「ま行」カテゴリーアーカイブ

イ・ビョンホンが極悪役!『MASTER/マスター』公開日決定!予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本でも高い人気を誇るイ・ビョンホンが、韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件の主犯という大悪人に挑戦するクライムアクション『MASTER/マスター』が 11 月 10 日(金) TOHO シネマズ 新宿他にて全国公開することが決定しました!

主演に『マグニフィセント・ セブン』他、ハリウッド映画でも活躍する国際派俳優イ・ビョンホン。相手役には、『華麗なるリベンジ』のカン・ドンウォン。さらに、『二十歳』などで人気のキ ム・ウビンと韓国 3 大スターが競演。監督は『監視者たち』のチョ・ウィソクが務めます。

そして、公開日決定に併せ、最新予告+日本版ポスター+場面写真が解禁に!

解禁となった最新予告では、悪の権化と化すイ・ビョンホン vs 正義に生きるカン・ドンウォン×善悪の狭間に生きるキム・ウビン。3 人の“マ スター”が凄まじいオーラで大激突します。一歩も譲れぬプライドに突き動かされた男たちの”絶対悪 VS 正義”のチェイスバトルが韓国・ソウ ルからフィリピン・マニラへと海を越えた異国の地でエスカレート。騙し合いの果てに待ち受ける結末とは―?


映画情報どっとこむ ralph また、合わせて解禁となった場面 写真は、ワン・ネットワーク会長のチン・ヒョンピル(イ・ビョンホン)と知能犯罪捜査班に所属するエリート刑事のキム・ジェミョン(カン・ドンウォン) が対峙するシーンを公開。

映画情報どっとこむ ralph 日本版ポスターは、不敵な笑みを浮かべるイ・ビョンホンに「極悪に染まる。」のコピーが入った、3 大スターの顔のア ップ。イ・ビョンホンが韓国映画で悪役を演じるのは、『グッド・バイ・ウィアード』(08)に続き 2 度目!
本作で 8年ぶりに<悪>役でイ・ビョンホンが 魅せる新境地。ファンにとっては、まさに待望です!

MASTER/マスター
英題:『MASTER』
11 月 10 日(金)TOHO シネマズ 新宿ほか、全国ロードショー!

公式HP:
master-movie.jp

物語・・・
投資会社のチン会長(イ・ビョンホン)は、その綿密な計画性と天性の口のうまさを駆使し、 韓国最大規模の金融投資詐欺で多額の資金を市民から巻き上げる。やがて会社は倒 産、チン会長は金と共に海外へ逃亡する。警察の知能犯罪捜査班のキム(カン・ドンウォ ン)は、優れた知性を武器に彼を逮捕すべくチームを編成。チンの部下だった IT の天才パ ク(キム・ウビン)を仲間に引き入れ、チンの足取りをたどっていく。だが突然、チン会長の死 体が外国で発見されたと報道される。容疑者死亡で捜査は終了かと思えたが、これもチンの 策略と見たキムは、秘かに捜査を続行する。はたしてチンは東南アジアで別人を装い、新た な詐欺ビジネスを展開していた。捜査の手をすり抜けるチンと執拗に追い続けるキム、二人の 静かで熱い攻防は、どちらの勝利で終わるのか!

***********************************

監督・脚本:チョ・ウィソク
キャスト:イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビンほか

2016 年/韓国/143 分/カラー//スコープサイズ/5,1ch デジタル/字幕翻訳:根本理恵
配給:ツイン
ⓒ2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED
 


新垣結衣・瑛太 W主演映画『ミックス。』に石川佳純・水谷隼ら卓球選手出演!


映画情報どっとこむ ralph 奇跡のロマンティック卓球コメディー映画『ミックス。』のスター卓球選手出演情報解禁です。

今や日本のみならず世界中が注目する脚本家・古沢良太の最新作。
その舞台はなんと“卓球”!不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生物語です。
この映画化にあたり、新垣結衣と瑛太がW主演を務めるほか、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、斎藤司(トレンディエンジェル)、蒼井優、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、遠藤憲一、小日向文世ら、超豪華キャストが集結しました!


恋と仕事に敗れた元天才卓球少女・多満子(新垣結衣)は、母の残したフラワー卓球クラブ再建のため、そして、恋敵である江島晃彦(瀬戸康史)&小笠原愛梨(永野芽郁)ペアを倒すため、元プロボクサーである萩原久(瑛太)と共にミックスペアを組み、全日本卓球選手権への出場を決意します。

映画情報どっとこむ ralph 卓球を題材にした本作に必要不可欠だったのが本物の卓球選手たちの存在。

本作には日本卓球協会、そしてあらゆる卓球用具メーカーが全面協力し、よりリアリティのある卓球シーンが完成いたしました。フラワー卓球クラブが出場する全日本卓球選手権 神奈川地区大会にて、メンバーである夫婦ペア落合元信(遠藤憲一)&落合美佳(田中美佐子)と対戦するのは、木造勇人&伊藤美誠ペア。
それぞれ、相模原第一高校の東聖哉、田所いろは、という役柄を演じ、強豪卓球選手として立ちはだかります。

同様にフラワー卓球クラブの吉岡弥生(広末涼子)&佐々木優馬(佐野勇斗)ペアの前に立ちはだかるのは吉村真晴&浜本由惟ペア。
吉村は先日の世界卓球で石川佳純とまさしくミックスペアを組み、見事金メダルを獲得しました。浜本は現在世界ランキング44位ですが、2015年には全日本卓球選手権にてベスト8、またジュニア部門では優勝している実績の持ち主です。こちらも木造&伊藤ペアと同様に強豪ミックスペアとして横浜学園大学 徳島竜司、松田萌絵という役柄をそれぞれ演じています。

さらには、新垣演じる多満子と瀬戸演じる江島の二人が訪れる、江島の壮行会となるパーティー会場には、卓球界の著名人、本人役で水谷隼&石川佳純が出演。

石川佳純は先の吉村真晴と共に世界卓球選手権でミックスペアを組んで金メダルを獲得したほか、リオ五輪では団体銅メダル、全日本卓球選手権では4回優勝という輝かしい成績を持っております。二人には台詞も与えられており、新垣演じる多満子との演技シーンにも注目です。

映画情報どっとこむ ralph 水谷さん、石川さん、新垣さんらからのコメントも届いてます!

水谷隼さんからのコメント
はじめての映画の撮影ということで非常に緊張しました。僕自身の持っている力は全部出せたと思います。何回も何回も同じシーンを撮影するのが本当に大変だなと感じました。
新垣さんはテレビでは何度も観ていて今回はじめてお会いしましたが、思っていた通りとても綺麗な方でした。
オリンピックと今回の撮影とどちらが緊張するかと言えば、圧倒的に映画です。断トツです。ガチガチでした。
今回、卓球が題材の映画ということで卓球選手として、イチ観客としても非常に楽しみにしています。必ず家族で観に行きます。皆さんも観に行きましょう!

石川佳純さんからのコメント 
はじめて、映画の撮影現場にこういう形で参加させてもらって、こんなにたくさんの方々が映画に関わっているんだなあっていうのがわかりましたし、すごく楽しい経験ができました。わたしも水谷さんと一緒で、普段観ているワンシーンっていうか何秒っていうところを色んな角度から何回も撮り直すんだっていうのを目の当たりにして初めてわかりました。
新垣さんとははじめてお会いして、撮影の休憩時間にお話しさせてもらった時、すごく優しくて、元々ファンだったのですがさらに好きになりました。
オリンピックと比べると、緊張の部類が全く違って、撮影現場だと右も左も全くわからないのですごく緊張しました。そういう意味ではオリンピックと同じくらい緊張したと思います。
卓球が映画になるのでわたしたちもすごく楽しみにしています。卓球の魅力がさらにたくさんの方に伝わったら嬉しいですし、伝わると思うので私自身もすごく楽しみにしています。

新垣結衣さんからのコメント
水谷選手、石川選手お二人とも撮影を楽しんでくださったみたいですごく嬉しかったです。練習の合間を縫って参加してくれただけでも嬉しかったですし、たくさん現場でお話しして頂いて、こういう卓球を題材にした映画がつくられるっていうこともすごく喜んでくださって。
本当に試合中のプレッシャーとか、そういうのを全部抱えて挑んでいるすごい人達なんだという事を忘れてしまいそうなくらいフランクな、身近な雰囲気のお二人でした。すごくお話ししやすかったです。
伊藤美誠選手が現場にいたときはリオ五輪のメダルを見せてくれて。撮影シーンは一緒じゃなかったんですけど、控室が一緒で、「見せたかったんです―!」ってすごい無邪気に持ってきて、掛けてくださいって来てくれて、なんかギャップがすごいなって思いながらも嬉しくて…。メダルは重かったです。
でもその重みは、きっと選手の皆さんのこれまで何年もかけて練習してきて試合に挑んできたんだものなんだと感じました。
この映画をきっかけにもっとラケットを持ってくれる人が増えれば、撮影に協力してくれた選手の皆さんに恩返しになるかなと思います。


石川淳一監督からのコメント
水谷選手はシャイな好青年で、緊張もされていたようでやや芝居が固かったんですが、
いつもの水谷選手らしくとお願いして自然体で演じていただきました。
石川選手は華がありお芝居もノリノリで女優向きなので今後もどんどん女優として出たらいいと思います。

映画情報どっとこむ ralph これだけ多くのスター卓球選手が映画に出演するのは極めて異例のこと!

空前絶後の!!!!
卓球ブームが訪れている2017年、公開するのはこの秋!

『ミックス。』
10月21日(土)全国東宝系ロードショー

公式サイト:
mix-movie.jp



物語・・・
母のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された28歳独身・多満子(新垣結衣)。母の死後、普通に青春を過ごし、普通に就職する平凡な日々を送っていたが、会社の卓球部のイケメンエース・江島(瀬戸康史)に告白され付き合うことに。ついにバラ色の人生が!と思った矢先、新入社員の美人卓球選手・愛莉(永野芽郁)に江島を寝取られてしまう。人生のどん底に落ち、逃げるように田舎に戻った多満子だったが、亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、自分の青春を捧げた活気のある練習風景はそこにはなかった。クラブの部員も、暇を持て余した元ヤンキーのセレブ妻、試合になるといつも腹痛で不戦敗になる農家の夫婦、オタクの引きこもり高校生、さらにケガで引退した元日本ランカーのプロボクサーながら、妻の上司を不倫相手と勘違いして暴力事件を起こし、妻と娘に見捨てられた新入部員の萩原(瑛太)など、全く期待が持てない面々だった。しかし、江島と愛莉の幸せそうな姿を見た多満子は、クラブ再建と打倒江島・愛莉ペアを目標に、全日本卓球選手権の男女混合ダブルス(ミックス)部門への出場を決意。部員たちは戸惑いながらも、大会へ向け猛練習を開始する。多満子は萩原とペアを組むものの、全く反りが合わずケンカばかり。しかし、そんな二人の関係にも、やがて変化が訪れていく。

果たして、フラワー卓球クラブは奇跡の全日本選手権出場を叶えることができるのか?
そして、がけっぷち女子・多満子の恋の行方は!?

***********************************

キャスト:
新垣結衣 瑛太
広末涼子 瀬戸康史 永野芽郁 佐野勇斗 森崎博之/ 蒼井 優
 山口紗弥加 中村アン 久間田琳加 神尾 佑 平山祐介 斎藤 司(トレンディエンジェル)
    佐野ひなこ 鈴木 福 谷 花音 平澤宏々路 関 太(タイムマシーン3号)  
真木よう子 /吉田鋼太郎 池上季実子 松尾 諭 生瀬勝久/
田中美佐子 遠藤憲一 小日向文世

脚本:古沢良太(「デート~恋とはどんなものかしら~」「リーガルハイ」)
監督:石川淳一(映画『エイプリルフールズ』) 
主題歌:SHISHAMO「ほら、笑ってる(movie ver.)」
(GOOD CREATORS RECORDS / ユニバーサル シグマ)
音楽:末廣健一郎
撮影期間:2017年2月上旬~3月下旬
公開:2017年10月21日(土)
製作:フジテレビジョン
制作プロダクション:FILM
配給:東宝
©2017『ミックス。』製作委員会
    


綾野剛VS村上虹郎『武曲 MUKOKU』英国レインダンス映画祭長編部門決定!


映画情報どっとこむ ralph 熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』が、ロングラン公開中です。

『私の男』で第36回モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀男優賞をダブル受賞し、本作も6月に行われた同映画祭に正式出品されるなど、国際的評価の高い熊切和嘉監督ですが、この度、イギリス・ロンドンで開催される第25回レインダンス映画祭(9月20日~10月1日)インターナショナル長編コンペティション部門に出品されることが決定しました。
レインダンス映画祭は、92年に始まった、欧州最大級のインディペンデント映画祭。一昨年は『野火』(塚本晋也監督)と『ソレダケ/that’s it』(石井岳龍監督)が、昨年は『二重生活』(岸善行監督)が、それぞれインターナショナル長編コンペティション部門に出品されており、貴重な日本映画発信の場として映画ファンから注目されている。

また、第22回には、綾野が主演した『そこのみにて光り輝く』が同部門にて最優秀作品賞を受賞している、綾野自身にとってもゆかりの深い映画祭である。
新鋭発掘の場として定評があり、過去にはクエンティン・タランティーノ監督『パルプ・フィクション』(94)、クリストファー・ノーラン監督『メメント』(00)、園子温監督『愛のむきだし』(08)の英国プレミアが行われたこの映画祭で、目の肥えた映画ファンたちが本作をどう受け止めるのか、是非注目してほしい。

映画情報どっとこむ ralph 『武曲 MUKOKU』

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

公式HP:
mukoku.com
公式Twitter:
@MUKOKU_movie

***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明 監督:熊切和嘉 脚本:高田亮 音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ

©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会