吉田沙保里『ダンガル きっと、つよくなる』天下無敵の応援団結成イベント


映画情報どっとこむ ralph 『ダンガル きっと、つよくなる』は日本レスリング協会にも後援されているお墨付きの1本!

インドに実在したレスリングを愛する星一徹ばりに頑固すぎる熱血パパと、その娘たちの壮大な逆転サクセスストーリー。
そして、今回本作の公開記念イベントに、全日本女子レスリングヘッドコーチを務める栄和人さん、そしてもはや説明は不要、霊長類最強女子・吉田沙保里選手ほか日本女子レスリング界を代表する豪華面々にご登壇いただきました!実は吉田選手は、本作で金メダルを目指し奮闘する長女・ギータ選手と2012年の世界選手権(カナダ)で闘ったことも!その際のエピソードや、国を超えて涙した本作の感想、はたまた栄コーチの鬼指導っぷり(?)など、熱くたっぷりと語りました。

日時:2月9日(金)
場所:ホテルメトロポリタン池袋
登壇:栄和人、吉田沙保里、土性沙羅、川井梨紗子

映画情報どっとこむ ralph 本日実施した、4月6日(金)公開映画『ダンガル きっと、つよくなる』の応援団結成イベントには、作品を観て大変感動した!と応援団に名乗りを挙げた全日本レスリング協会から、栄和人監督、吉田沙保里選手、土性沙羅選手、川井梨紗子選手が登壇した。

MCの呼び込みにより栄監督を筆頭に作品のオリジナルTシャツに応援団特製のたすきをかけて登場。

栄監督:親子でありながらスパルタ教育で指導していく中で、親として指導者として感じるものが多い作品でした。

と述べ、続けて

吉田選手:自分の幼いころからのレスリング人生と重なる部分が多く、感動して泣けました。厳しい指導のもと世界を目指すというのが共感できました。

と感想を述べた。

本作は実話を元にした作品。実際の長女ギータ&次女バビータ両選手と実際に闘った経験のある吉田選手は、2012年にカナダで行われた世界選手権で試合をした長女ギータの印象について、

吉田選手:そのときは勝ちました!自分のレスリングのスタイルにはまっているのか、やりやすい相手だという印象ですね。

と話し、川井選手においてはバビータと戦い負けてしまった経験があるという事で

川井選手:1ピリオドは勝ったのですが、2.3ピリオドで逆点負けてしまいました。粘り強い相手だった印象があります。

とそれぞれの姉妹への印象について話した。


映画情報どっとこむ ralph 作中では父娘の熱いエピソードが繰り広げられるが、吉田選手もお父さん(吉田栄勝さん)から熱い特訓を受けていたそうで…
吉田選手:3歳から父のもとでレスリングをはじめました。家の中に道場があったので、逃げ隠れできませんでしたね笑。私には2人の兄がいるのですが、当時は男子しかレスリングはオリンピック種目になっていなかったので、父は兄をオリンピックに出したいという想いがありました。あまり私には力を入れていなかったのですが、私も試合に出るようになり期待され始めました。あのころは1年に3回くらいしか休みがなく、父の言うことは絶対。怪我、骨折をしてても「試合に出ろ!」という父だったので、本当に映画の中の厳しい父親と似ているなーと思いました。ですが、そんな父がいたから今があるので、映画でもそうですが、だからこそ勝てるのだなと感じました。

と父への感謝を述べた。そこにすかさず

栄監督:吉田選手のお父さんの方が怖い…

と漏らすと選手、マスコミから笑いがもれた。

土性選手も吉田選手の父・吉田栄勝さんから指導を受けたということで
土性選手:指導されているときは、怖い!という印象しかないです笑。でも練習の後は優しい先生でした。

と思い出を語った。

ご両親がレスリングしており、更には妹さんもレスリングをしている川井選手は

川井選手:家にいてもレスリングに挟まれているようなものでした。小さいころは私も遊びたいのに、遊べない感情や姉妹で刺激しながら成長していくというのが共感できました。試合のシーンでは妹が姉を一生懸命応援しているところにジーンときましたね。

と似た境遇から共感した感動ポイントを挙げた。

映画情報どっとこむ ralph 先日行われたレスリング協会の方々の試写会ではレスリングシーンで「おお~」と言う声が漏れていたという。

吉田選手:レスリング経験のない人があそこまで技をかけたり、投げられたりと大技の連続ですごいな!と。本当にレスリングをやっていたんじゃないか??と思いました。

と、迫力のレスリングシーンに太鼓判!また監督も作中の技について

吉田選手:大げさ過ぎない、本当にあるすごくリアルな技ばかりで面白かったですね。

とプロが観ても楽しめる本格的なレスリングシーンを語った。


アーミル・カーン演じるお父さんの指導法について監督は

栄監督:父親の技術だけじゃなく心の指導があり、それを含め娘達が信頼をしている。

と作中で描かれた父と娘の関係について感慨深げに語った。

観た人が涙にむせぶ作品と評判の本作を観て、登壇した全員も例に漏れず感涙。

吉田選手:成長した長女がナショナルチームに入ったあと、コーチと父親の教えの間で悩み、試合でも上手くいかなくなったときに父親に電話するシーンなど父とのやり取りに自分も大学に入ったとき同じ迷いがあったことを思い出し、共感しました。

と自分との共通点に涙。

本作では勝てなくなった時の苦しみもじっくりと描かれている点について監督から

吉田選手:優勝者だけが脚光をあびるのではなく、それまでに努力したことで自分がどう変わっていくのかという心の強さも描いているので、ぜひ皆さんに観てほしいですね。

と力強く語った。

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・
レスリングを愛する男。生活のために選手として生きることはあきらめたが、道場で若手を指導しながら、いつか息子を金メダリストにすることだけを夢見ていた。ところが、生まれたのは女の子。それから神頼みに始まりありとあらゆる産み分けを試すも、4人連続の女児。すっかり意気消沈し、道場からも遠ざかっていたが、ある日、ケンカで男の子をボコボコにした長女・次女の格闘センスに希望を見出し、翌日からコーチとして、二人を鍛えはじめる。男物の服を着せ、髪を切り・・・一家は、町中の笑いものとなるが、外野は意に介さず、ブレずに特訓に熱を込める父と、ささやかな抵抗を企て続ける娘たち。やがて、目覚しい才能を開花させた娘たちはー。
 
***********************************

監督・脚本:ニテーシュ・ティワーリー
出演:アーミル・カーン『きっと、うまくいく』『PK』、ザイラー・ワシーム、スハーニー・バトナーガル
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン/ギャガ
©Aamir Khan Productions Private Limited and UTV Software Communications Limited 2016

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ