松坂桃李主演 『娼年』“娼夫”リョウの場面写真到着!


映画情報どっとこむ ralph 2001年の直木賞候補になり、性の極限を描いたセンセーショナルな内容が話題を呼んだ石田衣良の恋愛⼩説「娼年」が、2016年 の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化、4月6日(金)より全国公開となります。

この度、 “娼夫” リョウの場面写真が公開されます。 また、2月10日(土)より、特典付きムビチケカードが発売されます。

原作は2001年の直木賞候補となった石田衣良の恋愛⼩説。女性の欲望をありのままに描いた刺激的な内容と、女性たちに向き合うことで変化を遂げていく主人公リョウの姿を繊細な表現で描き、多くの女性から共感を集めた。

そして 遂に、2016年の伝説の舞台と同じ松坂桃李x三浦大輔のコンビは、困難と言われた映画化に挑んだ。 今回、松坂桃李演じる”娼夫”リョウの場面写真が公開となる。

1点は、客の女性に穏やかにやさしく微笑むリョウを切り取ったもの。
もう1点は、緊張した面持ちで相手の女性の話に 聞き入っている姿。
どちらも、大学生活や女性との関係に退屈しバーテンダーのアルバイトに明け暮れ、「女なんてつまん ないよ」と言っていた頃の領とは全く違う表情を⾒せている。客の女性たちの心の奥底に潜む想いを受け止め、彼女たち の欲望を解放していくことで、少しずつ”娼夫”リョウが洗練されていく様子が垣間⾒られる。

映画情報どっとこむ ralph 本作では、リョウが”娼夫”の仕事を通じて、娼夫としても人としても成⻑していく姿を描き出していく。そんな変化をときに は鮮烈に、ときには繊細に表現する松坂桃李の演技に注目したい。

また、2月10日(土)より、特典付きムビチケカード(1400円)が発売される。特典は、場面写真2点のほか、ス ペシャルショット1点をあわせたオリジナルポストカード3枚セット(数量限定)となる。
取り扱い映画館などの詳細は、 映画公式サイトへ。

映画情報どっとこむ ralph これは、映画史における「事件」になる―。困難と言われた映画化に、「“性描写”に関しては⼀切妥協しない」と言う三浦大輔監督とともに臨んだ松坂が、「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と語るように、監督、 スタッフ、俳優陣が全身全霊を込めて作った渾身の作品。「娼夫」になる領を通して描かれる性、その性を通してひとり ひとりの奥深くに潜む人間ドラマに⼀層、期待が高まる。

娼年

4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿 他 全国ロードショー

物語・・・
主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を 送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める⽥嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は 御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける女性専⽤コールクラブ、 「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。
最初こそ⼾惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性 ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを⾒つけていく。

公式HP:
http://shonen-movie.com/
Twitter:
@shonen_movie

***********************************

松坂桃李
真飛聖 冨手麻妙 猪塚健太
桜井ユキ ⼩柳友馬渕英里何 荻野友里 佐々木心音 大谷麻衣 階戸瑠李 西岡德馬/江波杏子

脚本・監督:三浦大輔

原作:石田衣良「娼年」(集英社文庫刊)
製作幹事:ファントム・フィルム ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング: R18+
(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ