渡辺佑太朗、舟津大地ら登壇『野球部員、演劇の舞台に立つ!』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 2018年2月24日(土)より映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』渋谷ユーロスペース、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、T・ジョイ久留米、小倉コロナシネマワールド他にて公開となります。

本日、2月8日(木)に日比谷図書文化館にて完成披露試写会が行われ、主演の渡辺佑太朗さん、舟津大地さん、川籠石駿平さん、山田慎覇さん、柴田杏花さん、監督の中山節夫、主題歌「ユビノサキヘ」を歌う音楽ユニットGood Comingが登壇しました。

日時:2月8日(木)
場所:日比谷図書文化館
登壇:渡辺佑太朗、舟津大地、川籠石駿平、山田慎覇、柴田杏花、中山節夫監督、Good Coming

映画情報どっとこむ ralph 小中高と9年間野球をやっていたという渡辺さんは、

渡辺さん:野球を活かす作品の出演が今までなかったので、すごく嬉しかったです。でも、役柄で坊主にして髪の毛を3ミリにした時、鏡で見た時にゾッとしちゃって、こんなだっけ!?と自分の坊主頭の違和感に驚きました!

と感じたそう。

柴田さんは、演劇部顧問・竹島由美子役を演じる、宮崎美子との部員と顧問という共演について

柴田さん:(宮崎美子さんに)自由にやってください、と言われる中にも愛情を感じ遠くから見守ってくださっていて、現場中も本当に先生なんじゃないかというくらい暖かく見守ってくださいました。

思い出深いエピソードを聞かれ

渡辺さん:電照菊の前を歩くシーンの撮影前、照明部さんが『道路が水に濡れていたら照明が綺麗に光っていいよね』みたいな話をしていたんですよ。そしたら八女の消防士の方が放水してくれて。最初は火事かと思ったんですけど。

と撮影現場での心温まるエピソードを披露した。

映画情報どっとこむ ralph そして、舟津さんは20日間の現場に対して

船津さん:ここまで(キャストの方々と)仲のいい現場は初めて。実際の野球部、演劇部という高校時代の3年間をともに過ごしているという設定なので撮影が終わったら高校生らしくファミレス行ったり、みんなで毎日一緒に過ごしていて…自分自身は野球部で高校時代は本当に忙しく、放課後遊ぶ時間がなかったので今回を機に高校生に戻った感覚で演じられて嬉しかった。

と撮影中の和やかな空気感を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 完成披露を行った『野球部員、演劇の舞台に立つ!』はいよいよ2月24日より公開。

その初日および2日目に、本作の主演渡辺佑太朗他、出演者と中山節夫監督他による舞台挨拶および字幕版上映を下記、スケジュールにて予定しております。チケットは各劇場窓口及びインターネットオンラインにて販売よなります。

舞台挨拶予定

・渋谷ユーロスペース 
2月24日(土) 
9:50より(初回上映前) 
登壇予定:渡辺佑太朗 舟津大地 川籠石駿平 山田慎覇 柴田杏花 林遣都 
宮崎美子 中山節夫監督

・福岡 ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
2月24日(土) 
15:00からの回、上映終了後(16:55~予定)
登壇予定:渡辺佑太朗 舟津大地 川籠石駿平 山田慎覇 柴田杏花 三村千聖 
松元愛由 Good Coming(主題歌) 中山節夫監督 竹島由美子(原作)

・福岡 T・ジョイ久留米
2月25日(日) 
9:00からの回、上映終了後(10:50~予定)
および11:40からの回、上映前(11:40~予定)
登壇予定:渡辺佑太朗 舟津大地 川籠石駿平 山田慎覇 柴田杏花 宇梶剛士(予定)
Good Coming(主題歌) 中山節夫監督 竹島由美子(原作)

・福岡 小倉コロナシネマワールド
2月25日(日) 
13:10からの回、上映終了後(15:00頃~予定)
登壇予定:渡辺佑太朗 舟津大地 川籠石駿平 山田慎覇 柴田杏花 宇梶剛士(予定)
Good Coming(主題歌) 中山節夫監督 竹島由美子(原作)

■チケット販売開始(窓口及びインターネットオンラインにて)
・渋谷ユーロスペース:2月21日(水) 0:00より
・ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13:2月10日(土)10:00より
・T・ジョイ久留米:2月10日(土)窓口8:30より、WEB販売は0:00より
・小倉コロナシネマワールド:2月10日(土)10:00より

■字幕版上映
・ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13:3月4日(日)および5日(月)各1回
・T・ジョイ久留米:3月11日(日)、12日(月)各1回

※上映時間詳細は劇場HPにてご確認ください

映画情報どっとこむ ralph 映画『野球部員、演劇の舞台に立つ!』
yakyubuin-vs-engekibuin.com

物語・・・

福岡県南部の強豪八女北高校野球部では、常に熾烈なポジション争いが繰り広げられていた。

春の選抜大会(甲子園)につながる予選で、まさかの敗退によりチームはギクシャクし始めていた。そんな折、エースら中心選手は、監督から演劇部に行くよう命令される。反発する選手達。

だが、そこには思いもよらぬ先輩たちの哀しい傷跡の記憶が・・・。

***********************************

渡辺佑太朗
舟津大地 川籠石駿平 山田慎覇 柴田杏花 佐々木萌詠 芋生悠 山田杏奈 鹿毛喜季 田中奈月
林遣都 宇梶剛士 宮崎美子
監督:中山節夫 原作:「野球部員、演劇の舞台に立つ!」竹島由美子(高文研刊)
音楽:小六禮次郎 / テーマ曲:「ユビノサキヘ」Good Coming
映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」を応援する会 / 映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」を支援する会 代表世話人:平田圭四郎 事務局長:平井靖文
後援:福岡県 福岡県教育委員会 八女市 JAふくおか八女 八女商工会議所 八女市商工会 八女市議会 八女市教育委員会 八女市PTA連合会 八女市社会福祉協議会
福岡県茶生産組合連合会 福岡県茶商工業協同組合 八女筑後医師会 八女筑後歯科医師会 JAグループ福岡 福岡県私学協会 FM八女 レワード株式会社
筑後七国(筑後市・柳川市・大川市・みやま市・広川町・大木町) 東京福岡県人会 中京福岡県人会 関西福岡県人会 京都福岡県人会 広島福岡県人会 やめん会(福岡市)
製作:鈴村髙正 鈴木一美 企画:鈴木一美 プロデューサー:鈴木一美 桑山和之 脚本:ハセベピロウィナー 鈴木一美 片島章三 山崎太基
撮影:岡雅一 照明:山川英明 関根謙一 録音:武進 美術:西尾共未 装飾:鈴村髙正 編集:小林由加子 記録:穂盛文子 助監督:片島章三 製作担当:島根淳
宣伝(アド):プランニングOM/オフィス63/木野武
宣伝(広報):太秦
製作:京映アーツ 配給:パンドラ
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
2017 年/日本/102 分/アメリカンビスタサイズ/5.1ch/カラー
文部科学省特別選定 一般劇映画 少年向き/青年向き
© 2017 映画「野球部員、演劇の舞台に立つ!」製作配給委員会/京映アーツ/コチ・プラン・ピクチャーズ
     
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ