ralph 浅草九劇公演『ローファーズハイ!!』『シャフ』キャストオーディション同時開催決定!! 本気で役者を目指す全国の若者求む!!だそうです!
女優の長谷川京子や新垣結衣、川島海荷、内田理央、中村蒼らが所属する大手芸能プロダクションのレプロエンタテインメントが、今年の3月にオープンした新劇場『浅草九劇(アサクサキュウゲキ)』

その若手演劇プロジェクト「UZMK(ウズマキ)プロデュース」公演のキャストオーディションが実施されることが発表された。

同プロジェクトは、芸能の聖地である浅草から”エンタテインメントを育む”ため、若手俳優によるオリジナル公演を創造していくというもの。
あなたも、この舞台から俳優を目指してみては!

映画情報どっとこむ ralph UZMKプロデュース第一弾としてスタートしたのが、浅草少女歌劇団・ローファーズハイ!!。


4月に行なった初演『ローファーハイ!!』では、全15名の若手女性タレントが出演。決まった台本が無く、”ローファーを履いた女子高校生”という設定だけで稽古場で作り上げていくスタイルが特徴で、公演毎に進化する内容が話題を呼んだ。8月4日(金)から『ローファーズハイ!! vol.2』が好評上演中である中、はやくも次回の12月公演に向けて新キャストオーディションを開催することが決定。


更に、UZMKプロデュース第二弾の若手男性演劇ユニットプロジェクトが始動することも決定。
それが、浅草軽演劇集団・ウズイチである。彼らが2018年3月に行なう旗揚げ公演『シャフ』は、人力車の車夫(シャフ)になる為に奮闘する青年たちを描く、物語劇作家・横山拓也による書き下ろし公演。レプロ所属の若手男性タレントと共に稽古に参加し、切磋琢磨しながら作品をつくりあげる『シャフ』キャストオーディションも同時開催する。


浅草九劇UZMKプロデュース公演キャストオーディションは、8月13日(日)17:00よりエントリー受付開始。本気で役者を目指す若者たちは、是非公式サイトから詳細をチェックしてみて下さい。このオーディションから『ローファーズハイ!!』と『シャフ』で浅草の舞台に立つ”スターの卵”たちに出会えることに期待したい。

映画情報どっとこむ ralph オーディション概要
浅草九劇UZMKプロデュース公演キャストオーディション
募集期間:2017年8月13日(日)17:00〜2017年10月1日(日)23:59

応募方法:公式HPよりエントリー

① UZMKプロデュース第一弾/浅草少女歌劇団・ローファーズハイ!!
2017年12月・2018年4月公演『ローファーズハイ!!』キャスト募集

② UZMKプロデュース第二弾/浅草軽演劇集団・ウズイチ

2018年3月旗揚げ公演『シャフ』キャスト募集

それぞれ詳細は公式HPよりご確認ください。

映画情報どっとこむ ralph 映画ではないので、迷ったのですが、若手を育てるサイトを目指すコンセプトから、ここから映画に出る俳優さんが飛び立つであろうということで掲載することにしました!!

***********************************



諏訪敦彦監督『ライオンは今夜死ぬ』サン・セバスチャン国際映画祭コンペ部門決定!


映画情報どっとこむ ralph ヌーヴェルヴァーグを代表する名優ジャン=ピエール・レオを主演に迎え、『M/OTHER』『不完全なふたり』の諏訪敦彦監督が『ユキとニナ』から8年ぶりに撮り上げた、仏日合作作品『ライオンは今夜死ぬ』が、この度、第65回サン・セバスチャン国際映画祭 コンペティション部門に出品されることが決定しました。
諏訪敦彦監督は国内のみにとどまらず、海外のキャスト・スタッフを起用して精力的に名作を生み出し、カンヌ国際映画祭などフランスをはじめヨーロッパで圧倒的な評価を受けている方。

『大人は判ってくれない』で鮮烈なデビューを果たし、フランソワ・トリュフォーをはじめ巨匠たちに愛され、「ヌーヴェルヴァーグの申し子」と呼ばれる名優ジャン=ピエール・レオと、ワークショップを通じて選ばれた子どもたちが共演する最高のコラボレーション作品が完成しました。

映画情報どっとこむ ralph ちなみに・・・

サン・セバスチャン国際映画祭は、ヨーロッパにおいてカンヌ、ベルリン、ヴェネチアに次いで重要な映画祭と言われる、スペイン最大の歴史ある映画祭です。今年は、現地の日付で9月22日~9月30日の期間で開催されます。

映画情報どっとこむ ralph 『ライオンは今夜死ぬ』

物語・・・
南仏ラ・シオタ。年老いた俳優のジャンは、昔愛した人を訪ねて古い屋敷にたどり着く。誰も住んでいない屋敷の中では、地元の子どもたちが映画撮影ごっこをしていた。子どもたちと共に映画撮影をはじめるジャン。撮影が進むにつれて、ジャンの元妻ジュリエットとの関係が次第に明らかになっていく。

2018年 1月、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

***********************************

監督・脚本:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオ、ポーリン・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン
2017年/フランス=日本/103分    
配給:ビターズ・エンド
© 2017-FILM-IN-EVOLUTION-LES PRODUCTIONS BALTHAZAR-BITTERS END



桐谷美玲の2年ぶり主演映画『リベンジgirl』公開決定


映画情報どっとこむ ralph 女優・桐谷美玲が2年ぶりに、映画『リベンジgirl』に主演することが決定!

今回桐谷が演じるのは、東大首席でミスキャンパス1位の宝石美輝(たからいしみき)。

ただ、残念なことに極度の性格ブスで、自分だけがそのことに気づいていない。そんな彼女が大失恋をきっかけに、人生を賭けての「リベンジ」を誓う! それは、まさかの女性初の総理大臣を目指すこと!? 「美しく輝く宝石(ほうせき)と書いて宝石美輝。東大卒、ミスキャンパスグランプリの24歳! 宝石美輝を宜しくお願い致します!」 こうして始まった、美輝の恋のリターンマッチ!その行方はいかに!?

監督は、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』を大ヒットに導き、11月には『覆面系ノイズ』の公開も控える三木康一郎。桐谷演じる型破りなヒロインの恋愛模様に加え、人間としての成長ドラマをどう描くかにも注目だ。興行収入24.3億円を突破した『ヒロイン失格』(15)でコメディエンヌぶりを発揮した桐谷美玲が『リベンジgirll』にて今度はどんな表情を見せてくれるのか…

クリスマスに盛り上がる【12月23日(土・祝)】、最高に輝くヒロインが誕生します!

映画情報どっとこむ ralph 主演 桐谷美玲 コメント

久しぶりの映画なのでドキドキします。2年前は高校生役をやっていた私が今度は総理大臣を目指す役ということで、時の流れを感じます。

失恋をきっかけに総理大臣を目指すという発想と行動力が私には全くないものだったので、面白いなと思いました。今までの映画やドラマとはまた違った役を演じるので、監督についていきながら素敵なキャラクター像を作っていき、役の変化と共に私も成長した姿をみなさんに見せられたらと思います。

明るく、はきはきとしたキャラクターをテンポよく演じていきながら、頑張る女子の背中を押すような作品に出来たらと思います。楽しみにしていてください。スクリーンでお会いしましょう。

監督三木康一郎 コメント

「キレイになって見返してやる!」と言う感情。誰でも持ち合わせているけど、複雑で傷つきやすいそんな女性の気持ちを、今回はできる限り、楽しく、丁寧に描きたい。そう思っています。裏切りと屈辱を乗り越えて、「本物のキレイ」をつかみ、成功して行く女性の姿に期待していてください。桐谷さんはそんな女性を演じるのにピッタリ。だけど今回は、今まで見ていない彼女の一面を引き出せればと思っています。成長して行く女性を通して、桐谷さんの新たな一面をお見せして行きたいです。公開はクリスマス。女性なら誰もが持っている夢をプレゼントできたらと思います。


『リベンジgirl』

公式Twitterアカウント
@revengegirl1223
公式instagram
@revengegirl1223
公式Facebook
@映画『リベンジgirl

***********************************

原作:清智英・吉田恵里香「リベンジgirl」(KADOKAWA刊)
製作:ギャガ/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
出演:桐谷美玲『ヒロイン失格』
監督:三木康一郎『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』

©2017『リベンジgirl』製作委員会