映画情報どっとこむ のすべての投稿

映画情報サイトです。配給会社・監督・プロデューサー・映画祭・学生映画系の皆さん。そしてパブの方!HPサイト映画情報どっとこむ:http://eigajoho.com/ で情報発信しませんか? pub@eigajoho.comまでどうぞ

ディーン・フジオカ x 深田晃司監督『海を駆ける』インドネシア でオールロケ中! コメント長め!


映画情報どっとこむ ralph ディーン・フジオカさんを主演に迎え、彼の第二の故郷であるインドネシアを舞台に、深田晃司監督がタッグを組み、完全オリジナル脚本でファンタジー作品を描きます。
深田監督が挑む本作には、海外からの期待が高く、日本、フランス、インドネシアなどの共同製作により、今月8月5日にクランクイン。

約1ケ月、インドネシア、スマトラ島のバンダ・アチェでオールロケーション撮影を敢行。
製作・配給側は海外の映画祭や劇場公開も視野に入れつつ、日本では2018年5月に全国ロードショーが決定し、その後インドネシアでも公開が決定しています。


アチェは弊社の取材担当カメラ記者TJが何年も働いていた地なので、どんな場所か聞いてみたら・・・ネシアの端っこ!暑いよ~旨辛いよ!田舎だよっと言ってました。また真面目な顔で、地震で大きな津波が町を襲ったので壊滅状態になったとも。。。。そんな地でディーンさま撮影中のようです。

映画情報どっとこむ ralph ディーン・フジオカさんは、ラウと名付けられ、奇跡を起こす正体不明の男を演じます。
そして、成り行きでラウと一緒に暮らすことになる日本人の貴子役には、多くの映画やドラマ、CMなど幅広く活躍し、『ほとりの朔子』に続き深田組は2度目参加となる鶴田真由。

その貴子の息子・タカシ役には、『ほとりの朔子』(14年)で鶴田と共演し、『淵に立つ』で第38回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞受賞している太賀が挑みます。

そして、タカシの従妹を『二つ目の窓』で主演を好演し新人賞や主演女優賞歴のある若手実力派女優阿部純子が務めます。


人の生き方を、鋭く深く見つめてきた深田監督が描き出す、広く澄み渡る海と、戦争と津波の記憶の残る町を背景に、集い息づく人々に起こるファンタジー。

映画情報どっとこむ ralph ディーンさんと深田監督からコメントが到着


ディーン・フジオカさんからのコメント

個人的にインドネシアという国は、家族が住んでいたり自分の過去に縁のある国の一つです。音楽的にもジャカルタでアルバムを作ったりしていますので、いつかインドネシアに映画の撮影に来られたらいいなぁと思っていました。

しかも今回日本とインドネシアやフランスなどの共同製作ということでぜひ参加したいと思い、今ここにいます。

スマトラ島が初めてで、アチェというと同じインドネシア国内でも外国みたいなイメージがあったので、すごくワクワクドキドキですね。来る前はどんな日々になるかまったく想像もつかなかったです。自分のジャカルタの友達や家族にアチェのこと聞いても誰も行ったことなかったし、詳しく知っている人もいなかったので、そういう意味では今回貴重な体験をさせていただいて、本当にありがたいなと思っています。

ラウは海から来た男ということで、すごく不思議な存在ですね。人間のようでいて、でも人間ではないというか。様々な奇跡的な現象を起こしていく、とにかく謎に包まれたキャラクターですね。

監督の演出はとても丁寧だなと思いました。リハーサルを何度も重ね、現場に入ってからも、タイミングやディテールに真摯に向き合ってる姿を見て、本当に映画が好きな人なんだなぁっていうのが伝わってきます。一緒に現場に入らせていただいてすごく勉強にもなりますし、楽しい時間を送っております。

また、共演者の皆さんとは、リハーサルの回数を重ねたことで、実際現場に入るまでに、皆お互いを知る機会がたくさんありました。だから現場でももちろん作業は円滑にスムーズに進んでいますし、かつ合間合間で楽しい和やかな空気がずっと流れていて、みなそれぞれプロフェッショナルな仕事をしながら、すごく楽しい思い出を一緒に日々作っているという感じですね。

はじめてインドネシアで撮った作品で、しかもアチェだったりサバンだったり、インド洋の文化圏のドアが日々開いてる感じがします。もちろん映画を作ってるスタッフや関係者がインドネシアの人だったり日本の人だったり、いろんな人がいます。作品はストーリー的にもチャレンジングでおもしろいものだと思うんですけど、作品の存在自体が2つの国だったりカルチャーというものをさらに近づけていったり、新しい化学反応を起こしたりするようなきっかけになる可能性を持った、ひとつのプロジェクトなんじゃないかなぁと思っているので、一人でも多くの人に、国籍や喋る言語を問わず、年代を問わず、観てもらえたら嬉しいですね。


深田晃司監督からのコメント

ディーン・フジオカさんは、その多国籍で無国籍な生き方にまず惹かれ、お顔を拝見し打ち抜かれました。一目惚れです。ラウがいた、と確信しました。ラウ=ディーンさんの発見によって、この映画は動き始めたのだと思います。超然としたキャラクターをディーンさんがどう演じどう膨らませてくれるか、とても楽しみにしています。

また、鶴田さん、太賀さんはすでに何度かお仕事がしたこともあり、脚本段階から二人のイメージで書いていました。ご出演頂けることになりほっとしています。阿部さんは、大人びた雰囲気にわずかに幼さを残したその佇まいに惹かれました。国境を越えるその情熱がどうスクリーンに息づくか、期待しています。

そして、アディパティ・ドルケンさんとセカール・サリさんは、インドネシアのプロデューサーが探してくれた多くの候補の中から選びました。もちろん、役に合うと確信したのは当然ですが、おそらく自分は直感的に日本の若い俳優たちとすぐに友達になれそうな二人を選んだのだと思います。それは大成功だったようです。

私は2011年に津波に関するシンポジウムの記録撮影のためにインドネシアのバンダ・アチェを初めて訪れました。アチェは2004年にスマトラ沖地震による大津波で被害を受けた地です。東北の津波の記憶の生々しかった時期だけに、そこで見聞きするすべてに刺激を受け、アチェを舞台にした映画を作りたいと願うようになりました。

俳優たちの魅力によって期待以上の作品に育ちつつあることを実感しています。目の前に見えることを大切に掬い取っていきたいです。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。
片言の日本語やインドネシア語を話すが正体は不明。その謎の男にラウ=インドネシア語で「海」)と名付けて預かることになった、災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシたち。その周辺で謎の男・ラウは様々な不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくーー果たしてラウは何者なのか…

公式HP:umikake.jp

***********************************

出演:ディーン・フジオカ、太賀、阿部純子、アディパティ・ドルケン、セカール・サリ、鶴田真由
脚本・監督:深田晃司
企画・制作:日活
配給 :東京テアトル
(C)2018「海を駆ける」製作委員会


『弱虫ペダル Re:GENERATION』10月13日(金)より二週間限定上映決定


映画情報どっとこむ ralph 渡辺航先生原作による自転車<サイクル>ロードレースに全てをかける高校生たちの戦いとドラマを描くTVアニメ『弱虫ペダル』。

2017年1月~6月に放送された第3期シリーズ『弱虫ペダル NEW GENERATION(ニュージェネレーション)』に続き、第4期シリーズが2018年1月より放送されることが決定しています。

そして!

この度、第3期のドラマにオリジナルシーンを織り交ぜて構成する『弱虫ペダル Re:GENERATION(リ ジェネレーション)』が2017年10月13日(金)より二週間限定上映されることが決定。

キービジュアルも解禁されました。
3年生の先輩が卒業し、新世代となった総北高校、箱根学園、京都伏見。主人公・小野田坂道に加え、彼のライバルであるチーム箱根学園の真波山岳、そしてチーム総北高校新キャプテン・手嶋純太が描かれるなど、新しい闘いの幕開けを感じさせるキービジュアルに仕上がっています。
 そして、注目のオリジナルシーンは、全国大会<インターハイ>の応援に向かう坂道たちの先輩、金城真護・巻島裕介・田所迅の3人が登場。田所の実感「田所パン」のワゴンで開催地に向かう3人。車中での話が思わぬ方向へ展開していきます。キービジュアルにはそのオリジナルシーンの場面カットも含まれていて、どんな展開が待っているのか、そちらも注目です。


『弱虫ペダル Re:GENERATION(リ ジェネレーション)』
2017年10月13日(金)から劇場にて二週間限定特別上映
配給:東宝映像事業部
公式ホームページ

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03 製作委員会


映画情報どっとこむ ralph CD発売情報

『弱虫ペダル Re:GENERATION』主題歌
「ツヨサヨワサ」佐伯ユウスケ
2017年10月4日(水)CDリリース
\1,300+税/THCS-60165/レーベル:TOHO animation RECORDS/
発売・販売元:東宝
収録曲:1.「ツヨサヨワサ」 2.「行かないと」3.「ツヨサヨワサ」(Instrumental) 4.「行かないと」(Instrumental)



『弱虫ペダル NEW GENERATION』
『弱虫ペダル NEW GENERATION』Blu-ray&DVD商品情報

『弱虫ペダル NEW GENERATION』Blu-ray&DVDシリーズ全8巻
Vol.1~Vol.5好評発売中!
Vol.6 9月13日(水)発売!
≪Vol.7以降の発売スケジュール≫
Vol.7…2017年10月18日(水)発売(収録話:第17話~第19話)
Vol.8…2017年11月15日(水)発売(収録話:第20話~第22話) 
Vol.9…2017年12月13日(水)発売(収録話:第23話~第25話)

映画情報どっとこむ ralph 【サウンドトラックCD商品情報】
TVアニメ「弱虫ペダル NEW GENERATION」オリジナル・サウンドトラック
好評発売中
価格:\2,800+税/THCA-60155/レーベル:TOHO animation RECORDS/発売・販売元:東宝
<収録内容:32曲予定/約71分>
1.成長した坂道!/2.ニューフレーム/3.自転車は楽しいかァ!?/4.巻島が残したもの/5.巻島と坂道のつながり/6.熱いバイブレーション/7.追いつきたい!!/8.先輩の引退/9.カチューシャの想い出/10.先輩の背中/11.先輩から後輩へ/12.手嶋純太/13.空回り/14.負けた帰り道/15.緊張の中で/16.限界の先/17.全力本気スプリント/18.さぐり合い/19.脱皮/20.答えは勝負の中に/21.6人目へ/22.動け足!/23.ゴールへ繋ぐスプリント/24.杉元照文の全て/25.焦り/26.折れそうな心/27.威圧/28.新たな強敵/29.岸神小鞠/30.全開の追走/31.第二世代総北の闘志/32.前だけを見て



【キャラクターソングCD商品情報】
『弱虫ペダルNEW GENERATION』キャラクターソングCDシリーズ
好評発売中
各\1,500+税/レーベル:TOHO animation RECORDS/発売・販売元:東宝

キャラクターソングシリーズ Vol.1 小野田坂道&手嶋純太
品番:THCS-60137
<収録楽曲>
1. 「Go up higher!」 2. 「Gift Story」 3. 「Keep Trying」 
4. 「Go up higher!」(Instrumental) 5. 「Gift Story」(Instrumental)
6. 「Keep Trying」(Instrumental)


キャラクターソングシリーズ Vol.2今泉俊輔&鳴子章吉
品番: THCS-60138
歌:今泉俊輔(CV:鳥海浩輔)/鳴子章吉(CV:福島 潤)
<収録楽曲>
1. 「フル・スピード」 2. 「SPARK」 3. 「誰より派手な男」 
4. 「フル・スピード」(Instrumental) 5. 「SPARK」(Instrumental)
6. 「誰より派手な男」(Instrumental)


キャラクターソングシリーズ Vol.3 手嶋純太&青八木一
品番:THCS-60139
歌:手嶋純太(CV:岸尾だいすけ)/青八木一(CV:松岡禎丞)
<収録楽曲>
1. 「Own Way」 2. 「二つの足跡」
3. 「Own Way」(Instrumental) 4. 「二つの足跡」(Instrumental)




キャラクターソングシリーズ Vol.4泉田塔一郎&銅橋正清
品番:THCS-60140
<収録楽曲>
1. 「Absolute Champion」 2. 「アブReady go!!」 3. 「MONSTER」
4.「Absolute Champion」(Instrumental) 5.「アブReady go!!」(Instrumental)
6.「MONSTER」(Instrumental)


キャラクターソングシリーズ Vol.5青八木一&鏑木一差
品番:THCS-60141
<収録楽曲>
1. 「Lead to doing」 2. 「Silent Blaze」 3. 「天才的エース・スター」
4.「Lead to doing」(Instrumental) 5.「Silent Blaze」(Instrumental)
6.「天才的エース・スター」(Instrumental)


キャラクターソングシリーズ Vol.6手嶋純太&真波山岳
品番:THCS-60142
<収録楽曲>
1. 「Wind & Weed」 2. 「タイトル未定」 3. 「タイトル未定」
4.「Wind & Weed」(Instrumental) 5.「タイトル未定」(Instrumental)
6.「タイトル未定」(Instrumental)



***********************************



阪本順治監督キューバでの撮影を語った!『エルネスト』日本記者クラブ会見試写


映画情報どっとこむ ralph 今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。

そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)に公開されます。

そして、この度、日本記者クラブ試写を実施、上映前に阪本順治監督が登壇しました!


『エルネスト』日本記者クラブ 会見および試写会
日時:8月23日(水)
場所:公益社団法人 日本プレスセンター
登壇:阪本順治監督

映画情報どっとこむ ralph 日本記者クラブで大きな拍手で迎えられた阪本順治監督。


冒頭に阪本監督は、日本記者クラブでの試写会ということで、普段あまり話すことのない阪本監督の大学時代から、映画監督になるまでのエピソードを語り

阪本監督:学生時代に新聞会というクラブ活動をしていました。そのため、自然とゲバラに興味を持っていたんです。

と話し、

阪本監督:2013年、ある映画の脚本を書くため、日系移民の方を調べていたら、ボリビア日系移民のフレディ前村を知り、とても興味を持ちました。

と、本作のきっかけを披露。

映画情報どっとこむ ralph また、製作において最も重要だったのはキャスティングだったそうで・・・

阪本監督は、映画において、キューバ人の役者が“チェ・ゲバラ“を演じたことは今まで一度もないという裏話を披露。

さらに

阪本監督:フィデル・カストロも映画に登場しますが、当時はまだ生きていたため、その役者を見つける作業も難航しました。しかし、キューバのスタッフから、”結局その俳優が持っているアイデンティティや精神性などが大事であって、再現ドラマではないのでそっくりな人を求めるな”、という助言もあり、無事キャスティングに漕ぎ着けることができました。

と実在の人物を描く大変さも吐露。


自身も会ったことのない、ゲバラやカストロについて、キューバでの撮影の中で

阪本監督:『ゲバラはそうじゃない』と指示していたのがとても不思議な感覚だった。暑さでキューバのスタッフと体格差のある日本人スタッフは体調管理が上手くいかない面もあったし、キューバの人々のユーモアのあるラテン気質に随分助けられましたね。

とキューバのスタッフとの良好な関係性が築かれていったことが披露されました。


映画の見どころについて、

阪本監督:キューバ(の話)に行く前に、1959年広島のシーンがある。ゲバラが日本を使節団として、外務省から認められてない広島行きを強行したシーンも綿密に取材を重ね再現していますので

と最後に語り、予定していた質疑応答の時間がなくなるほど、本作に対する熱い思いを話され、集まった記者たちにとって、有意義な時間となりました。

映画情報どっとこむ ralph チェ・ゲバラ没後50年

映画『エルネスト

は、10月6日(金)より全国ロードショー。




物語・・・

50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。

キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー

***********************************

脚本・監督:阪本順治

出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス

配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.