エニェディ監督x大九明子監督対談『心と体と』映画美学校マスタークラス


映画情報どっとこむ ralph 映画『心と体と』日本最速試写会と映画美学校のマスタークラスが1月31日、アテネ・フランセ文化センターにて行われ、初来日中のイルディ コー・エニェディ監督と、最新作『勝手にふるえてろ』が大ヒット公開中 の大九明子監督が講師として登壇。

矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラ ミング・ディレクター)氏の司会のもと、映画制作を志す学生など約 100 名に向け講義を行った。
本作は、ハンガリーはブダペストの食肉処理場で出会った孤独な男女がと ある事件をきっかけに夢を共有していたことを知り、心を通わせていくラブストーリー。

2017 年ベルリン国際映画祭では審査員長をつとめたポー ル・ヴァーホーヴェンから絶賛され金熊賞(最高賞)など 4 冠を獲得したほか、本年度アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされている。
エニェディ監督:たくさんの方に来ていただきとても嬉しいです。今日は二人の監督から映画制作者の方々へ何か 伝えられることがあると思います。
大九監督:監督の一ファンという視点でもお話を伺えたらと思います。

と挨拶。

お互いの最新作の感想を求められると、

大九監督:私が 20 年間、映画を撮るときに意識的に・無意識的にやってきたことがすべて詰まっている作品で、あらゆるところに共感する気持ちで拝見しました。

と語り、

エニェディ監督:とても素晴らしかったです。主演の方(松岡茉優)の演技も素晴らしい。どんなに才能がある俳優がいても、演出家 がきちんと演出しなければまったく意味を成しません。ユーモアも深さもあって、パワフル。ちょっとアニメーション的なところもあって、ダイレクトに伝わってくる、爽やかな風のような作品でした。

と述べ称えあった。
映画情報どっとこむ ralph 司会の矢田部氏より、講義の前に日本最速上映が行われた『心と体と』の着想について聞かれ

エニェディ監督:春先の美しい日に散歩をしていた時、私もすれ違う人も、表には全く見せないのに、心の中にはものすごくパッションがあるように感じて(このフィーリングを映画にしたら素敵だと思い)、すぐに家に帰って脚本を書き始めたんです。

と述懐。
いつもは 1 年くらいかけて脚本を書くのですが、今回に関しては 4 週間で書き上げてしまいました。なぜだ かわからないけれどまるで自動書記のように、ディテールまですらすらと。主役のふたりのキャラクターに関しては 過去の設定など(事前に)何も考えませんでした。

と、いつもと異なるスタイルで制作がスタートしたと語った。

矢田部氏が、エニェディ監督作には『心と体と』以外にも動物が出演する作品があると紹介し、本作で登場する鹿の撮影についての話題に。大九監督はその演出方法に興味津々の様子。本作については、何十頭もの候補から二頭選び数か月かけてトレーニングを行ったうえ、人間らしく見えるよう撮影方法に気を遣ったという。

大九監督:(頭 の中にあったイメージ通りに)『三歩あるいて首を上げて…』と鹿が動くように、動物トレーナーさんにお願いしたん ですか?

と尋ねると、

エニェディ監督:実はあれは脚本通りに撮れたんです。ものすごくラッキーでした。夕暮れのすごく短い時間の美しい光の中で、しかも雪が降ってきたりして。

と明かし場内を驚かせた。

最後に、来場者より「映画制作のパッションの源は?」という質問が出ると、
エニェディ監督:私にとって映画が 一番効率の良い唯一のコミュニケーション方法。映画を通じて色々な人と語り共有したい。私は(ヒロインの)マーリアと同じようにコミュニケーションがとても苦手なので、今日はたくさんの質問をいただいてすごく嬉しいです。感想をいただくのが私にとっての喜びです。

とにこやかに語った。

映画情報どっとこむ ralph 心と体と
原題:Testről és lélekről/英題:On Body and Soul
4 月 14 日(土) 新宿シネマカリテ、池袋シネマ・ロサほか全国順次ロードショー
ハンガリー、ブダペスト郊外の食肉処理場。代理職員として働くマーリアはコミュニケーションが苦手で職場になじめない。片手が不自由な上司のエンドレは彼女を気に掛けるが、うまく噛み合わず…。そんな不器用な 二人が急接近するきっかけは「同じ夢を見た」ことだった。恋からはほど遠い孤独な男女の少し不思議で刺激 的なラブストーリー。

監督は長編デビュー作『私の 20 世紀』(89)がカンヌ国際映画祭でカメラドール(最優秀新人賞)を受賞した、ハ ンガリーの鬼才イルディコー・エニェディ。18 年ぶりに発表した長編映画である本作は見事ベルリンを制し、 アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされるなど、賞レースで快進撃をつづける。本作でヨーロッパ映画賞 最優秀女優賞を獲得した新星アレクサンドラ・ボルベーイの熱演と透明感のある美しさからも目が離せない。

***********************************

監督・脚本:イルディコー・エニェディ
出演:アレクサンドラ・ボルベーイ、ゲーザ・モルチャーニ、レー カ・テンキ、エルヴィン・ナジ

2017 年/ハンガリー/ハンガリー語/116 分/カラー/DCP/後援・協賛:駐日ハンガリー大使館
配給・宣伝:サンリス
2017© INFORG – M&M FILM
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ