渡邉剣・天野浩成・谷本佳織監督が登壇!ケーキをあ~んも 名作BL『花は咲くか』完成披露!


映画情報どっとこむ ralph BLコミックスの中でも“名作”と評判が高い日高ショーコ先生の人気コミック『花は咲くか』の実写映画が2018年2月24日に公開となります。

そして、その完成披露が行われ、年の差同性カップルを演じた主演・渡邉剣と天野浩成そして、谷本佳織監督が登壇しました。

映画完成の喜びや見どころを話したほか、バレンタインデーにちなんだ思い出を・・・さらに、チョコレートケーキもサプライズで登場し、お互いあ~んを生披露!

『花は咲くか』完成披露
日程:2月6日(火)
場所:池袋HUMAXシネマズ
登壇:渡邉剣、天野浩成、谷本佳織監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手と歓声の中渡邉さん、天野さん、谷本監督が登壇。

映画初主演の渡邉さんにオファーが来た時のことを尋ねると
渡邉さん:台本をいただいて読んで感想をマネージャーさんに伝えて、その1週間後にこの作品の主演だと聞かされました。主演か!!!というプレッシャーと嬉しさがこみ上げてきました。主役として現場の雰囲気を明るくしようと、皆さんとお話して和気藹々とできたかなと。

谷本監督:渡邉君は本当に良い雰囲気を作ってくれてました。

と感謝を述べていました。お二人とも“初”BL作品ですよね!とMCに尋ねられると
天野さん:僕は既にボーイじゃないのにな~(笑)大丈夫なのかなと。原作を読んで。これなら大人で大丈夫だと。

渡邉さん:台本の段階はBLとわからなくて。桜井って女性だと・・でも読み返しているうちに。BLだと。でも、純粋に愛してるのはいいなと。抵抗なく役には入れました。
と、キラキラした目で話す渡邉さん。続けて

渡邉さん:役があまりしゃべらないし、行動もあまり変化がない。表現の幅が狭くて・・・その中でいかに感情を表すかが難しかったですね。僕もあまりしゃべらなかいのがカッコいいと思っていたので、最初に読んだ時から親近感がわきました。

と似ている部分もあると話します。

天野さん:僕の役はもともと男性が好きなわけではないので、だんだんひかれていく、彼を女性に見立てるのも違うのでその気持ちを理解するのが、かんがえたところですね。

渡邉さん:たまたま好きになったのが男性で初恋なので、自分の初恋を思い出して演じました。

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 谷本監督は本作の映画化を熱望していたらしく

谷本監督:原作を読んですぐ惹きこまれて。好きって気持ちが映画化への気持ちになりました。心理描写が細やかで、風景がきれいなので映像に映えるし、言葉がシンプルなのに凄い洗練されている。これを実際の声で聴いてみたい。

と言う気持ちから映画化へ。配役は

谷本監督:ビジュアルから入りました。初めてお会いした時から二人ともままで。良かったんです。

背景・景色がとてもきれいで、漫画に併せたロケハンをしているようで

渡邉さん:家も完璧で着替えて入ったときに、俺、蓉一や!ってすんなり役には入れました。

天野さん:ロケーションはすべて美しいです。観終えた時に綺麗だったなと思ってもらえると思います。


お気に入りのシーンを聞かれ、ネタバレないところで慎重に

渡邉さん:初めて桜井さん御家に行くシーン。コーヒーを挽く。その空気感が良いんです。

天野さん:僕は縁側のシーン。好きです。

谷本監督:予告でも使われている、林の中のキスシーン。これぞ蓉一と桜井さんのシーンなんです!

と熱い監督!


映画情報どっとこむ ralph 実は主題歌「ふたり願い星」の綱希美香さんですが、急病で欠席。コメントが朗読されました。

天野さん:初めて映画で試写して、最後に流れて、凄いピッタリ。

渡邉さん:二人でざわつきました。蓉一と桜井なんです!

と、いちゃいちゃ。

14日はバレンタインの思い出を聞くと、二人とも女の子からチョコがもらえなかったと、にわかには信じられない発言・・・。
監督も。。。悲しい思い出を・・・・。

ここで、原作者の日高ショーコ先生から二人にバラのチョコケーキをプレゼント。

と言うことで二人で食べさせっこ!

大照れの監督に二人であーん!会場の皆さんもあーんて口開けていたに違いありません!

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

天野さん:キャストスタッフ一丸となって一生懸命作りました。今日は本当にありがとうございました。

渡邉さん:素晴らしい作品になっていると思います。二人の恋愛関係、そして皆が成長していく過程を楽しんでください。
そして、恋愛を忘れた皆さん!!思い出せると思います!ピュアな気持ちになれますのでよろしくお願いします。

花は咲くか

物語・・・
広告代理店に勤める37歳のサラリーマン・桜井和明(天野浩成)は、CM撮影で赴いた古く美しい日本家屋で一心に花の絵を描く19歳の美大生・水川蓉一(渡邉剣)と出逢う。この家の持ち主でもある蓉一は、他人に興味がなく親しい友人すらいなかった。同居している従兄弟の竹生(水石亜飛夢)や菖太(小原唯和)を心配させていたが、屈託なく話しかけてくる桜井にだけは心を開くようになる。二人の気持ちは次第に絡み合ってゆくが、桜井は蓉一との年齢差や同性同士という現実を前に、二人の関係を先に進ませることが出来ないでいた。まるで自分を避けているかのような桜井の行動に動揺し、苛立ちを感じる蓉一。さらに、蓉一に好意を寄せる美大のクラスメイト・藤本(塩野瑛久)も現れる。そんな中、桜井に大阪転勤の辞令が。桜井と蓉一に決断の時が迫る。


公式HP:
http://hanawasakuka-movie.com/

***********************************

渡邉 剣 天野浩成
塩野瑛久 小原唯和 水石亜飛夢 / 本宮泰風

原作:日高ショーコ「花は咲くか」(幻冬舎コミックス刊) 脚本:高橋ナツコ 監督:谷本佳織 
主題歌:「ふたり願い星」綱希美香(徳間ジャパンコミュニケーションズ) 音楽:加藤亜祐美   
製作:間宮登良松 
企画:加藤和夫 
プロデューサー:日野原彩子 
キャスティングプロデューサー:福岡康裕 
アソシエイトプロデューサー:菅谷英智 高橋 浩 
音楽プロデューサー:中谷しの
ラインプロデューサー:林周治
撮影:上野彰吾(J.S.C.) 美術監督:若松孝市(A.P.D.J.)
照明:赤津淳一 美術:松田香代子 録音:光地拓郎 
編集:柳澤和子 整音:宮本明子 
装飾:榊さくら 
小道具:横山夏子 絵画製作・監修:木下令子 
衣裳:工藤唯 ヘアメイク:竹川紗矢香
助監督:六車雅宣
プロダクションマネージャー:杉崎隆行
製作プロダクション:東映東京撮影所 製作統括:木次谷良助 
製作・配給:東映ビデオ © 2018東映ビデオ © 日高ショーコ/幻冬舎コミックス
©HIDAKA SHOKO,GENTOSHA COMICS 2009
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ