『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018』キービジュアル到着


映画情報どっとこむ ralph 1990年からスタートし、多くの映画人や映画ファンから愛され続ける「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」が、2018年3月の開催で28回目を迎える。本映画祭は、夕張市の財政難によって一時は開催が見送られたが、映画祭運営を市から民間に移行し2008年に復活。

長年多くの人々から愛され続ける本映画祭が、今年も3月15日(木)~3月19日(月)までの5日間に渡り開催されます。

そしてこの度、本映画祭のキービジュアルが公開!

製作を務めたのは、次世代の若手クリエイターとして業界内から注目を集める宇治茶さん。自身初監督作品の『燃える仏像人間』では、「第17回文化庁メディア芸術祭」でエンターテイメント部門優秀賞し話題となった。さらに「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013」でも、本作が上映作品として選出されるなど、実は本映画祭と縁の深い人物なんです。


キービジュアルのタイトルは、「はじめての映画祭」。

2013年に訪れたゆうばり国際ファンタスティック映画祭で、現地に到着しバスを降りたときのインパクトを思い出しながら、ライブペイントのように描き進めたという。その言葉通り、本映画祭のマスコットキャラクター「シネガー」を始め、北海道夕張市の“ゆるキャラ”として人気を集める「メロン熊」、さらにはゴジラから妖怪らしき姿まで個性豊かな顔ぶれが揃い、何でもアリなアットホームで熱気溢れる本映画祭の空気が伝わる仕上がりに。

さらに、昨年本映画祭のキービジュアルの製作に携わった、飯塚貴士監督作『ゆるい–特別版』に登場するキャラクター「マメゾフ」らしき姿も垣間見せており、“ゆうばり映画祭”ファンならば尚楽しめること間違いなしなんです。

そして、キャッチコピーは『世界で一番楽しい映画祭』。

映画情報どっとこむ ralph 【宇治茶氏/コメント全文】

僕が初めて監督した長編映画「燃える仏像人間」を最初に上映していただいたのが、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2013でした。北海道を訪れることも初めてだったのですが、とんでもない寒さと映画祭の暖かさと、屋台村での楽しいひとときをよく覚えています。そんな思い出深い映画祭のメインビジュアルを描かせていただき、本当に嬉しいです。

【宇治茶氏/プロフィール】

<主な作品>
ご当地ヒーロー「嵯峨野戦隊アラシヤマン」共同制作

<主な参加映画>
燃える仏像人間(2013)監督・脚本
フールジャパンABC・オブ・鉄ドン「TEMPURA」(2014)監督・脚本(オムニバス作品の一話)
バイオレンス・ボイジャー(2018)監督・脚本

<主な賞暦>
第17回文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門優秀賞「燃える仏像人間」

映画情報どっとこむ ralph 本映画祭の開催に向け、2月2日(金)にラインナップ記者会見が行われます!

映画祭開催期間:3月15日(木)~3月19日(月) 5日間

***********************************
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ