自分を愛しすぎる人達へ!緊迫サスペンス『ラブレス』日本版予告編が解禁!


映画情報どっとこむ ralph 研ぎ澄まされたサスペンス、張りつめる緊張感
行き着くのは映画史に残る慟哭のクライマックス! 『ラブレス』日本版予告編が解禁!
ロシアの鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ最高傑作との呼び声も高い 最新作『ラブレス』が 4月7 日(土)より新宿バルト9ほか全国公開となります。

失踪した「愛せない息子」。

その行方を追う身勝手な両親が見つけるのは、本当の愛か、空虚な幸せか。

このたび日本版予告編がついに解禁!

離婚が決まったボリスとジェーニャの夫婦のもとから息子が消えた。

自分が幸せになることばかりを考え言い争い、罵り合っていた二人は次 第に事の深刻性に気付き、市民ボランティアの助けを借り捜索を始める。現代ロシアの富裕層が過ごす都心部の日常生活、静かで美しい荒涼とした冬の季節が切り取られ、禍々しさが付きまとうピアノの旋律に終始緊張感が漂う予告編。

映画情報どっとこむ ralph 自分が愛せなかった息子の行方を追う身勝手な両親があまりにも大切な存在を失って初めて見つけたものは、何だったのか。 本当の幸せとは?自分を愛しすぎる人達へ。


ラブレス
原題:Nelyubov/英題:Loveless

物語・・・
離婚協議中のボリスとジェーニャの夫婦は、それぞれすでに別のパートナーがいて、早く新しい生活に入りたいと苛立ちを募らせていた。

12歳になる息子のアレクセイをどちらが引き取るか について言い争うふたり。

耳をふさぎながら両親の口論を聞いていたアレクセイはある朝、学校に出 かけたまま行方不明になってしまう。夫婦は自分たちの未来のために息子を探すが・・・・・・。

***********************************

監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
共同脚本:オレグ・ネギン
出演:マルヤーナ・スピヴァク、アレクセイ・ロズィン 2017/ロシア、フランス、ドイツ、ベルギー映画/ロシア語/シネスコ/127 分/字幕翻訳:佐藤恵子/ R15+
提供:クロックワークス、ニューセレクト、STAR CHANNEL
配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム、STAR CHANNEL MOVIES
©2017 NON-STOP PRODUCTIONS – WHY NOT PRODUCTIONS
    
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ