今週末『欲望の翼』がデジタルリマスター公開!28年前のウォン・カーウァイ監督インタビューをどうぞ!


映画情報どっとこむ ralph 後に『花様年華』、『恋する惑星』、『ブエノスアイレス』などで知られるウォン・カーウァイ監督の第2作目にして各国の映画祭でセンセーションを巻き起こし、世界的な注目を浴びるきっかけとなった『欲望の翼』がデジタルリマスター版として、2018年2月3日(土)にBunkamuraル・シネマほか全国順次公開となります。


ウォン・カーウァイ監督インタビュー(28年前の公開時)が届きました!

“1960年4月16日3時1分前、君は僕といた。この1分を忘れない”

ウォン監督:確かにこのセリフを書いたのは僕ですが、僕自身は、いまだかつてこんなセリフは妻にも言った覚えはありませんよ(笑)。こういうのは、人の気をひくための話し方です。これは私の考えですが、レスリーにはかなりナルシスティックなところがあり、他の人を好きになれない。一番好きなのは自分です。どこか自己中心的なところが彼にはあります。しかし彼はとても頭のいい人間であり、役柄の上でも養母のレベッカひとりに育てられ、女の扱い方を知っているという人間です。ですから、ここではそうしたレスリーの女のあしらい方のツボを心得ているという感じを出したかった。そこから、こういうセリフが生まれてきたわけです。

と語っています。

またこの映画の中で最もミステリアスな場面ともいえるラストシーン。突然、何の脈略もなく登場するひとりのギャンブラーとおぼしき男をトニー・レオンが演じている。記者会見で「このワン・シーンが唐突に挿入されているのでは」という指摘に対して

ウォン監督:あれは、いろんな場所にいろんな時間があることを示したかったからなのです。同じ時刻に世界のどこかではベルリンの壁が壊れ、世界のどこかでは誰かが食事をしている。同じ時刻にいろいろな場所で、いろいろなことが起きているという感じを出したかったんです。あの場面のすぐ前の、香港の坂道で鳴る公衆電話のカットや、フィリピンに到着したカリーナのカット、サッカー場の受付にいるマギーのカットは、すべて同じ時間に起こっていることなんです。ラストのトニー・レオンのワン・シーンも、その同じ時刻に世界のどこかで起こっていることのひとつとして描いたのです。

と説明しています。

ウォン監督:時間が異なれば、状況も異なります。私たちは今ここにいて話をしていますが、数年後はみんな別の場所にいて、ここには居ないでしょう。中国には、時間について、こんな諺があります。“桃の花は毎年いつも同じだが、花を見る人は毎年違う”。誰かが今年この花を見る、5年後にはこの人はいなくて別の人がやってくる。もしかしたら誰もこないかもしれない。例えば、どこかで話をしたり、食事をしたりする。それが心の片隅に残っていて、ある日、突然思い出す。つまり“一瞬”が大切なのです。生きているうちで、その1分間は唯一無二の1分間なんです。過ぎてしまえば、二度と戻ってこない。そして記憶の中の出来事は、たとえ1分間でもとてもとても長い。好きな出来事は大切にとっておくことが出来るし、嫌いな出来事は消し去ることができる。それが個人にとっての“時間”なのです。私は“人間が生きていくことの最大の報酬は思い出を持てるということだ”と思っています。

映画情報どっとこむ ralph “時間”対する強いこだわりと想いを作品に込める監督ウォン・カーウァイ独特のスタイルの原点を知ることのできるインタビューとなっている。

「あの時にしか生まれ得なかった」奇跡の傑作が、制作から28年の時を経て新たな疾走を始める。

『欲望の翼』
原題:阿飛正傳/DAYS OF BEING WILD
2月3日(土) Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開

物語・・・
「1960年4月16日3時1分前、君は僕といた。この1分を忘れない。君とは“1分の友達”だ。」ヨディ(レスリー・チャン)はサッカー場の売り子スー(マギー・チャン)にそう話しかける。ふたりは恋仲となるも、ある日ヨディはスーのもとを去る。ヨディは実の母親を知らず、そのことが彼の心に影を落としていた。ナイトクラブのダンサー、ミミ(カリーナ・ラウ)と一夜を過ごすヨディ。部屋を出たミミはヨディの親友サブ(ジャッキー・チュン)と出くわし、サブはひと目で彼女に恋をする。スーはヨディのことが忘れられず夜ごと彼の部屋へと足を向け、夜間巡回中の警官タイド(アンディ・ラウ)はそんな彼女に想いを寄せる。60年代の香港を舞台に、ヨディを中心に交錯する若者たちのそれぞれの運命と恋──やがて彼らの醒めない夢は、目にもとまらぬスピードで加速する。

***********************************

監督・脚本:ウォン・カーウァイ
製作:ローヴァー・タン
製作総指揮:アラン・タン
撮影:クリストファー・ドイル

美術:ウィリアム・チャン
1990年/香港/95分/カラー/モノラル 字幕翻訳:寺尾次郎

配給:ハーク
© 1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ