「や行」カテゴリーアーカイブ

チョン・ヒョンソク監督、イ・ソンウォン来日『ヨスの夜の海』したまちコメディ映画祭in台東


映画情報どっとこむ ralph 文化芸術の街「上野」と喜劇発祥の地「浅草」を舞台にコメディ映画の祭典「したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。今年も2017年9月15日(金)~9月18日(月・祝)「第10回したまちコメディ映画祭in台東」を絶賛開催中。

したコメにてインターナショナルプレミアが実現した本作『ヨスの夜の海』。
上映後の舞台挨拶ではチョン・ヒョンソク監督から映画完成までの経緯や撮影秘話が飛び出し、イ・ソンウォンさんは最後に長渕剛さんの「ザ・ストライク・ドリーム」のワンフレーズを生歌で披露し、会場はアットホームな暖かい雰囲気に包まれました。

日付:9月16日(土)
場所:東京国立博物館 平成館
登壇:チョン・ヒョンソク監督、イ・ソンウォン
MC:奥浜レイラ

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペット

したコメ恒例人力車での登場!

チョン・ヒョンソク監督
日本に来るのは2回目なんですが、来日してから本当に楽しい時間を過ごしております。日本の監督と共同製作している作品が11月に韓国で発表になるので、そちらも楽しみにしていてください。

イ・ソンウォン
(日本語で)このような素晴らしい映画祭に招待していただいて、嬉しくて、嬉しくて、楽しくて、楽しくて、仕方ないです!

映画情報どっとこむ ralph インターナショナルプレミア上映

制作されたきっかけについて聞かれて

チョン・ヒョンソク監督:最初は演劇としてシナリオを書いたのですが、友人に見せたらこれは映画にした方がよいとアドバイスをもらい、映画として作り始めました。途中で投資の話がなくなってしまい、当初の10分の1の予算しか使えなくなり、僕のクレジットカードで制作費のすべてを払いました。もっと有名な俳優に出演してほしかったが、予算の関係で自分が主演を演じることになり申し訳ないです。製作費を節約するために、撮影期間を短くして、ロケも半分にしました。役者にも裏方を手伝ってもらいました。(イ・ソンホンも棒マイクをもったりしたと告白)イ・ソンウォンの役は、当初なかったのですが、劇団の後輩の彼に出演してもらおうと思って、この役を作りました。

監督と役者を担うことについて

チョン・ヒョンソク監督:監督だけしてほかの役者に演じてもらうと、自分の思う通りのシーンになるまで撮り直さなければならないが、自分が演じると思い通りに撮影ができるから撮影時間も短縮できた。カフェを使うシーンでは貸し切りにしたので、終了時間が決まっていて、どうしても1回でOKにしなければならず、相手の役者と直前にチャミスルを一気して撮影に臨み、無事撮り終えることができました。今回は挿入歌の中の1曲も僕が歌っています。

イ・ソンウォン:(日本語で)今日は朝早くからこの映画を見に来てくれて本当にありがとうございます。日本の皆さんに見てもらえて本当にうれしいです。撮影中ずっと心の中で歌っていた曲があるのでちょっと聞いてください。(「ザ・ストライク・ドリーム」のワンフレーズを熱唱)ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph
ヨスの夜の海
英題:The Night View of the Ocean in Yeosu

監督:チョン・ヒョンソク
出演:チョン・ヒョンソク、イ・ジヨン、イ・ホヨン
© JUNG Hyungsuk

ソウルで演劇演出家として活動中のジソク。友人と一緒に制作していた作品が突然頓挫、取立て屋から逃げることと、気持ちを切り替える旅をしようとヨス(麗水)に向かう。 ヨス海洋公園に赴くと、そこでジソクは、数ヶ月前ソウルの生活をやめヨスでコーヒー専門店を経営し始めたするミヒに出会う。ミヒが趣味として文章を書いていることを知ったジソクは、彼女がかつてジソクの演劇をみたことがあることも知る。ジソクは、ヨスで新作の構想のために来たのだが、ミヒに惹かれ彼女に文章の書き方の指導も始めていく。 ミヒはその礼にと、コーヒー専門店と一緒に経営しているゲストハウスに宿泊するようジソクに言う。しかしヨス市内でボウリング場を運営しているヨス地元人ドンゴンが、ミヒにほれ込み気持ちを自身に向けようとしている矢先の出来事で、ジソクととミヒを可能な限り遠ざけようとの画策を始める。 そんな中、ソウルからヨスまでジソクを追い、取立て屋がやってくる。ヨスは少しずつそれぞれの思惑で騒がしくなっていく-。

***********************************



「劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜」1~3週目入場者プレゼント決定!


映画情報どっとこむ ralph 9月30日に劇場公開となる「劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜」において、新規描き下ろしイラストを使用した入場者プレゼントの配布が決定しました。

キャラクターデザイン池田晶子先生による新規描き下ろしイラストを使用したオリジナルコースター(全6種)が、数量限定にて劇場への来場者にプレゼントとなります。
1週目 9/30~:久美子&麗奈/葉月&緑輝(全2種)※ランダム配布
2週目 10/7~:夏紀&優子/希美&みぞれ(全2種)※ランダム配布
3週目 10/14~:あすか&久美子/香織&晴香(全2種)※ランダム配布
※お一人様1回のご鑑賞につき1つプレゼントいたします。
※ランダム配布となりますので絵柄はお選びいただけません。
※数量限定の為、無くなり次第終了となります。

映画情報どっとこむ ralph また「劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~」上映劇場にて本編上映前にショートムービーが上映されることが解禁となった。1週目から3週目まで、毎週週替わりで全3パターンの上映が行われます。

フォトセッションの記念撮影タイムもあり、内容は劇場で見てのお楽しみです!

「劇場版 響け!ユーフォニアム~フォトセッションへようこそ~」
1週目 9/30~:1年生メンバー
2週目 10/7~:2年生メンバー
3週目 10/14~:3年生メンバー
※フォトセッションについて
ショートムービー内にて、お客様によるスクリーンの写真撮影を行えるフォトセッションのコーナーがございます。
フォトセッション時は携帯・スマホによる写真のみお撮り頂けます。一眼レフ・デジタルカメラ等による撮影はできません。また、動画も撮影できません。
※本編の撮影は禁止となっております。ご注意ください。


9月30日の劇場公開も間近に迫り続々と新情報が公開となっている「劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜」。そして本作はもちろん、2018年には完全新作映画2作品を控えている「響け!ユーフォニアム」シリーズの展開に、今後もぜひご注目頂きたい。

映画情報どっとこむ ralph 「劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜」
あなたと一緒に響かせたい――。
高校生が吹奏楽に打ち込む姿を真摯に描いたTVアニメ『響け!ユーフォニアム』。
そのTVシリーズ第2期を、本作で初めて監督をつとめる小川太一が「久美子とあすか」を軸に再構築。
あすかから久美子へ、受け継がれていく想いがある。
劇場版『響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~』は2017年9月30日全国ロードショー!



「響け!ユーフォニアム」公式HP
http://anime-eupho.com/
アニメ「響け!ユーフォニアム」公式Twitter 
@anime_eupho

***********************************

黄前久美子/黒沢ともよ
加藤葉月/朝井彩加
川島緑輝/豊田萌絵
高坂麗奈/安済知佳
田中あすか/寿 美菜子
小笠原晴香/早見沙織
中世古香織/茅原実里
塚本秀一/石谷春貴
黄前麻美子/沼倉愛美
滝 昇/櫻井孝宏

原作:武田綾乃 (宝島社文庫「響け!ユーフォニアム」シリーズ)
総監督:石原立也
監督:小川太一
脚本:花田十輝
キャラクターデザイン:池田晶子
シリーズ演出:山田尚子
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:竹田明代
楽器設定:髙橋博行
撮影監督:髙尾一也
音響監督:鶴岡陽太
音楽:松田彬人
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
演奏協力:フレッシュマン・ウインド・アンサンブル2014
音楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹
(C)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
  


石橋静河x池松壮亮『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』Blu-ray・DVDで発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 2017年5月から全国劇場公開され、“東京”を全く新しい風景で切り取った最高密度の恋愛映画として、多くの観客からの共感を得て、今なお上映が続いている『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が、Blu-ray・DVDで11月15日(水)に発売されることが決定した。

石井裕也監督と主演・石橋静河からのコメントも到着しました!
主演:石橋静河 コメント
撮影は、自分の限界を超えるような時間の連続で、何度もつまずきながらスタッフ、キャストの方々に支えられて美香という役を演じることができました。
そうして完成した作品は自分の想像を遥かに超えるものでした。
劇場での公開が始まり、多くの方に心に残った、という事を言っていただいて、この映画で描かれている人たちのように、
情報が溢れていて迷子になってしまいそうになる今、そういった言葉を頂けること、そんな作品の一部になれたことを、とても幸せに感じます。
そして、さらに劇場を越えてより多くの人に届くといいなと思います。あの時にしかない空気が詰まっています。感じるままに観ていただけたら嬉しいです。

監督:石井裕也 コメント
劇場公開をした後、本当に様々な反響がありました。観る人の感性や状況によって、この映画の印象は大きく変わるはずなので、当然と言えば当然です。
詩を原作にしているからこそ、自由な気分で映画を作りましたし、観客の方々には詩のように自由に捉えてほしいと思っていました。
「俺ってヘンだから」と男が言い、「じゃあ私と一緒だ」と女が言う。「イヤな予感がするよ」と男が言うと、「分かる」と女が言う。
こういうやり取りで始まる映画ですから、いわゆる普通の恋愛映画ではありません。
少し変わった恋愛映画ですが、だからこそこの時代に生きる人々の「気分」が色濃く表われた恋愛映画になったと思います。

映画情報どっとこむ ralph ■■Blu-ray・DVD商品情報■■

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ 」

Blu-ray【特別版】
(PCXP-50534)
¥6,200+税/本編Blu-ray+特典DVD 2枚組
☆特製アウターケース/デジパック仕様/封入特典:ブックレット(24P)

DVD【特別版】
(PCBP-53675)
¥5,200+税/本編DVD+特典DVD 2枚組
☆特製アウターケース/デジパック仕様/封入特典:ブックレット(24P)

DVD
(PCBP-53676)
¥3,800+税/本編DVD

発売日:2017年11月15日(水) Blu-ray・DVD発売/レンタル開始
収録時間:本編109分+特典映像

セルBlu-ray・DVD【特別版】 共通映像特典
メイキング/インタビュー集/イベント集
発売/販売元:ポニーキャニオン
商品サイト:
yozora-movie.ponycanyon.co.jp
映画公式サイト:
www.yozora-movie.com

※仕様、特典内容や名称は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

映画情報どっとこむ ralph 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

劇場公開もされています!

9/16(土)~:下高井戸シネマ(東京)、キノシタホール(愛知)
9/23(土)~:下北沢トリウッド(東京)
9/30(土)~:十日町シネマパラダイス(新潟)
10/1(日)~:シネマ・チュプキ・タバタ(東京)
10/7(土)~:川越スカラ座(埼玉)
10/14(土)~:フォーラム盛岡(岩手)


透明にならなくては息もできないこの街で、君を見つけた。

看護師として病院に勤務する美香(石橋静河)は女子寮で一人暮らし。日々患者の死に囲まれる仕事と折り合いをつけながら、夜、街を自転車で駆け抜け向かうのはガールズバーのアルバイト。作り笑いとため息。美香の孤独と虚しさは簡単に埋まるものではない。
建設現場で日雇いとして働く慎二(池松壮亮)は古いアパートで一人暮らし。左目がほとんど見えない。年上の同僚・智之(松田龍平)や中年の岩下(田中哲司)、出稼ぎフィリピン人のアンドレス(ポール・マグサリン)と、何となくいつも一緒にいるが、漠然とした不安が慎二の胸から消えることはない。
ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会った。美香から電話番号を聞き出そうとする智之。無意味な言葉を喋り続ける慎二。作り笑いの美香。店を出た美香は、深夜の渋谷の雑踏の中で、歩いて帰る慎二を見つける。
「東京には1,000万人も人がいるのに、どうでもいい奇跡だね」。
路地裏のビルの隙間から見える青白い月。
「嫌な予感がするよ」。「わかる」。
二人の顔を照らす青く暗い光。
都会で生きづらさを抱えつつも、懸命に生きるすべを模索する二人。
不器用でぶっきらぼうな二人は、近づいては離れていく・・・

***********************************

キャスト:
石橋静河 池松壮亮
佐藤玲 三浦貴大 ポール・マグサリン / 市川実日子 / 松田龍平 / 田中哲司

スタッフ:
監督・脚本:石井裕也
原作:最果タヒ(リトルモア刊「夜空はいつでも最高密度の青色だ」)
エンディング曲:The Mirraz「NEW WORLD」
撮影:鎌苅洋一 照明:宮尾康史 録音:加藤大和 高須賀健吾
美術・装飾:渡辺大智 編集:普嶋信一 音楽:渡邊 崇
写真:大森克己 アニメーション:松丸 翔
衣裳:立花文乃
ヘアメイク:豊川京子 音響効果:柴崎憲治 VFXプロデューサー:赤羽智史
助監督:石井 純 製作担当:栗林直人
キャスティング:福田真弓 製作渉外:藤田充彦
海外担当:荒木啓子
宣伝プロデューサー:中野朝子
企画:孫家邦 菊地美世志 赤須恵祐
プロデューサー:有賀高俊 土井智生 五箇公貴
製作プロダクション:フィルムメイカーズ リトルモア
製作:テレビ東京 東京テアトル ポニーキャニオン 朝日新聞社 リトルモア
配給:東京テアトル リトルモア
(C) 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会