若かりし頃のマルクスとエンゲルス『マルクス・エンゲルス』 予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 若かりし頃のカール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスの活躍を描いた映画『マルクス・エンゲルス』 が、カール・マルクス生誕 200 年を迎える今年4月28日(土)より、岩波ホ ールにてロードショーとなります。

そこで今回、若々しくも堂々とした佇まいのマルクス、さらに同じく若きエンゲルス、マルクスの妻イェニーが登場するメインビジュアルが解禁 されました。
歴史上の人物として晩年の肖像画のイメージが強いマルク スとエンゲルスだけに、若く活気に溢れる姿が印象的です。そして26才のマルクスと 24 才のエンゲルスの初めての出会いや、時代の先頭を切る二人の様子がわかる待望の予告編も解禁致しました。新たなスローガンを掲げる胸を打つシーンなど躍動感溢れる本編映像が垣間見えます。



1840年代のヨーロッパでは、産業革命が生んだ社会構造のひずみが経済格差をもたらし、貧困の嵐が吹き荒れて いた。そこでは人間の尊厳も奪われ、不当な労働条件がはびこっていた。26歳のカール・マルクスはそのいらだちの なかで、搾取と不平等な世界に対抗すべく独自の経済論を展開するが、それによりドイツを追われ、フランスへと辿 りつく。そこで彼はエンゲルスと運命の出会いを果たし、彼の理論を得たマルクスは、大きな運命のうねりに巻き込 まれていく。そしてそれは、やがて時代を超えて読み継がれる「共産党宣言」誕生の、夜明け前へと連なっていくの だった。

レーニン、ゲバラ、カストロ、マンデラ‥20世紀を代表する変革の指導者の前には、いつもマルクスとエンゲルス がいた。本作はドイツ、フランス、イギリス、ベルギーを舞台に、二人が「今日までのあらゆる社会の歴史は、階級 闘争の歴史である」という有名な言葉で始まる『共産党宣言』を執筆するまでの日々をドラマティックに描く。監督 は『ルムンバの叫び』(10)、『私はあなたのニグロではない』(17)で知られる社会派の名匠ラウル・ペック監督。

映画情報どっとこむ ralph 世界の分断が進み、経済格差、人種差別といった未曾有の世界的秩序の崩壊が雪崩をおこしつつある21世紀のいま、 カール・マルクスが私たちに伝えることとは?エンゲルスとともにその若きエネルギーをぶつけ、歴史の拠点に立っ た二人の歴史的感動作が誕生しました。ぜひご期待ください。

映画『マルクス・エンゲルス
原題『THE YOUNG KARL MARX』
4 月 28 日(土)より岩波ホールにてロードショー!〈全国順次〉
物語・・・
26 歳のカール・マルクスは、その過激な言動により妻と共にドイツ政府から国を追われる。1844 年、彼はパリで若 きフリードリヒ・エンゲルスに出会う。マンチェスターの紡績工場のオーナーの子息であった彼は、イギリスのプロレタリアート(労働階級)について研究中の身であった。
しかし階級も生まれも違うエンゲルスとの運命の出会いは、マルクスが構築しつつあった新世界のビジョンの、最後のピースをもたらすことになる。
マルクスとエンゲルスはやがて、政治的暴動や動乱をかいくぐっ て、まったく新しい労働運動の誕生を牽引してゆく。労働運動はそれまで単発的で組織化もされていなかったのだ。2 人の若者が 率いたこの運動は、ルネッサンス以来の、世界で最も完成された社会変動へと成長していく。

***********************************

監督:ラウル・ペック
出演:アウグスト・ディール、シュテファン・コナルスケ 2017 年/フランス・ドイツ・ベルギー合作/フランス語・ドイツ語・英語/118 分/スコープサイズ/カラー

配給:ハーク
© AGAT FILMS & CIE – VELVET FILM – ROHFILM – ARTEMIS PRODUCTIONS – FRANCE 3 CINEMA – JOUROR – 2016
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ